2017年 04月 13日 ( 1 )

その違和感こそが魅力の正体(かも)

テレビは大変な大騒ぎになっているみたいですね。
私はニュースの見出しをちらちら見た程度で、全然追いついてなどいませんが。

アスリートにとって引退は、いつか必ず来ること。
なにより良かったのは
「ソチのあとのワールドでやめると、どこかに
『まだやれたんじゃないか』
と言う気持ちが残ったのだと思う」
「本当にやりきった、もう充分だ」
と、彼女が晴れやかに言ってくれたこと。
それはやはり、(様々なことがあったけれど)
幸せな競技人生だったのだと思います。

私は、特別に浅田さんのファンと言う訳ではありません。
アンチと言う訳でもなく、フィギュアスケートのファンとして、
ふつうに応援する選手のひとり。

正直言うと、浅田さんやりきったのかな、と思う印象は、
おととしの全日本のフリー『蝶々夫人』で強く感じたので、
そこまで驚きませんでした。
そして『あくまで目標はぴょんちゃん』というご本人の発言から、
今季(来季というべき??)はブロック大会からになっちゃうんだっけ、
規定はどうだっけ?? なんて考えていました。
(それは羽生さんに対してもそう。世界王者にまさかねえ、でもどうなのかな)

みどりさんのころからなんとなくフィギュアはみていましたが
NHK杯とオリンピックを何となく楽しみにしていた、それだけの時代が、
ずいぶん長く続きました。
昔はビデオも(!)ネットもなかったし、民放2局の地方在住だったし。
いまやライストで予習してプロトコル印刷してテレビの前にスタンバイ、
なんてやってますけど。ふふ。まさに隔世の感。実際前世紀の話だし。
やはりネット環境はありがたいですね。
過去の動画や、放映のない試合や選手の演技も、結構見ることができるもの。
そう思うと、いまはもう情報の洪水で立ちくらみを起こしてしまいそう。
座ってるけども。

荒川さんだったかな。
「選手生活のおしまいは、必ず自分で分かるものだ。
もうこれ以上のものはできない、と思える日が来る」
と言う意味のことを言っておられました。
まっちーも
あの全日本試合後の電撃発表のあとに、バックヤードで
うなずきながら
「充分です」
と言っておられました。たしか。

なによりも浅田さん本人が、トリプルアクセルに魅入られ、
魅せられた選手生活だったのかもしれません。
ほかにも魅力はたくさんある選手だったのに、
とにかく本人が譲らなかったという印象があります。
良くも悪くも器用ではなく、だからこそそこに注力できたのかも。
『どうして失敗したことを想定して練習してこなかったんだ!!」
とユウリカツキにお説教するヤコフコーチが脳裏に浮かびます。
てへ。福岡空港懐かしい(涙)


よく言えば小細工に走らず信念を貫き、
言い方を変えれば頑固で不器用だったということにもなるように思います。
もちろん最大限の敬意と感謝を以て
いままでありがとう、おつかれさま、と言いたいけれど、
私にとってそれはほかの選手と同じ地平の話。

テレビをろくに見ていないまま言うのも不誠実な気もしますが
(ネットニュースをチラ見程度)
じつはメディアの大騒ぎには違和感があります。

一挙手一投足に注目が集まる存在であり、
はなやかで華麗なフィギュアスケートと言う競技の
真っただ中にいながらも、
存外素朴で武骨な浅田さん自身とのギャップが
まさしくここに現れているような気さえしてしまって。
たいへんたいへん、さあ緊急特番、わっせわっせ、
ではなく、じっくり腰を据えて
『浅田真央とはどういう選手だったのか』
にむきあってほしかったなあ、なんて思います。
その栄光も痛みも等しく光をあてるような番組を見たかった。
BSあたりでやってくれるかな。切望。
浅田さんが真摯にスケートにむきあってくれたぶん
私も真摯に受けとめたいなどと思うのです。

記録より記憶に残る選手、なんて表現を見かけたりもしましたが
いやいや三度の世界女王ですよなに言ってんの、と思ってしまいます。
フィギュアスケートのたのしいところは
(スポーツだから当然順位はつくものの)
みんなそれぞれの個性や能力に合わせた目標や基準を自由に設定して、
『それに対してどこまで到達できるか』
であることだと私は強く思います。
もちろんその結果として、
トップ争いをしたり世界最高得点に届くとか届かないとかの
戦いをするひともいるけれど、
そうでないひとも、自分の持ち分に対して挑むことが
できるところだと真剣に思います。
その結果を踏まえて『自分の持ち分』をどうコントロールしてゆくかは
またそこから先のお話。

10年も前の話をするのは申し訳ないようですが、
今回ふりかえってみて思ったのは、
浅田さんシニアデビューしばらくは、
プログラムのバラエティがほんとうに豊か。
シュニトケのタンゴとかシェヘラザードとか、チャルダッシュも。
(タラソワプロのアクの強さと浅田さんじしんの、
なんでもできる、何色にでも染まるようでその実全く変わらない
『浅田真央』の、ある意味傲慢なまでの強さとの
バランスがよかったのかもしれない。
その点ローリープロは、浅田さん自身のなかにある
やわらかさと芯の強さを引き出そうとして、
かえってコンフリクトを起こしたかのように、
中途半端になることも多かったような)

もちろん10代のころの軽やかで華やかな演技と、
現在の円熟や重厚さは、まるで別ものですが、
競技を離れることによってまたあのような自由さ豊饒さ闊達さを
みることが出来れば、
それはそれとして、いちスケートファンとしてたのしいことだなあと思います。

たとえば今期羽生さんのエキシのディレイドアクセル
(で、いいんでしたっけ。この演技でおぼえました)
の、うつくしさ豪快でありながらの繊細さなんて、
競技ではとても味わえないものです。
そう思うと、それはそれで新たな夢のはじまり。

もちろん(ひざの故障など)ままならない部分もあるでしょうから、
まずはゆっくり存分に休息していただきたいです。
充実したリスタートでありますことを。

しかし浅田さんをふりかえると必然的に塩ポエムにも遭遇!!
わぁぁ忘れていました。いやあそんな時代でしたねえ(遠い目)



と言う訳でテンくんのロミジュリしかもチャイコ版!!
キャー盛大で荘厳で重厚でドラマチックよー!! 絶対に似合うー! 
しかもモロゾフ! 
アクのつよいくどくどしさが逆に癖になるモロゾフ!!
テンくんの香気さ高貴さと悪魔合体よ化学反応よキャーーー!!
と思っていたのに

忘れていました ロシア伝統の謎編曲

えええと、こういうミスマッチの
化学反応大爆発みたいなの好きです。基本的には。
好きなはずだと思っています(あれ??)

そんなわけで
『(全日本の)試合はずっと続いていきますよ』
と、笑顔で答えた、その胸中に既に引退の決意を秘めていた(らしい)
2015年末の小塚選手のことばを思い出しています。そっと。



[PR]

by chico_book | 2017-04-13 00:02 | フィギュアスケート | Comments(0)