ちょっとテレビっ子すぎる日々

いや幸福ではあるのですけれど。

去年の『真田丸』がスペシャルで特別で、
とはいえなんだかすっかりテレビの視聴習慣がついてしまって
よい作品があるからでそれはもちろんありがたいのですが
ちょっと時間配分に手こずりはじめたので、反省。

『カルテット』
『バイプレイヤーズ』
は完走しますが、そのあとは控えましょう>自分。

大河は見つづけるつもりだし。

江國さんの新刊読了。
裕福だったり奇妙だったりする大人たちの屈託。
江國さんの群像劇大好き。不穏で不遜で、みんな得手勝手。
勝手に幸せになったり不幸になったりしている、
謎の生態、とでも言いたくなるような、不思議な、
身に覚えのあるようなないような感情や、
まったく共感できなくても、それ故に
興味津々になってしまう登場人物たちの不思議。
存分に味わえて満足。

書店の店員さんが軒並み「騎士団長殺し」と言う名札(違)を
胸につけていて、それがみんなのふたつ名だったら面白いな、
なんて思う程度には中二だわっしょいわっしょい。

春樹さんの新刊横目にうずうずしながら
江國さんの新刊を読む、空前絶後の贅沢。

アカデミー賞もとてもにぎやか。
『ラ・ラ・ランド』
軽くスルーしていたのですが監督が『セッション』のデイミアン・チャゼル
ヒロインが『バードマン』のエマ・ストーンだと聞いて
興味が出てまいりました。
さて無事にたどりつけるかどうか!!

だってだってあの監督がこんなの撮るなんて…!!
気になっちゃうではないですか!!



まあ音楽と言う共通点がある、
と言ってよいのやらどうなのやら。

この本はジャケ買いタイトル買い。はじめて知る書き手のかた。

ふんわりしているがしっかり毒のあるかんじ。
でも苦くない毒。となると、毒と言う言葉は誤りだろうか。
ふわふわといとおしい猫との日々、猫と関係ない日々の描写も多い。
そして甘くない文章。

タイトルにはまったく同意。完全なる同意。
では犬は? と、言葉遊びをしてしまう。
犬には、悪いところが全くない。ような。
でもちょっと言葉遊びにすぎるかな。
『愛しているけど好きじゃない』
について、ここ1~2週間つらつら考えていたせいかも。

そしてそんな人の思惑とは全く交わらない時空に生きている
げっ歯類のことがとても好き。
とても孤独で孤高な魂だと思う。
ふいに、私を見るときの
「あ、忘れてたけど、何かいるわ」
と言う風情。そしてまたすぐ忘れる無関心。
そばにいるのに違う時空を生きているかんじ。
あんなに小さいのに、魔力と磁場を持っている生き物だと思う。
私が一緒に暮らしたことがあるのは、
ハムスターとモルモットだけど。

f0257756_01561339.jpg
ほんとうのばらはピンクのものだけね、
と言うのは
アン・シャーリーのせりふですが(ここでは頻出)

ほんとうのすみれは紫のものだけね、
いつも思います。
そして大好きなこの映画を思い出す。



すっかり春。早咲きの桜。
桜はせわしなくてどうもね、と思いつつも、いざ花ざかりになると
わくわくしてしまうのを止められない。

f0257756_01574989.jpg
見上げるとおひさまみたいなまるい実が、ずいぶん上の方に。
もう柑橘類もラストスパートかな。
長い冬を一緒に過ごしてくれてありがとう、
ちいさなおひさまたち、と、なんとはなしに感謝を捧げたくなる、
というのは大袈裟でしょうか。

f0257756_01580875.jpg
こちらは息をひそめているような芝生。
春樹さんの本のタイトルで『つかいみちのない風景』と言うのがありますが
そんな感じに思える。
f0257756_01543683.jpg
図書館からまわってきた本。まさか一気に二冊来るとは!
(狙ってない)

あひる

今村 夏子/書肆侃侃房

undefined


こちらあみ子

今村夏子/筑摩書房

undefined


嬉しい悲鳴。ガチで嬉しいけれど、悲鳴なのもガチ。

ちこは最近、ねここたつの上でゴロゴロすることをおぼえた模様。
あたたかくなったということでもあるのかな。

私としても、お姿を拝見できてうれしい。ウインウイン!!




[PR]
# by chico_book | 2017-03-01 02:11 | 日々 | Comments(0)

ナレーションでごまかされていますが

ふんわり明るくやわらかなのに隠しようのない毒があって、
ああ、刃物ってうつくしいよね、なんて気持ちに、
うっかりほんのりなってしまう『べっぴんさん』。
実は私、結構好きです。
視聴して元気が出たりはしないタイプの作品ですが。

ひとさまの大切なおうちで『結構好きです』なんて書いた直後に
いやこれないわーさくらちゃーん、ちょっとここ来て座りなさい、
と言う展開になった、なってしまいました(笑)
(828summerさますみません!! 
長々しいのでじぶんのところに引き取りますね)
と言う訳でここ数日をメインに感想をすこしばかり。

まあさくらちゃん前からああいうお嬢さんではあったのですが
いろいろ不協和音がおきていて(おこしていて)
あらあらまあなんとも明るくて不穏なことでしょう。

さくらお嬢様の空気を読む気のみじんもない剛腕ぶり、
是非論を問うのではなく、
いまひとつ明確に言語化しないけれど、
自分の感性を決して譲らない、一見優しげでその実頑固な母親と、
それをまた無言でのみこむのが基本の、父親で構成される家庭で
(文字どおり慈母のごときキヨさんの全肯定をプラス)
戦後民主主義の明るさと高揚感とかをたっぷり吸わせて
不自由なく育てて、アメリカ留学までさせたら
(まだ1ドル360円で、外貨持ち出し規制の時代のはず)
↓しらべました
※観光旅行客の外貨持出制限枠の緩和:作中は1969年
(69年700ドル,70年1,000ドル,71年3,000ドル,78年制限撤廃)
そりゃそうなるよね、と至極納得してしまう
(ええのかそれで、と言うツッコミはさておき)

そこそこ強情で生意気盛りなお嬢様になるのは、なんというか道理。
けんちゃんに対してたいへん残酷なのもまあなんというか、
自分の能力魅力にまったく疑問を感じていない様子が伝わってきて
なんというか見ていて納得してしまいます。
そのあたり『あさが来た』の母娘はあっさりさっぱり
明快にわかりあえなかったけれど、こちらはまるで違って、
むしろリアルに感じてしまう。
たとえば
「○○してあげたのだから感謝してくれるはず」
「○○(たとえば母親/父親)ならわかってくれるはず」
みたいな思い込みがまるで一致せず、
それぞれの人間がそれぞれに別方向に向かって走っている
(もちろんそれぞれにとってそれは真正面なのですが)
そんな様子が結構たのしいです。シニカルな楽しさ、だけど。

まあでもあれは、心底君枝さん嫌だろうなあ。
自慢の息子を、あんなにも盛大にふりまわすお嬢さんとか。
また息子が唯々諾々と(見えるでしょう)
ふりまわされてるあたりがまた。

入社の経緯は正直いろいろあかんやろ、とも思うけど、
これはこれで
「すぐに諦めず。プランBで成功」
と言うパターンなのでしょうか。ちょっとわたしにはわかりにくかった。

ただ、現在の選考方法と重ねるのはまた、解釈が違うように思う。
なにしろ女子の定年は平気で30歳とかだった時代(のはず)ですし、
同族経営のコネ入社なんてたぶんいまよりもっと珍しくはなかったはず。
説得力とか端折りすぎとかいろいろありますが
(ふたりがどういう方面に優秀なのか、入社して「やりたいこと」が明確で、
あらかじめ入社を反対されている描写があったら、
印象が変わったと思います。
人事部長が何を根拠に推しているのか伝わりにくかった)

そういえばけんちゃんが『京大でなく東大でやりたいこと』も、
さらりとでも具体的な表現があったらよかったなあ。
あこがれの教授がいるとか、そういうのでいいから。
これでは、さくらちゃんがいるから東京に行きたい、な、かんじも
してしまうし(それはそれで明確ならいいのですが)
こまごまとピンが甘いような印象が無きにしも非ずで、
いろいろ惜しい。うーん。
なにしろ、入社してからの方がたいへんなので
あとひとつき、そのあたりをきっちり描いてくれればうれしいな。
さくらお嬢様の知りあいではあっても、そんなに入社を
歓迎してないふうのある明日香さん(、でしたっけ??)あたりを
ほりさげていただければいいなー。
そのあたりもまた、母親世代との対比になるのでしょうか。

そんなふうにゆるゆるっと期待してみています。すっごく夢中ではないけれど。

それにしてもあのファッションはいいですねえ。眼福。
年若い女優さんたちの年代がすすんだの演技が
おちついていてよいだけに、やっぱりいろいろ惜しいかな。



[PR]
# by chico_book | 2017-02-23 02:55 | 日々 | Comments(0)

うっかり夕飯食べそびれ


お昼間にライストを観ていたので、結果を知ってはいました。
あまりにすごかった、プロトコルを印刷してテレビ放送を視聴。
ひゃー。夢中になりすぎてごはんどころではありませんでした(笑)
金曜日には
『なるほど、ぴょんちゃんは時差少なくて見るの楽だわ』
なんて思いましたが、そうだわお昼間試合でしたよ!!

4大陸終わりましたね。
ずっと息を詰めているような三日間でした。
来年の今頃どうなってるのかな。
バス停そばの沈丁花のつぼみがほころびかけているのをみて、
そういえばソチもそんな季節だった。当たり前と言えば当たり前。

舞衣ちゃんよかったですねえ。
クリアでクリーンで上品で丁寧。
おお、わたしの好みどまんなかではないですか。
更に言うならすこやか。
このまま安定してほしいです。切に。
フィギュアはここからが結構大変な気がするので。

新葉ちゃんつらかった。
ショートの最初からもうガッチガチの表情。
でもここを超えてゆくのでしょうきっと。
ほんとうにほんとうに尊い涙でした。
(もちろんなにか故障や異常でないとよいのですが)

理華さんちょっといろいろ惜しかったですね。
急な出場なのでしょうがないよね。
強行スケジュールが続いて、本当に大変だと思うけど
がんばれ理華ちゃん。
理華ちゃんのリバーダンスのポニーテールの揺れが大好き大好き。

ケイトリンにほんとにびっくりしました。
どこか痛めたのでなければ、よいのだけれど。
未来ちゃんよかったよかった。しみじみかみしめる。
ジジュンの輝く美貌にびっくり。
毎回律儀に驚くのですが、ジジュンってまだはたちなんですね…。
なんだかずっと見てる気がしてますが。

男子はすさまじかったですね。壮絶だ。
マジ空中格闘戦でした。
『リアル天下一舞踏でなく武闘会』
とのコメントをみて激しく納得。
羽生さんの挑みかかる姿の迫力にどこか静けさが加味されて、
たいへんうれしい。
どれほど激しさをむき出しにしていても
どこか冷めた部分が、出てきているように
思えるのは贔屓の引き倒しかしら。

勝負自体をたのしんでいる、
その場にいる自分を全力で全身で
味わいつくしている、
ヒカルの碁の、佐為VS塔矢名人戦のような。
終わらなければいいよこの時間、な感じ。

『変わらずめらめらしてるんだけど、毒気が抜けてきたよね羽生さん』

『そうね、余裕と言うか凄味と言うか』


ちょ、なにいってるのかわかんない

ネイサンよかったです。ネイサンよいわー。
きりっとぴきっとクリアではないですか。明確と言うより明快爽快。
アメリカ男子は本当にキャラクターが鮮やかですね。
ジェイソンもクリアで柔らかで優しくて麗しくて。
優美、と表現したくなるジェイソン。

パトリックしずしずと進化深化をすすめていて
こころにしみわたる。
今期のフリーほんとに素晴らしい。
みているだけでしあわせになる。
(ホープ&レガシーは、あまり落ちついて観れない。
何回観ても見慣れない(不思議))

テンくんいなくて残念でした。
札幌では見られるんだっけ??
(しょうまさんの連戦は心配の種、
でもそれも戦略なので心配しない!!)

ああ、光が明るくなって春が近づいてきて
ワールドが来るのですねえ。

明日の朝ごはんはきっとおいしく食べられます。



[PR]
# by chico_book | 2017-02-20 00:46 | フィギュアスケート | Comments(0)

思いがけない春の嵐

衝撃で夜中に変な声出しました。ひぃ。

ことしの4大陸に向けて、なんか(私の気持ちが)
ざわついているなあとは思っていました。

全日本不出場だった羽生さんが出るからかしら、
羽生さんとしょうまとパトリック!! 
テンくんジェイソンネイサンと、ぴょんちゃんと同じリンクで
なんという祭りだわっほいわっほい、
と、武者でもないのに武者ぶるってましたらまあ。まあまあまあ。

そこへなんともとんでもないニュースが。



ひいい………
さとこちゃん欠場……!!!


ワタクシが思いうかべたのは、先日の会話。

『ちこぼん(仮名)さんくらいの年代の女性の方が
若い女の子よりいいと思うんですよ俺』

な、何を言い出すのだねチミは。びっくりするやんか。
(ちなみに30代半ば)

『ことばづかいが、俺的には好みなんですよ。
40歳より上のひとって、マジか、とか、ねえわ、とか、
それな、とか言わないでしょ? 』

それなーーー!!!(オヤクソク)

『でしょ、とか、だわ、とか、いいわよね、とか
ふつうに使うじゃないですか、
その世代のひとって。若い子ほんとに言わないもの』

・・・マジでか!! 
え、っていうか、若い子「いいわよね」も使わないの?
うそでしょ?
チミのまわりだけでしょ?

『あーそうかも! 受けるう!! ・・・・・って、
これも女子がいうのは俺嫌なんですよね』

自分はゆうとるのにね。勝手な話やね。

『まあ、そうなんですけどね、
女子は使わない方がいいと思うんですよね』

ふーん、なんかいろいろ線引きあるのね。

『まあ、あくまで俺の主観のなかだけの話なんで』

まあそうでしょうね。ふむ。


・・・・・・・と言う会話、
最近のワタクシに起きた衝撃エピソード(まるっと実話)
なのですが、

そんな私が夜中にモニターの前で「マジか!」
とつぶやいてしまいました。うひゃああ。

羽生さんの全日本インフル欠場、実はそんなにわるいものではない
ことのように思っておりました。
もちろん本人は悔しいだろうから、
そんな勝手なことを思うのも申し訳ないながらも
ファイナルから2週間というのはあまりにタイトに思えて。
まあ毎年なんやかんやでぶつくさいう、
ファンの世迷言でしかないのだけれど。

全日本優勝から四大陸、しかも今年は冬季アジア大会まであるというのに、
ショーにもたくさん出ている宮原さん。
恋ダンスを踊る姿はもちろんかわいくて、
まぶしくてきらきらしているけれど、なにしろシーズン中現役選手です。
いくら19才とは言えちょっとタイトすぎないかしら
と思っていました。
もちろんぴょんちゃんと同じリンクの四大陸は経験しておきたいだろうし、
そもそもワールドでぎっちり仕上げたいだろううえに、
枠取りまでかかっているわけだし。ああ心配だいろいろ心配だ。

…でもなにもわかっていないいちファンがグチグチ考えてもしょうがないし、
とにかくお祈りするしかないよね、と思っていました。
そこに飛び込んできたこのニュース、うわーん。

うわうわうわうわ、いやいやいやいや、それでも今年でよかったよね、
手術が必要ないっていうことはそこまで重症じゃないよね
ないと思ってもいいよね、ワールド間に合う間に合う、
ダイジョブダイジョブ、と、ざわざわしながら布団に入る昨夜のわたし。
動揺しすぎたのか、午前3時過ぎに一度目を覚ました時は
「うわー(午後三時かあ豪快に寝過ごしちゃったわー……、、
職場に連絡しなくちゃ、でもなんて言おう」
と思いつつ二度寝と言う混乱ぶり。いや、ただのねぼすけかな。

今日になって「全治四週間」の診断が出たのは一月中旬、
と知ってすこし安心。それならもう半分は過ぎてるのかな。

それにしても去年の4大陸女王宮原さん。
どれほど悔しいか、無念か、そしてワールドにプレッシャーがかかるか、
それでもここはしっかり休む、じっくり治療に専念すると言う
選択をした(することのできた)そのこころの強さにあらためて敬意を。

フィギュアは苛酷なスポーツなので、皆勤賞でない方法論を
ここでしっかりものにしてくださりませね、さとこお嬢様(きよさん)

f0257756_00035416.jpg
なんとなく頼もしそうなまなざしのねこ。

f0257756_00163134.jpg
しっかりゆっくり休むことができますように。
写真は安眠のポーズ(個人の感想です)ほんとはまぶしがってそうですが。

f0257756_00175468.jpg
ことしのさとこさんのフリーの衣装が白なので。
輝く白さ、りりしさ、気高さ、つよさうつくしさ。

さいきんおいのりすることがおおくて、
それはたいせつなことや願いが多いということなので、なんだかうれしい。

f0257756_00232810.jpg
いっしょにガッツポーズの練習にゃん!





[PR]
# by chico_book | 2017-02-09 00:29 | フィギュアスケート | Comments(0)

雑感みだれうち(棚卸しみたいで爽快)

月曜のの朝、濡れた地面に白くて丸い花びらが散っていました。
土曜日のうちに、写真を撮ることができてよかった。

f0257756_00070844.jpg

とは言え、逆光でモニターが見えないまま、
あてずっぽうでとったひどいものなのですが。
それでもこのレベルに仕上げてくれるいまのカメラが大好き。

f0257756_00073111.jpg
大変熱心に蜜を吸うメジロさん。まさに一心不乱。

f0257756_00080042.jpg
ひとが住んでいなさそうな古さびた鉄の門扉に、
なんだかかわいい赤い実がひとつ。
f0257756_00081929.jpg

その上には明るいたわわがみっしりと重たげ。

f0257756_00092413.jpg
ところで、いまうちには様々な柑橘類がどっさりたっぷり。
いただきものやらなにやらのタイミングがかぶってしまいました。
デコポン、ポンカン、青島みかん、きんかんそろい踏み。
柑橘類はどれも大好きなので嬉しいしぜいたくだし。

『ステビア栽培キンカン』
と言うことですが素直に甘い。素直においしいのだけれどちょっとがっかり。
ワタクシの好みのキンカンは
『生だけどちょっとコクのあるマーマレードみたいな風味』
なのです。もうすこし、苦みがある方が好み。

CS環境にないので見ることはできないのですが
たいへんにテンションのあがった動画をご紹介。



180秒verと60秒ver、まったくべつものな
ところがうれしくもありがたい。





力をもてあましていた無頼の若者が、葛藤とたたかいの果てに
文字通りのぼりつめてゆき、最後は暗黒面に落ちるところまで
きっちりと演じきった松山ケンイチ氏。
清濁入り交じるのが人間なんですよ………!!
この動画見てるだけで泣けてきそう。大好き。
(しかし毎日放送とは恐ろしい、魂抜かれちゃうこと確実です。
抜かれたくもありますが)

ところで『べっぴんさん』の評判があまり良くないと聞いて
ちょっと寂しい気持ちです。
みんなそれぞれに得意なところと不得意なところがある、
というかんじでわたしは好きなんだけれども。
すみれとさくらの母娘の、なんともやんわりじんわりと
お互い上手くいかない加減がにんともかんともリアルで、
毎回15分とは思えないくらい、静かでみっしりとしたドラマだなあと思います。

ただ、わたしは録画か23時からのBSをみることが多いのだけれど、
朝とかお昼休みにみるのには向かないかもしれません。
観たあといろいろ考えこんじゃうし。

安易に解決しないところとか、
なんだかだ言ってそっくりな母娘間のトラブルとか、
味わい深いけれど、視聴したあと
『さあ今日も一日/午後もはりきっていこう!!』
とはなりにくいあたりが、評判よくない(とすれば)原因なのかも。

ともあれわたしは好きです。ショウマイフラッグ。。

ふわふわとやさしくおだやかなイメージの子供服のメーカーで
(子供服にとどまらず、雑貨などいろいろ展開しているようですが)
順調に成功するお嬢様奥様の、さらりと素で残酷なところとか
自然で魅力的に思えます。
(キャラクターとして、と言う意味であって、
ひととしてはまたちょっと別なあたりもまたよし)



[PR]
# by chico_book | 2017-02-07 00:15 | 日々 | Comments(0)


ねことか本とかまんがとか、と言いつつ映画にじわじわ圧される幸福


by chico_book

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日々

ねこ
まんが

イベント
映画
フィギュアスケート
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

お気に入りブログ

最新のコメント

スコセッシ監督、あんまり..
by chico_book at 21:36
MOMOKISSAさんコ..
by chico_book at 21:28
かまくらのうさぎは働き者..
by momokissa at 23:03
スコセッシ、私はあまり馴..
by momokissa at 22:18
さくらちゃんと同じく、M..
by momokissa at 22:03
新しいお仕事、よかったで..
by chico_book at 08:39
さくらちゃんうつくしい!..
by chico_book at 08:27
さくらは一口ちょーだい、..
by にゃおにゃん at 07:51
ところでちこにゃんにゃは..
by chico_book at 23:51
にゃおさまありがとうござ..
by chico_book at 23:50
ざわざわ、みぞみぞあるね..
by にゃおにゃん at 06:55
わーいmomoさん自慢自..
by chico_book at 01:28
わーい シッターさんのア..
by momokissa at 20:11
momokissaさん、..
by chico_book at 15:34
p.s. フィンランド..
by momokissa at 00:44
テレビ放送で プレゼン..
by momokissa at 00:39
ほんとだ!! 眉毛がある..
by chico_book at 07:35
一枚目の写真、ちこにゃん..
by momokissa at 03:03
ぴの様コメントありがとう..
by chico_book at 07:27
体調も戻られたようで良か..
by pinochiko at 07:07

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://www.v..
from http://www.val..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
世界遺産の歴史的建造物群..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(190)
(125)
(116)
(94)
(85)
(69)
(56)
(27)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

おまつりおまつり
at 2017-04-20 00:56
そこはかとなく不安と不穏な、..
at 2017-04-16 23:11
サイレンスの強さ優しさ呪わしさ
at 2017-04-16 20:26
その違和感こそが魅力の正体(..
at 2017-04-13 00:02
3月の嵐はすとらぐる
at 2017-04-10 00:34
導かれたりたどりついたり(感..
at 2017-04-06 01:06
サニーサンデイクリニックの記録
at 2017-04-03 23:17
あかるい曇りの桜日和
at 2017-04-02 22:11
のたりのたりと春の嵐(事後報告)
at 2017-03-28 19:47
ひと晩たっておちついたことと..
at 2017-03-23 00:34

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧