あやしうこそもの狂おしい断片

しずしずと溜まってきたのでよしなしごともろもろを。
こんな切れ端に目が行くということは、
ちこにゃんに注視する必要性が
少し下がったということでもあります。
ありがたや。

よくしていただいている親戚から
『家族親族名簿』の更新を依頼される。

古いワープロ資料しかなく、
内容の変動もあるので新しくしたい、とのこと。

立派なお子さんがいらっしゃるので
私なんかが関係していいのかな、
(何しろ個人情報しかない)
と、思いましたが却ってその距離感がいいらしい。
なるほど。
そういう立場のほうが
たしかに思い入れなく粛々と作業しやすいのかも。

私には子供がいないので、この先加齢にやらなんやらで、
たとえばいろいろなテクノロジーとか
社会の様々なアップデートに対して
『身内に気軽に聞ける若い人』
が、いないわけです。甥姪もいない。
別段不幸にも思わないけれど(いわばデフォルト設定だし)
なるたけ自分で対応できるようにしておこう、
そうでなくても(若い人にかぎらないけれど)
ひとに物事を聞くときは、
なるたけわかりやすく答えやすく質問しよう、と
常々思っているのです。
成功してないかもだけれど。
LINEやってないけれど。

行政区が変わってたりなどの情報をそぉっとフォローして
(合併による市名変更とか、政令指定都市化とか)
データを作成。
たまにやると面白いですねこういうの。

すっかすかのバスで通勤するのもこの季節の醍醐味。
(ちょっととほほ)
キンキンの空調と、大門サングラスの運転手さん。
朝日に向かう道筋なので、
来るバス来るバスすべて大門ドライバーで
最初はほんとに驚いたし笑っちゃった。

子供のころのアルバムを
『ここに置いてても仕方ないから持って行け』
と、母から渡される。小学生くらいまでの写真。

自分でもびっくりしたのですが
「このこどもめっちゃくねくねしてる!!」

ぬいぐるみをだっこしてほほをよせたり
小首をかしげたり
足元がアイドル立ちだったり

・・・・・まあああ。
いつの間にこんな女子力と無縁な存在になったのだ自分。
一緒にうつっている従弟や兄、
つまりは男子たちが全員棒立ちなのもあってか
目立つ目立つ。まああ。

ジェンダー的なお話なのか
70年代アイドル文化とかの影響下なのでしょうか。
そしてとにかく母親手づくりの洋服を
着ていることがまた70年代。

麦わら帽をかぶって父のバイクに二人乗りしている写真もあり。
なにしろオイルタンクの上にまたがっているのです。
つまり、運転手の前に乗っている…………こ、こわ!!
この麦藁帽が視界の邪魔しそうで怖い!!!
幼児がスカートでオイルタンクにまたがってるの怖い!!
(服装からしておそらく夏)
もちろんノーヘルです。これだいじょうぶだったのかな。
いくらなんでも駄目な気がしますが。
自転車中学生のヘルメットは注意していたのにね>>>

先週の土曜日は、祝日だからかお盆だからか、
外国語はお休み。
よーしこの期間に追いつくぞ!!
と思ったものの、まったく対応できずにもう火曜日。

そんなことを思っていたせいか、夢のなかで
芬蘭語格変化ドリル100本勝負、に、
トホホと涙ぐんで目を覚ましました。
こういうところホント、小心というか自責感情というか、
嫌になる。むうう。
いやまあ、やるしかないんですよね。わかってます。
やるって決めたの自分だしね!!
やったら楽しいしね!





夏の盛りが少し過ぎたころに聴きたくなる曲。










[PR]

# by chico_book | 2018-08-14 07:16 | 日々 | Comments(0)

ちこにゃんにゃおもいのほか


土曜日に都合がついたのでいそいそと病院に行ってきました。
もちろんちこにゃんの。
祝日もやっていただけて、申し訳ない反面とてもありがたい。

膿の袋が見えなくなり、
まぶたの下にてろてろこぼれていた膿も
とりあえず見えなくなって
よくなってるんじゃないの・・・・・・?
私のひいき目かな? どうかな??

と、お電話でお伝えしてはいたのですが。
はたしていかがでしょうか。


「たしかにお電話で、きいていましたが」

うんうん。

「想像してたより良くなっていますね! 」

やった! やったやった!! やっぱりそうですよね。
よかった勘違いじゃなかった……。

赤くなっていたおめめの横も、お鼻のなかもおちついて、
鼻水もすごく減りました。
なくなってはいないけれど、ちょっとだけ見えてるくらい。

ひげの根元はデリケートだと聞くし、
おでこについているかさぶた、
無理矢理はがすことになるのではという不安を
聞いていただく。

ていねいにふやかした後、
ある程度爪でこそげるようにしてとっても良いとのこと。
スライドするような動きでとれず、
上に向かってはがさないとならないようなら
それ以上はしないほうがいい、とのこと。

三人がかりできれいにしていただいて、
あご下から胸元の汚れも部分シャンプーで
きれいしにてもらってドライヤーまで。
驚いたことにドライヤーまったくうろたえず怒らず。
じつはドライヤーはじめてなんですちこにゃん。
シャンプーしたことないですから。
ただ、最近のお気に入り場所は脱衣所のバスマットの上で、
洗濯機やワタシのドライヤーにも全く動じないので
それを思うと、納得できる部分もあるのですが。

少し前とは、それこそネコが変わったかのように
食欲旺盛になったちこにゃん。
カリカリをそれはそれはよく食べます。
(山のように買い込んだウェットの立場は……
 と思いつつも、これはこれで食べない訳ではありません)
気がつくと、お皿の前でかわいくアピールしているちこにゃんにゃ。

体重も、4.16キロになりました。
入院中は4.06キロくらいだったので、微増。
ずうっと減少傾向で、なにしろここ半年で1キロ近く落ちていました。
個人的には、ねこの1キロはなんとなく人間の10キロというのが
私の体感なので、
半年で10キロ落ちたとしたらそれは不安な訳です。
ましてやここひと月ほど、食欲落ちてきたわけですし。
ちこにゃんの骨格的には、
それでもまたぽっちゃりさんではあるのですが
年をとってからの急激な変動というのはやはり
大きな不安要素であるわけです。うむむ。

くわしい細菌検査結果としては、やはり口中菌が検出されて、
いま使っている抗生物質が効果的だという判断でした。
ただ、ほかに試してみて、効果がなかったようなおくすりも
『効果あり』
と出ているので、おそらくいろんな菌がいるのだろうというお話。

とにかく今はこのままおちついてくれることをお祈りするしかなく、
ただ原因を鑑みると、
再度発症するリスクは高いのが悩ましいところ。

『このまま治らないと、やはり外科的な対応を
しなくちゃいけないかなと思ってたんですよね』

つまりお鼻を切開して消毒して、
根治としては抜歯して口の中を縫合するということになります。

ううむ。
やむを得ないかもしれないけれど、
たしかに大手術なイメージですね。

f0257756_11522765.jpg

昨晩のちこにゃんにゃ。やはりおくすり飲んだあとです。

すっかり動きが激しくなったのでぶれぶれですが、
まだちょっとお鼻の腫れはひいていませんが
いろいろしっかりしてきました。よかった。

エリカラついてからすっかり上下運動しなくなったので
(ベッドに来なくなりました。しょぼん)
しょぼんだけれど、無理してバランス崩す方が怖いし、
それはそれで安全なのですが、
足腰が弱ってないかを心配しています。

いまはすやすやバスマットの上。
安心安定のちこにゃんさん。




[PR]

# by chico_book | 2018-08-12 12:48 | ねこ | Comments(2)

三か月ぶり二回目

わたし自身はカレンダー通りの出勤なのですが
なんとなくおやすみっぽくふわふわしているような。
週刊誌が特大号だったり、
お昼を食べるところがお休みだったり、
街中にトランク転がすゴカゾクヅレさんがたくさんいたりとか
なんとなく(朝の)乗り物が空いていたりとか。

リアルタイムではなく、聞き逃しおっかけで
春樹さんのレディオ(!)を聴く。
そうかあこんな声なんだ。
想像していたより(というか想像したこともなかったけれど)
ずっと正統派のよくとおる声で、
ゆっくりはっきりしたしゃべりかた。
艶と奥行きのある、心地よい響き。
すこしびっくりしました。すこしだけね。

そしてちょっとこだわりのこたえかたは
ああ、わたしこのひとのことよく知っているわあ、
昔から、と思ってしまったり。。
「うん」ってかわいらしいなあ。
坂本美雨さんのしゃべり方の透明度の高さは
いつものこと。

さて、
もうずいぶん前になってしまいましたが
日曜日にちこにゃんの病院に行ってきました。
その帰りの話。

いつもの乗り場にはなかなかタクシーが来ません。
最近工事中でもあり、
以前よりつかまりにくくなったんですよね。
困る困る。
待っている間に、暑さに参ってしまいそう。
(私もおそらくちこも)
タクシーのために、わざわざバスで移動という
ちょっと本末転倒気味、
それでもようやくなんとかつかまえました。
(坂の多い街ヨコハマでは必要悪かとあきらめ気味)

涼しい車内にほっとして、メールのチェックなどしておりましたら
タクシーの運転手さんが話しかけてくれました。

「ねこちゃんですか?」

ええ、あ、はい。

「暑い中大変ですね。ねこちゃんも」

そうですね。
キャリーのなかもアツアツになっていそうで心配で。

「そうですよね。うちはねえ、犬を飼ってたんですけれど
暑い季節は散歩が心配で大変で」

うわ、わかります。アスファルトあっつあつですからね。

「雑種で、正確な種類はわからないんですけれど、
大型犬の血がはいってるみたいで、心臓が悪くなって」

大型犬は心臓に負担がかかりやすいという話、
私も聞いたことがあります。

「息子がね、まだ小学生の時に友達のうちで
生まれた3匹のうちのいっぴきで、結局一番長生きしたらしいんですよね」

そうなんですね。じゃあずいぶんちっちゃい、子犬のころから。

「犬っていうのは偉いもんでね、
 家族が喧嘩したり落ち込んでたりしたら
 間にはいって顔を押しつけてなぐさめてくれたり、
 好きなおもちゃを持ってきてくれたりね。
 あんなにやさしいいきものだって知らなかったね」

うん。そうですね。うん。
私もちこに日々それを思います。ねこだけど。

「さいごの何ヶ月かは、もう寝たきりみたいになって
 いつものかごの中からよたよたなんとか動いたり、
 しっぽふるのもたよりないかんじだったんだけどね。
 それがまたいとしくてねえ」
 
うんうん。

「結局ね、息子が部活の合宿に行くんだけどちょっときびしいって
 かんじだったんだけど、すごくがんばってがんばって。
 息子が帰ってきたら無理矢理立ちあがろうとして、
 それでも立ちあがれなくて、それを息子が抱き上げて、
 なんとか肩にあごを乗せるようにして」

ううっ。なにこれ。まずい展開ではないですか??

「よしよしってなでて、膝の上に置きなおして、
 かみさんが息子にお茶持ってきて、飯にしようか、
 とかなんとか言って、気がついたらもう」

うわあああ!!! 

「でもすごく幸せそうだったんだよね。
 ああ犬ってこんなふうに全うするんだなあって
 すごく尊敬したね」

こうしてみるとずいぶんできすぎた話のようにも思えるし
もしかしたら運転手さんの(ペット連れ客への)
定番持ちネタかもしれないけれど

もうそれでもいい…!!

感極まってくわんくわんで暑さでふらふらで
ちこのことでいっぱいいっぱいで
大混乱のままタクシーを降りたのですが、スマホを車内に忘れました………!!
(そして領収書片手に電話してサクッと確保←ばか)

いやもうなにやってんだか。自分が信じられないです。
悲しいことに私の人生において
そんなに珍しいことではありませんが→直近のお話。
ほぼ三ケ月前。
そしてまた、このちこのぴかぴかふっくらぶりに半泣きになるのですが。

f0257756_02332400.jpg

エリカラの効果も相まってか
なんだか不思議な写真になった本日のちこにゃんにゃ。
かさぶたがまだまだくっついていますが、
膿も減ったきたし、腫れも引いてきたように思います。
勘違いじゃないといいなあ。
少し前までは、膿の黄色い袋が見えていたので、
それがないだけでも。

この時は投薬直後、ごほうびちゅーるでゴキゲンなちこ。
べろこんなに長く出てる瞬間が撮れてるとはびっくりよ。

次はまた日曜日に行く予定。
早くお鼻のかさぶたとれて、ぱげが治るといいなあ。
強欲かしらね。
いまの状態でも十二分にかわいく愛しいですよ。
すっかり慣れたようだけど、やはり早くエリカラ外したいもんね。
昨晩自主的に外してしまい、思いっきり顔を洗って
くしゅんくしゅん激しく言いだしたところで、
わたしが発見、確保そして再装着、という流れがあったり。
こんなことのすべてが輝く思い出になるのねきっと。
運転手さんありがとう。




[PR]

# by chico_book | 2018-08-10 02:35 | ねこ | Comments(2)

慣れと親密さ、深まってゆく愛おしさ(果てしない)


変更したおくすりが小さくなったためか
おたがいに少しは慣れたためか
おくすり飲むこと飲ませることが
ずいぶんスムーズにできるようになりました。

入院中もお鼻が腫れて
一回膿が出てしまったこともあり、
4種類ためした抗生物質ですが
いまひとつ効いていない様子。

先生が、あらためてちこにゃんの膿を採取して
「どの抗生物質が効くのか」
を再検査してくださることになりました。
いちどは調査済なのですが、
そのときは『どれも効果あり』という結果だったので、
今回は改めて、
検査機関・検査種類を変更
しての依頼ということに。

前回のこともあるので
(検査が結果として有効でなかったということ)
検査代(17000円!! ひいい)は病院持ちということです。ありがたや。

現在その結果待ち。
とにかく化膿が止まらなくては膿が出続けるわけです。
お鼻の膿が鼻涙管から出てくるので
お顔の右側が
ちょっとかわいそうなことになっています。
左側は何ともないのが支えでもあり、励みでもあり。
一時期は左側も、お目目に力がなかったもの。

抗菌性のある眼軟膏を処方していただく。
お目目に塗る、というよりは、
こぼれる膿や涙がかさぶたになるのを
防いだり、取りやすくする為のものだそう。

やわらかい高級ティッシュ(ご指定!)をしめらせて
ふやかして、かさぶたや汚れを取るのですが
エリカラ装着中でもあり、なかなか大変ではあります。

エリカラ本体も結構汚れるので
外してきれいにしようとすると、
すかさずお顔をかきまくって
かさぶたをはがしてしまうことを
先生に相談したところ、
病院で余分のエリカラを一枚
おまけしていただけることになりました。
重ねて、ほんとうにいつも感謝。





投薬の参考そして励みにさせていただいている動画。
モアレさんかわいいおりこうさん。
ちこにゃんにゃはもっと激しく暴れますが。

自分で毛づくろい出来ないので、
いつもよりブラッシングは熱心にして、
室内の障害物排除も、いつもより低めの視線で丁寧に。
ひっかかったりしないようにね。
そんな日曜日でした。

幸い、カリカリ食べたり、お水飲んだりは問題なさそう。
(容器を箱の上にのせるなど、高さの調整はしました)
暑い中ちこにゃんにゃ、ほんとによく頑張って
そしてのんびり過ごせています。

先生に、おうちに帰ってすぐに
トイレに行ったお話をしましたら

『そうですか。やっぱり緊張してたんですね。
よく寝ていたし、
目があうとお返事していたので
リラックスしていたように見えたんですけど』

その基準も、そんなちこも、すべてがいとおしい。
お留守番の時間が長くて申し訳ないけれど
なんとか一緒にのりきりましょう。日曜深夜の誓い。


[PR]

# by chico_book | 2018-08-06 01:40 | ねこ | Comments(4)

夏野菜ヒートアップとクールダウンのちこにゃんにゃ


ちょっとムキになりすぎたきらいがあるかも。
トランクの半分を野菜で埋めて戻ってきました。


f0257756_00014484.jpg

どっさりぴっかぴか。


f0257756_00025685.jpg

玉子までもってきているあたり業者感があるような。
いいすぎかな。
ちなみに「しいたけ」ではなく
「森のきのこ」として販売されていました。
メルヘン??  
あるいは本当に『しいたけによく似たほかのきのこ』
なのでしょうか。

f0257756_00023444.jpg


プチトマトとブルーベリーはなんと自家製朝摘み。
実家の畑で、
『食べ方がわからない』
という扱いを受けているかわいそうなブルーベリー。
つやっつやピッカピカで
こんなにおいしそうでおいしいのに。。


f0257756_00022268.jpg

プチトマトは盛大に消費されていますが
まったく追いつかないとのこと。
半分に切ってセミドライトマトにするのをオススメして
ついでに試作してトマトソースを作って紹介してみましたが
「めんどくさい」
とのことで、いやまあ、そうかもね。はい。
マリネを紹介した方がよかったかもですが、
日もちはするけれど一回の消費量は
フレッシュと変わらないかも。
いずれにしても高齢者なので、見慣れないものは食べないようです。
うーんまあそういうものかも。


f0257756_00092687.jpg

滞在先では毎日ガスパチョを作っていました。
なにしろ新鮮野菜が格安なので。
格安を超えて、
自家製だったり物々交換だったりで、とにかく闇雲にどっさり。

キンキンに冷やして、朝一にいただくと、
夜間飛行の明け方に配られる
フレッシュジュースを思い出す味わい。
すとんとまっすぐに胃に届く味わい。
アイオープナーとはよく言ったもの。
ああ、また海外行きたいなあ。
でもちこが落ちつくまでは、
いろいろと現実的ではありませんが。
(もちろんちこ以外の要素も)

新鮮さを、どうおいしくいただくか。
わくわくしています。
でも時間勝負でもあるのでちょっと緊張気味。


かわいいかわいいねこが、
透明な後光とともに戻ってきました。

入院から帰宅すると、しばらく拗ねる子が多いそうです(笑)

f0257756_00043886.jpg


入院先ではカリカリを全く食べず(!!)

おいしいウェットだけ食べていた

そうです!! ちこ! ちこってば!!

実は食が細くて『強制給餌』もしていただいたとのこと。
感謝しかない。
シリンジで、横からよいしょよいしょ、注入することです。
個人的には、モルモットに野菜ジュースを飲ませた思い出があり。
最初はいやいや、って首を振るけれど
途中で

はっ
なにこれおいしい……

と、ごくごく飲みはじめる瞬間がかわいくてかわいくて。
(毎回やる)
そんななつかしさにホロリ。

「ちゅーるはあっという間に食べますね」

いやほんとにそうなんです。
ちゅーる怖ろしい。


好きなものだけよく食べる、
なんて私に似てしまっているのちこ……。
(小学生時代、給食が食べきれずに昼休み居残りが多かった)
(食が細いというより、嫌いなものは断固として食べたくなかった)
(そして『そんなの当たり前』だと思っていたので、
 周りのみんなは『食べたくないものがないのだろう』としか思っていなかった)

ちっちは一日1~2回、
でも固形のほうは、一回だけだったそうです。
あらら。
7日で一回って少ないような。
「おうちに帰ったら大丈夫だと思います」

はたして、帰宅後5分で言葉どおりになりました。
安心安心。すごいね、そういうものなのね。

ちこの様子、一貫して落ちついていたとのこと。

鳴いたりしませんでしたか? と聞くと、

『目があうとよく鳴いていましたよ』

とのこと。あららかわいいおしゃべりにゃん。

やはりかなり自分でさわってしまうので、
エリザベスカラーでしばらく様子見。

入院中に、ある程度慣れてくれたようなので
正直助かっています。

f0257756_00045646.jpg

『にゃんとも清潔トイレ』を使用しているのですが
カラーがひっかかってトイレの出入りに
支障が生じているようなので
外側の覆いを外したところ、問題なく使えている様子。

長くなりそうなので、
ちこの現状についてはまたあらためて。

いまからおくすりタイムそしてアフターちゅーるです。
がんばろうね。

f0257756_00162286.jpg


どうやらこぼれ種らしい。ヘブンリーブルーであってるのかな。







[PR]

# by chico_book | 2018-08-03 00:17 | ねこ | Comments(4)