看板に偽りがあります(3/13現在)

本とか、まんがのエントリーがないじゃないのよさ・・・。

f0257756_2181965.jpg


「・・・・・・だめじゃん。いくら私がかわいいからってさ」











はい。

ちなみにこの写真は、私が入院で不在のときに、シッターさんに撮っていただいたものです。
すごいいい写真だわ。おひげのぽわぽわまでもクリア。
※ねこが興味津々のときの、おひげが彼岸花のようにぷわーっと前に出るのが大好き。

白いところはまぶしいしろさ。魅惑のアイライン。お鼻はピンク。

私はこちらのシッターさんしか存じ上げないのですが
他のペットオーナーさんにこの写真を見せたところ、


「すごいねぇこれ。普通シッターさんの写真って、
もっといい加減だよ。
だいたい元気だな、とかわかる程度のものが普通だよ」

とのこと。なんと!! やっぱり被写体がいいからね!
(間違いではないけども、正解ではない)
なんとラッキーなのワタシ!!

このころからじりじりじわじわとカメラ(正確にはカメラでちこ写真)熱が上昇しておりました。
はい、うずみ火のように。

本とかまんがのエントリーも近日中に。
ついうっかり長くなりそうで、少し手を出しあぐねている。
考えすぎずにザッ! と、やっちゃったほうがいいんだよね、こういうの。
[PR]
# by chico_book | 2013-03-13 02:43 | ねこ | Comments(4)

ものすごくかわいくてありえないほどえらい

ちこはおそらく、引越しのときに置いていかれた猫。

ベランダに遊びに来ていただけのころ、お見送りすると、
2軒先のおうちに、帰っていたのです。
確認したわけではないのだけれど、
そのうちには他にも真っ白い子猫が入っていったりもしていて、
ああ、あそこのうちのねこなんだ(いいなぁ)、くらいな気持ちでいた。

そのおうちが引越したのが10月あたまころ。
その部屋には、ほどなく新しい家族が入りました。
中学生の子供さんのいる、にぎやかな4人家族。
でもそのころは、私は何も気づかずにいた。
ただ、ひょいっとベランダで見かけた、ベランダの手すりのふちにガーゴイルのように箱になりながら、
その家の中をじいっとながめていたちこの横顔が妙に忘れられない。今も。

なんだかやけにベランダで見かけるなあと思ったけど、
ただのお散歩だとしか思わなかった。
ちこのほかにも、チャトラのマイケルや、黒猫のくろちゃんも
よく遊びに来ていたし>うちのベランダ。

その年の11月暮れごろ。
植木鉢の、土の上でまんまるアンモニャイト、
見事にとぐろを組んでるちこを見た。

おかしいなと思いました。ちょっと不穏で不安な予感がして。

そこあったかいの? 。。。どうしてそこにいるの?おうちは?
もしかして、そこあったかいの?あったかいからそこにいるの??
他にあったかいところないの?

そこからはまさに女の道は一本道(篤姫@大河ファン)

ちょうどうちにあった小さなとろばこをベランダに置き、
古いバスタオルを敷き、
ちっちゃいペットボトルにお湯を入れて湯たんぽにして
(ついでに古靴下とか軍手でくるんで)
毎朝置くようになり、それが朝晩になり、

そのころから、いままで決してさわらせてくれなかったちこが、
でこごっつんをするようになり。
(注:ねこの親愛表現)

うちにはいりたがるようになり。

それでも最初は拒んでいたのです。

でもちこの意志は固かった・・・!!(感動しています)

ここはわたしのうちよ。
ここにいれてくれないわけないわ。

自信と確信に満ちて入ってきて、それでも
近寄ってこず、たんすの上から私をいつも睥睨していた。
そう、やはり最初からえらそうでした。

ちこを置いていった人のことを、時々思う。
もちろん猫を捨てて行くなんて事は、赦されない。
事情があったのだとは思うけど、それでも、
可愛がって愛情を注いでいた命を置き去りにするという事実は、
変わらないし、赦されざることです。

でも、きっと、
その人も本当に苦しんだと思う。

だってその人は、ちこをものすごくいい子に育ててくれたヒトだもの。

この子は人のごはんには、ほぼ絶対に手を出さない、
目の前で私がごはんを食べてて、それが焼き魚でも、お刺身でも、お肉でも一度も。
おかかのときはふんふんおいをかぎにくるけど、それだけ。
出汁用のいりこを紙に広げて、はらわたとあたまをとる作業中でも、
私の膝の上でぐるぐる言いながら甘えて寝ているほど。

食卓にもほぼ乗らない。
たまに、私が書き物をしているのを邪魔する為には乗るけれど。
ゴミだって絶対にあさらない。。流し台に上がったことは一度もない。

そしてひたすらにすりすり甘えてくる。
おでこごっつんしたくて届かないときは、とびあがるようにして、
無理矢理私の手におでこを擦りつけてくる。

お行儀のよいあまえんぼう。人間大好き。
ただ、長い棒(お掃除モップの柄とか)と、太いひも状のもの(ベルトとか)は怖いみたい。
たぶんこれは、お散歩中に追い払われて時に怖い思いをしたのだろう。
そう言えば石を投げられてたのは見たことあります。

こんなよい子に育ててくれた人が、悪い人のはずはない。

ああ、ほんとうに何とかしてお伝えしたいなあ。
ちこはものすごくいいこです、すばらしいねこです。
私はあなたに感謝しています。
ありがとう。
ちこを可愛がってくれて、大切にいい子にしてくれてありがとう。
そして、いまちこはうちでのびのび幸せに、毎日元気に眠って過ごしています。
幸せかどうかは、私の想像ですが、すりすりぐるぐるざりざり甘えています。
だから安心してください。

もう、ちこを、お返しすることはとてもとてもできませんが、
この気持ちは、ほんとうに何とかして伝えたい。
たぶん無理なんだろうとは思っていますが・・・・。

ナ、ナイトスクープ?? くらいしか思いつかない。


※それでも最初のころは『(お部屋に入れてあげられるのは)夜だけよ!』と言って、
朝出勤前に家から出していました。
今となっては、とても信じられないマイセルフ
[PR]
# by chico_book | 2013-03-11 02:29 | ねこ | Comments(8)

ねこの名前

『薔薇の名前』を引用したつもり。つもりとしかいえない。
いまとなってはショーン・コネリーの後ろを、クリスチャン・スレーターが
踊るような歩き方でついていってたシーンと、
あと図書館がすごかったことしか思い出せない。
・・・と、思う。何かと間違えてる可能性もありますが。

ちいさいこえでなくから、「ちこ」。
そう名づけたはずなのに、今振り返って思うに、アレは
「ちいさいなきごえ」
ではなく
「サイレントミャウ」
だったのではないかと・・・!!

※サイレントミャウ:じいいっとみつめて、声をださずに口だけで『みゃう』。
エア鳴き・声なしにゃーとも呼ばれる。
一般に、ねこ最大の甘え・最愛の表現とされる。

ねこの挨拶である、じいいっとみつめてゆっくり瞬き(大島弓子氏は「ぱちくり」と表現)と
セットで繰り出されることが多いです。たぶん。

ゆっくりあいさつして、しずかに『・・・好き』とつぶやくふわっふわの生き物!
それはあかんやろ。反則やろ。そりゃ轟沈するともよ!ヒトとしてさぁ!!(え)


f0257756_1251947.jpg

たとえばですねえ。これがどこ見てるのかわかんなくってですねぇ。

かいしゃのひとに
「どこみてるんだろうねうちの(かわいい)ねこ」
と聞いたら


「そりゃ、カメラ構えてる君を見てるんじゃないの?」
といわれて



ああああ!!!!なんかいま追いついてきた!
というやつですよ。まじ。ありがとう浅草サンバカーニバルの皆さん!!
(すみません、いったことありません)




そしてそこから繰り出されるのが、これ! 
f0257756_126430.jpg

「(にゃーう)」



何がもう、ここまで心を苦しめるのか。
それともたんにへんなのか。わたしが。
でもまぁ、それならそれでいいんですけど(堂々)。
悔いなし。


あおりで撮ってみたらいつもより優しく見えるかなとか、実験中。
しかしソフトフォーカスモードで撮ったらぼけすぎました(涙
>目つきの悪いねこ、と言われたのをそれなりに気にしている模様。
いやいや、単にデジカメで遊んでるだけですが。

f0257756_1272738.jpg

「・・・・・・・・・・・ふうーん・・・・・・」
ちこさんは気にしてないみたいですね。わかります。
[PR]
# by chico_book | 2013-03-11 01:27 | ねこ | Comments(2)

らくがきんぐ

ひらがながすきで、よく職場でも書いています(オイ)

電話しているてもとで、らくがき。
相手の名前だったり、単なる思いつきでかきなぐることがおおいかな。

ね、とか、の、とか、わ・す・な
など、ゆらりとしたなたたずまいに気持ちを惹かれる様子。
ひたすらかきなぐって
『お習字してるの?』
などと聞かれたりします。

ね こ  。

この「ね」の字が実にアンモニャイトの来る凛としまってる美しいさまを
おもわせるわけですよ。。。
優美で高貴で孤高なかんじ。でも孤独ではない。

そこにきて「こ」。
「こ」の字の開きぐあい、あけっぴろげなかんじ、
ちょっと間の抜けた、でも、それを本人まったく気にしていない感じが

じつにじつに ね こ 。

フランス語でも「chat(シャ)」で、そう思うのかな。
かるみのある音、最後のt の文字の優雅さ。

そんなことを思い、お習字よろしく書きなぐり。

にしてもか漢字からむりやり持ってくるなんて、
アレンジ得意にもほどがある。しかも併用してるし。

そんな伸びやかなところがきらいじゃないんだよねぇ。
[PR]
# by chico_book | 2013-03-05 02:19 | 日々 | Comments(0)

種類のはっきりわかったねこをだっこしたのははじめてかも

※戸塚のキティちゃん(ソマリだったっけ??)は、だっこなどとうていさせてはくれませんでした。
猫パンチはくださったけど。でもつめを出さない賢い女王様だったなあ。

当日ギャラリーには、エビちゃん(本物のモデルのエビちゃんです)とも
撮影経験のある、CMや雑誌に多数出演の
アメショブラウンタビーのモデルねこちゃんも在廊。
大賑わいのギャラリーの隅っこで、キャリーに入って泰然自若。
アメショの、ちょっとふてぶてしいきらいもある、
がっしりした四角いお顔が好きです。
※種類の説明では
『威厳のある表情』と表現されること多し

「こんにちはぁ」と、文字通りねこなで声で話しかける人々。
もちろんわたしも。
あごの下をふにゃふにゃなでる民草にも、ぱちくりひとつで優雅にお返事。
(ああーん♪、と、倒れる庶民たち)

ちなみにのちほどアシカのように下半身を落としきった態勢で
偵察ウォークをなさいまして、ひとびとをめろめろにしてました。
「ああ!(ガクッ)」(毒だった!!)BY『誰も寝てはならぬ』

ほかにも、シンガプーラのリリーちゃんも、
お客さんに連れられていらっしゃいました。
世界最小ねこのシンガプーラ!

参考
http://www.neko-mag.com/zukan/zukan_no025.html

小型のアビシニアンみたいで、声がちっちゃくて、
人間大好きだけどちょっとびびりんぼさん。
キャリーからだされたら、
知らないところで、人がたくさんいたので驚いてしまって、
小声で不安げに
にゃぁん、みゃんみゃん、といいながら
お父さんの肩に一心不乱にかけあがりました。
『いちばん安心できる場所』なんだって。
長くてしなやかなしっぽを、ふわんふわん
ぶんまわして。

でもすぐにおちついて、差し出された人差し指をぺろぺろなめていたよ。
私もなめてもらっちゃった。べろすらもちっちゃくてかわいい。
感触はやはりざりざり、でした。

「だっこしますか? 」
人間大好きなんだって。
みんなかわるがわるだっこさせていただく。
最初はちょっと、あれ、おとうさーんってもがくけど、
すぐにおちついてごろごろ。か、かわいい。・・・・これはかわいい。

大人だけど(1歳半だったかな)2.5キロ。
あまりの軽さちいささに、だっこがこわかった。
こわしちゃいそうで、でも、するりと抜けちゃいそうで。

ちこさんは魅惑のダイナマイトボディです。
マダーマ、といいたくなるほど。
むぎゅっと、強めにだっこされるのが好きなようです。
最近わかってきた手加減(遅)
[PR]
# by chico_book | 2013-03-02 11:39 | ねこ | Comments(0)


ねことか本とかまんがとか、と言いつつ映画にじわじわ圧される幸福


by chico_book

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日々

ねこ
まんが

イベント
映画
フィギュアスケート
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新のコメント

そうなんですよね。 う..
by chico_book at 21:37
「あんたもう着ないよね」..
by pinochiko at 22:24
ぴのさまありがとうござい..
by chico_book at 00:45
わぁわぁ!ちこちゃん、何..
by pinochiko at 13:03
いやたのしい! たのしい..
by chico_book at 06:25
○○リストになるのじゃな..
by momokissa at 03:33
momoさん、そうそう、..
by chico_book at 00:41
図書館みたい ちこぼん..
by momokissa at 02:00
『BANANA FISH..
by chico_book at 07:08
BANANA FISH ..
by momokissa at 03:51
ぴの様 私も自分でびっ..
by chico_book at 06:06
BANANA FISHが..
by pinochiko at 07:10
ぴの様ありがとうございま..
by chico_book at 02:06
素敵なお別れでしたね。 ..
by pinochiko at 07:15
私もびっくりしました。 ..
by chico_book at 02:40
未映子さんは思ってたより..
by momokissa at 02:20
ぴの様こんばんは。コメン..
by chico_book at 23:47
『世界の終わりとハードボ..
by pinochiko at 07:15
うわちょっと安心、でも手..
by chico_book at 12:15
鎌倉と言うとクルミっ子の..
by chico_book at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://www.v..
from http://www.val..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
世界遺産の歴史的建造物群..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..

検索

タグ

(195)
(128)
(118)
(99)
(90)
(71)
(56)
(28)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

いっしょに生きてゆく幸福(千..
at 2017-06-25 21:05
年の瀬に寄せてすこしだけ
at 2017-06-23 06:04
午睡から覚めたような、初夏の休日
at 2017-06-16 02:14
うつくしくきびしくそして尊い
at 2017-06-12 01:26
キャットメイクミーランそして..
at 2017-06-11 09:06
新緑とムジムジとにゃんとかか..
at 2017-06-04 13:27
うつむいてほほえむことは不幸..
at 2017-05-23 01:34
夏への扉をどっかーんと明ける
at 2017-05-19 01:44
5月の明るい夕闇に寄せて
at 2017-05-16 06:44
猫と寄り添い本を読む、夜がど..
at 2017-05-11 01:42

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧