リンクあるいはコネクトというべきかな

(と言いつつも、違いがよくわかりません>タイトル)
(それでも恥ずかしげなくタイトルにしてしまったのは、
こうしておけば、この疑問を(解決するまで)忘れないだろうという甘えた考え)


たとえば予備知識なしに、ウフィツィのおみやげにもらった
ボッティチェリのマウスパッドを、ロフトでも見かけて
『うわあ、すごい偶然!! うちにもあるよ!』
というような、それくらいメジャーな存在を
私が知らなかったというだけかもしれません。

それでも全く気づいていなかったので、
素直にびっくり、そしてなんだかしみじみよろこんでいます。

「そういえば台北の故宮のおみやげがうちにあったよね」

と探してみた時の衝撃ってばよ!

f0257756_22322197.jpg


これでしょうか。これだよね。

f0257756_22323043.jpg


どどーん、と、くろねこを乗せてみる。
因みにこちら、香港はヴィクトリアピークの
お土産屋さんで購入したマグネット。力強くて好き。

何の話かと申しますと、これなんです。ばばーん!!

f0257756_22331361.jpg


ちょっとくたびれているのは、なかよくしてきた歴史ということで。
(写真ではわかりにくいけれど、実は小さな穴が開いています)

そう、conatsu_cafeさんのところでお伺いしたお名前。
襄陽米芾、と、読んでいいのかな? いいんだと思ってます。
(違ってたらこっそり教えてください、と、甘えてみる)

商品として、お値段として手ごろだったから、
おみやげに買った、ただそれだけかもしれない。
それでもこんな、ちいさなリンクにびっくりしました。

少し前、ささいなトラブルに巻き込まれ(かけ)た時、
話を聞いてもらった友人から、
ざばざばと豪快豪勢に力をいただきました。
ありがたいやらびっくりするやらたのもしいやら。
そう、本当に驚きました。
(現在は落ちついています)

ちょっと話を聞いてもらおう、よくある愚痴のひとつ、
というスタンスで軽く話題にした私に、
友人たちがかえしてくれたのは
豊富な専門知識、具体的な方策・対策の提案や、
助けてくれそうな窓口の紹介、そのうえ
メンタルの意味でも現実的な意味でもたくさんのフォロー、
あまつさえ(さらに状況がシリアスになった時の為に)
プロフェッショナルのご紹介まで。
(お名刺と相談の段取りまでも)そしていつでもいってね、
すぐつなぐから、なんて。

10代のころから知っている友人が、
いつの間にか立派な大人になって
世間の荒波にもがんがん対抗できる。
(自分いくつなんだ、というのはこの際さておいて)

くりかえされることば。
10代のころから変わらずにあたたかい、
そしてそのころよりも、とてもつよいつよいことば。

「昔とは違うんだからね、じぶんで解決できるよ。
こわがらなくても絶対大丈夫」

そんなトラブルへの対応でも、
あるいはそんな深刻でないささやかなひとつひとつも、
あらゆるすべてが着実に重なって重ねて、
いつの間にか結構すごいところに来てしまったのかも。

その瞬間には、まったくそんなことを思わない、
ささやかなひとつひとつの、無数の積み重ね。
そんな自分がいまの私を支えているのかもしれない。
知らないうちに。そんなことを茫と思う。
鱗みたいに一枚ずつ重なった何かが、いつの間にか鎧になっていた。
自分でも気づかないうちに。なんだか成長バトル系みたいですが。

台北(故宮)を思い出して嬉しかったのとか、
鹿児島の緑を見て、なんとはなしに台湾を思い出したのが、
重なっただけなのかもですけど。

f0257756_22401288.jpg


写真はありませんが、12月の鹿児島の駐車場の植え込みには
ブーゲンビリアとハイビスカスが咲いていました。
さすがに花の大きさはやや小ぶりでしたが、それでもびっくりびっくり。

f0257756_22405380.jpg


こちらは5月の台北。亜熱帯の赤。

f0257756_22415647.jpg


やっぱり亜熱帯どうし、通じるものがあるのかも>鹿児島と台湾。
関東とはもちろん、北部九州とも違います。

f0257756_22492374.jpg


狛犬に似てるけれどどこか違う、ような。
でも言われないとわからないかな?
やっぱり台湾という場所は、ものすごくココロ魅かれます。
フォルモッサという名前の典雅。

f0257756_22422690.jpg

ほーい。

f0257756_22505618.jpg


こちらも故宮のおみやげ。
文鳥と暮らしたことはないけれど、みるたびに
まあなんて絵のように美しい、品のいいいきものであろうかと
感動するのでつい。

文鳥様と私 1 (LGAコミックス)

今 市子 / グリーンアロー出版社



f0257756_22525314.jpg


(使いみちのない(あるいはよくわかっていない)スタンプも購入。
たまにこうして押してみます。方向が正しいかどうかすらわからない。
[PR]

by chico_book | 2015-12-16 23:08 | 日々 | Comments(4)

Commented by conatsu_cafe at 2015-12-21 00:54
このたびはほんとに素敵な機会を与えてくださって
ありがとうございます。
米芾(べいふつ)の書も拝見することができて幸せです〜。
上手いですよね。一文字一文字もそうなんですけど
全体としてまとまっている。そして品があってなおかつ
チャーミングな字を書かれているという印象。
ちこぼんさんは旅から帰ってきた後も、旅をじっくり
味わっていらっしゃるのですね。終わりじゃないんです
よね。これからまた始まるという感じで。
Destiny、もう忘れられない記憶になりました。
ありがとうございます!そして、たくさんのちこにゃんの
お写真にご挨拶して眠れる幸せをまりちゃんとかみしめて
います。。
Commented at 2015-12-21 01:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chico_book at 2015-12-23 11:29
conatsu_cafeさんおはようございますー。
コメントありがとうございます。

こちらこそ、まさかまさか7年くらい前かな、
(台北には3回行っているのでちょっと不明)
というメモリアルな品物がこんな形で生きるなんて、
と、ものすっごくわくわくしました。
優美でエレガントな字ですね、そして芯が強そう。
自由に書いているようでありながら、
迷いがなくて。
チャーミング、という表現ほんとうにぴったり来ます。
とにかく心を魅かれてしまう。

我ながらちょっとしつこいかなと思います
>旅のふりかえり。
数が少ないからこそしつこくねちこく
かみしめているのかもしれないけれど。
終わるのがさみしいのかもしれませんね。
たとえば宝くじをなかなか確認しにはいかない
こととも通じるのかも。
夢が終わっちゃうのがさみしい、
みたいな(いくじなし)

まりちゃんヒストリーのちびっこまりちゃん、
実はときどきこっそり拝見しております。
さすがにちこは(一応)大人になってから来たので、
そんなに劇的な変化はないのですが、
それでも表情や態度の変化がいとおしいのです。
シアワセ。



Commented by chico_book at 2015-12-23 11:38
鍵コメ様こんにちは!!

コメントありがとうございます。
ほんとうにそうなんですよね。
正直はじめるまで、いろいろ気になるかなあとか
(多くても怖いし、ゼロでもさみしいし)
そう思うと、長年場所をコントロールして
いらっしゃるY様すごいなあと、改めて尊敬。
でもまあ、どこかで指針を決める必要は
あったので、よい機会だと思っております。
思うようにしています。

ちこも興味なさげに
『好きにすればー』
って言っているし(笑)

ちびっとこそっとコージーに親密に好きなように。
それしかできないし、それでいいのかな、と
最近は思っています。
思えるようになったことがいちばんの収穫。
今後ともよろしくお願いします(小声でつぶやくように)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード