<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5年前の6月

アイスランドに旅行をしたのを、少しずつつづろうかと思う。
思いのほかたくさん写真があったので。
まあ、気が向いたかんじで、とつとつと。

ちなみにこれが最後に行った海外旅行。今のところ。
マイラスト(なんか九州弁っぽい? まいらすとーって)
いいキャットシッターさんもいるので、
(ありがたや)
行こうと思えば行けないわけではないのですが、
なんとなく、これ以来海外には行ってません。
まあ、何故『このとき』行こうとしたのかなんてわかんないので、
また気がむけば行くことでしょう。
ああ、そうだ、白夜を見てみたいなと思ったことがきっかけといえばきっかけかも。

ちなみに私の旅行資金はこの人にお預けしています。
ちゃりんちゃりんと、500円玉を集めるわけです(真剣)
一日の最後に、落穂を拾う農夫のようなものだと、思っていただければ。
お金を預けるには最も向かないかんじの人ですが。
f0257756_16584942.jpg


前からなんとなく気になっていたアイスランド。

春にして君を想う

氷の国のノイ 
と言う映画を見たのと、
ビョークの出身国、と言うあたりをきっかけに興味を持ったのかしら。

国民の8割が妖精を信じている こととか
こんな話を聞いて。
「世界の人たちに基本的な質問を100個するっていう調査が前にあったの。その中で“あなたは何を信じていますか”っていう質問があったんだけど、アイスランド人はみんな“自分”って答えてて目立ってた。すごくアイスランド人らしい答えだと思う。私たちはこの地球上で最も反抗的な存在としてずっと生きてきた。私たちの国に軍隊がないのは、誰も足をそろえて行進することができないからだって聞いたことがある。みんなそれぞれ違う歩き方しかできないからだって。」-Bjorkビョーク

※上記『氷の国のノイ』HP内 「アイスランドって?」より

この世の果てみたいな、ありえない風景を見てみたくなった。
10世紀に世界で最初の民主主義議会が開かれたと言う、
地球の割れ目(!!)のある場所。

ナニソレ。ものすごく非実在国家っぽくない?
本当にあるのか、確かめてみたくなったのかな。
しかし、料金の高さになかなか決心がつかず。

基本的にすみっこが好きなんです。
ぽつんと忘れられたような、迷子として迷い込んだような場所が好き。
でも心底びびりなので、いわゆる秘境、には行くことができない。
江ノ島でも洞窟は怖くては入れなかった程度のチキンです。
ねこが空いてる押入れを、確かめずにはおれないのと同じでしょうか。
(うまいこといったつもり……?)
しかもちこにゃんすぐ出てくるしねぇ。一緒一緒。
f0257756_1742028.jpg

「・・・・・・」(いやそうですな。ごめんね)

そんなこんなで決めたアイスランド行きですが、
1)日本からの直行便がなく
2)就航はアイスランドエアー一社のみ

と言うことで、乗り継ぎ必須。
これでお値段が跳ね上がってしまうので、
ついつい二の足を踏んでたのですが
このときの私はなんでか「えいやっ」と思ったんですな。
経由先は
コペンハーゲン もしくは ロンドン の、ほぼ二択。
(これが高くて二の足を踏んでおりました)
コペンハーゲン経由だと、現地一泊が必要になったんだっけな・・・。
曜日とか日程的でロンドン経由のほうが都合がよかったのでしょう。
たしか(おぼろげ)。

そんな訳で、
ヒースロー空港での乗り継ぎまちをしているカフェ?? パブ?? にて一枚。
f0257756_1754144.jpg

確か、機内食連続投入でまったくおなかすいてないのに、
フィッシュアンドチップスを(無理矢理)食べました。
せっかくの 初ロンドンだもんね! ってことで(注:乗り継いだだけです)
おのぼりさんバンザー!!
北極圏に行くので、寒いところの動物をお供に、と、
ペンギンを連れて行った大ばか者。真逆。それ逆だから!!

ちなみに6月のロンドン。
21:10ヒースロー発なのにさんさんと明るくて、
これから白夜の季節の北極圏に行くのに、否が応でもテンションが上がりますよーう。
[PR]

by chico_book | 2013-04-30 18:03 | | Comments(4)

私は気にならなかったけど

私にふさわしいホテル

柚木 麻子 / 扶桑社



安直すぎ、とのことで評判がよろしくないみたい。
ワタクシは軽快なエンタメ小説、と言うことで面白く読めたけども。
でもまあ安直すぎませんか! と、詰め寄られたら、
うん、まあそうね、確かに、と同意することでしょう。
要は期待している場所が違ったと言うことかしら。

文豪に愛される老舗『山の上ホテル』をキイワードならぬキイプレイスに、
野心を持ってのし上がっていく新進女流小説家のお話。

不倫大好きの御大小説家・東十条先生とか、
主人公と新人賞を同時受賞した元アイドル小説家とか、
クス、と笑えるこねたはたくさん。
それらも内輪受けといわれてしまえば、
まあそうですわね、と言うことにもなる。

ただ元々との狙いどころから行くと成功しているのではないかしら?
軽いのりで突っ走る作品ですが、後半やや構成が甘くて
風呂敷のたたみ方がすこし緩んでるところが惜しいかな。

しかしもしかするといちばん面白かったのは
帯の豊崎由美氏のコメント
『ユズキ、直木賞あきらめたってよ(笑)』
かもしれない・・・(小声)
とりあえず私が購入したきっかけはこのひとことだったので。
※作中に朝井リョウ氏が実名で登場します。
[PR]

by chico_book | 2013-04-30 16:15 | | Comments(0)

どんよくっ!

私もみてます。
めざましどようびの、どようびのにゃんこ。
ほんの一分くらいのコーナーなんだけど、
本当に見逃すと一週間悔しい。

くるねこ大和さんの2013/04/27 ブログ記事
サタデー・モーニング・フィーバー

ほぼ毎日更新に頭が下がる『くるねこ』さん。
なにもしなくても、むこうから自然に猫がやってくる。
拾うか拾わないかなんて悩むのは時間の無駄。
絶対に拾うし、拾わなければ後悔しちゃうんだから、というくるねこさん。

最初は魅力がよくわかりませんでした。
まあ確かに猫たちかわいいし、ねこかいあるあるなんだろうなあ。
でもなんと言うか、心理的に距離のあるかんじで。
昔はものをおもわざりけりってやつですねぇ。
そんな自分のことはもうよくわかりません。

同じねこブログなら、写真中心のほうがかわいいんじゃないかなとも思っていまして。
写真よりかわいくかかれていない子もいるし(失礼)
(でも5こま目より登場の胡ぼんくんは、確かにもっちりしてるけど、本人はすごく美ねこさんだと思うの。
なのに、イラストでは基本メタボくん扱いで、ちょっとさみしい)
※胡ぼんくんの参考記事はこちら
乳飲み子のころに拾われて、それからずっとくるねこさんちにいるので
非常に天真爛漫な末っ子ちゃん気質です。
※今はヒトコマ目から登場のキジトラの胡てつくんが末っ子だけど、性格は変わらず。
もしかしてわたしが、体格のよい猫を見慣れてるせいかも・・・・しれません・・・。

でもこれは、ひとりずつの性格が少しずつわかっていって、
その上でそれぞれの猫の、
個猫個猫(はじまてつかったけどかわいいひびき)らしい行動の違いが
じわじわ染みてきて、中毒になります。
ちょっとずつちがうねこたちを、自分も毎日見守ってるかんじかな?
くるねこさん視点のまんがと、折々に混ぜられる写真とのバランスがまたよし。

私は去年一ヶ月入院してたときに、毎日の更新がうれしくって楽しみで楽しみで、
すっかり毎日チェックするようになりました。エヘ。

お外の猫や困ってる猫の里親探しからはじまったブログと言うこともあり、
迷子さんや里親募集記事も、ほぼ毎日掲載されています。
迷子記事は、涙なしにはみられません。里親探しももちろんそうなんだけど。
そして、元気な子は里親さんの下へ、
そうでない、ケアが必要な子はくるさんちの子になります。

胡てつくんは
去年、名古屋市内の高速道路の路肩でぼろぼろで倒れていた子猫さんでした。
後ろ足両足骨折でボルトを入れる手術をしたのと、
目の大きさが違うことなどからくるさんちのメンバーになりました。
少しずつ人に、ゆっくりと慣れてゆくまだ途上の胡てつくん

お外から来たにゃんこの、過去のことはわからないけど、想像するしかないけれど、
きれいなお水が大好きなちこのことを思います。

新しいのをくんでよ! こんなののめないわよ!!
とおっしゃるのです。まあおいとくとあきらめて飲むんだけど。

f0257756_872297.jpg


わ、わざとむっちり感を強調した写真にしてみたんだからね!!
演出なんだからね!

にしてもちこさんこの椅子好きですねぇ。
f0257756_8142258.jpg


「うん。・・・・わるい? 」
いやそんな、滅相もないですよ。
[PR]

by chico_book | 2013-04-28 08:07 | ねこ | Comments(0)

何もはじまらないでいてほしい

西村しのぶの新刊が出ました!!

砂とアイリス 1 (愛蔵版コミックス)

西村 しのぶ / 集英社

砂とアイリス 1巻(以下続刊) 

と、びっくりマークで紹介するほどファンかと言われると
二の足を踏んでしまうのですが。

発掘現場で研究者を目指す女子のお話。
(ところでいくつくらいまで女子、と言えるのでしょうか)
何を話題にしたいかって言うと、

12年ぶりの 『新作』 なんですね。なんてこった。

とにかくこの作家さんは完結しない作家さんでして
10年20年(!!)当たり前のスパンで作品を
忘れたころにゆるゆるとお続けになります・・・・・・。
それで、こちらもつい手を出して
「アレー。こんなお話だったっけ? こんなキャラだったっけ? 」
と首を傾げたりもするわけです。

と言うわけなので、完結作がないのも辛いし、
新刊が出ると
「今度こそ何か変化が? 」
と、うっかり手を出してしまい、
「まあ・・・なんか違う気がするけど(どうなんだろう)」
と、謎のキャラと私の同窓会、みたいな事を繰り返していたのでですね!!

新 作 と言うのこに心オドル訳です。

てっきりもう、作者は、そういう自分芸というか、
新しいキャラクターや物語は作らずに、
仲良し身内の内輪感覚でやってゆくのだと思っていたのでですね。。。

新作かぁ。

と言うわけですが、まあ割とよいです。
リンクの紹介記事のコメントとは、私はずいぶん印象が違います。

特定のパートナー(もしくは妻)がいるけれど、
節度ある なかよし 、少し気になる相手がいて
仕事上 あるいは 人間として 評価されてる。
のみならず 大事にされてるし大事にしてる。

ココで踏みとどまってほしいなぁ。友情以上恋愛未満なかんじ。
(こういっちゃうとだいなしですね)
でもリンクのコピーだと、
「何かがはじまる予感…!?」
なんだよね。無理かしら。
ただそれでストーリーらしいものも特にないまま、
ぐだぐだ続くのもちょっと嫌なんだけど。

要は、その、微妙な関係で踏みとどまるかんじを
活写していただきたいと言うことでしょうか。
これってわがまま?
[PR]

by chico_book | 2013-04-28 07:03 | まんが | Comments(0)

左上にちっちゃく『似ているブログ』とありますが

よく ほっこりブログ を ご紹介してくださいます。
エキサイトさんよ。それでよいのかい??

ちくちくかわいい小物を作ったり
自家製酵母でパン作ったりしてませんよ。あたしゃ。

目つきのアレなねこと、活字中毒気味なその下僕が、うらうらしてるだけですよー。。。

間違って迷い込んだ方、ほんと、すみません。

f0257756_1195821.jpg

[PR]

by chico_book | 2013-04-24 01:21 | 日々 | Comments(0)

タイミングってあると思う

積読(つんどく、で変換が出たことに驚き)と言う言葉が
どれくらい一般的なのか分からないけど、
私もまわりでは結構市民権があるように思います。

まあ、たまたま私のまわりにそういう人間が多いってことね。きっとね。

いろいろあってずいぶん減らしてはいるのですが、
それでもそれなりにボリュームがあります。うむ。

1)好きな作家 で、 2)文庫 だと、
保証つきかつ、かさばらない と言うことでハードルが一気に下がる。
ましてや(物理的な意味で)薄い本、元は絵本、題材が猫、となれば
これは

「いつでもよめるしー♪」

と思ってしまって。購入後ずーーーーっと放置しておりました。

ふわふわ (講談社文庫)

村上 春樹 / 講談社


※絵本もありますが、私が所有しているのは文庫版です。

好きな作家の好きな題材だけに、逆になんだか読む気がせず。
じゃあなぜ買ったんだって話になりますが。コレクター? 病気??
逆に、猫の話? それはあたりだろうよ。
でも、猫なら何でもいいのかっとか、ただの猫好きじゃん、とか、

いやただの事実ですが何か? ていうか違うの? どこがどう??
と、当時の自分に問い詰めたい気しかしないのですが

なんでしょうね。
そういう猫好き身びいき的な感情と、作家の読者であると言う事実が
いりまじって手を出し辛かったのかな。

氏が猫好きであることは、ずっとエッセイ等で知っていて、
(ちなみに
「犬と暮らしたこともあるけれど、(好き嫌い以前に)
犬が何を考えているのかは正直分からなかった」
だそうです)

ちこと暮らすようになって、本棚の整理をしていて、
不意に手にとって見ました。
すぐ読めるしね、と。軽い気持ちで。

「ぼくは世界じゅうのたいていの猫が好きだけれど、
この地上に生きているあらゆる種類の猫たちのなかで、
年老いたおおきな雌猫がいちばん好きだ」

・・・中略・・・

「やがてごろごろと猫がのどを鳴らしはじめるのを聴くのが好きだ。
そのごろごろという音は、まるで遠くから近づいてくる楽隊のように、
だんだん大きくなっていく。
少しずつ、すこしずつ。
猫のからだにしっかりと耳をつけると、
それはやがて夏の終わりの海鳴りみたいに、
ごうごうと大きな音で聞こえる」


氏が子供のころ(6,7歳のころ)をともに過ごした、
年をとってから引き取られてきた大きなおばあさん猫の思い出を、
やさしいけれど甘くない、静かな文体で描写されています。

ひとつひとつの描写にむだがなく、すべてが腑に落ちる。
ああ、私の知っているもの、とても大切なものがここにあるわ、
と思える作品です。

小学生のころに仲良くした神社につながれていた
誰のものでもない「3本足のいぬ」、
どこからかやってきて、ごはんをせがんでいた
白いねこ(だしがらになったいりこをあげると「ふなうなまうううーん」と言っていた)
うちで飼っていたハムスターや手乗りのインコたち。
※昭和感満載ですねえ。

いつかこんなふうにちこのことも思いかえすのかしら。
そんな日は来なければいいと思うけど。
でもいま目の前で(正確には背中にくっついて)
すうすう言っているちこが大切なのと同じように、
未来の私にとって未来のちこは大事。ずっと。ずうっと。
たとえいなくなったそのあとでも。考えるのも嫌だけど、ぜったいにそう。
いままでのみんなが、今も変わらず大切なのと同じ。

とっておいてくれてありがとう。そういいたくなる作品です。 

f0257756_16403984.jpg

(・・・・・・・うな)

目つきが悪いのは、寝起きのせいです。
[PR]

by chico_book | 2013-04-21 16:40 | | Comments(8)

ノエルママさんに猛烈感謝です

コメント欄にあるように、ノエルママさんから
町田の『ねこのみせ』のレポートを頂戴しましたが、
それと別にお写真もいただきましたので
記事としてアップさせていただきます。。。

ノエルママさん、本当にありがとうございます。
本来なら私自身がこのお店に行ってから記事にしたかったのですが、
都合がつくのがしばらく先になりそうなので、
いただいたお写真を早く披露させていただきたくって。

ノエルママさん、気持ちよく許可いただいてありがとうございます☆

ていうかポッキーちゃんかわいすぎる。
『脳天気に見せかけて、実は闇猫格を持つ小悪魔』って。

こんな可愛いねこに似てるなんて、うちのねこが似てるなんて、
似 て る な ん て       うぉぉぉぉぉ!!

ちこに会ったその日から
キュン死、の意味を正しく理解していたのよ、本当よ。

f0257756_22141781.jpg

PCの上がお気に入りだそうです。この堂々としたくつろぎっぷりときたら!

f0257756_22155374.jpg

これはちにゃこさん。似てる。。。。いや顔ほとんど見えてませんけど。しかしみっちり度は。
いや、その、なんでもありません。

f0257756_22173655.jpg

あ、お目覚めですか。

f0257756_22181130.jpg

ちこの方がややハチワレが甘いですね。でもお耳の離れ具合とかはやはりよく似ている。
お鼻ピンクだし。

f0257756_22203054.jpg

目つきがわ・・・いや、目力がきりっとしてるところとかも。
ちょっとしっぽが頼りないところとかね。そこがかわいいんだまた。

f0257756_22585053.jpg

こちらはプリンターの上のちにゃこさん。
くるりんしっぽでお行儀のよい女子をアピール。
そこまで立派なしっぽではないのですが、かわいいかわいい。

f0257756_22212184.jpg

でも、こういうしっぽの子はたまりませんねぇ。

f0257756_22221915.jpg

「・・・はぁ!? 」

結論。
これははやくいかねばなりますまい。こーんなキャットタワーもあるみたいだし。
f0257756_22233632.jpg



そしてリンク先がニコニコなので、見られない方がいたら申し訳ないのですが

ポッキーちゃんが子供のころの動画の破壊力がありすぎる。

こんなかわいいねことうちのねこが似てるなんて・・・・
と、改めておしりのうしろにいる(事実)猫を眺めて、
真実のもつ力にうちのめされておりやす(八重の桜)。

なんかもうありがとう。
ノエルママさんにも、ちこにも、神様にも、とりわけ猫神様にも。


追記:
オーナーの旧ブログより、
ポッキーちゃんの写真の載ってるページがありましたのでご紹介。大人気(ココで既に涙目)ポッキーちゃんカレンダーのご紹介です。

これ・・・・
ほんとに似てる。特に8・9月あたりの凄みのきかせ方ってば、てばてば、
しょっちゅう私を叱り飛ばしてるときの顔ですよ! これ!!
・・・・・・白きじねこってココまで似てるものなのかしらね!!
※厳密には、お顔の輪郭が違うようですが。

これはいかん。これは何とかして、いやなんとしてでも
町田に行ってポッキーちゃん写真集(現在配布中)を入手しなくては!
[PR]

by chico_book | 2013-04-14 22:30 | ねこ | Comments(10)

環境省の新しい指針ですって


せっかくなので、エキサイトニュースさんの記事。
環境省の新しい指針だそうです。

災害時ペットは同行避難が基本。


東日本大震災被災ペットの保護費に公費1.7億というデータもあるようで
(日経オンラインの記事より。
ただし、会員以外は見出ししか見られませんでしたので詳細は不明)
決して動物愛護、の精神のみ由来するものではなく、
さまざまな事情による変化なのかもしれませんが、
とりあえずよいことだと思うようにします。

一概に『同行』と言うのは乱暴すぎる、と言う声もあるようですが
基本の指針を明確に打ち出すというのは、
まずは原則論として大事なことかとも、思うのです。

ちなみに災害時に、一緒にいけないのなら
私も居残るしかないよなあと思っていたのです・・・・・・。

さぁ! ちこにゃん、もう逃げられんよ! 一緒に行くよ!!

f0257756_22362388.jpg
よ!!
(ねたふり)

私のほうでも、避難袋等々、事前に準備だけはしておかなくてはなりません。
[PR]

by chico_book | 2013-04-13 22:40 | ねこ | Comments(0)

みなさんありがとう

職場でもねこ好きが知れわたっているワラクシ。
まあ、写真とか机上に、ちこさんの写真を飾っておりますので、むべなるかな。
(しかも一枚ではないと言う・・・)
(シッターさんが一眼でばしっ! と決めてくださったお写真は、
100均でなく、ちゃんと(?)toolsで購入したフォトフレームに入れてるしね)
↑自分がコンデジで撮影したボケボケ写真は、パウチしただけだったりする。

はは。
まあこんなかんじで、小物をデコっていればむべなるかな。
f0257756_22271535.jpg


(いまどきスマートでないどころか)
ウィルコムPHSさんも、ホレこのとおり。
f0257756_22375548.jpg


小学生か! とか
真っ当な大人のすることか!! とか
言う気持ちは、自分でもないわけではないのですが、まあ、真っ当な大人ではないのかもしれませんが。
しょうがないのよさ。呪いと祝福は表裏一体なのさ。

ねえ・・知ってる??
ねこを一度でも飼った人間は、死んだあとねこ地獄に行くんですってよ。
そしてそこで、永遠に猫様のお世話をし続けるのです・・・・
よか! いっちゃんよか!! ていうかむしろ行かせてください!
(参考文献:『プーねこ』 作:北道正幸 )

そういうわけで、未だにアナログばりばりで使用する
こんな文房具たちを見るだけでニコニコしてしまうのです。
ある種の自衛策。

とか言ってましたら、職場でこんなのもらったよ!
f0257756_22382571.jpg


大変に人気のある、再利用度の高い、お土産の空き缶。

よくよくみると猫の絵つきです。大人気の北海道土産と言えば・・・
f0257756_22395767.jpg



ハーイ。白い恋人でした。
ここの缶はしっかりしたつくりで人気が高いんですが、
空き缶になったところを
「これ猫ついてるからほしがるんじゃない? 」
と回収してくれるメンバーに感謝。


「ふーん・・・・・・」と言いたげな今日のちこさん。
毎回同じ場所の同じ(ような)写真ばかりですが、
あくまで本日のちにゃこさん。
f0257756_22494076.jpg


おめめくりくりあまあまフェイスを写真におさめたいとも思いますが、
まあリラックスしてる表情がいちばんかも、とも思います。
[PR]

by chico_book | 2013-04-06 22:50 | ねこ | Comments(12)

これを「北海道でみたねこ」とカウントしてしまう馬鹿がいます

※タイトル一部変えました。

f0257756_115030.jpg


ただのポスターだってばよ!
でもね、かわいいですよね。ちょこなんとそろえたあんよ。
ふくふくのしろいおなか。真剣なまなざし。ビバかがやくにゃんこ。

まだちこにゃと暮らしていなかった時代のお話。
写真を見かえしていて気づいたのですが、
この北海道旅行の3週間後に、突然ちこにゃがさわらせてくれるようになり
f0257756_119724.jpg

(アルミサッシの溝等、汚い画像をご容赦ください)

でこごっつんをくりだし(ちかすぎます)
f0257756_1205578.jpg



二ヵ月後に我が家をほぼ制圧。ぷすー。
f0257756_1225764.jpg



「・・・・・・」ち、ちにゃこさん、なにかご不満ですか??
f0257756_1251743.jpg



「・・・・・・まぶし」
f0257756_1281381.jpg


ごめんねごめんね、気が利かなかったねえ。
いやだったねえ、ちこにゃ。悪い悪いニンゲンだねぇ。

馬鹿みたいな、いやいや自分でも馬鹿そのものな話だと思いますけど、
このときうれしかったんです。すごく。
こんなに安心してうちで寝てくれるようにまでなったんだなって。
そしてこのときを最後に、ふらっと旅行に行かなくなっている自分に気づきましたよ。なう。
(帰省や、友人に会いに行くのをのぞく)
しょうがないやね。おうちに天国があるようなもんだしね。
それでも旅は相変わらず大好き。行きたい気持ちは今でもたっぷりある。
でも、行かれないことに不満はない。
以前の自分からすれば、ちょっと不思議なこころもち。

※いつも繰り返しですみません。でもしあわせなんだこれが。
[PR]

by chico_book | 2013-04-04 01:33 | ねこ | Comments(7)