嫌なところがひとつもない、ほんとうにないねこの話。


※全体的にただののろけです※

濁音で鳴いている。
ぎゃうう、とか、ぐううう、と
形容したくなるような声でねこが鳴いている。
いつもどおりのとんでもなく優雅なフォルムで。

どうしてスフィンクスはあんな形になったのか
と、ぼんやり思う。
検索すればたぶんすんなりそして多様な説明が
出てくるのだろうけれど
いまは確かめなくていい気がする。

そっとねこの姿をみようとする。
ソファの影から、そっと。
平安時代の殿方はこんな気持ちで愛しいひとの
姿を見たのかしら、なんて。
雀の子を逃がしたのは犬君だっけ、
女三ノ宮のところで追っかけっこをしていたのは
こねこでしたっけ、そんな益体もないことを思いながら。
いま、ねこは私に気づいていないのだ。
ねこの素晴らしい点のひとつだと思う。
ねこは私のことを気にしない。
それでいて私のことを大好きなのだ。
すごいことだと思う。いつもほれぼれする。
その手の放しっぷりに。

ものすごく私のことを愛しているのに(自慢)
目の前にいないときは私のことをきっと忘れている。

不意に身をよじってねこが私を見た。
まんまるい瞳。たいへん美しい緑色の瞳。
エメラルド? ペリドット? いやいっそ翡翠と言うべきか。
月人好みの薄荷色、なんてこじつけてみたりして。
ロビンズエッグブルー、と、
たとえていただいたこともありました。
壊れてしまいそうな繊細さ。
この世のものと思えないような美しさ。
どこかで宇宙とつながっているようなひとみのいろ。
こんな美しい瞳で世の中を見ているなんて
それはもう気高くもなろうというもの。

まっすぐに私を見つめる。

「きゃうう」

ああ、ああ、明らかに声音が変わる。
愛らしい甘えを含んだ声。
自分の望むが叶うことを完全に信じ切っている声。
なんだいたのね、とでも言っているのか。
そんな声で話しかけてくれることのうれしさ
途方もないよろこばしさ(下僕)

はい、いますよ。
そばに仕えさせていただく喜び、
まさにマイプレジャー。

そっと近寄って顔を近づけてはなチュウ。
ざりざりと、舌の感触が鼻の頭に。
こちょばいこちょばいね、と、
そっとねこを抱き上げる。
5.3キロのねこを、それでも一応軽々と。

いつ見ても嘘のようにうつくしいましろいおなか。

夜遅くに深々と雪の降った日の翌朝、
嘘のようにあかるい天気のことがある。
空はそれこそ大気圏の青さ、
一点の曇りも迷いもなく輝く白銀を容赦なく照らす光。

ちこのおなかの白さはそれに似ている。
しかも雪と違って、あたたかくてやわらかい。
ふわふわのとろとろで、わたしにやさしい。
嘘みたいにやさしい。

しっかりとわたしの体で支えるようにして、
だっこする。大好きだっこ。
みっしりと密着するねこのすばらしさ。
下半身を腕でしっかりホールドして
あごを額を首回りを
よろこぶ場所をやさしく撫でる。

ちこが不安定にならないように。
ちこが不快でないように。

血液検査の結果がやや良くありませんでした。
とはいえもともと慢性腎臓病でもあり、
年令を加味すると一気に悲観するほどではないのですが。

BUN37、クレアチニン2.5.
正常値を極端に超えたわけではないけれど、
このところ改善傾向にあったので
すこし心の奥がしんとしています。
(通院を半年もあけてしまった
私の責任かも、とついつい思ってしまう)

誤差の範疇かどうかを確かめるために、
一か月後くらいにもう一度病院へいくことに。
年明け比較的すぐに行く必要がありそうです。
その結果によっておくすりとかサプリとか、
いろいろ検討してみましょう、とのこと。

『心配しすぎなくても大丈夫ですよ、
むしろ飼い主さんの心配は
本当にねこちゃんに伝わりますから
安心させてあげてください』

強くてやさしくて美しい、魂の立派なちこにゃさん。
怒るべき時に怒る、
いうべきことは言う、
でもいっさい根に持たない(しっかり覚えているのに!)
すばらしいにゃんかくのちこにゃさん。

f0257756_01113384.jpg
ねこおこたとエアコンのダブル稼働で
光熱費はいろいろしんどいですが
それでちこがすこやかに穏やかに過ごせるならそれでいいの。
むしろ出先で
「ああ今日は思ったより寒い、ちこ大丈夫かな」
とそわそわする方がよっぽどつらいもの。

f0257756_01123810.jpg
アンニュイな美貌。

でもこれはなんとか入手したい……。

なんで買わなかったのか、と、ここ数年じたじたしていたのです。
12/22発売ですって。もうここで買っとかないと買えないと思うのよ!
全日本も外れたし(小声)



[PR]

by chico_book | 2017-12-12 01:34 | ねこ | Comments(4)

Commented by pinochiko at 2017-12-12 07:05
ちこさんのお顔は、なんというか、人間だったのにどういうわけか猫になってしまって、
そのことをまぁいいかと受け入れた人のように見えます。
うちののんちゃんは、自分が猫になってしまったことに気づいていない人間のような顔をしています。ははは。

ちこさんへの愛が溢れていて、なんだか泣きそうですよ。
見返りを求めているわけではないのに、お互いに愛し愛されている関係、
幸せですねぇ。
ちこさんの具合が悪くなりませんように!慌てず騒がず、ちこさんと穏やかにお過ごし下さいね。
Commented by にゃおにゃん at 2017-12-12 21:37 x
すごい!あふれる愛を文字にしてる♪
愛しい存在ね、ちこにゃん長生きしてね。
クレアチニン、私も夏はいつも高めで、お水もっと飲んで下さいって。寒くなってお水飲む量減っておしっこの回数も減り膀胱炎にもなりやすいとか。
さくらは慢性鼻炎でフガフガ言ってるけど、まだ元気だから、ちこにゃんも大丈夫だから!
Commented by chico_book at 2017-12-15 00:04
ぴの様!!

たいへんなお褒めのことはありがとうございます。
かみしめかみしめしています。
ほんとに身にしみるオコトバ…そうなんですよ!!
ちこはほんとにえもいわれぬ寛容を身につけていて
それがまた100パー納得ではなく
まあいっか感があってそこがまた!! 
大人のいなし方というかんじで!!
日々尊敬そして敬愛しております。

のんちゃんのきょとん顔とか
不満もありつつたのしそうなところも
たいへんな魅力ですね。
ブログではいつものびのびしてそうなのに
人見知り王子と言うのがまた………!!
キュートで魅惑的な美人さんなのに
肝の座ったメイちゃんと言うのがまた…!
なんで皆様全方向に幸も死角なしなのか(喜び)

めっちゃ好き好きしてくれるんですよね。
ほんとにもう掛け値なし迷いなし。
うれしい。ひたすらうれしい。
 
Commented by chico_book at 2017-12-15 06:25
にゃおさま

ありがとうございます。ううう。
あたたかいオコトバに涙ぐんじゃう。
ちこにゃは幸いにして
お水はよく飲む子なのですが、
なにしろ今年は寒さが強烈なので
そしてエアコンも切れないし
おこたからも出てこないので
心配がつきません。乾燥してるよちこにゃんにゃ!!
と言う訳で、最近になって
ささみのゆで汁を飲んでいただくシフトにしました。
ゆでたささみは主に人間がいただきます。
ヘルシー♪ まさにウィンウィン!!
(ちこにゃには、ほんのひとかけだけ
ほぐしてあげたりします)
腎臓系は辛いですよね。
意識して水分とることだいじだいじ。
しかも「珈琲とかお茶」は
カフェインによる利尿作用も強いから
水分とったことにならない、と聞いたような…??
あ、もちろん人間のお話です。

ちこにゃも目やにっこで歯肉炎もちですが
特に心配いらないそうで、ほっとしました。
BUNもクレアチニンも、
過去にはもっと高かった時もあるので
ダイジョブダイジョブ、と
自分に言い聞かせています。
むしろ問題は年明けの
寒そうな雪とか降りそうな時期に
さくっと病院に行く段取りをいかにとるか、
だったりします(←いまから気に病み過ぎ)

ところでこの記事、
ほんとは最近見た映画の話でも書こうかなあ、
とぼんやり思いながらちこにゃんをだっこして
椅子に乗せた瞬間に
(椅子にのりたいよう、と
にゃうにゃう騒いでいたのです。
ほっとくと自分で乗るのですが、
まあその、あまやかしです。ふふ)
ふいっと、
おおこの気持ちをありのままぶっちゃけたいぜ!
と思った結果でございます。
あースッキリした。たぶんまたやります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード