たゆとうとも沈まないまま、踊ろうとして流れるヨロコビ


一気に放出される宮原さん情報に溺れそう。幸福。



どうやら、まだ様子を見ながらの仕上げになる様子。
どれだけもどかしく辛く悔しい思いをしているだろう。
しかしそんなときに、そんな時だからこそ、
何より自分自身を信じて、こつこつと重ねる力こそ
必要な時に必要な力を出すことができることこそ
最大の能力だと私は思っているので、
そしてそれこそ宮原さんの真骨頂だと思っているので、
やっぱり今夜もねこ神様とそっとお祈り。

f0257756_23413015.jpg
※猫神様御真影

現在にいたるまでも(辛いので具体的にはかきませんが)様々な壁を、
黙々とコツコツと丁寧にひとつずつ乗り越えてきたさとこさん。
信じて祈ってまっています。ひとりのファンとして。

コストナーさんがスズキ・イタリアとスポンサー契約を結んでいるそうですが
この動画は、今日初めて見ました。



ムジェロの縁石カラーはイタリアン! 
……美女はどこにいても美女ですなあ。陶然。
そしてヴァレンティーノ目立ち過ぎではないですかと思いましたが
イタリアなのでありなのかもしれない。かもしれない。

欧州のサーキットは、緑が深くて濃くてそんなところがまた魅力的。
ブルノとかアッセンとか。
ブルノなんて、サーキットに鹿が出たことありましたっけ(危険)
肉うどんとか餃子ドッグとか売ってる(売ってしまう)
日本のサーキットもまたたのし。

秋が来るのを心待ちにしつつかつ怯えかつ期待しつつ、
息をひそめて過ごすしんどい季節。

7/8からジャック&ベティで公開作品。
なんとかして観たい。



とにかく評判がいいので気になります。



こちらもものすごく評判がいい。
いろんなところで評判を聞いていたので、見逃さないように>自分。

以下2本はバレエ映画。来週末から上映。
文化村ル・シネマで予告を観てから気になっています。
評判はまったく知りません。でも私はきっと好き。



イサドラ・ダンカンのこと知りたかったので期待。
なにも知らないのでわくわくしています。
そしてリリー・ローズ・デップって…!!
この紹介がなんともアレですが、結構期待できそうなのでは。



(たぶん)あたま空っぽにして観るタイプの作品。
予備知識がないので、さっくり素直に受け止めたい。

ところで上記の二作、原題はそれぞれ
『La danseuse』と『Dancer 』だそうです。
同時期に同じ劇場で鑑賞できるなんて(偶然かもしれませんが)
ぜいたくなかんじで嬉しい。なんとはしごできる時間割なんですよ。
JBの本気度すごい。いやいっぱいいっぱいになっちゃうかな??

すこしまえに
『ハクソー・リッジ』
を、観たのですが、あまりにすごすぎてちょっと整理できていません。
内容もすごいし映像も壮絶だしなによりネタバレせずには書けない。
(でもちょっと感想を記録しておきたい気持ちはある)
うむむむ。今日のところはとりあえず、メモっとくだけメモ。





[PR]

# by chico_book | 2017-07-07 00:04 | フィギュアスケート | Comments(0)

宗旨替えというとやや大袈裟

使えるわけではないけれど、それこそもう「断捨離」
されちゃいそうなのが忍びなくて、実家から回収してきた本。
父の遺品のひとつです。

f0257756_22093210.jpg

つねづね、有楽町無印やツタヤ図書館の
「読めない(読まない)本をアクセサリーに使う」
のをよしとせず、みたいなことを言うてましたけどね! 自分!!

しかし50セントって!!
父親がどの段階で購入したのか、ページが散逸しているので不明。
ザンネン。

f0257756_22113009.jpg

グラフィックがなかなか趣深い。
f0257756_22121327.jpg
f0257756_22124370.jpg
本日は久々にのんびりできた休日です。
家の中のあれこれをごそごそと。
しかし例によっていろいろ仕掛中なんですけどね。

f0257756_22155912.jpg
ほんの少し小柄になったんですよ(これでも)
首回りとか、後ろ足の盛り上がりの骨格のクリアさ加減とか。
すこしだけ心配しています。
ごはんもトイレも順調なので、心配しすぎだとも思うのですが。

f0257756_22142561.jpg
わたしのことを、よく呼びつけるようになりました。
いそいそとワープにゃーん。お役に立てるシアワセ。
(でも、いないときはどうしてるのかと心配にもなる)

f0257756_22151384.jpg
眠るでなく、起きるでなく。


f0257756_22180653.jpg
うとうととしたまどろみの平穏と幸福をちこに。
(でもお耳が立ってますね)

f0257756_22185724.jpg
老師のようなまなざし。
しかし、一日じっとしているだけでも汗ばむ暑さと湿度。
(不在の時の)ちこのケアがまた難しい季節になりました。


f0257756_22194233.jpg
「よきにはからうにゃ」
ぜ、全力で対応することこそマイプレジャ。


これから楽しみな作品。




エミリ・ディキンソン役を、
まさか(SATCの)シンシア・ニクソンとは・・・!!
私としては、エミリ・ディキンソンは、
この作品で引用されたのが印象深いです。


あと『THE SIMPSONS』の(たしか)ファーストシーズンで、
自分の藝術への情熱と才能をもてあまして、
おそらく誰にも理解されないまま死んでゆくだろうと
将来を悲観するリサ(小2)が、
ひとり夜中にベッドの中ですすり泣きつつ
「私は誰にも理解されないまま、
この(芸術に理解のない文化の死んだような)街で
エミリ・ディキンソンのように死んでゆくんだわ・・・・」
言っていたことが大変印象的でした。

(私にとっては)SATCの影響で、
バリキャリ(死語)のイメージの強いシンシア・ニクソン
さあいかがでしょうか。ちょっとドキドキ、そしてわくわく。

こちらのような成功例もありますので、
しずかに期待してみます。

『デス妻』のキャリア担当・リネット役のフェリシティ・ホフマン主演。
まったく印象の異なる、たいへん静かな演技でした。



[PR]

# by chico_book | 2017-07-02 22:24 | 日々 | Comments(2)

かなうならば


結局7/1までに記事を書けなかったので
前々回書いておいてよかったなあ、と、しみじみしていましたら!!

ら! ら!!!


ひぃーーーーー

しょうまさんなんて、
ありとあらゆるアイスショウに出ているんじゃないか、
と思うほどですが、
宮原さんなにも聞こえてこなくて、
心配ではあるのですが、
もちろんスタッフの皆さんがしっかり見てくれているのだろうから、
ずっと心配するのをやめようと思っていたけれども
(小塚さんでおなじみ)デミさんブログで
『回復順調』
だけで、半泣きになっていたのに・・・・・!!


氷上のさとこさん。
可憐でエレガントでピュア。
すっかりしっかり大人の女性なのにピュア。

GPアサインが後半固め打ちなので、回復思わしくないのかしらと
心配していましたが
フィンランディア杯にアサインするとのこと。
フィンランドでのワールドを断念したさとこさんが
フィンランディア杯に! うう!!

・・・・・・じつはですね(コホン)
ジャパンオープンのチケットとっております。
初観戦です。たまアリです。先行発売とれちゃった(息をのむ)
ついに禁断の扉を開いてしまったよ・・・・・・・!!

「フィギュアスケート、一回くらい生で観てみたいね」
という話になり、
それでは(いきなり試合はハードル高いので)アイスショウでもご一緒に、
という話になり、
しかしお互い7・8・9月はなかなか予定が合わなくて、
じゃあJOにしてみる?? という流れに。
し、試合じゃないですか!! 
試合だけど、JOだしね、とかなんとか。

JOということは木下グループなので、
もしかして宮原さん来るかしら!? と
こっそり期待していましたが、していなくはなかったですが、

たいせつなオリンピックシーズンに
試合勘の意味でも、ワールドランキングの意味でも、
フィンランディア杯のチョイス素晴らしいです。
そしてJOには織田信くんアボさんゲストに町田さんなんて、
望外のヨロコビ。



真凜ちゃんトゥーランドットとは。
しかも記事を読むと
『なかなか決まらなくて先生が決めてくれた』
ですって。かわいい。

あまりに鮮烈な荒川さんの記憶を塗り替えてくれるでしょうか。
(今でも時々見ます。Y字すごいー……)



※YOUTUBEのサイトに飛びます

迫力あってなおかつ優雅で優美。いまも大好きです。
定期的に見返しております。

真凜ちゃんは真凜ちゃんで、軽やかで華やかなトゥーランドットになることでしょう。

そしてああ、さとこさんのプログラムにもう、
限りない期待とか祈りとか諸々を込めて。

明けましておめでとうございます。ほんとに。
ついに来ちゃいましたね。



アシュリーの圧倒的姐さん風格だいすき。
(この動画の英語は私にも(比較的)聞き取りやすくてありがたい)
※聞き取れるわけではありません


※追記




ぁぁぁっぁあ!!!!


にっこりはにかんだ宮原。
にっこりはにかんだ宮原。
にっこりはにかんだ宮原・・・・・・!!

ちょ、蝶々夫人・・・。
ディクソン振り付けの蝶々夫人・・・・・・。
年明けいきなりこれですか!!

ス、ステイヘルシー、なによりも自分
ま、まずはじぶんがおちつけ


[PR]

# by chico_book | 2017-07-02 19:29 | フィギュアスケート | Comments(0)

いっしょに生きてゆく幸福(千里くん)


一年着なかった洋服は処分しましょ。しましょしましょそうしましょ。
一年着なかったものは、なくても困らないもの、二度と着ませんよ。
とっておいても、着たくなった時にはまた新しいのがほしくなるわよ。
似たようなデザインでもちょっと違うものです。
流行とはそういうものです。

そんな言葉が世間で飛び交っております。
断捨離ブームなかなか根強い。
それだけ達成しがたい、ということでもあるのでしょう。

しかし田舎の一軒家、しかも築50年ともなるといろいろ様相が違ってくる。

・置き場所が(コンパクトなマンションと違って)とりあえずは、ある

・しかも、当時の大工さんと(しろうとの)施主がノリだけで決めた空間
 (ある意味たいへん無邪気)

・加えて居住者の高齢化による体力気力低下

・習慣の強化により、問題点の洗い出しが困難

などなどいろいろな要素が絡まって『親の家片づけ問題』なんて
ことに到達するわけですが。

80代の母が突然こんなことを言い出しました。

『捨てられない服があるんだけど。
 あんたが小学生の時に着てたのよ。おぼえてる?』

しんどそうに腰をかがめて出してくる。
ああ、これはおぼえてるわ。夏のワンピース。
明るいグレーで、あっさりしたコットン。
これにレースのボレロなんかあわせていた。大好きだったなあ。
麦わら帽子のリボンの色を、カーディガンとそろえたりして。

『布も傷んでなくて、もったいないんだけど』

そうだね。ていねいに保管していたからだね。ありがとう。

『……あんたもう着ないよね? 』

がくっ。
……それは単純に無理な話でしょ。
身長120センチ用ですよこれ。しかし小6でこれって小さくないか。
実際中学一年の時に(身長が同じで)『ドラえもん』『ドラちゃん』と
呼ばれていたので、まあ実際にチビだったというだけのことですが。

「○○さんのお嬢さん小学生だっていうから、
どうかなって思ったんだけど、いまどきの子はこんな洋服着ないかねぇ? 」

ううーーーーん、ひとによるとは思うけど、
確かにいまどきの子はまったく着なさそうなデザインですよね。
40年近く前の洋服なんで、まったく当然なんだけど。

私には子供がいないけれど、子供服(女子)は
『白黒紺茶もしくはグレーが上品でよいなあ』
と漠然と思っているので、うん、まあもし娘がいたら
子どもにはうけなかっただろうなあこの考え方、とは、いつも思います。
私の母もわたしに着物とか着せたがっていたから
(成人式すらやっていないので振袖未経験者)
まあ、そういうことかもね、なんて。

『じゃあやっぱり、もらってくれる人もいないし、
置いておいてもしょうがないね』

うんまあそうかもね。

このあたりになると、引越しを複数回かさねて
その都度「いるいらない辛い選別」経験のあるワタクシと
50年居住者との経験値もしくは温度差は歴然であったりしますので、
無言でリアクションを見守ります。

『じゃあ持ってく? 』

がくがくっ(二回目)。
決められない気持ちはわかりますが、
そう言いたい気持ちもよくわかりますが。

という訳で供養のために一枚パチリ。

f0257756_20433151.jpg

にごりのない明るいグレー。わたしいまでもこの色大好きです。

私は、洋服の整理にはそんなに手こずりませんが、
これが書籍・文具・書類となると、まったく以て別の話になりますハイ。

1年読んでない本は二度と読まないとか
一度読んだ本は手放しましょ、とか言われると、
(一時期)むきになってたりしましたが、いまはもう、
うん、方向性の違いよね、ただの、私そういう人間じゃないんで、
と割り切れるので本人としてはスッキリ楽ちん。
(まわりも理解してくれて(あるいはあきらめて)
そういうことを言わなくなったということもあるかも)

そして今回の大型棚導入で、ワタクシひとつのあこがれを実現するべく
あれこれ実験中です。わーいたのしー!

(いまは読む時間の確保の自信がないのでやっていませんが)
一時期『ナショナルジオグラフィック』の定期購読をしていました。
引越し単位で二回前の時代。
20世紀の終わりから今世紀初頭にかけて。

なんども持ち物(書籍)の見直しを行った際、

『雑誌だし』
『情報古くなってそうだし』
『よみかえすかどうかわかんないし』

というネガティブ要素に、以下のポジティブ要素が

『(情報の変遷があっても)それはそれで興味深い』
『ネイチャー系の記事はいつ読んでも面白いものが多い』
『なにより揃っているとうつくしい』
『集合してこその美』

せっせとおしくらまんじゅうして、保存し続けた雑誌たち。
こーんなかんじ。

f0257756_20470860.jpg

デメルの猫舌チョコレートボックスは、じつはちこのおひげ収納ボックスです。
実際いま読んでも面白いです。時間泥棒!! また購読したくなっちゃう!
15年前の雑誌をこんなに違和感なく楽しめるなんてねえ。
年をとってよかったと思うことのひとつ。

f0257756_20473944.jpg
うむ? 何か一冊混ざっていますか?? (注:ひだりから7冊目)

f0257756_20475042.jpg
おお・・・!! なんと違和感のない。

ちなみに内容は
”『マトリックス』の続編は期待大!! ”
とか
”こんどの『スパイダーマン』は、ディカプリオの親友!”
(トビー…)
なんとも言えず味わい深い記事が多いです。やはり時間泥棒。

f0257756_20483026.jpg

ふうん、と、思っているねこ。たぶん。

f0257756_20484105.jpg
そんなものより私をみなさいよ、
の、
魅惑のむっちりボディ。
それでもちょっとだけほっそりとしました。
ちょっとだけ皮がゆるんでいるの。
にしてもこのまなざし……。今日も完璧にお綺麗です!!(馬鹿)

夏休みと言えばエアコンを入れた静かな部屋で、
読書とにゃんこが最の高ですね。リゾート気分ですね。
実際にはリゾートホテルにはちこはいないから
こっちの方が素晴らしいね!
アイスコーヒーなどいただきながら、ときにうとうとしたり。
冷たくして飲むのは、紅茶よりコーヒーの方が
おいしく入れられる気がします。ワタクシの場合。

f0257756_20520168.jpg
いま読みかけの雑誌を、前に置いてみる。
地震対策なにも考えていません。

ことしはだいたい12年周期で訪れる(ような気がする)園芸ブームイヤー。
しかもうっかりばらに手を出しています。なんてこと。さてどうなることやら。
(このイベントがたのしすぎたせいも大きいと思う。我ながら簡単な人間)


マスコットキャラクター・ガーデンベアーもありがとうのおじぎ。
次の都市緑化フェアは八王子で、9/16からだそうです。
意外とすぐなんですね。そして意外と近い。



つぼみ付きでうちにやってきたので、
株を養生するためにちょっきんと摘んでこうしているのですが。

f0257756_20531871.jpg
(花を咲かせるのは株の体力を奪うのだとか)
(もちろん、すっかり育ったおちついた株なら問題ありません)
まあなんとも愛らしい。

にゃんこの眼も、手も、届かない場所にそっと。
いたずら盛り元気いっぱいの、ちびちび~若者にゃんでなくてよかったかもね。
いまのちこにゃがいとおしい。ひたすらに。

f0257756_20540988.jpg
しずかにしっぽのさきがぴこぴこしています。
優雅にリラックス。素晴らしい猫。わたしにとって完の璧とはこのこと。
(さいごはいつもの自慢)

※タイトルは大江千里くんの
”WE ARE TRAVELLIN’ BAND”
より

『年をとろう みんな一緒に 続けよう 動けなくなるまで』
で、いつもとても懐かしく切なくでもそれが思い出や過去なんかじゃなく
現在進行形の熱い気持ちにさせてくれる。

※追記※


感動のあまり大きいアイコンに!!
最新号買おうかなあ…でも、WEBだと動画も観られるんですね。


[PR]

# by chico_book | 2017-06-25 21:05 | 日々 | Comments(4)

年の瀬に寄せてすこしだけ

ついつい長くなるので、なかなか気軽に話題にできないフィギュアスケート。
6月も下旬になるので、すこしだけ。

実はまだワールドの録画を見返していないのですが
見返していないくらいなのですが

スケオタ的年末ということで
(私はスケオタというほど知識とか諸々ないけど)
ああもうすぐね、もうすぐ年明けね、
4年に一度の大切なシーズンね、と、
背筋ののびるこころもちです。

そんななかジェレミー引退のニュースが。
慈母のようであり魔王のようであり厳しい菩薩の様に
見守る有香さんとジェレミー好きだった。
本人が納得しつくしての引退のようなので、
それはやはり幸福なことでしょう。ありがとうアボさん。
(容姿も性格も)なんだか三原順の作品にいそうなアボさん。
ソチでは夜中に絶叫しました。
(そういえば、同じく(夜中に)絶叫したプルさんも引退だわ……)




大好きなプログラム。ひたひたと胸に迫ります。

北米系の選手の、自在に長い手足を駆使する、重厚感がありながら
重心移動が完全にアンダーコントロールなかんじが
大好きです。まあPさんアボさんを念頭に言いましたけど。
ジェイソンくんもそうかな。モンスターマシンを操るロッシみたいな。

男子はいまがちょうど
4回転もりもり、無理目なくらい詰め込むのと、
(ジェイソンくん系の)出来ることをぐいぐい研ぎすましてゆく演技と、
そしてそのバランスをいかに高度な位置で達成するかという演技、
それら諸々をバランスよく見ることができる、
ファンにとってもよい時代なのかしら、なんて思います。

羽生さんバラ1にはすこし驚きましたが
あの音のひとつひとつを丁寧にすくいあげるような演技が
とても好きなので、素直にうれしい。

ハビちゃんチャップリンメドレーでしたっけ??
以前の優しさやわらかさに迫力が加わると思うと
わくわくがとたまらない。

しょうまさんのヴィバルディ
この路線はもう鉄板であいますよねぇ…。
オリンピックシーズン前に路線が確立してほんとによかった。
なんとなく美穂子せんせぇの好みも染み出てるようで
それがまたぴったりでなんだかうれしい。

まあ、なんでもうれしいのかも。ファンだから。

女子はまたみんなみんなかわいく愛らしく華やかで素敵ななか
個性が爆発していてもうたのしくてたまらないんですけど。
10代の女の子ってあんなにどんどん変わるんですねえ。
それこそお花が開いてゆくのを早回しで見るような感慨。

清潔で上品で可憐でクリア、三原さんも
早くも凄味の出てきた新葉ちゃん
(それだけいろいろな思いをしているのだと思う)
いよいよ(満を持して)の真凜ちゃんとか
たくさんたくさんきりがないくらいにありますが

・・・・・・もうひたすらさとこさん祈願。

みなさん全開アイスショー絶賛開催中、
大丈夫かな(大丈夫なんだろうけどもちろん)などと、
おもいつつも、なによりさとこさんの回復祈願。
ちいさな宝石のような、気高い女王様の背中を、
尊敬(半ば崇拝にちかいかも)の思いで、
また見つめることでしょう。お祈り。

GPシリーズに関しては
全日本女王なのでNHK杯は納得
スケアメとはあまり相性が良くないかもですけれど、
英語圏いろいろやりやすいのかな、とか、
回復中だから遅めの方がよいのかしら、とか、
でもそうなると全日本までのスケジュールががが、とか。
(いっそファイナル狙ってないくらいの感じでもいいと思う)
(日本人選手にはいつも思うことですが)

f0257756_07174831.jpg
咲き初めのばら。

f0257756_07181737.jpg
秋ばらの季節にはどうなっているのかな。
怖いような、たのしみなような。
いや間違いなく怖くてたのしみなのですが。



[PR]

# by chico_book | 2017-06-23 06:04 | フィギュアスケート | Comments(0)