タグ:ちこ ( 142 ) タグの人気記事

嫌なところがひとつもない、ほんとうにないねこの話。


※全体的にただののろけです※

濁音で鳴いている。
ぎゃうう、とか、ぐううう、と
形容したくなるような声でねこが鳴いている。
いつもどおりのとんでもなく優雅なフォルムで。

どうしてスフィンクスはあんな形になったのか
と、ぼんやり思う。
検索すればたぶんすんなりそして多様な説明が
出てくるのだろうけれど
いまは確かめなくていい気がする。

そっとねこの姿をみようとする。
ソファの影から、そっと。
平安時代の殿方はこんな気持ちで愛しいひとの
姿を見たのかしら、なんて。
雀の子を逃がしたのは犬君だっけ、
女三ノ宮のところで追っかけっこをしていたのは
こねこでしたっけ、そんな益体もないことを思いながら。
いま、ねこは私に気づいていないのだ。
ねこの素晴らしい点のひとつだと思う。
ねこは私のことを気にしない。
それでいて私のことを大好きなのだ。
すごいことだと思う。いつもほれぼれする。
その手の放しっぷりに。

ものすごく私のことを愛しているのに(自慢)
目の前にいないときは私のことをきっと忘れている。

不意に身をよじってねこが私を見た。
まんまるい瞳。たいへん美しい緑色の瞳。
エメラルド? ペリドット? いやいっそ翡翠と言うべきか。
月人好みの薄荷色、なんてこじつけてみたりして。
ロビンズエッグブルー、と、
たとえていただいたこともありました。
壊れてしまいそうな繊細さ。
この世のものと思えないような美しさ。
どこかで宇宙とつながっているようなひとみのいろ。
こんな美しい瞳で世の中を見ているなんて
それはもう気高くもなろうというもの。

まっすぐに私を見つめる。

「きゃうう」

ああ、ああ、明らかに声音が変わる。
愛らしい甘えを含んだ声。
自分の望むが叶うことを完全に信じ切っている声。
なんだいたのね、とでも言っているのか。
そんな声で話しかけてくれることのうれしさ
途方もないよろこばしさ(下僕)

はい、いますよ。
そばに仕えさせていただく喜び、
まさにマイプレジャー。

そっと近寄って顔を近づけてはなチュウ。
ざりざりと、舌の感触が鼻の頭に。
こちょばいこちょばいね、と、
そっとねこを抱き上げる。
5.3キロのねこを、それでも一応軽々と。

いつ見ても嘘のようにうつくしいましろいおなか。

夜遅くに深々と雪の降った日の翌朝、
嘘のようにあかるい天気のことがある。
空はそれこそ大気圏の青さ、
一点の曇りも迷いもなく輝く白銀を容赦なく照らす光。

ちこのおなかの白さはそれに似ている。
しかも雪と違って、あたたかくてやわらかい。
ふわふわのとろとろで、わたしにやさしい。
嘘みたいにやさしい。

しっかりとわたしの体で支えるようにして、
だっこする。大好きだっこ。
みっしりと密着するねこのすばらしさ。
下半身を腕でしっかりホールドして
あごを額を首回りを
よろこぶ場所をやさしく撫でる。

ちこが不安定にならないように。
ちこが不快でないように。

血液検査の結果がやや良くありませんでした。
とはいえもともと慢性腎臓病でもあり、
年令を加味すると一気に悲観するほどではないのですが。

BUN37、クレアチニン2.5.
正常値を極端に超えたわけではないけれど、
このところ改善傾向にあったので
すこし心の奥がしんとしています。
(通院を半年もあけてしまった
私の責任かも、とついつい思ってしまう)

誤差の範疇かどうかを確かめるために、
一か月後くらいにもう一度病院へいくことに。
年明け比較的すぐに行く必要がありそうです。
その結果によっておくすりとかサプリとか、
いろいろ検討してみましょう、とのこと。

『心配しすぎなくても大丈夫ですよ、
むしろ飼い主さんの心配は
本当にねこちゃんに伝わりますから
安心させてあげてください』

強くてやさしくて美しい、魂の立派なちこにゃさん。
怒るべき時に怒る、
いうべきことは言う、
でもいっさい根に持たない(しっかり覚えているのに!)
すばらしいにゃんかくのちこにゃさん。

f0257756_01113384.jpg
ねこおこたとエアコンのダブル稼働で
光熱費はいろいろしんどいですが
それでちこがすこやかに穏やかに過ごせるならそれでいいの。
むしろ出先で
「ああ今日は思ったより寒い、ちこ大丈夫かな」
とそわそわする方がよっぽどつらいもの。

f0257756_01123810.jpg
アンニュイな美貌。

でもこれはなんとか入手したい……。

なんで買わなかったのか、と、ここ数年じたじたしていたのです。
12/22発売ですって。もうここで買っとかないと買えないと思うのよ!
全日本も外れたし(小声)



[PR]

by chico_book | 2017-12-12 01:34 | Comments(3)

暮れてゆく年、強さと輝きの進化深化をことほぐ(自称)臣下


忘年会とか(はじまった)
ひさびさの映画2連続(無理矢理ねじこみ)とか
ばたばたアップアップな週末ですが

宮原さんよかったです。よかったです……。

順位は総合5位ですが

スケアメ後アメリカで振り付けの見直し
4日に帰国したばかり
『疲労もたまっていたし、調整は不十分』
中での試合
なにより復帰3戦目、しかも急遽決まった出場で
この精度です。
そして本人にとても笑顔が多くて晴れやかで…

貪欲でありながら抑制のきいた
おちつきや自信が感じられて
もうファンとしてはありがたさしかない。
やわらかさの中に凛々しさ強さ品のよさ
清潔な妖艶さのある『SAYURI』

あざやかで軽やかなのにくっきりと悲劇で
それでも最後は軽やかに静かにうつくしく終わる
『蝶々夫人』
どんなプログラムになるか期待と不安、
そしてその時間がまた今年は長かったこともあり。

はじまる前は両方和プロ、
いくら五輪シーズンとは言えちょっと寄せ過ぎではないか
なんて思っていましたが
いやいやここまで色あいがくっきりと違うとは。

でも宮原さんっていつもそう。
おとなしい印象の宮原さんが
『ファイヤーダンス』?? フラメンコって、、だいじょうぶ?
というのも、
『惑星/スターウォーズ』
で、ご本人も
「宇宙な感じ」
……って謎プロの予感しかしない。
まさかあの宮原さんが謎プロなんて、いやしかし、
なんていう諸々を、毎年毎年ひっくり返してくれて
今回ももちろんきっちり!! ありがたやありがたや。

振付を体におとしこみきって
自然に馴染みつくしたあとにこそたどりつく、
醸しだされる風合いがもう別格。ほんとうに別格。

それにしても女子凄かった…。
フリーはやや乱れがありましたが
(それでも微々たるものだと思う。あの2-5位の団子っぷりときたら)
ショートすごかったですね。鳥肌とまらない神大会。
全員がいま自分の出来るぜんぶを全開でぶつけてくる。

男子はややチャレンジングな展開も目立っただけに
針一本落としても踏み外してしまいそうな緊張感。
ゆかりんのいた時代の全日本を思い出して
いまから足がふるえてしまう。
(あの時のゆかりんあっこちゃん対決にふるえたひとりです)
そしておそらく今年の全日本も絶対にそうなる。ひい。

その中であんなにも強くりりしく
余裕すら感じられる笑顔をうかべるさとこさん。
ほんとうにこの一年近くの苦難が無駄ではないことを
彼女自身がそれをきちんと身の内に
消化しきっておさめていることを
証明しているようで、もう神々しささえある。
(いちファンの感想です)本当に尊敬します。

わかばちゃんショートキレッキレでかっこよかった!
躍動感と言う言葉が本当にぴったりきますね。
宮原さんの細かい音を完璧に、
もう寸分の狂いもなくとらえてくる
そしてその動きにキレがあって正確で明確な気持ちよさ
とはまたべつの、
ぶわーん!! ぐわーん!! という
圧倒的な飛んでけ感。
フリー本当に悔しそう。ココロから応援。

『また大事なところでうまくいかなかった』

このひとことに、ワールドからここまでの
わかばちゃんの心情が伝わってきて震えました。
大丈夫大丈夫。全日本で返してくれるはず。

ケイトリンの気合と
コストナさんの洗練(そう、洗練そのもの。優美というか夢幻)
そしてロシアっ子たちの極めっぷり。
すべて素晴らしかった。
いいものみせてくれてありがとう。

ほんとうにスケートは人生そのものなのだなあ。

ことしもありがたく反芻しながらクリスマスカードやお年賀のリストを作って
掃除やなにや書類の整理や慌ただしく過ごす
いつもかわらぬ(そしてその変わらなさがありがたい)12月の日曜日。

このあとは直虎。
え、あと二回で終わっちゃうの? ほんとに?? 
ここから直政出世物語でどんどこ行くんじゃないの?
観たいよね関ヶ原の島津の退き口。
それから250年後でせごどんでいいよね。

f0257756_16204667.jpg


f0257756_16214959.jpg


f0257756_16230122.jpg

5月の横浜なのでタイミングや季節感は大間違いなのですが
いままでこらえてきたつぼみが次々に咲き誇る冬の花に
どうしてもどうしても寄せたくて。

f0257756_16251308.jpg

こちらの本日のおねこ様。
ぼけぼけですが、後ろの白にゃんと期せずしてコラボ(風)。
あー本棚の整理もしたいーしなくちゃー(たのしみでもありますが)!!




[PR]

by chico_book | 2017-12-10 16:41 | フィギュアスケート | Comments(0)

れ い せ い に !!!!

この季節にまさかこの言葉がここまではまるとは、
日々になっております。
ひいい。

きのうの朝、語学講座に出かける電車の中で
GPFのアサインを知る。
「ふわ!!」
って変な声出ちゃいましたよ。ほんと。

メドベデワさん
なんと言っても間違いなくここ数年の
トップオブトップなので
万全で五輪に臨んでいただきたいので
賢明な判断だと思うのですが

さとこさんーーー!!

ロードマップ的には、
あとは完全に全日本シフトだったと想像するので、
正直不安な気持ちがなくもないのですが

こうなったからには
決まったからには
全力でお祈りします!!!

男子は宇野君とネイサンのガチンコだー
すごいすごい、くらいの気持ちでいたのですが
女子もわかばちゃんおもっきり行け!! 行け行け!!、
くらいのわりとリラックスした気持ちだったんですね。

むしろ3週間後までややリラックスした気持ちでいた
わたしのマインド再セットアップ! (勝手なファン)

しかし改めてみるとすごいメンツです。特に女子。
いやまったく予想ができない。

そんなぐらぐらした気持ちの中
昨日は近くのお風呂に行きました。ふううーー。
はじめての場所。


近くのスーパー銭湯よりはお高めなので
なかなか機会がなかったのですが
割引クーポンをいただいたのでレッツトライ。
近くのスーパー銭湯には、岩盤浴がないのでそれ目当てでもあります。

土曜のお昼間に入ると、ゆったりめで
混雑していませんでした。ほっとひといき。

ひさびさの温泉で、最初はちょっとおずおずと。
海の見えるお風呂はやはりいつでも最高。

最後に入ったのはたぶんこちら。



海の見える温泉、でも海も温泉も全然違う。
(万葉の湯の温泉は湯河原からタンクローリーで
毎日直送なのだそうです。貴、貴族・…!!)

そんなことを思い出しながら、ひとりくすくす思い出し笑い。
あかすりもガッツリしてもらって、
大好きな岩盤浴もみっちりはいって
(うとうとして汗ぐっしょり)

今回もぼっち参加なのでいろんな女性のリラックスした会話が
さまざまに私のまわりを渦巻いてゆく。海流みたいで興味深い。

学生のころ時々友人と時間とお金をやりくりして
スーパー銭湯に行ったなあ、なんてことを
ふんわりぼんやり幸福に思い出しながら。
あとで彼女に手紙を書こう、書きたいな、
と思いつつぼんやりと。

遠くにベイブリッジ、十五夜の月と工業地帯の夜景が
きれいに見えはじめるころ、
ちこにゃんちこにゃんと里心ねこ心がついて
スッキリ帰宅。

すこし欲張りすぎたかもしれません。
帰宅してからはもう、眠くて眠くて意識がとろとろ。
湯あたり気味だった様子。

常日ごろ目標の6時間睡眠に四苦八苦している
ワタクシですが
9時間ほどもぐっすり眠りました。
起きた後の自分にびっくり。
毛布の下でぴっとり寄り添うちこもいっしょにのびのび、
あくびにうっとり、つられてあくび。

しかしそのあとサクッとちこにゃん拉致られて
病院に連れていかれましたのです。
(いやもちろんワタクシが連れて行ったのですが)

前回は5月末だったので
なんと半年ぶりになってしまいました。
悪くはない、基本的なペースなのですが
理想は3か月おきなのでちょっと間が空いてしまいました。
やっぱり土曜に用事をいれるようになったからなあ(小声)

体重測定。5.1キロ。ううむ変わりなし。
安定しているということでしょう。
お耳はきれい、
目やにはあるけど従来通りで問題はなし、
口元は歯肉炎気味ですがカリカリを食べられているのなら、
とりあえず問題なし。
※根本的な治療は抜歯しかない、対処療法は諸々あるとのこと

血液検査のためにちっくん、
今回は精密検査なので外部機関に出すので検査結果待ち、
フードを多めに注文しておしまい。

きょうはたまたまですが、待合室に
『避妊手術』に
長毛ふわふわちびにゃんさんが来ていました…!!

最初はおとなしかったのに、
ちこにゃんがあまりに大声で不満を訴えるので

うなあ!!
むなあ!!

という声を響かせるので

みゅぅぅん? みゃーーーぅう?

とお返事してくれる事態に!
とたんに静かになるちこにゃん。
しばらく小さな声に切り替えて
「まぁぁぁん」「むなぁぁん」
と言い続けるちこにゃに、
「みゃっ! にゃッ!! 」
と元気にかわいいお返事をしてくれる
ちびニャさん!!! 
ありがとうありがとう。
手術がんばってね、すぐ終わるから大丈夫だよ。

ねえちこにゃん、ちびちゃかわいかったねえ?

f0257756_14210650.jpg

(……)

くたびれちゃったね。がんばりやさんかわいいかわいい。

f0257756_14211883.jpg

目やにの黒ずみとあごにきびは体質なのだそうです(涙)


f0257756_14450603.jpg

ちょっとうとうとしはじめてます。
おつかれさまでした。


たぶん今年さいごの秋ばら。もう冬ですが。
剪定が遅めだったので、間に合わないかと思っていたのですが
(咲かずに枯れちゃうかもと思っていました)
ちいさいながらちゃんと咲いてくれました。

f0257756_14494611.jpg

アイスバーグという品種です。
初心者におすすめの白ばら、ということで選んだのですが
棘が少なく扱いやすくてその意味でもよかった。
ドイツ語ではシュネーヴィッチェン、
白雪姫というそうです。

ちこのおなかのまっしろをうっとりと思いつつ。

[PR]

by chico_book | 2017-12-03 14:58 | ねこ | Comments(4)

やらずにはいられなかった(いまも満足している)

(※アニメ『一休さん』のEDのメロディでおねがいします)

猫神様

完璧ですね

昨夜ベランダの植木鉢に
まるまっているねこひとり
みつけました

ねこはあまえます
こえもださず「にゃう」と、ちいさく
わたしは窓を開きます
毛布の上でころんとしては
おなか投げだし すやすやねんね

この上もなくうれしいのです
感謝してます

ちこぼーん


(タイトルのことですが、出来栄えには満足してません。
コトバ選びを繰り返す日々。FAなかなかたどりつかない)

この季節になると、はじめてちこを家に
いれた時のことを思い出します。
もっと早く入れてあげればよかった。
しばらくは、夜の間だけだった。
(出勤前にお外に出していました)
よくもまあそんなことができたものです、と、
いまとなっては思います。

ほかに

すきすきすきすきすきすき
ちこにゃんにゃ♪

というのもあります。もうこの二行で大満足という!!
いやまあね、ほんとね、ばかまるだしでね、
まあ隠そうとして隠せるものでもないのでハイ。

f0257756_01310693.jpg

おそとの子時代のちこ。わかりにくい写真ですが目つきが鋭いです。たぶん。

f0257756_01321883.jpg
うちにはいってくるようになったばかりのころ。
古いクッションを玉座として進呈。


f0257756_01313029.jpg


はてしなくまんまるちゃん。最愛。
いましっぽでわたしを叩いておりますがシアワセ。
ム、ム、ムジョウのよろこびとはこのことか。



[PR]

by chico_book | 2017-11-20 01:34 | ねこ | Comments(4)

疾風怒濤、迷わないファイター

男子はともあれ、女子はすごかったすごかった。
これがオリンピックシーズンということでしょうか。
(男子のいろいろタイミングのあってない感じもそうかも)
(でもコリヤダくんの完璧特大クワドルッツには息をのみました)

とにかく新葉ちゃんすごかった。
舞依ちゃんも素晴らしくよい出来なんだけど
この差。この恐ろしさ。
ここから先のヒトオシがどれだけ遠くて
紙一重がどれだけ分厚くて届かないのか
そこに立ち向かうのに自分の武器は何なのか

それを考えて考えて考えたすごい圧と力と
自らのなかから抉り出した答えを手にした強さを感じます。
もう絶賛ですよ。強くて迷いのないかんじ。すばらしい。
独創的で彼女の個性にぴったり合っている
ちょっと全盛期の安藤さんを思い出すような。

舞依ちゃん悔しかろう。極上のやわらかささなのに。
しかしこれがどれだけの糧になるだろうか。
真凜ちゃんにとっては
とてもよい連戦ということでしょう。
本人も課題がたくさん見つかったし必要な要素を整理しなくては
と言っているようだし

リーザ様大好きなので
とてもうれしいのだけれど
表彰台にはいまひとつ遠くて切ない。
ここ数年で表彰台の点数ライン
ガラッと変わったもんねえ。
でもリーザの個性は大好きなので
ただもううれしく拝見させていただきます(愛)

ラジオさんいつ見てもびっくりする、
すんなりすくすく手足が伸びて
美女に成長なさったお姿。
でも結構変わってないんだよね
そのあたりがまたみていて楽しい。
見つづけてきてよかった。

ザギトワさん点数が出るのはよくわかるのですが
持越しプロということもありさすがにちょっと
もう一押し欲しいかも。しかし長手袋というのは素晴らしいですねえ。
音はめもかっこいい。
あとデールマンのSPすばらしかった。
エキゾチックで大胆で派手。圧倒的な恋は野の鳥感。

真凜ちゃんのFPに足りないものはこれなのかも。
トゥーランドットですよ。残忍で冷酷な高貴なお姫様。
ちょっと柔らか甘やかすぎる印象なんですよね。

そしていよいよ宮原さんですよ
女王の帰還ですよ
今週末に初戦ですよ(フウ!!)

大丈夫大丈夫、なにがどういうふうに起きても大丈夫、

なによりも本人がこの場に戻ってきてくれたことを
そしてそれにまつわるすべてを
怪我のことも休養のこともリハビリのことも
すべてのよいことわるいことふくめて
まろやかにつつみこんで飲みこんだ
宮原選手のプログラムが見られるだけで
貴い尊いありがたい。

ああああそれにしても全日本が怖くてたまらない。
でも大丈夫大丈夫(無限ループ)

圧がかかってかかってその結果結晶した、
ちいさくてもつよくつよく輝く
輝きは変わらずそして強くて固くて傷つかない
あらゆるすべてを跳ね返してを放つ
ダイヤモンドがさとこさん(個人の見解です)なのです
うんうん(ポエムすみません)

今年はいろいろと新しいことをはじめた年でもあり
先日話題にした『語学』のほかにも
ばら栽培
が、あります。
5月にてごろな新苗から手を出して、夏中つぼみを摘み取ってひたすら我慢ガマン。

先日ようやくようやく秋ばらが咲きました。はじめてのうちの株に咲いたばら。
うちのばら、といってもいいでしょう。

f0257756_00115725.jpg
おもわずくちずさんじゃいそう。まっかじゃないんですけども(笑)

重たげなカップ咲き
はにかんでいるような優しげな表情
そしてなによりたいへん強い香りが魅力的です。
小ぶりな花なのに
いまも背中ごしにつたわってくる芳香が
たいへんな存在感。うれしいかぎり。
そこはかとなくさとこさん。ちなみに『ボレロ』という品種です。
フィギュアスケート好きにはうれしい名前でもあり。

夏の間中
9月の頭に株全体におっかなびっくりながら
サクサクとはさみを入れたのも、

すべてこの秋ばらのため
(とはいえ一年目なのでそんなに充実はしていないのですが)
この開花期の為。がんばれさとこさん。

f0257756_00251927.jpg

本日のおててくんにゃり姫。
季節の変わり目でややおめめしょぼしょぼ気味。心配。
最初にうちにやってきた季節がまた近づいてきます。
そのときもやっぱりおめめしょぼしょぼしていました。
すべての記憶がいとおしい。ちこ大好き。そばにいてくれてありがとう。
ずっとなかよしでいましょうね。祈。

年内には病院に行かないとね。
いまから段取りを考えないとあっという間(自戒)



[PR]

by chico_book | 2017-11-06 00:33 | フィギュアスケート | Comments(0)

たびとか花とかにゃんこ(ズ)とか

JOのあと、あわただしくてなかなかPCの前に座れませんでした。

f0257756_01444703.jpg

いつ見ても完璧なかっこよさ。
(でもこのアングルで写真を撮っているということは
これには乗らなかったということでもありますが)

月初ころにきんもくせいの香りがして
そのあとすぐにしなくなったように思いました。
今年は花の季節が短かったのかな、と、
残念に思っていましたが、
今時分またあちこちからただよっているようです。

f0257756_01453817.jpg

不安定な天候のせいでしょうか。嬉しいような心配なような。

f0257756_01452314.jpg

西洋朝顔のなにか(推定)
寒くなっても衰えを知らず…と言いたいところですが
この日は10月なのに結構暑くて、汗をたくさんかきました。


f0257756_01593638.jpg


訪問先の国つ神にこんにちは。
白黒はちわれちゃん。すんなりしていて若ねこさんぽい。

郵便カブにも反応しない大物ぶり、と
思いましたが
追い越された瞬間にびくっと飛び上がっていた。
なんてかわいい。お耳大きくて美形さんです。

f0257756_01470437.jpg

しっぽの先までまっくろ。たまんにゃーい。

f0257756_01475235.jpg

こちらはしましまちゃん。わたしに目もくれず、電線の鳥を威嚇中。
ビバ真剣なまなざし。

実家のまわりには、このほかにも結構たくさんの
お外ねこがいるようで
ご近所のみんなにかわいがられているとのことです。
ちょっと安心。

f0257756_01493680.jpg

f0257756_01492731.jpg

ひさびさの秋をじっくりと堪能しました。
いや秋そのものは、横浜でも堪能できるのですが。
そしてしているのですが。

f0257756_01502249.jpg

なんだか戻って来られなくなりそうな食べ物を食べたりして。
こぶりでぷちぷち素晴らしかったです。
果物はだいたい小ぶりのものが好き。いちごとかみかんとか。


f0257756_01511149.jpg


ひと息ついたのかそうでもないのか、というところ。

さあGPシリーズ開幕です。
毎年そうですがここからは待ったなし。
今年は特に待ったなし!! 泣くのはいやだわらっちゃお!!

f0257756_01513525.jpg


安定のちこ。お留守番ありがとう。

f0257756_01472782.jpg

お留守番中のちこ(シッターさん撮影)。
全然表情が違うねえ。
それにしてもなんでしょうかこの威厳。
ヨーロッパのお城に飾ってある大きい肖像画っぽいではないですか!!
(力説)

ではまた一週間よーいドン、あるいはレッツゴーなこころもち。
ちょとだけ記録。


[PR]

by chico_book | 2017-10-16 01:57 | 日々 | Comments(2)

wet

目を覚ました時
まだてのひらに感触が残っていてうろたえてしまった
じぶんでもおかしいほど

朝なのに
いつもと同じ慌ただしい朝なのに
ぼんやりとしてしまってそんな余裕ないのに
ぼんやりとしたまま

すぐそばで
みごとにむっちりみっしりまるくなっている
ちこを撫でる。
なんといううつくしい円形。
しっとりと馴染むのにさらりとかわいた柔らかな被毛。
ありがとう。あんしんするのと、ともにいられるよろこびと。

夢を見た。
こんな夢を見た。

§以下長々と、夢の話です§

北に向かう慣れない路線で一時間ほどは乗ったあたりで降車。
(社内ではぐっすり眠ったようでした。夢のなかでも爆睡って)
新幹線の駅もあるあたり、
なにか美術館目当てでその街に私は行ったようだった。
はじめての街に降りたってきょろきょろとぼとぼ歩きだす。
なにしろ夢のことなので細部に限らずあやふやなまま。

14時過ぎか15時か
美術館に行くには遅すぎる時間に
知らない街にたどりつくあたり
夢のなかでも、いつもどおりの段取りの悪さで笑ってしまう。
きっと夢のなかの私も、ももたもたして
あれこれ迷ったりしていたのだろう。

駅を出て海沿いの緩いカーブを急ぎ足で歩く。
前方の高台の上に見える建物が美術館。
15分くらいで着くかな。2時間、いや1時間半くらいは滞在できそう。
駆け足で見れば大丈夫かしら。

ところがみちのわきのくさむらから、なにかがとびだしてくる。
にゃんこ。にゃんこ!!
しかもちびっこ。しかも複数!!
それなりに交通量のある道路の横の狭い歩道。あぶない! あぶないよ!!

あわてて拾いあげる。しろくろのはちわれにゃん。
両手ですっぽり包み込めるようなちいさいにゃん。

「だめにゃよーあぶないあぶないよ」

おもいきりつっぱるかぼそい手足、
折れそうなそれをすごい勢いでふりまわす。
あぶにゃいあぶにゃい。引っこまない、かすかなツメ。
おもいっきりひらたくなるイカ耳。
ぷああぴゃあー、身体に反して大きな甲高い声。

ああかわいい。なんてかわいらしいの。
あわてて歩道の横草むらの中に移動すると、
そこには一段低い、『塹壕』とでも
言いたくなるようなくぼみがある。
こちらでマジノラインを話題にしたせいかも)

そのあたりでぴんぴんはねるにゃん子さん。
たぶん4~5ひきのちびちゃんと、三毛猫のお母さん。
まだ若そうなねこママ。
三毛ママもあまえんぼですりすりしてくる。
なにこれなにこの足止め。
猫神様のお導きなのこうして導かれたまま彼岸を超えてゆくの
いいねえそれありですねえ。

うっとりと三毛ママのほっぺをコリコリかいてさしあげる。
そんな私の腕をぐいぐいよじのぼってくるのはチャトラのちび。
ハラシロでもなく、全身赤毛というか明るい茶色のしましまさん。

なあにあなた、甘えんぼさんね、高いところ大好きなのね、
そういって肩まで登ったちびにゃを両手でだっこして
そこで

「あれ、なんだか熱い? 」

と、どきりとした。もう一回三毛ママを触ってみる。
温度を比較。明らかに熱い、ちびにゃ。

お、お熱かしら。でも元気ないわけではなさそうだけど。
盛大にごろごろ言ってますけど。
でもねこは体調悪いときもごろごろいうって言いますよね。
体調悪いの隠すって言いますよね。

こんなとおりすがりのニンゲンにも隠すの。
いや知らない相手に弱みは見せないだろうから
隠すだろうけど、なついたように見せかけてさえ、
かくしたりするの? そうなの?

まじまじと手のひらの中のこねこを見る。
こころなしかおとなしくなったような。
・・・もしかしてぐったりしているのかなこれ。
でもすっぽりと手のひらにおさまったこのねこは、
あきらかにホカホカしている。

どどっどどうしよう。このままにしておけない。
連れて帰るべき? 
病院に連れていきたいけれど、
ここで三毛ママと引き離すことになるの?
ああ、ニンゲンののにおいがついたちびっこを
母ねこは見なくなるって聞くけど…この場合そうなのかな。
どうなのかま。この街で獣医さん探すの?
それとも連れて帰るの? 帰れるの? 
ちこは? 同居できるの? この子の体力は?
なによりこのこのためになるの?
どうするべきなの??

と、いきなり、どおん!! と
重い問題に突き当たったところで
夢はおしまい。夢のならいとして唐突にエンド。

呆然とする。
手のひらのなかにはまだ感触が残っていた。
かぼそい手足、薄いひふとぽんぽこのおなか、
しっとりとしめったようなこねこのはだざわり。
そしてほかほか。明らかにほかほかしていた。

ちこをそろそろ病院に連れて行かなくちゃ
(ちょっと段取り難しい)
(でも用事がいろいろあるとかぜんぶ私のエゴ)
(もたもたしている間に、致命傷になったらどうしよう)
とか
ちこになにかあったとき
わたししっかり対応できるのかしら。
(毎日通院とか自宅で輸液とかになったら!!)
とか
※今のところ特にその心配はありません
二度寝をしたので(目覚ましアラームは三段階)
時間に追われていたのかしら、とか

そんなことを思うけれども

てのひらの感触はホンモノで
ほんものでしかなくて

ねえちこ、ちびねこちゃんと仲良くしたんだよワタシ

なんて

うしろめたさがないわけでない報告を朝からしてみるも
安定のみっしりむっちり天下泰平のすやすやちにゃこさんの
マダムパーフェクトぶりに
支えられて助けられているなあとしか思えない
きんもくせい香る秋の朝でございました。



この映画はきっと観に行きます。宣言。イスタンブールのにゃん。



(でも幸せにして「くれる」というのはちょっとわたしの感覚としては違うにゃん)

前売りには写真集がついてるんですって!! 

10/21公開のこちらは、うーん、DVDでいいかなあとかおもっていたんですけどね。
ごにょごにょ。さあどうしよう。





[PR]

by chico_book | 2017-09-27 00:06 | ねこ | Comments(2)

天国のようなあかるい日

7月から土曜日にコンスタントに予定を入れているので
自分で決めたこととはいえ、
時間のやりくりがちょっとややこしくもあり。

そしてよい機会なので、午前中の用事にあわせて
横浜駅でのモーニングをたのしもう、と企画してみる。
モチベーションにオプションを追加するかんじ。
しかし行きたいお店は意外とモーニングがなかったり
あってもトースト+ドリンクだけだったりすると
使い勝手が悪いのです(炭水化物単品は避けたい)
せめてサンドイッチを。コメダはちょっと駅から遠いし。

それでは、と(モーニングセットのないお店で)組み合わせると
朝から1000円くらいかかってしまって
まあたまになら悪くないのですが
週一回なので「たまに」のお話ではあるのですが
毎週毎週『必ず』だとしんどく
ましてやそのあとランチ、そして映画とかなんとか
考えると、うむむと、及び腰になったりもします。
おうちで食べてコーヒーだけ、とかが現実的かな。
そうかもね。ごにょごにょ。

『あなたがコーヒー飲んでるの、全然見慣れない。
間違えてるよ、焦っちゃう。ぎょっとする』
と、各方面に言われてしまうほどお茶好きのワタクシですが

個人的なコーヒーへの嗜好に、ひとつ答えが出ました。

コーヒーは私に優しくない

んです。馴染んでくれない。

しかし喝をしっかり入れてくれる。
はい!!はいはい!! って肩をたたいてくれるかんじ。
なので職場でも、圧倒的に午後にのみたくなります。
しかも14時すぎ、さてもうひと頑張り気合い入れないと、
というときの選択。

朝から午前中、だいたいお昼過ぎまではお茶系がメイン。
それも紅茶もしくは中国茶で
「うん、そうね、まずこれからやっていこう? ね?? 」
というイメージ。わたしに優しい。寄り添ってくれる。
甘やかしてはくれないけれど。
※緑茶は嫌いというほどではないけれど、あまり好みません。
ちょっと甘さと粉っぽさが気になりがちなのだと思う。

ミルクがはいると、甘やかされてる度が少し上がります。
ロイヤルミルクティーとかラテとか(シナモンはなくてもいい派)
大豆大好きなワタクシとしてはソイラテもうれしいうれしい。
甘みはなくてもいいけれど、たとえばチャイだと
ほんの少しあった方が、スパイスのとげとげっぽさが
まるくなるイメージ。
これはミルクの甘さ……? いや、お砂糖はいっているかも??? 
というくらい、区別がつかないくらいが好み。
※それ以外にいつもいつでも好きなのが
硬度高めのミネラルウォーター。独特のにがじょっぱさが好き。
のどにゴリゴリひっかかるのが好き。

そんなこんなで土曜日とそのあおりで日曜日にばたばたしがちな昨今、
とにかく本日はほんとになんの予定もない休日で
台風一過のピッカピカな秋の休日で

ホントは彼岸花鑑賞散歩とか映画とか美術館とか、
やりたいこと候補は(あるといえば)いろいろありまするが
あしましたのですが

たまった家の用事をどっさりしっかり朝から片付けることを決意。
なんとも言えない充実。
(…という話をするために
最近土曜の午前中ゆっくりしてないのよね。
という思いから長広舌となりました←イマココ)

本日の朝。
7時台から起きだして洗濯機を回しながら朝ごはんそして
昨夜の直虎録画を視聴。

たまらないマツケン信玄。これは昌幸パパが心酔するわ。
家康のいっぱいいっぱい感すごくいい。
小さいあれこれをめっちゃ丁寧に等身大に描く良作であることよ。

おやすみの日の朝ごはんは少しだけていねい。すこしだけぜいたく。
昨夜つくって冷やしておいた、オクラとささみと湯葉のサラダに
にんじんしりしり+胡麻酢そしてプラムという
単体はたいしたことなくても勢ぞろいでのぜいたく感。
ミルクティーもポットにたっぷりつくる。秋ですから。
たっぷりいただきながらの『直虎』。

山積みの書類をほいほいと仕訳して、
各所のマットやラグを風にあてたり、床を拭き掃除。
あれやこれや、なんやかや狭い室内をちゃかちゃか動きまわる。

ちこはまったくうごかない。動く気配すらない。
平日は私が出勤する直前にはたいてい起きてくるし、
お休みの日でも9時過ぎにはにゃんにゃん呟きながら
のしのし歩いてくるのに。

心配になって何度も確かめに行く。
その都度姿勢は変わっている。ほっ。
アンモニャイトからおなかの向きが反対になり、
次は手足をだらーんと投げ出してすうすうぐうぐう。
大丈夫よね。すやすやねんねんなだけよね。
おなかがゆっくり上下しているのを都度都度しっかり確かめる。
心配、安堵、いとおしさ、それからまたせっせせっせと雑事にいそしむ。

台風の名残であれやこれやの、
ベランダのお掃除をしてふっと室内をふりかえる。
やっぱりちこはまだ眠ってるみたい。
昔は、ベランダのサッシを開ける音で飛んで来ていたのに。

脱走の心配、いまではほとんどなくなりました。
安心とほんの少しのせつなさ。
昔はそれはそれは元気だったにゃん。
いまのおちつきと安心も、もちろんそれは代えがたくとんでもない宝物。

もしかして、わたしの気持ちがお出かけにむいていないせいかも。
それで、今日はちこもおちつきはらっているのかも。
そんなことをすこしだけ思う。すごいねちこ。
そして、そんないまのちこが最高にいとおしい。
そう思えるシアワセ。ありがとにゃん。ただの記録にゃ。

録画しておいたNHK-BSの番組を流し見る。
流し見しながら、食材の作り置きやら
キッチンの片づけやら乾物の整理やら。
ほんとはみっしり腰を据えて見たい番組なのだけれど
なかなか時間の折り合いがつかず(とほほ)

しかし字幕ということもありよくわからなくって
結局なんどもなんども見たりするので本末転倒なのですが。



ドイツ語の響きが好きなので(理解できてないけれど)。
吹き替えはいやなんだけど流し見だと
吹き替えのありがたさも、なくはなく。




近現代史の流れ、興味深くてあれこれ手を出しているのですが
なにしろ断片的なので、ピースがはまったりはまらなかったり
まだまだ理解してないことだらけ。

お昼頃ようやく起きだしたちこが、ベッドから野太い声でわたしを呼ぶ。
ひゃっほうひゃっほう。おはようさん。
目があった瞬間にごろごろ言いだすうちの姫ばっば。
くみたてのお水、だっこでワープ、新しいカリカリ。
ええええ、すべてあなたのためざんす。

ほんとうにただの日。
なんだかこころにしみすぎて怖い。
いま私のおしりにはりついているねこ。
椅子の半分以上を占領しているねこ。

どこにでもいる私と、どこにでもいるねこ。

f0257756_14334042.jpg
ちょっと寝起きでぽけっとしてます。

f0257756_14341079.jpg
寝起きなのでご機嫌ななめ気味。
(目やにとらせてくれませんでしたのでこのまま失礼)
憮然とした目やにありでもこんなにうつくしいって
どれだけすごいのちこ。
『油断したところが絵になるのが素晴らしいんや』
ハルキちゃんのおじいちゃんの教えは私もお墓までもってく所存。


そんなわたしにとって、かけがえのないねこ。特別なねこ。



[PR]

by chico_book | 2017-09-18 14:37 | 日々 | Comments(4)

秋が加速してゆく朝

宮原さんフィンランディア杯欠場とのこと。



バスのなかでおもわず「ひいい!! 」と、
声を出しましたが、
思わず涙ぐみかけましたが、大丈夫大丈夫。

GPにあわせて慎重に調整しているの。きっと。
いや間違いなく。怪我が理由ではないもの。
しかしいきなりN杯とスケアメ連戦でしたっけ。
追記:NHK杯の次はフランス杯、NHK杯の二週間後が最終スケアメでした。
つねづね日本人は(全日本近いので)GPファイナル無理しなくても、
ごにょごにょ派のワタクシですが
※もちろん好調の選手はその限りではありません
全日本一発勝負の様相も(かすかに)漂わないではなく。
こうなってみると、さすがにちょっとぶるぶる震えてみたりして。

こんな時に有効なのはなんと言っても、
わたしのこころがすうっと静まる効果があるのは、

次郎法師のお経!!!


(感謝しかない)

なんとうつくしい観音経であろうか…。
音楽担当の菅野よう子さんがメロディをつけたそうで、
実際のお経とは別物だそうです。いやいやうつくしい。
お坊様は声が命! って枕草子にありませんでしたっけ。
どうでしたっけ……(調べる元気がいまひとつない)

うちのお寺様も臨済宗なためか、法要では
観音経をフルであげていただけるので
馴染みがあるのもなんとなくうれしい。
区別がつくほど詳しくはないのだけれど。

ことしからおずおずとはじめてみている、鉢植えのばら栽培。

そろそろ秋の開花期にむけて剪定の時期なのですが、
新苗ということで6月に植えてからずうっと小さいつぼみを
とりつづけていました。摘蕾というそうです。
f0257756_06595362.jpg

わかりにくいかな。ちいさなつぼみを指でぽきっと。
摘蕾のなかでも、こういう小さいもののことは
とくに『ソフトピンチ』というのだそうです。

f0257756_07000652.jpg
つぼみをつけるのも花を咲かせるのも、
おさな買ったり、体力のない株にとっては
とても負担になるので咲かせずに株の充実を図るのだそうです。
ふむふむ。
なにしろ初心者なのでなんでもおずおずおそるおそる、
入門書とくびっぴき。

小さいつぼみをもぎるのは痛ましく思えて、
最初はずいぶんむごたらしく思えたのですが、
だんだん楽しくなってくる(え)という不思議。
ちょっと我慢ね、秋まで待ってね、
と株に語りつつ。

そこはかとなくさとこさんを思いました。大丈夫大丈夫、
将来の充実のために、回復を優先するために、
いまはちょっとだけ我慢。

体力の回復を最優先、という記事を祈るような気持で、
いやいや文字通りお祈りしながら見つめております。真剣。

今朝のまどろみにゃん。

f0257756_07001953.jpg
起こしてしまうのがかわいそうで、電気をつけずに撮影。

f0257756_07002810.jpg
久しぶりにくるりと引き締まったアンモニャイトになっておりました。
今年は本当に秋が早い。
GETWELLSOONさとこさん(祈)








[PR]

by chico_book | 2017-09-05 07:04 | フィギュアスケート | Comments(0)

なつかしいアドレナリン

とにかくすごいから行ってみて、きっと無傷じゃ帰れないよ(褒め言葉)

という、あまりにも力づよい推薦状を握りしめ。すたこらさっさと向かいました。
京王相模原線の若葉台。はじめて使う駅。
京王線にはなじみがないのですがいつもなんとなくテンションが上がります。
馴染みはなくても、聞き覚えのある地名が続々と登場。そしてそこはかとなく品がいい。
いやどこがどうという訳ではありませんが、ごにょごにょ。
しかしそのわかりにくさたるや・・・!!
「特急」「準特急」「急行」「区間急行」「快速」「各停」
・・・って。ううむ。
日常的に使わないからこそ全く覚えません。毎回たどたどしく看板の前で立ちすくむ。

なんでも、
とんでもなく巨大な本屋さん(兼文房具・雑貨やさん)
ある、とのこと。


北海道を拠点に展開している店舗で、関東にはここだけなのだとか。

若葉台駅を降りて、きょろきょろしながらロータリーへ。
なんともまわりが広い。空が広い。
やたら広大な店舗が延々と続いている。
ショッピングセンター、ノジマ、ヤマダ電機、ケーズデンキ。
かぶりまくってませんか。
なんだかすごいなあ。スーパー三和とユニディも。
これだけ固まっていると話は早いですね。ふうむ。でもちょっと引くなあ(小声)

f0257756_16445609.jpg

どどん!! こんなかんじで延々店舗が並んでいます。

てくてく歩くいてゆくと、テレ朝のロゴのついた建物が。

f0257756_16435362.jpg
何だろこれ。あいにくお休みでよくわかりませんでした。

ブルカをかぶった人のオブジェなんて珍しい、と、おもわず撮影。
f0257756_16455510.jpg
(でもこれたぶん、ブルカでなくてただの黒い布で覆っているんですよね)

テレ朝といえばやはりこちら(個人の感想です)


f0257756_16452574.jpg

メインアニメーターの平松さんが
ユリオを「女の子のイメージで描いた」というのがよくわかります。
そしてこうして並べると、なんとなく勇利くんの体形は
アジア人に寄せているようですね。頭と肩幅のバランスとか。

目的地はこちら。

f0257756_16471416.jpg
どん!!(ワンピース) テレ朝の看板の先に見えてましたね。

ふうむ、むむむ、むむ!!!
これは。これはいかん。稲城市にラスボス見つけたり!
しかもちょっと行くと川崎だったり多摩だったりするし(関係ない)
川崎市北部は庄野先生の街なのである意味聖地。
小田急線ではないけれども。秘かにテンション上がります。

なんという危険な場所なのか・・・・・・。
本と文具のコンボで殴りかかってくるとか、逃げ場ないじゃないですか!
わたしが! わたしのお財布が!!

本屋さんの雑貨屋さん文房具屋さん化には、
基本的に賛成しあぐねているのですが、
ここまでやってくれていますと、圧倒されて無言になっちゃう。

気持ちを落ち着けるためにドトールへ逃げ込む。国内最大級の226席。
しかも(たまたまかもしれませんが)ふるふるには混雑していない。
テーブルのバリエーションも豊富で、
おひとりさまおふたり様ご家族連れものびのび楽しめる。

いつもいつでも満席のカフェばかり、休憩難民として
横浜駅/桜木町近辺をうろうろしている身としては、
なんともほっと息をすることができますではないですか……。

お店が広いだけあって、棚と棚の間がゆったり。
すれ違うのも商品を迷うのもとてものんびりと楽しめます。
それがすごく大事。もうほんとに大事。


うまく説明できないので、フロアガイドをご紹介。


f0257756_16494643.jpg
ひゃーすごーい!!

f0257756_16512991.jpg
企画性を併せ持つ、ですか。容赦ないなあ。

『国内最大級のドトール』がこの大きさですから!!
f0257756_16503144.jpg


という訳であっさりと白旗。最近本買いのストッパーが全く機能していません。
反省と戒めのために、公開します。



f0257756_16541193.jpg

真ん中の、縦置きにしてある本だけです。いやもう。
ストレスなのなんなのこの衝動買い。やけくそなの??
(両脇の横置きの本も最近のがそこそこあります)

買いすぎでしょ自分。わかってるよね。
もう、ここから年内は本の衝動買い禁止。
「衝動」でなければいいのかとかなんとか思うのは、
こちらを悩んでいるから。

とにかく、ここから先はなるたけ買いません。宣言。

ふたたびドトールへ。
敗北感とか達成感とか諸々入り交じった気持で、
ひろびろとした本屋でどっさりどっさり本を買って
カフェでもどかしくページを開く喜び。
これはなつかしいヨロコビだわ。

オカザエモン市民だった頃の最大のよろこびでした。
週末に車で移動して
本→映画→スーパー銭湯/ホームセンターとか雑貨屋さんとか
という、なんというかたいへんロードサイドなおたのしみを
満喫する生活でしたっけ。
三河地方はやっぱり自動車の街で、まち全体が
そういう作りになっていたという印象が強いです。
なつかしいな。

だいすきだった本屋さんはこちら。

田んぼの中、農道を走ってゆくと突然現れる大きな本屋さん。
わたしにとって息継ぎできる希望の光。
いやべつに、窒息することなく日々愉しく過ごしていましたが。
ここですこしずつ、欲しくても手を出せなかった本を
買いそろえました。

そして帰りは車中で読書に夢中になりすぎて、うっかり乗り過ごし。
渋谷経由での帰宅となりました。よくある展開と言えなくもなく。
あーでもたのしかった!!!

そうそう気軽に行ける場所ではないのですが、
たまに行くと、全力投球できそうです。

f0257756_17022523.jpg

「いいかげんにしにゃさーーい!!」
怒りのちこさま。甘えてますわたし。

さっそくずんずんずぶずぶ読書の愉悦、と言いたいところですが
まずはたまった家しごとをしなくてななりません。むむ。

という訳であれこれいちにち、こまこま過ごす土曜日。
それでもずっと家にいるので、
ちこ様ご機嫌よろしくなって私もうれしい。


おすそ分けいただいたうるわしい桃を、お供えしてみたり。

f0257756_17033471.jpg
「なにこれ」

f0257756_17041973.jpg
「こんなのでわたしの機嫌をとろうなんてふざけないで!!」

furyちこさんもまたかわいらしい(なんていうとまた怒られますが)

f0257756_17043465.jpg
「しーらないっ」

その5分後がこちら。

f0257756_17055883.jpg

桃は下僕がおいしくいただく予定。しかしうつくしいですね。完璧だ。






[PR]

by chico_book | 2017-08-12 17:11 | | Comments(2)