カテゴリ:ねこ( 96 )

嫌なところがひとつもない、ほんとうにないねこの話。


※全体的にただののろけです※

濁音で鳴いている。
ぎゃうう、とか、ぐううう、と
形容したくなるような声でねこが鳴いている。
いつもどおりのとんでもなく優雅なフォルムで。

どうしてスフィンクスはあんな形になったのか
と、ぼんやり思う。
検索すればたぶんすんなりそして多様な説明が
出てくるのだろうけれど
いまは確かめなくていい気がする。

そっとねこの姿をみようとする。
ソファの影から、そっと。
平安時代の殿方はこんな気持ちで愛しいひとの
姿を見たのかしら、なんて。
雀の子を逃がしたのは犬君だっけ、
女三ノ宮のところで追っかけっこをしていたのは
こねこでしたっけ、そんな益体もないことを思いながら。
いま、ねこは私に気づいていないのだ。
ねこの素晴らしい点のひとつだと思う。
ねこは私のことを気にしない。
それでいて私のことを大好きなのだ。
すごいことだと思う。いつもほれぼれする。
その手の放しっぷりに。

ものすごく私のことを愛しているのに(自慢)
目の前にいないときは私のことをきっと忘れている。

不意に身をよじってねこが私を見た。
まんまるい瞳。たいへん美しい緑色の瞳。
エメラルド? ペリドット? いやいっそ翡翠と言うべきか。
月人好みの薄荷色、なんてこじつけてみたりして。
ロビンズエッグブルー、と、
たとえていただいたこともありました。
壊れてしまいそうな繊細さ。
この世のものと思えないような美しさ。
どこかで宇宙とつながっているようなひとみのいろ。
こんな美しい瞳で世の中を見ているなんて
それはもう気高くもなろうというもの。

まっすぐに私を見つめる。

「きゃうう」

ああ、ああ、明らかに声音が変わる。
愛らしい甘えを含んだ声。
自分の望むが叶うことを完全に信じ切っている声。
なんだいたのね、とでも言っているのか。
そんな声で話しかけてくれることのうれしさ
途方もないよろこばしさ(下僕)

はい、いますよ。
そばに仕えさせていただく喜び、
まさにマイプレジャー。

そっと近寄って顔を近づけてはなチュウ。
ざりざりと、舌の感触が鼻の頭に。
こちょばいこちょばいね、と、
そっとねこを抱き上げる。
5.3キロのねこを、それでも一応軽々と。

いつ見ても嘘のようにうつくしいましろいおなか。

夜遅くに深々と雪の降った日の翌朝、
嘘のようにあかるい天気のことがある。
空はそれこそ大気圏の青さ、
一点の曇りも迷いもなく輝く白銀を容赦なく照らす光。

ちこのおなかの白さはそれに似ている。
しかも雪と違って、あたたかくてやわらかい。
ふわふわのとろとろで、わたしにやさしい。
嘘みたいにやさしい。

しっかりとわたしの体で支えるようにして、
だっこする。大好きだっこ。
みっしりと密着するねこのすばらしさ。
下半身を腕でしっかりホールドして
あごを額を首回りを
よろこぶ場所をやさしく撫でる。

ちこが不安定にならないように。
ちこが不快でないように。

血液検査の結果がやや良くありませんでした。
とはいえもともと慢性腎臓病でもあり、
年令を加味すると一気に悲観するほどではないのですが。

BUN37、クレアチニン2.5.
正常値を極端に超えたわけではないけれど、
このところ改善傾向にあったので
すこし心の奥がしんとしています。
(通院を半年もあけてしまった
私の責任かも、とついつい思ってしまう)

誤差の範疇かどうかを確かめるために、
一か月後くらいにもう一度病院へいくことに。
年明け比較的すぐに行く必要がありそうです。
その結果によっておくすりとかサプリとか、
いろいろ検討してみましょう、とのこと。

『心配しすぎなくても大丈夫ですよ、
むしろ飼い主さんの心配は
本当にねこちゃんに伝わりますから
安心させてあげてください』

強くてやさしくて美しい、魂の立派なちこにゃさん。
怒るべき時に怒る、
いうべきことは言う、
でもいっさい根に持たない(しっかり覚えているのに!)
すばらしいにゃんかくのちこにゃさん。

f0257756_01113384.jpg
ねこおこたとエアコンのダブル稼働で
光熱費はいろいろしんどいですが
それでちこがすこやかに穏やかに過ごせるならそれでいいの。
むしろ出先で
「ああ今日は思ったより寒い、ちこ大丈夫かな」
とそわそわする方がよっぽどつらいもの。

f0257756_01123810.jpg
アンニュイな美貌。

でもこれはなんとか入手したい……。

なんで買わなかったのか、と、ここ数年じたじたしていたのです。
12/22発売ですって。もうここで買っとかないと買えないと思うのよ!
全日本も外れたし(小声)



[PR]

by chico_book | 2017-12-12 01:34 | ねこ | Comments(4)

れ い せ い に !!!!

この季節にまさかこの言葉がここまではまるとは、
日々になっております。
ひいい。

きのうの朝、語学講座に出かける電車の中で
GPFのアサインを知る。
「ふわ!!」
って変な声出ちゃいましたよ。ほんと。

メドベデワさん
なんと言っても間違いなくここ数年の
トップオブトップなので
万全で五輪に臨んでいただきたいので
賢明な判断だと思うのですが

さとこさんーーー!!

ロードマップ的には、
あとは完全に全日本シフトだったと想像するので、
正直不安な気持ちがなくもないのですが

こうなったからには
決まったからには
全力でお祈りします!!!

男子は宇野君とネイサンのガチンコだー
すごいすごい、くらいの気持ちでいたのですが
女子もわかばちゃんおもっきり行け!! 行け行け!!、
くらいのわりとリラックスした気持ちだったんですね。

むしろ3週間後までややリラックスした気持ちでいた
わたしのマインド再セットアップ! (勝手なファン)

しかし改めてみるとすごいメンツです。特に女子。
いやまったく予想ができない。

そんなぐらぐらした気持ちの中
昨日は近くのお風呂に行きました。ふううーー。
はじめての場所。


近くのスーパー銭湯よりはお高めなので
なかなか機会がなかったのですが
割引クーポンをいただいたのでレッツトライ。
近くのスーパー銭湯には、岩盤浴がないのでそれ目当てでもあります。

土曜のお昼間に入ると、ゆったりめで
混雑していませんでした。ほっとひといき。

ひさびさの温泉で、最初はちょっとおずおずと。
海の見えるお風呂はやはりいつでも最高。

最後に入ったのはたぶんこちら。



海の見える温泉、でも海も温泉も全然違う。
(万葉の湯の温泉は湯河原からタンクローリーで
毎日直送なのだそうです。貴、貴族・…!!)

そんなことを思い出しながら、ひとりくすくす思い出し笑い。
あかすりもガッツリしてもらって、
大好きな岩盤浴もみっちりはいって
(うとうとして汗ぐっしょり)

今回もぼっち参加なのでいろんな女性のリラックスした会話が
さまざまに私のまわりを渦巻いてゆく。海流みたいで興味深い。

学生のころ時々友人と時間とお金をやりくりして
スーパー銭湯に行ったなあ、なんてことを
ふんわりぼんやり幸福に思い出しながら。
あとで彼女に手紙を書こう、書きたいな、
と思いつつぼんやりと。

遠くにベイブリッジ、十五夜の月と工業地帯の夜景が
きれいに見えはじめるころ、
ちこにゃんちこにゃんと里心ねこ心がついて
スッキリ帰宅。

すこし欲張りすぎたかもしれません。
帰宅してからはもう、眠くて眠くて意識がとろとろ。
湯あたり気味だった様子。

常日ごろ目標の6時間睡眠に四苦八苦している
ワタクシですが
9時間ほどもぐっすり眠りました。
起きた後の自分にびっくり。
毛布の下でぴっとり寄り添うちこもいっしょにのびのび、
あくびにうっとり、つられてあくび。

しかしそのあとサクッとちこにゃん拉致られて
病院に連れていかれましたのです。
(いやもちろんワタクシが連れて行ったのですが)

前回は5月末だったので
なんと半年ぶりになってしまいました。
悪くはない、基本的なペースなのですが
理想は3か月おきなのでちょっと間が空いてしまいました。
やっぱり土曜に用事をいれるようになったからなあ(小声)

体重測定。5.1キロ。ううむ変わりなし。
安定しているということでしょう。
お耳はきれい、
目やにはあるけど従来通りで問題はなし、
口元は歯肉炎気味ですがカリカリを食べられているのなら、
とりあえず問題なし。
※根本的な治療は抜歯しかない、対処療法は諸々あるとのこと

血液検査のためにちっくん、
今回は精密検査なので外部機関に出すので検査結果待ち、
フードを多めに注文しておしまい。

きょうはたまたまですが、待合室に
『避妊手術』に
長毛ふわふわちびにゃんさんが来ていました…!!

最初はおとなしかったのに、
ちこにゃんがあまりに大声で不満を訴えるので

うなあ!!
むなあ!!

という声を響かせるので

みゅぅぅん? みゃーーーぅう?

とお返事してくれる事態に!
とたんに静かになるちこにゃん。
しばらく小さな声に切り替えて
「まぁぁぁん」「むなぁぁん」
と言い続けるちこにゃに、
「みゃっ! にゃッ!! 」
と元気にかわいいお返事をしてくれる
ちびニャさん!!! 
ありがとうありがとう。
手術がんばってね、すぐ終わるから大丈夫だよ。

ねえちこにゃん、ちびちゃかわいかったねえ?

f0257756_14210650.jpg

(……)

くたびれちゃったね。がんばりやさんかわいいかわいい。

f0257756_14211883.jpg

目やにの黒ずみとあごにきびは体質なのだそうです(涙)


f0257756_14450603.jpg

ちょっとうとうとしはじめてます。
おつかれさまでした。


たぶん今年さいごの秋ばら。もう冬ですが。
剪定が遅めだったので、間に合わないかと思っていたのですが
(咲かずに枯れちゃうかもと思っていました)
ちいさいながらちゃんと咲いてくれました。

f0257756_14494611.jpg

アイスバーグという品種です。
初心者におすすめの白ばら、ということで選んだのですが
棘が少なく扱いやすくてその意味でもよかった。
ドイツ語ではシュネーヴィッチェン、
白雪姫というそうです。

ちこのおなかのまっしろをうっとりと思いつつ。

[PR]

by chico_book | 2017-12-03 14:58 | ねこ | Comments(4)

やらずにはいられなかった(いまも満足している)

(※アニメ『一休さん』のEDのメロディでおねがいします)

猫神様

完璧ですね

昨夜ベランダの植木鉢に
まるまっているねこひとり
みつけました

ねこはあまえます
こえもださず「にゃう」と、ちいさく
わたしは窓を開きます
毛布の上でころんとしては
おなか投げだし すやすやねんね

この上もなくうれしいのです
感謝してます

ちこぼーん


(タイトルのことですが、出来栄えには満足してません。
コトバ選びを繰り返す日々。FAなかなかたどりつかない)

この季節になると、はじめてちこを家に
いれた時のことを思い出します。
もっと早く入れてあげればよかった。
しばらくは、夜の間だけだった。
(出勤前にお外に出していました)
よくもまあそんなことができたものです、と、
いまとなっては思います。

ほかに

すきすきすきすきすきすき
ちこにゃんにゃ♪

というのもあります。もうこの二行で大満足という!!
いやまあね、ほんとね、ばかまるだしでね、
まあ隠そうとして隠せるものでもないのでハイ。

f0257756_01310693.jpg

おそとの子時代のちこ。わかりにくい写真ですが目つきが鋭いです。たぶん。

f0257756_01321883.jpg
うちにはいってくるようになったばかりのころ。
古いクッションを玉座として進呈。


f0257756_01313029.jpg


はてしなくまんまるちゃん。最愛。
いましっぽでわたしを叩いておりますがシアワセ。
ム、ム、ムジョウのよろこびとはこのことか。



[PR]

by chico_book | 2017-11-20 01:34 | ねこ | Comments(4)

wet

目を覚ました時
まだてのひらに感触が残っていてうろたえてしまった
じぶんでもおかしいほど

朝なのに
いつもと同じ慌ただしい朝なのに
ぼんやりとしてしまってそんな余裕ないのに
ぼんやりとしたまま

すぐそばで
みごとにむっちりみっしりまるくなっている
ちこを撫でる。
なんといううつくしい円形。
しっとりと馴染むのにさらりとかわいた柔らかな被毛。
ありがとう。あんしんするのと、ともにいられるよろこびと。

夢を見た。
こんな夢を見た。

§以下長々と、夢の話です§

北に向かう慣れない路線で一時間ほどは乗ったあたりで降車。
(社内ではぐっすり眠ったようでした。夢のなかでも爆睡って)
新幹線の駅もあるあたり、
なにか美術館目当てでその街に私は行ったようだった。
はじめての街に降りたってきょろきょろとぼとぼ歩きだす。
なにしろ夢のことなので細部に限らずあやふやなまま。

14時過ぎか15時か
美術館に行くには遅すぎる時間に
知らない街にたどりつくあたり
夢のなかでも、いつもどおりの段取りの悪さで笑ってしまう。
きっと夢のなかの私も、ももたもたして
あれこれ迷ったりしていたのだろう。

駅を出て海沿いの緩いカーブを急ぎ足で歩く。
前方の高台の上に見える建物が美術館。
15分くらいで着くかな。2時間、いや1時間半くらいは滞在できそう。
駆け足で見れば大丈夫かしら。

ところがみちのわきのくさむらから、なにかがとびだしてくる。
にゃんこ。にゃんこ!!
しかもちびっこ。しかも複数!!
それなりに交通量のある道路の横の狭い歩道。あぶない! あぶないよ!!

あわてて拾いあげる。しろくろのはちわれにゃん。
両手ですっぽり包み込めるようなちいさいにゃん。

「だめにゃよーあぶないあぶないよ」

おもいきりつっぱるかぼそい手足、
折れそうなそれをすごい勢いでふりまわす。
あぶにゃいあぶにゃい。引っこまない、かすかなツメ。
おもいっきりひらたくなるイカ耳。
ぷああぴゃあー、身体に反して大きな甲高い声。

ああかわいい。なんてかわいらしいの。
あわてて歩道の横草むらの中に移動すると、
そこには一段低い、『塹壕』とでも
言いたくなるようなくぼみがある。
こちらでマジノラインを話題にしたせいかも)

そのあたりでぴんぴんはねるにゃん子さん。
たぶん4~5ひきのちびちゃんと、三毛猫のお母さん。
まだ若そうなねこママ。
三毛ママもあまえんぼですりすりしてくる。
なにこれなにこの足止め。
猫神様のお導きなのこうして導かれたまま彼岸を超えてゆくの
いいねえそれありですねえ。

うっとりと三毛ママのほっぺをコリコリかいてさしあげる。
そんな私の腕をぐいぐいよじのぼってくるのはチャトラのちび。
ハラシロでもなく、全身赤毛というか明るい茶色のしましまさん。

なあにあなた、甘えんぼさんね、高いところ大好きなのね、
そういって肩まで登ったちびにゃを両手でだっこして
そこで

「あれ、なんだか熱い? 」

と、どきりとした。もう一回三毛ママを触ってみる。
温度を比較。明らかに熱い、ちびにゃ。

お、お熱かしら。でも元気ないわけではなさそうだけど。
盛大にごろごろ言ってますけど。
でもねこは体調悪いときもごろごろいうって言いますよね。
体調悪いの隠すって言いますよね。

こんなとおりすがりのニンゲンにも隠すの。
いや知らない相手に弱みは見せないだろうから
隠すだろうけど、なついたように見せかけてさえ、
かくしたりするの? そうなの?

まじまじと手のひらの中のこねこを見る。
こころなしかおとなしくなったような。
・・・もしかしてぐったりしているのかなこれ。
でもすっぽりと手のひらにおさまったこのねこは、
あきらかにホカホカしている。

どどっどどうしよう。このままにしておけない。
連れて帰るべき? 
病院に連れていきたいけれど、
ここで三毛ママと引き離すことになるの?
ああ、ニンゲンののにおいがついたちびっこを
母ねこは見なくなるって聞くけど…この場合そうなのかな。
どうなのかま。この街で獣医さん探すの?
それとも連れて帰るの? 帰れるの? 
ちこは? 同居できるの? この子の体力は?
なによりこのこのためになるの?
どうするべきなの??

と、いきなり、どおん!! と
重い問題に突き当たったところで
夢はおしまい。夢のならいとして唐突にエンド。

呆然とする。
手のひらのなかにはまだ感触が残っていた。
かぼそい手足、薄いひふとぽんぽこのおなか、
しっとりとしめったようなこねこのはだざわり。
そしてほかほか。明らかにほかほかしていた。

ちこをそろそろ病院に連れて行かなくちゃ
(ちょっと段取り難しい)
(でも用事がいろいろあるとかぜんぶ私のエゴ)
(もたもたしている間に、致命傷になったらどうしよう)
とか
ちこになにかあったとき
わたししっかり対応できるのかしら。
(毎日通院とか自宅で輸液とかになったら!!)
とか
※今のところ特にその心配はありません
二度寝をしたので(目覚ましアラームは三段階)
時間に追われていたのかしら、とか

そんなことを思うけれども

てのひらの感触はホンモノで
ほんものでしかなくて

ねえちこ、ちびねこちゃんと仲良くしたんだよワタシ

なんて

うしろめたさがないわけでない報告を朝からしてみるも
安定のみっしりむっちり天下泰平のすやすやちにゃこさんの
マダムパーフェクトぶりに
支えられて助けられているなあとしか思えない
きんもくせい香る秋の朝でございました。



この映画はきっと観に行きます。宣言。イスタンブールのにゃん。



(でも幸せにして「くれる」というのはちょっとわたしの感覚としては違うにゃん)

前売りには写真集がついてるんですって!! 

10/21公開のこちらは、うーん、DVDでいいかなあとかおもっていたんですけどね。
ごにょごにょ。さあどうしよう。





[PR]

by chico_book | 2017-09-27 00:06 | ねこ | Comments(2)

キャットメイクミーランそしてハッピネス


お出かけの準備をゆっくり整え、
ガスの火元・スイッチ・戸締りなどを確認する瞬間に、
まさにその瞬間に、悠然と出てくるのはねこのオヤクソク。

f0257756_08002941.jpg
こーんなふうに、すやすや寝ていたはずなのに!

とてとてと歩きながら、みゃ、とか、なぅ、とか
ひとりごちるかわいさに(時間のある時は)
おもわず見惚れるわけですが。

まずはおトイレ。ちょっと少なめかな。
それこそ(ニンゲンの)切り落とした爪の先くらいしかない。
それでも(ちっちではないので)、
この時点ではそんなに心配していません。
基本二日に一回、しっかりさんなのがいつものちにゃさん。
そんなふうに思えるのも、長く一緒にいるからだよねえ、
なんて
いとおしさがこみあげる。ちいさな後ろ姿。

石清水のような涼やかな音を立ててお水を飲む。
だいじだいじ。慢性腎臓病対策だいじ。


※イメージです

そのあと、カリカリをシャクシャクと咀嚼。
なんとかそけくもかわいらしい音であることか。ほれぼれするにゃん。
うっとりと聞きほれながら、腕時計をちらり。
すでに予定時刻を20分くらい過ぎてます。むむ。

ごめんねちこ、じゃあ行ってくるね、と、眉間(あたり)を
軽く撫でてから玄関に向かう。
折りたたみ傘を持った方がいいかな、と思いあぐねたその瞬間。

ぇっぇっぇっぇっ

うわ。ちこにゃんえずいてるわ。たいへんたいへん。
あわててキッチンに戻り、ウエスを手にしたその瞬間。

二回目。続いて三回目。
そしてなんと真っ黄色の液体とともに食べたばかりのカリカリが!!

ううううわ。なにこの色。しかも三回たてつづけ。

立ち尽くすわたしの横をするりとぬけて、再びトイレへ向かうちこ。
え?? ええ??? さっきしたばかりなのに??

気づかれないように物影からそっと見つめてみる。
ちょっと力んでみて、うろうろと姿勢を変えて、
ぴょん、と、飛び出したり戻ったり。

もしかして。おなか痛いのかな。ちこ苦しいの??

「むおーーーん」

はい! これは異常事態かもしれない!!
かもしれない運転で行け! 行く行く!! 行きますとも!
こんなの不安で不安で用事に対応できない!

さくっとキャリーを準備。
さくっとちこを格納してタクシーを拾う。
15分後には病院へ。
ちこがうちの子になった当初、
『どうしてもキャリーにはいらないので病院に連れていけません』
と涙ながらに、病院の受付で相談したことも
区民祭の出張獣医さんブースで泣きついたこともあった。
(ちこがおとなしくなったというのもありますが)
(加齢という要素もあるだろうし、
 わたしや病院に慣れたというのもあるだろう)
(ちなみに洗濯ネットに入れてみて、と言われました)
まさに隔世の感がありますが、ひたっている場合ではありません。
病院の待合室で、電話しまくり。予定を一気にリスケ完了してひと息。

タクシーのなかで、不満げに大鳴きするちこ。
『ねこちゃん病院に行くの? どうかした?? 』
営業的な意味合いもあるだろうけれど、ちこ連れタクシーでの
猫好き運転手さん率半端ない。
『結構おばあちゃんでしょ』
むむむ。
『声でわかるよ。ちびちゃんの声じゃない』
うむむむ。
ちこは声が高くてとんでもなく愛らしいと、定評があるんですけどね!!
(力説)(ちこぼんしらべ)
・・・・・・ま。まあちびちゃんじゃないのは事実なのでいいんですけどね。
ほんとにね。

という訳で診察室へ。
かるくぱにくった私の説明を、真剣に聞いてくれるドクター。
けぽ、の証拠写真もお見せする。
「食欲や、トイレの具合は変わりないですか」
「はい。まったくかわりません。全体的には少し甘えたになってますけど」
「便秘なのかな、ちょっと確認しますね」
先生、ちこのおなかをもみもみもみもみ……。
どんどん難しい顔になってゆく。なんてこと!
「・・・・・・うーん」
カミサマ!!
「ちょっとわかんないですね。
おなかがこれだけまるまるとしている子は、
ちょっとわかりにくいこともあります
ち、ちこ。おばあちゃんだわおでぶちゃんだわ
なんだかすごい日になってますね。
「5キロちょうどなんで、体重は減ってますね」
「それはいいことですか、わるいことですか? 」
「まあ基本的には悪くはないはずですけど。減り方によりますね」
という訳で、急きょレントゲンと健康診断へ。

「おなかの中は綺麗ですね。胃も空っぽだしおなかも特につまってはいません」
よかったよかった。それでは、あの黄色いものは。 
「たぶん、カリカリの色がうつったのと、
あとすこしは十二指腸液もあるかな。
いずれにしても、あまりめずらしいことではありません」

私、胃の調子が悪い時に、胃液を戻した経験がありますが、
あれは苦しかった…。

「十二指腸液……本人は苦しくないんでしょうか」
「うん、そんなには。通常の範囲とでも言いますか」
そうなんだ。ちょっと安心。

「骨格にかかる負担とという意味の、体格と体重のバランスでは、
もう少し体重がすくない方がいいんですが、
年齢とのバランスを考えると、そうですね、
まあ現状維持でいいかな、と思います。
高齢も慢性腎不全も、体重を落とす要因になりますので、
維持できているというのも大事な目安になりますし」

そうなのかあ。体重が落ちると体力も落ちるというやつでしょうか。
なるほどー。
(だんだん人間の話か、ねこの話か判然としなくなる私の反芻)

「ちなみに六本腰椎の子は、数が少ない分だけ負荷がかかりやすいので
ヘルニアになりやすいのですが、ちこちゃんはだいじょうぶですね。
骨と骨の間がしっかり空いています。
ここが詰まってくるとあぶないんですけれど」
(腰椎は通常七本。
一本少ないケースはたまにあることで、それ自体は特に問題ないそうです)

緊急性もなく異常も(とくには)見当たらないということで
あとはふつうの健康診断と、爪切りをお願い。

待合室で待っているあいだ、
「うなーーーー むあーーーー」
という世界を呪うような大絶叫と、
爪切りの、パチンパチンという音が響き渡る。

「おわりましたー」
という声にたまらず駆け寄ると
「ちこちゃん、いまは落ちついちゃいました」
とのこと。
3人がかりでご機嫌をとっていただいた様子(感謝)。
そしてその結果ご満悦になった様子(かわいい)。
診察台の上で、スーパー銭湯のくつろぎスペースで
ゆったりするひとみたいな風情を醸し出しているちこ。
いやいやおつかれさまでした。さあおうちに帰りましょう。

お通じを楽にする「傾向のある」フードの試食の
小袋をいただく。
ちこは三カ月おきに血液検査をしていて、
病院で結果の出る簡易版と、外の機関に出すパターンを交互に。
前回は簡単版だったので、今回はしっかり版なので、
結果は一週間後。

f0257756_08152011.jpg

「はぁぁ、もうつかれたー」

と言いたげなちこにゃ。がんばったがんばった。
なにより異常なくて本当によかった。ありがとね。
(見事にすっきりしているツメにほれぼれ)

最近、おねむの時間が本当に増えました。帰宅時のお出迎えも少なくなったかな。
たいていベッド化、この椅子の上でねむっています。お気に入り。

これから暑くなるので心配だけど、
今年の夏もいっしょに無事に乗り切ろうね。

f0257756_08202907.jpg
もうひまわりが出ていました。そうだよね、もう夏至だもんね。
ミッドサマーと言えば、やはりアイスランドを思い出す。
ほんとうに本当に幸福な記憶であることよ。

あのとき、旅行に行くことを決めた自分に感謝。

羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季

ジェイムズ リーバンクス,James Rebanks/早川書房

undefined


あまりに美しい表紙に魅かれ、いま読んでいる本。
アイスランドではないですが。
シビアで美しくてとても面白い。家族の年代記としても興味深い。


まったくねこがらみには甘いよなあ、
と思いながら購入したのですがよかったです。

知人のうちで生まれたちびにゃんこ、
9歳の息子のたっての願いで引き取る約束をした(元来犬派の)著者。
『まだ赤ちゃんだから、もう少しお母さんねこのそばで過ごしてから渡すわね』
ということで、
赤ちゃん猫が家に来るのを文字通り指折り数えて待っていた息子。

しかしその直後、交通事故でその息子は逝ってしまいました。
悲嘆の底で呆然とする著者のもとに、約束通りちいさな猫がやってきました。
帯には
『こんな時にねこなんて飼える訳ない』

人生を立て直す、向き合いなおす、ひとりの女性の
苦闘と回復、人生の物語としても読むことができます。

その傍らにしっかり秘かにたたずむにゃん。
寄り添う、というほど近くなく、
それでもしっかりと見守りつづけるにゃんの物語。

タイトルの『クレオ』は、ねこの名前。
永遠に9歳のままの息子が、クレオパトラにちなんでつけた名前。
子ねこのお母さんはアビシニアンで、クレオパトラみたいだから、
というのがその由来。

クレオ自身は黒猫で、特にちびちゃんのころは
毛もまばらで目ばかりぎょろぎょろしていた様子、
(名前の候補に「E.T.」があがるくらい! )
アビシニアン風味はないようですが。
9歳の男の子がいかにその猫の美しさに
魅了されこころを奪われたかがよくわかります。

(ほかの候補にブラッキーやスーティーがあがるあたりが、
また英語圏あるあるでたのしい)

※追記※

帰宅後はいきなり
ごはんをもぐもぐ、トイレもすっきり、そしてすやすや爆睡という
大変ありがたいおちつきぶりでした。

これ以上にありがたいことはないわー。ほんとにもう。
もうこれだけで泣ける。安心して腰抜けそう。
ちょっと大げさかもだけど。



ちこにゃんも私も好きでよく流しっぱなしにするライブ動画。
おそろいーなかよしー……という、自慢(てへ)



[PR]

by chico_book | 2017-06-11 09:06 | ねこ | Comments(2)

5月の明るい夕闇に寄せて

ちいさなたましいのお見送りに(ご家族のご厚意で)立ち会わせていただきました。
感謝。

f0257756_06332364.jpg
(たたみます)


More
[PR]

by chico_book | 2017-05-16 06:44 | ねこ | Comments(2)

導かれたりたどりついたり(感謝そして自慢は鼻息荒く)


ややこしい機能とか、どうせ使わないし、いいよ、
そのへんので、なんて思っていたワタクシが、(ミラーレスとはいえ)デジタル一眼を
求めてすたこらさっさと、浜のヨドバシに走ったのはもうずいぶん前のこと。
2012年の秋ではないかと、うろおぼえ。

人生で最初に購入したデジタルカメラは当時『4メガピクセル』が
キャッチコピーだったキヤノンのIXY 400と言う機種でした。


f0257756_00340312.jpg
(下記リンク先/キヤノンのサイトより画像をお借りしました)
http://cweb.canon.jp/pls/webcc/WC_SHOW_CONTENTS.EdtDsp?i_tx_qasearch_url=http%3A//search5.canon.jp/ja_all/search.x%3Fq%3DIXY+400+%25E6%25A9%259F%25E7%25A8%25AE%25E4%25BB%2595%25E6%25A7%2598%26ie%3Dutf8%26pid%3D4NK-l66MYRuumtn74-444Q..%26qid%3DFLeUY0yV12g.%26page%3D1%26i_cd_pr_catg%3D%26i_cd_pr%3D%26qa_search_category%3D%26i_cd_transition%3D1&i_cd_pr_catg=&i_tx_contents_dir=/e-support/faq/answer/digitalcamera/&i_tx_contents_file=10669-1.html&i_fl_edit=1&i_tx_search_pr_name=&i_cl_form=01&i_cd_qasearch=Q000010669&i_tx_keyword=IXY+400+%8B%40%8E%ED%8E%64%97%6C&i_cd_pr=&i_cd_transition=1#1
(うまくリンクが貼れませんのでこちらで↑)

いまは驚きとか安値とか、何かそういうものの殿堂になっている小売店に
まだ、ヨドバシがあった時代のお話。2003年発売と言うことで、結構な昔話。

お店のかたの説明を聞いているうちに、
3万円くらいの予算が、4万5000円に諸々ついて
5万円くらいのお買い上げになりました。
実は私のお買い物ではよくあること。守備範囲外ではなおさら。
詳しい人に話を聞くのが好きなのと、あとで物足りなくなるのがせつないのと。
(しかしおかげで
『デジカメ買うときは機能>>>値段(もちろんできる範囲で)』
という意識が根付いてしまった)

ポケットに入るサイズで、ふいっと思いついていきなりシャッターを切っても、
観たまんまの色と質感の写真が撮れるのが面白くて面白くて。
リモアっぽいシンプルなシルバーと厚みのある本体が頼もしくも手になじむ、
欠点と言えばバッテリーの消耗が激しくて旅先ではいちにちもたないことくらい。
ほんとうに大好きだったのに、うっかり壊してしまって
なんとも激しく落ち込んだのも、桜の季節でした。
最後に撮影したのは駅のそばの八重桜。
いまでもそばを通るたびに、ちょっとだけ胸が痛みます。

さてそんなふうに楽しみながらも基本ざっくりがっさりと
写真と向きあってきましたが、
猛烈に憧れる、いやもうただただ素敵だなあとうっとりするお写真があります。
世にあふれるねこブログ(あるいはねこツイッタやねこインスタ)は数知れず、
うつくしかったり可愛かったりいとおしかったりする猫もたくさんたくさん。
素晴らしいお写真は限りなく途方もないほどですが、
それでもマイベストはあくまでうちのにゃん。

けれどそのかわいさ素晴らしさなんてまるで映し切れていないわ!
と、日々思っていたところ。
ちこがお世話になっているシッターさんのお写真ときたら!!
このかたが撮影してくださるちこときたら!!

たとえば、私が撮ったちこ………。

f0257756_00401123.jpg

ううむ………(しょぼん)
いやいやさすがに、もっとかわゆく撮影できる日もあります! ちゃんと!!

シッターさんのお写真のなかのちこときたらもう(うっとり)
すごいなあ麗しいなあちこってば。うっとりするねえ。
ほんとほんと、あますことなくこんなかんじよちこ。
みなさーん! これがちこのリアルですよ!!
いや実力どおりだわすごいわぁぁ
レポートのお写真をみて、うっとりとつらつら、
際限なく語りつづけるワタクシに夫曰く。

さすが一眼はすごいねえ。

ほお…………これが噂には聞く、
立派なカメラ様である、一眼さんのお写真なのね。
よかね。よかねえ。
……でも私には扱えんやろうねえ。
ややこしかったり機械扱うの苦手だもんねえ。

いやあ、どうだろうね??

うほ?(ゴリラ)
わわわワタシでも、こんなちこの写真撮れたりするかなあ? 
もしかして?

…スッ。
(コンデジから一眼まで7種類くらいのカメラの性能/特長などを
エクセルの表にまとめたものを差し出す夫)※実際にはメールに添付でした

ワーオ(小声)
ちょうどコンデジが故障して(ズームが戻らなくなりました)
カメラどうしようねえ、なんて考えていた矢先。

と言う訳で、その後ワタクシは無事ミラーレス一眼を手に入れて
その素直な色調/絵面の写真を日々たのしくたのしく過ごしています。

sonyのNEX-5Rを使用しています

※sonyさんは『生産完了』って表記するのですね。なんだか力強い)

一眼使っても結局、こんな写真になってますが。
でもいいの、たのしいから。

f0257756_00400609.jpg
(わ、悪そう)
(でもこのお耳の角度が好き)

ふだん持ち歩くには、ちょっと大きめで手に余るのが
残念と言えば残念だけど(荷物が増えちゃう)
そのおかげでこの写真、と言うことで不満はありません。

そんなわけで、私を一眼レフの世界に連れてきてくれた
(まあ勝手についてきたのですが、きっかけになったということで)
(使いこなせてはいないので『入り口で立ちどまっている』状態)
(でもほんとにたのしい楽しい。これ以上言うと嘘くさくなるほどですがほんとに)

キャットシッターさんのインスタグラムに、
ちこが登場させていただきご紹介!! 
ワーイワーイ!(ちこ国民歓喜の雄叫び)
ちこにゃ!!

ちこ素晴らしく美しいわ…(号泣)
(ブログ的には同じ写真なのですが
そんなことはもうまったく問題なし!)
そしてほかにも
たくさんのたくさんのうつくしくかわいくたのしいにゃんたち!!

すっかりあまえんぼでれでれのちこの、
ほてほてのおなかを撫でてくださるやさしく頼もしいシッターさん。
やむを得ない出張や帰省も、あるいは急な入院も
(もちろんこれはない方がいいのだけれど)いつも大変心強いです。

f0257756_00594329.jpg
こちらは今夜のちこ。ことしはいつまでも寒いねえ。

f0257756_01002858.jpg

お花が長く咲いてくれるのは、ありがたいことですが。
さとこちゃんを思い出すではないですか(涙)



[PR]

by chico_book | 2017-04-06 01:06 | ねこ | Comments(2)

サニーサンデイクリニックの記録


フィギュアで興奮して疲れてしまった土曜日。
ことん、と眠りこんですっきりと目覚めた朝はたいそう良いお天気。

日曜日の朝からちこを病院へ。年末の検査からほぼ3ヶ月の定期検診。
前回しっかりした検査(外部機関への委託)をしたので、
ほんじつは簡易版。病院で結果が出るので安心です。

定期検査のほか、爪切りと、
おなかにできたぱげをみていただく必要があります(!!)

ぱげには、じつは一週間前から気づいていたのですが、
なかなか病院に行く都合がつけられなくてそわそわしていました。
ネットで検索したところ
「(加齢による(!!))抵抗力の低下による真菌の感染」
もしくは
「ストレスによるなめすぎ」
あたりが該当しそう………。
素人判断ダメ絶対、と思いながらもモニタの前で固まってしまう。
なんてこと。ストレス、加齢。胸がひしゃげそうになる。
お留守番に嫌な顔をしないちこに、わたしは甘えていたのかも。
調子に乗っていたのかも。
ちこはひとり、しんどい思いをしていたのかも。

あかるい春の陽ざしのなか、
にぎやかにたのしげに、うらうらと大きなトートバッグや
レジャーマットを手にしたお花見の皆さんを横目に、
タイミングよく9時過ぎ、開業時間早々に病院へ。

なんと既に先客がいました。
おじいさんにだっこされたロングコートのチワワ。
本年度の注射、ですって。
そうか、年度が替わったのね、もう4月なのね、と(こそっと)しみじみ。
そう言えばわんちゃんには、そういうオヤクソクがあるのね。
実際には、なかなかしみじみさせてくれない
大鳴き大騒ぎにゃんがうちのねこ。

ほどなく病室へ。前回は年末でしたのでほぼ三か月ぶり。
体重は微増。5.2キロ→5.38キロ。あらら。
来る前にごはん食べたからかな??(違うらしい)

うしろあしから採血、触診、耳と鼻とお口、異常なし。
ぱげは大小併せて3ヶ所。おもにおなか。
自分でなめることのできる場所なので、なめすぎかもしれないし、
あるいは真菌か何かかもしれない。
皮膚炎の原因特定はとても難しいとのこと。
幸い赤味もなく痛がってはいないので、とりあえず様子見でいきましょう。
広がったり、変化があるようならまたすぐに連れてきてね、と言われました。
はい。要経過観察ですね。

血液検査の結果が出るまで15分くらいかかる、とのことで待合室で待機。
相変わらず文句を言い続けるも、ついにはくたびれてうとうとしはじめるちこ。
ごめんね。
私はこの本を読んでいました。青いわ若いわなつかしいわ。
ひさびさに、桃尻娘も読んでみようかな。昭和のはねっかえりティーンエイジウォーク。


私の
『生意気で自分の才能を過信している若者好き』
は、このあたりが源泉かもしれない。

続々とわんちゃんが来院。
なつこい子も、元気な子も、おとなしい子も、
みんな春の陽ざしのなかでかわいいかわいい。

三毛猫さんが洗濯ネットにいれられたままで来院。びっくり。
キャリーなどでなく、洗濯ネットごとだっこされているんです。
白多めの三毛猫さんでした。怪我をした傷口をみてもらってるのだそう。
一生懸命飼い主さんに話しかけていて、やっぱりかわいいかわいい。

さて、検査結果は以下の通り。

BUN(尿素窒素):31(基準値16-36) 
CRE(クレアチニン):2.6(基準値0.8-2.4) 

やや高めですが、この程度なら誤差もあるので
気にしなくてもよさそう、とのこと。
前回と同じかんじ。
腎不全ではありますが、安定はしている、ただし油断は禁物、とのこと。
次はまた7月前ころに。

おうちにいそいそと帰る。途中で救急車と消防車とすれ違う。
大きな音と振動、きっと怖かったよね。ごめんねちこ。
帰りは個人タクシーさんで。
ねこ好きの運転手さんで、ずっとちこに話しかけてくれていました。

「そうか、血を抜かれたのか」

「痛かったねえ、頑張ったがんばった、帰ったらごちそう出るからね」

「腎臓はね、ネコはみんな腎臓に来るからね。その分先生のノウハウあるからね」

ありがとう。まじめになう、にゃあう、と、かえすちこがまたかわいい。
運転手さんのおかげでよい通院になりました。
帰宅して、キャリーを飛び出すちこは、一目散にごはんのお皿へ。
せっせせっせとカリカリを食べる。
シャクシャクと言う軽い音を聞きながら、そっとそのちいさな後頭部に手を添える。
おつかれにゃん。

f0257756_23090944.jpg
ふー、もうなんだったのよー・・・・・と言いたげな、ちこ。

f0257756_23085491.jpg
先生の爪切りほんとうに素晴らしいです。ガッツリ切っていただきました。
人間用のつめきりでさくさくあっさり(でも今回は二回ほどシャアって言いました)

f0257756_23090259.jpg
このフォルムの愛おしさ。なんだかやせて見えるのにね。
錯覚だそうですよ。びっくりだ。

f0257756_22054247.jpg
梅の実の赤ちゃん(大好き)。こんな季節になりました。


[PR]

by chico_book | 2017-04-03 23:17 | ねこ | Comments(0)

約束できること、そのものの、ム、ム、ムジョウのよろこびについて

GPファイナルと、全日本の間に年末の約束を果たしておりましたので
自分の為に記録。

体重(キロ):5.0 → 5.7(!!) → 5.4 → 5.2
(201511 → 201605 → 201609 → 201612)

『なんだかやせちゃって心配なんですけど』

と、ふかふかのねこをだっこしてキャリーから出すところまでが
いつものオヤクソクになりつつある(なんという幸福)。

『順調ですね。ペースもちょうどいいです。年齢を考えても、急減はよくないので』

ほっ。

『このまま4キロ台を目指しましょう』

f0257756_21282180.jpg
はい。あくまで理想はその先まだ遠く。健康のためだよね、と気を引き締める。

尿素窒素(BUN)  :36  → 43  → 31 → 28 (正常の目安:16-36)
クレアチニン(CRE):1.9 → 2.0 → 2.4 → 2.1 (正常の目安:0.8-2.1)

よかったよかった。先生もニコニコ。
療法食完全切り替えと、サプリの効果が出ているのだと
素直に喜ぶことにしましょう。

エコーで腎臓の確認。

『大きさは大丈夫ですね。
すこし白い影があるので、キラキラのもとがあるかもしれませんが、
まあちいさいうちは大丈夫です。
10歳以上で完全にない猫と言うのは、ほとんどいないので。
痛がったり、トイレの様子がへんだったらすぐに連れてきてください』

アルコールでおなかを湿らせてエコー。
丁寧にみていただく途中で、みゃーうきゃーうふあーう、と、
盛大に文句を言いはじめます。

『ちこちゃんほんとに面白い鳴き声ですね。すこし子猫っぽいのかな』

そう。高くて、変わった声で鳴くちこ。
きゃっひゃっみゃっ、とでも表記したくなるような声。

途中でおずおずとシャアも出ました。
私と、ドクターと、看護師さんと三人にニコニコされるちこ。
ごめんねぇちこ。必死の声なのにね。

『このペースで、3か月おきに基本的な検査をして、
半年おきに詳細の検査と言うことにしましょう。
なにか気になることはありますか? 』

最近すごく大声で鳴くようになりまして!!

『どんな声ですか? 』

…すごく不満そうにながく鳴きます。
 
『どんなふうに鳴きますか? 
その、例えば壁とか、なにもない空間に向かってとか?』

いや。はっきり私を見て、長く鳴きます。ものすごく盛大に、明確に。

『ああ!! なら大丈夫です。
ねこも、アルツハイマーを発症するケースがあって、
大声で鳴きまくるということがありますが、そうではないですね』

では、どういうことでしょうか?

『まあたぶん、ほんとにはっきり不満があるんでしょうね。
なでろ、とか、ごはん、とか、構って構ってとか。
それが何に該当するかは、実際にその願いを叶えてみるまでわかりません

実際に願いをかなえるまでわかりません。なんだか含蓄のある言葉。

『あとは、耳が遠くなってひとりごとが大きくなることもありますが、
ちこちゃんはとくに聞こえてない感じもないので大丈夫でしょう』

ふむふむ。

『では、特に異常がなければ次は3月くらいですかね』

一時期心配していた腎萎縮も特に心配なしとのこと。
診療が終わって、安心してやや脱力。
会計を待っているときに声をかけられました。

『……あの、ちょっといいですか』

え。なになになに。実は何かあるの??
もしかしてこのブログがばれちゃった?
あの先生イケメンで素敵ね、って見知らぬマダムが
話しかけてきたこととか、ばれちゃった??
(まずくはないよね。ないよね? ……よねよね??)

『もしよかったらなんですけど』

……はい(緊張)。

『もういっぴきいかがですか??』

がたっ!! あぁびっくりした。

保護されて病院に持ち込まれた推定1か月半の男の子。
3きょうだいのちびちびさん。

『この子なんですよー。
3匹のうち、2匹は決まったんですがこの子だけまだなんです』

ひゃあかわいい!!
まだ保護されたばっかりで、風邪気味ちびくん。
虫下しとかお注射とかで、ヘロヘロでぼーっとしています。
お鼻はまっかっか。
おずおずと撫でさせていただくと、口だけでぴゃーう。
なんてかわいらしい。たよりなくて胸がいたくなる大きさ。いや小ささ。
ぷっくりマズル、ちこと同じ位置にほくろがあります。
運命? おそろい?? しろ多めの白キジさん。
いいなーかわいいなーすごいなー。

うーんうーん、すごくかわいいけど……。
たぶんちこが嫌がっちゃいそうかなあ??

『ああ。そうですね、それはちょっと思いました。
うちの病院ねこも、見た瞬間からシャアシャア言ってて。
まあどうしても見つからなかったらうちの子にするんですけど』

おっとりやさしい笑顔の先生。
(一週間後、検査結果をもらいに行ったときには、
その子も新しいおうちが決まっていました。
よかったよかった。ほんとうによかった)

f0257756_21310250.jpg
(しっぽが別の生き物みたい)

わたしはちこを、大事にするからね。また約束を更新できてうれしい。
ちこありがとうね。ねこ神様もありがとう。



[PR]

by chico_book | 2016-12-31 21:35 | ねこ | Comments(2)

クロマメちゃん異聞と言うか秘話と言うか


「ねこ飼ってるんだって?」

彼女は、にこやかにコーヒーポットを持ちあげた。
ポットの側面に、わたしの顔があまりにもはっきり映っていて、
なんだか笑ってしまうほど。
こぶりのポットは見た目に反してずっしり重たい。
ポットを置いてある銀のトレイも、鈍く重々しく輝いている。
古い銀器のうやうやしさ。なんだかひっそりとしている。
熱くてつややかな液体が注がれるカップは、持ち手の華奢な品のいいノリタケ。
ルームサービス、銀のトレイ、大理石の丸テーブルにひとりがけのソファ。
さすがに役者がそろっている港町のホテル。
ふだんマグカップでざぶざぶ飲んでいる私はこころもち緊張する。
ちょっと腹筋に力を入れたりして。

ええまあ、飼ってるというか暮らしてるというか
生活のなにかをシェアしてるというか。

「ねこかわいいよね。わたしも昔わんちゃん飼ってたのよ」

そうなんだ。

「でも13歳まで生きたのよ、その犬種にしては大往生だったの。
結構大変なこともあったから、すっかり気が抜けちゃって、
さみしいのはさみしいんだけど、
でも旅行とか行きやすくなったしね、て思ってたのよ」

旅行好きの彼女はそう言って笑う。
つい先ほど、10月に買ったばかりだという
新しいデジカメの自慢話をしてくれたばかり。
ことしの12月はドイツのクリスマスマーケット巡りをするのだとか。

「そしたら、息子がねこ拾ってきたのよ。
『いぬもおらんちゃけんよかろう? 』
なんて言い出してさ。こっちはわんこロスの最中だってのに。
『散歩もいかんでいいけん、母ちゃんも楽よ』
とか都合のいいことを。
最初ムカッと来たけどまあ、顔見ちゃうとね」

えへへ。にまにましてしまう。彼女もにまにまわらっている、
いわなくてもわかるよね。わかりますとも。

「いくつくらいですか」

「8ヶ月くらいかな、子ねこではないけれどお誕生日前。
もう暴れる暴れる」

想像つくなあ。

心底楽しそうに、彼女はカップを口に運んでからかるく眉をしかめた。

「苦いね」

そうですか。そうなのかな。
わたしはこのシチュエイションに圧倒されて
ちょっとよくわからないかな。

「クラシックなホテルって、そうなのよ。
欧州のひとはこういう味が好きなのかも。
わたしはもっとあっさりした方が好きなんだけどね。ごくごくのめるような」

f0257756_01595320.jpg

そう言って苦いコーヒーをごくごく飲む私たち。
お酒に弱いので、しゃべりっぱなしで飲みまくる。

「どこまで話したっけ」

「ちびにゃんこが来たところまで」

「そうそう、チビっていうほどチビでないんだけどね、若にゃんこね。
暴れるわ走り回るわ家を破壊するわものは倒すわ」

……あああ!!

「観葉植物によじのぼって木ごと倒れるわ、ゴルフバッグのなかで粗相するわ
出てこられなくなって大鳴きするわ」

ちびにゃんだなあ。でもなんかもう、尊さしかないですね。
最近机の上からおろせーおろせーと大鳴きするにゃんと暮らしていると。
(私がいないときどうしてるのか)
(たぶんうまいことやっている)

「冷蔵庫は開けるわ、引き出しは開けるわ、
開けたあとゆっくりしまるタイプの引き出しで行方不明になるわ」

キジトラの女の子だそう。なんてかわいいやんちゃさん。

「息子がまた
『こいつ遊び足りんのやない? 』
なんて言い出して、おもちゃをふりまわして遊ぶ遊ぶ。
くたびれておとなしくなるどころか、
体力がめっきめきついて、どんどん高いところにのぼれるようになって」

かわいいけど大変だぁ。

「ねこってね、もっと物静かでおとなしいものかと思ってたのよ」

まあねこそれぞれですよね。

「そうそう。でね、そんなとき息子がゼミ合宿で、
3週間ほど家を空けることになったの」

おお。

「もうねこ馬鹿だから
『うわーないわーつらいわー』
とか言ってとぼとぼ出かけて行ったんだけど。
それはまあいいとして、
さて家のなかに、わたしと夫と猫がいるわけですよ」

ふむふむ。

「私は元はわんちゃん派で、正直ねこの扱いはわからない。
夫は犬のこともねこのことももうなんにもわかんない」

ほおほお。

「だからね、まずは遠巻きに見るわけです」

ねこを?

「そう、ねこを」

彼女は重々しくうなずく。
若いころは多岐川裕美とか池上季実子に似ていると評判だった彼女、
クラシックなホテルのクラシックなアイテムがとてもよく似合う。
窓の外にはヨコハマヨコハマした横浜の夜景。


f0257756_02012017.jpg
※この写真はシーバスからなので、イメージです

「うん。新聞の影からちらちら盗み見るかんじ」

でもそれは対ねこ基本姿勢ではないかしら?

「そう?  とにかくね、暴れられるのも困るし、
じゃらしふりまわすのもむりだったのよ。私五十肩だし、夫はテニス肘で」

うわ、いたそう。

「そしたらね。…ねこの態度が変わってきてね」

どんなふうに?

「あれ? って顔をするの。あれ? このひとたち、そうなの?
そうでるの? って顔するのね」

ああ、なんかすごくわかります!!

「そしたらねえ、もうすごかったよ。
『そうざますか。実はワタクシも、かねがねあんな野蛮なのは
ちょっとねえ、どうかしらねえ、と考えておりましたの。
おたくの息子さんがあまりにも喜ぶから、お付き合いしてはおりましたが、ねえ
レディに対して、ちょっと、ねえ???』
って態度と表情になっちゃって!! 」

!!

「うちの夫はおじいちゃんだから(注:ひとまわり以上年上の旦那様)、
あまり動かなくてソファーにどっか、と座ってることが多いのね。
そしたらあの運動会をしていたねこと思えないあしどりで」

ねこのあしどりすばらしいですね。

「花魁道中かっていうくらいしずしずと、
モンローウォークのようにたっぷり歩いてきて、ひらり、と
夫のおなかの上に乗るのよ。
おじいちゃんだからびっくりするじゃない?
そこにね、ゆっくりまばたきして、ちっちゃーいこえで
「みぁぁ・・・ん」
っておっしゃるわけですよ」

うわ。あかんやつやそれ(似非としりつつ)

「そしてごろ・・ごろろ…と言いながらゆっくりと箱になる」

彼女もわたしも、ごくりとコーヒーを飲む。
熱くて静かな苦い液体のありがたさ雄弁さ。

「完璧ですね」

「完璧なのよ。もうね、おじいちゃんだからまさにいちころよ」

いやまあそれはしょうがないんじゃないですか。
おじいちゃん云々ではなく(経験者)

「面白いのがね、息子が帰ってきてももう全然態度が違ってて。
『いつまでもあなたみたいな子供と遊んでなんかいないのよ、
わたしレディなんですから。ぷい!』
みたいになっちゃって、まったく相手にされない」

あはは。

「子供が膝からくずおれるのなんてはじめて見たわー。
『親父になんか預けるんじゃなかった』
『母ちゃんがついていながらなんでこんなことに』
って、むなしくじゃらしをなでるあたりがもうおかしくておかしくて。
こんなにも女心がわからんとか! ってね。
あれはもてないタイプだって、わたしその時確信したの」

「まあ最終的に、就職してひとり暮らしになった時に
ねこを連れてっちゃったのよね。なつかしいな。
ゼミ合宿に行ってたころなんて、だからもう、ほんとに大昔」

彼女の微笑みがやわらかくなる。

「あのときはほんとに確信してたのよ。
この男に、彼女ができる日が来なくてもしょうがないって。
でもまあよかったよかった。ほんとによかった。
相手も、大のねこ好きなんだって」

息子さんの挙式のために上京(横浜だけど)された年上の友人のお話。
15才のキジトラにゃん・クロマメちゃん
(由来は肉球がつやつやだから!!)に家族が増えるお話でした。
いまでも、おじいちゃんには『レディキティちゃん』と呼ばれているそうです。

「おめでとうございます」
「ありがと」
「ねこ好きに悪い人はいませんよ」
「ね」
「ね」

f0257756_01582110.jpg
おめでとうございます。

ちなみに慶事の直接のきっかけは、転勤辞令による
『遠距離恋愛ダメ絶対! もうここで決める!!』
モードだったそうです。
クロマメちゃんショック、と、彼女はこっそり呼んでるそう。

f0257756_02065709.jpg

このかたは、にくきうすべて見事なピンク色。
ほんとに何もかも完璧(陶然)



[PR]

by chico_book | 2016-11-18 02:08 | ねこ | Comments(4)