<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

リンクリンクは楽しいな

ねこが好きで、猫の写真展に行って、このフライヤーをいただく。

http://kouenjishorin.jugem.jp/?eid=2064
「わたしのすきなもの 2月の猫」
(ここへのリンクの設定の仕方がまだよくわかっていません。ごめんなさい)

まあなんとも中央線らしい、ちょこちょこと(失礼。でもいい意味です)
楽しい企画のめじろ押し。

ほんとうは
3/2(土) 木彫りねこを使った(ウッドドールというそうです)
アニメ『ネコマチッタ物語』の上映会+監督トークショーに行きたかったのですが、
別のイベントとバッティング。
ふだんからそんな活動的でないのに、
かぶるときはかぶりますね。

でもこの作品の上映は、4月に谷中にあるようなので、
そこまでがっくりしないようにします。

ちょっと思い切って行ってみて、その先で見つけた
面白そうな企画へのつながり。
こういうのってワクワクする。

先日のねこ写真の方の話とも、重なるけれど、
やはり 「好きなもの」 は強いなあ、と、思います。

もちろんそれだけではどうしようもなく、まずはそこが大前提なだけなのですが、

無理を通して道理を引っ込めるような

情熱、努力、そして愛情の源は

やはり 好き なんだろうな、と思うわけです。

いまさら? うんまあそうなんですけどね。時に確認。

早い話がこれですね。

子曰わく、これを知る者はこれを好む者に如かず。
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

f0257756_147818.jpg























と言うわけで写真は異国のねこシリーズ。
アイスランドはレイキャビクで見かけた「迷子ねこのちらし」
まっくろのつやつやさん。小柄な子っぽい。そういう体格の子か、あるいはまだちびちゃんなのかも。
飼い主さんはさぞ心配でしょう。

・・・もはやねこそのものでもなく、言うならばただのビラ。
レイキャビクまで行って、そんなものまで撮らなくても、と思いますが
つまりは単純にねこのこと、好きなんだ(セロリ?)
ねこにまつわるエトセトラ。
[PR]
by chico_book | 2013-02-28 01:49 | 日々 | Comments(0)

でもちょっとせつない「第4回 猫・ねこ写真展」にいってみました その2

確かに、こんなの目の当たりにすると、
いいカメラがほしくなります。
めんどくさがりで機械嫌いの私でも。
もちろん、それを使いこなせる自分の腕前も、
あわせて準備できなければ意味がないって、わかっているけど。
それでもね。一瞬ね。

でも。
クリアに鮮明に、ほわっと立つような浮き毛(いまつくった造語)の
一本一本まではっきりと、
ねこの耳の中のかすかな血管や肉球のつやぴかぶり、
肉球の間にみっしりと詰まって生えてる指毛の持つ
ふわふわした空気まで
余すことなく写し取っているのをみてしまうと、

逆に

いつかこれらが失われる、いってしまう日が来るのだと
いうことへのほわりとした恐怖がわいてくるのです。
ペシミストと言うよりは、あほの子全開。
まさに空が落っこちるってやつの『杞憂』ですね。

もちろん空が落っこちるよりは、
私とうちのこの(この文脈が悲しすぎて名前を書きたくない…)
別れが来るほうが確実で不可避な事態ですが。
わかってるてばよ!

愛する、大切にする、いつくしむ、と言うのは
その総てを含めてのことだと、
わかってはいるのですが、それでも、

いなくなったあとも、
はっきりと映しとられていた魂の器はそこにある。
その姿をみると、切なくなってしまいそう。
……結局愛するものをなくして辛くない筈ないのですけども。

作家の町田康氏がこんなエピソードを書いていました。

見送った猫をPCの壁紙にしているのだが、
電源を落とす瞬間、ふっとその姿が白黒になる。
その時に毎回、ああ、死んでしまう、
と思ってどきっとする。
筋のとおらない話だが、自分はその感覚を忘れたくない。
そのねこの記憶が薄れるのが嫌で、そこでどきっとしなくなるのが嫌で、
自分はその猫をいつまでも忘れずにいたい。

そして、お外の子達のことについて思いを馳せてしまった。

のびのび自然にくつろいで見えるお外の子たち。
桜吹雪の中のねこ、しっとりと濃い緑のなかのねこ、
月夜にシルエットを浮かび上がらせるねこ、
燃えるような紅葉の中にたたずむねこ。

彼らは彼らの世界があって、その法にしたがって
生きているんだと、わかっているけれど。

おうちの子になればみんなハッピーなのに、と、
脳天気に思っているわけではないのだけれど。
それでも、彼らの幸せを、ねこ生を思うと、
胸がいっぱいになる。

盛りの梅の下ではかなくなっていた、公園ねこくろちゃんを思い出す。
氷雨と呼びたくなる、冷たい雨の中
『くろちゃん、寒い寒いだよ、そんなとこでねんねしているとだめだよ』
と、近寄ったときに、既に息をしてなかったくろちゃん。
いつも梅見の宴会おじさんたちに、
するめや缶詰をもらっていた愛想よしの、ぶちゃいくねこくろちゃん。
うちのベランダでちこにフルボッコにされてました(ひどい)

f0257756_5355053.jpg
写真は在りし日のくろちゃん。
あまりに小さすぎてかわいそうですが、せめて。
のんびり冬の日を浴びて日向ぼっこしています。
くろちゃんだけに、すぐほかほかになっていたはず。たぶん。

私に出来ることなんてほんとうにごくごくわずかだけど、
せめていまここにいる間は、幸せにする事ができればと、切に祈る。
私の椅子を占領している、小さな猫神様に祈るよ。

明日になればまた私は仕事に出かけますが(涙)
せめて、いまだけ。







そういえばうちの壁紙はねこでなく、モルモットちゃんです。
珍しい真っ黒な巻き毛で、鼻のところだけ白い、
体が小さくてちょっとよわっちい、
けれどものすごく個性的な甘えん坊大賞で、大将でした。

なんとなくだけど、ずっと変えてません。
こんなにもねこにべたぼれで、まわりはちこにゃだらけですが
なんとなく。ほんとうにただなんとなく。
それを見るびに、あ、かぷ(名前)だ、こんにちは、かぷ、
いつもかわいいね、と思う。それだけ。
(そしてさっきちこが自分で、
自分の写真の入ってるフォトフレームを蹴り落としましたとさ)
[PR]
by chico_book | 2013-02-24 22:25 | ねこ | Comments(0)

ねこにひかれて三千里(大げさ)・「第4回 猫・ねこ写真展」にいってみました その1

それを言うなら
『朝倉文夫の猫たち』目当てに小金井市に行ったほうが
はるかに遠いのですが、さておき。

シティリビングの小さな記事を見つけて、行ってみました。

http://www.art-g-yamate.com/index.html
「第4回 猫・ねこ写真展」

天気がよかったので、関内から山手までとことこ。
いつもはバスで通る(だけの)谷戸坂。
元町から、港の見える丘公園へと一息の登り坂、実に横浜らしい観光スポットです。
目指す場所はその坂の途中にあるらしい。

天気のいい日曜日の横浜。
しかもみなとエリアと言うことで、まあなんとも目の正月状態。
ポルシェはちょいちょい、アルファロメオも然り、
ベンツやBMWに至っては、日曜夕方保土ヶ谷公園での
ミニチュアダックスフントくらいの遭遇率。

ほえー、と感心しながら歩くので、結構楽しく散歩できます。
海が近いこともあり、風は冷たいのですが。

坂をおずおずと登ると…ああ、見えました。
移転前のユーロスペース渋谷のような、坂の途中の建物の2階。

More
[PR]
by chico_book | 2013-02-24 21:57 | ねこ | Comments(0)

てさぐりぐりぐりぐり

スマホ同調圧力が強くなる今日この頃。

お金がかかる遊びで、流行ものにはきわめて腰の重いワタクシですが、
職場の人に現在猛プッシュを受けております。
そしてそれがいやではありません。ちょっと気になってるって言う。
恋? 恋なの?
auでは足掛け10年ちょい(未計算)、Infobarを2代続けて使っている私に、
スマホの新機種が出てきてるタイミングだから?
※ところで スマ『フォ』ではないんですよね。いつも軽い違和感。
でもこんなこと言うのって、
『テレヴィ』とか『キャメラ』と言う、昭和の名女優ぽいかしら

「iphoneなら、動画がすっごくきれいですよ!!」
「かんたんにすぐとれますよ! ちこちゃんの動画とか、楽勝ですよ!」
(デジカメの話題からここに流れつきました)

「しかも、撮ってすぐYoutube にアップできるアプリとかあるんですよ!!
ちこちゃんならすぐ、ネットアイドルになれますよ!」

どうですかこれ。
こうして書いてみると、ただの悪徳勧誘トークにしか聞こえないこのシナリオ。

「ええーやっぱりそう思うぅ???」(大バカ)

いや、全然本気ではないですけどね。たは。
でも、日々職場のデスクの周りに飾ってある
ちこにゃの写真を見ている
≪見せつけれれてる、あるいは恩恵に浴している≫
同僚の皆さんにそういっていただけるとうれしい。素直にうれしい。

でもまあ、世のねこブログさんたちのおうちの美しいことよ・・・
わかってはいましたが、
「ねこがいるからかたづかなーい」
なんてのは言い訳として下の下ですね。

そもそも、ねこがいない時代から、げふんげふん。
でもそれをお片づけの動機にするなら(出来るなら)
悪くないとも思うのですよ。

f0257756_126142.jpg




「・・・・・・・・・・ふうーん・・・・・」

ああ、そんな目で。
やっぱり孟母のようなねこ。ちこかあさん。
[PR]
by chico_book | 2013-02-22 01:28 | 日々 | Comments(0)

背中に感じる重みとぬくもり

私がPCに向かっていると、
机の上に飛び乗ってきてかまえかまえという、ちにゃこさん。
(結構不意打ちで驚く。PCの邪魔はねこのおやくそくBY伊藤理佐ちゃん、とはいえ))

最近は、キーボードには興味なく、机はただの経由地。
そこから椅子に降りて、どっかーんと真ん中に眠ります。

ちにゃこさん、そこ、座れない。どいてください・・・。
以前は、よくわからずに、ここで椅子をちこに譲って、
自分は他のいすに座ってました。
でも、ここで遠慮してはいけないのだな。
むしろ、私も割り込み気味に「はいちょっとごめんよー」と、
強気にややぎゅっとすわるのがよいらしい。
匙加減はもちろん大事ですが、
駄目なときはきちんと指導が入るのでありがたい。

狭いところにあったかく密着するのが猫的に醍醐味。
箱とか袋とか、暗くて狭くてぎゅうぎゅうなところが大好き。それがねこ。
知識はありましたが、ピンときてなかったです。
遅い、遅すぎるペースで、お互いになれてゆくねこと人。だと、思いたい。


するどい眼光。考え深げに、じっとこちらを見てくる。口だけで『にゃ』。
声なしの、にゃ。

サイレントミャウ、それがねこ最大の甘えだということを
私が知るのはかなり後になってからのことです。

でもちこは、ずいぶん前からそれを繰り出していました。
少し顔見知りになってきてからのこと。

f0257756_4114422.jpg

これはまだお外の子時代。
もしかして、前のおうちで可愛がられていて、お散歩していただけかもですが。
近くの公園で帰宅途中に出会って、携帯でぱしゃり。

いまとは結構顔つきが違います。するどいよね。
警戒してるっていうか。
携帯や、外光のせいだけではないと思うんだけど、どうかな。
でも『サイレントミャウ』。どれだけあまえたさんなんだ。















f0257756_4134446.jpg
あまえんぼにゃんな、このお顔。1枚目の写真から、およそ2年半後です。
残念ながら、私に甘えている顔ではないのですが。
でもまあいいや。かわいいし(えへ)
[PR]
by chico_book | 2013-02-21 04:20 | ねこ | Comments(0)

ベランダから来たねこ

なまえはちこです。
小さい声で、つぶやくように鳴くから『ちっちゃい声の子』で、
ちこと言う名前になりました。

もちろんいまは、大声で
「なうううーまうううー!」
と、不満を訴えます。

おなかすいた! とか、ひざにのんのんさせてよ!! とか、
なでれなでれ! とか、そこどいて! とか、おふとんにいれなさーい! とか。
エトセトラエトセトラエトセトラ。

推定ですが、昔はご近所のお散歩ねこで
お外をうろうろしていて、よくベランダにも来ていました。
私がテレビを見ていたら、なんとなく気配と言うか、視線を感じる・・・
ふとベランダを見ると、そこにはお行儀よいねこの姿が!

はじめてあったときから、なんとかわいらしいねこだろうと、
魂抜かれました。マジ。
はい、のろけです。幸福な初恋物語です。
はじめてと言うわけでもなかろうに。それでも、そういいたくなる不思議。

でも絶対に触らせてくれないねこでした。
カリカリの小袋(魅惑のシーバ♪)も、一袋を食べると言うことはなく、
必ず食べ残しをしていたのは、
おうちがあっておなかすかしてなかったのか、
それとも食い意地がはっていて、あとのお楽しみにしてたのか、
いまとなってはわからない。
(いまもちょっとずつ食べをする子なのです)

※食べ残しは他の子が食べていました。
真っ黒いねこ、通称くろちゃん(安易)も良くベランダに遊びに来ていて、
でもちこはくろちゃんが嫌いなようで、フーシャー言ってました。
自分のほうが、低い位置にいてもお構いなし。
あれ、ねこのけんかのセオリーとちがくない?
ともあれ、この姿を見て、すっかり近所の『女ボス』という
ほんのりとした誤解が。
これもいまとなっては真実はわからないけど。

そんなちこが、うちのこになったのも、やはりこんな寒い季節でした。

f0257756_214228.jpg

これがほぼ初対面。
うろたえつつもカメラカメラ、と、走り回ったことを思い出します
いまみると、ほんとうにちんまりしている。


※ちこのことは、しばらく続けたいと思っています
[PR]
by chico_book | 2013-02-20 02:07 | ねこ | Comments(0)

目が悪いにもほどがある

『あららしろちゃんですかー、こんばんはー、寒い寒いねえ』

と、なんの迷いもなく、しかも結構大声で語りかける夜の公園@帰り道。
※一応人気(ひとけ)はありません

実は、コンビニの白いレジ袋が、風にはためいているだけ(ワオ)
横浜の公園は、ごみ削減の為ごみ箱を撤去してるのです。。。(そういう問題じゃない)

その程度に目が悪く、それくらいにねこ好きなワタクシですが、
先日の、梅まつりが行われている公園を散策中、

「・・・・・・・・それは・・・???」

と言う存在に出会いました。写真がないのが残念です。
結構大きい樹木の多い公園で、植栽のお手入れもまめに行われています。
伐採された樹木を使ったアイテム作りなどのイベントも盛ん。

なので、これは切り株? それにしては?? 
じいっとみてもよくわかんない。
木の生い茂った場所、斜め斜面、地面から30センチくらいの高さ。
枯葉色の動かない物体。

じいっと見つめていたら、
「・・・・むゃ」
わあ! やっぱりねこだった!!

さびねこちゃんでした。見事な保護色だ。
さびちゃんなので、たぶん女の子だろうなあ。
さわるどころか、近寄らせてもくれなかったので
(お外猫の心得としては正しいこと、とは言え)
ただの寝言なんですが、

おんなのこ同士、大人ねこでは、うちのちにゃこがゆるさないだろうなあ・・・。
でもさびちゃんって憧れ。などと、にまにま考えていたのですが。

小声で鳴く猫は、戸惑ってるようでかわいらしいことです。
大声で「ちょっとー! きいてんの?」とすごんでくる子も、またよしですが。

今日みたいにつめたい雨の降る日は、さびちゃんのことが心配で心配で。
おなかすかしてないかな、
どこかあったかいところを上手にみつけてるかな、って。

思うだけで、それ以上できないことは知っているけど。
重々承知だけど。

昔は、お外ねこに対してもっとのんきに構えていたものです。
昔はものを思わざりけり。

f0257756_3102512.jpg

すやすやは、幸福の証。だと思いたい。
[PR]
by chico_book | 2013-02-19 03:08 | ねこ | Comments(0)

週末梅だより

近所の公園には小さい梅林があります。
小さいながらも種類が多く、
長い期間さまざまな花が楽しめるのがとても気に入っています。
今年は特に開花がゆっくりめ、だとか。
まあ猛烈に寒い冬ですもんねえ。むべなるかな。

先週末の3連休は『梅まつり』が開催されていたのですがまだまだ3分咲き。
今週末で、ようやく五分咲きといったところかな。
でも、その方が長々と楽しめるのでうれしい限りです。
梅は、3分咲きでもさみしくないのがすごいよね。
やはりつぼみのかわいらしさのせい??

昔は桜が大好きだったんですけど、近年は梅を好きになる一方。

寒さ厳しい季節に、黒く引き締まった枝ぶりの幹を凛とそびえさせて、
ふるえるようにこらえるように花を咲かせ続けるその姿、その気高さ、
おまけに一晩で主を慕って京都から大宰府まで飛んでゆくと言う行動力、
一途さ、身体能力(え)などなど、それはそれは魅力的。

特に今利用しているバス停の隣にある白梅。
仕事で疲れたくたくたになり、暗い夜にバスをおりると、
ほんのりとした芳香が私を迎えてくれるのです。
いいよね、なんかね。

桜の後先考えない盛大な散りっぷりもやはり変わらず見事だとは思うのですけど、
梅の優しさ強さに、ふんばり具合に心奪われる近年。

おまけにねこに、似合うしあうしね!すごくね!! 
まあねこは、美しいもの・綺麗なものならなんにでも合いますけどね!!
桜のうららかさも、もちろんねこに似合いますが、
甘く優しくかわいらしいのにびしっとしているところが、
ねこと梅にシンパシーと言うか共通項と言うか。
[PR]
by chico_book | 2013-02-18 01:02 | 日々 | Comments(2)

はじめまして

はじめまして。chicobookです。

押しかけ居座りねこに
困ったなあもう・・・といいつつ、
でれでれいそいそとお世話係として尽力しつつ、

体調悪いときは
「あーもうしんどいわぁ♪」
といいながらにまにまと本をベッドに
もちこむような人間です(おとなしく寝なさいよ)

本に育てられ、ねこの為に生きる。
そんな日々を
こっそり記録してみたら、どうなるかしらというココロミです。

よろしくおねがいします。

追記:思いのほか旅ブログになってしまってる側面が。
タイトルを変えるべきかちょっとだけ悩んでおります。進行形。
[PR]
by chico_book | 2013-02-16 22:48 | Comments(2)


ねことか本とかまんがとか、と言いつつ映画にじわじわ圧される幸福


by chico_book

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
日々

ねこ
まんが

イベント
映画
フィギュアスケート
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

お気に入りブログ

最新のコメント

そうなんですよね。 う..
by chico_book at 21:37
「あんたもう着ないよね」..
by pinochiko at 22:24
ぴのさまありがとうござい..
by chico_book at 00:45
わぁわぁ!ちこちゃん、何..
by pinochiko at 13:03
いやたのしい! たのしい..
by chico_book at 06:25
○○リストになるのじゃな..
by momokissa at 03:33
momoさん、そうそう、..
by chico_book at 00:41
図書館みたい ちこぼん..
by momokissa at 02:00
『BANANA FISH..
by chico_book at 07:08
BANANA FISH ..
by momokissa at 03:51
ぴの様 私も自分でびっ..
by chico_book at 06:06
BANANA FISHが..
by pinochiko at 07:10
ぴの様ありがとうございま..
by chico_book at 02:06
素敵なお別れでしたね。 ..
by pinochiko at 07:15
私もびっくりしました。 ..
by chico_book at 02:40
未映子さんは思ってたより..
by momokissa at 02:20
ぴの様こんばんは。コメン..
by chico_book at 23:47
『世界の終わりとハードボ..
by pinochiko at 07:15
うわちょっと安心、でも手..
by chico_book at 12:15
鎌倉と言うとクルミっ子の..
by chico_book at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://www.v..
from http://www.val..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
世界遺産の歴史的建造物群..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(195)
(128)
(118)
(99)
(90)
(71)
(56)
(28)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

いっしょに生きてゆく幸福(千..
at 2017-06-25 21:05
年の瀬に寄せてすこしだけ
at 2017-06-23 06:04
午睡から覚めたような、初夏の休日
at 2017-06-16 02:14
うつくしくきびしくそして尊い
at 2017-06-12 01:26
キャットメイクミーランそして..
at 2017-06-11 09:06
新緑とムジムジとにゃんとかか..
at 2017-06-04 13:27
うつむいてほほえむことは不幸..
at 2017-05-23 01:34
夏への扉をどっかーんと明ける
at 2017-05-19 01:44
5月の明るい夕闇に寄せて
at 2017-05-16 06:44
猫と寄り添い本を読む、夜がど..
at 2017-05-11 01:42

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧