たんけんぼくの部屋(4日限定)

f0257756_3214428.jpg


私が大好きなホテルの設備。
タオルかけなんですが、このパイプの中に温水がとおっていて
タオルがいつでもホカホカふかふかさっぱりしてるんです…♪
思い出しただけでうれしくなる。どうして日本では普及しないんだろ。
パイプにうっかりさわってやけど、とかが怖いのかな。
温泉地在住の親戚の自宅に、オンドルがあったのです。
※オンドル・・・
この場合は、日本の温泉地などで床下に地熱や温水を通して暖房設備として使用する設備のこと。
微調整がきかないのと、硫黄分がだんだん管の中に付着してくるとかで
メンテナンスが結構大変、と言うお話でしたが、
アイスランドではそんな心配きいたことない、とフロントのおじさん談。
もっとも私の英語力には、はなはだしい問題もあるので、
うまく伝わらなかったのかもしれない。
親戚の話自体、70年代のことだし、子供のころ聞いた話なので、いろいろと誤解があるのかもしれません。

そう、アイスランドでは温泉のお湯が直接蛇口につながってるのです!!
と言うわけで洗面室にあった説明がこちら。
f0257756_330941.jpg

ジオサーマルウェーター!! なんかかっこいい!(馬鹿)
確かにちょっと硫黄っぽいにおいがしたよ!
お水だって天然水! おずおずと飲んでみると、おいしいお水でした。
確かにあまくてちょっとざらっとしたかんじ。

f0257756_3331148.jpg

しかしこのシャワーヘッドが高すぎて手が届かず、苦労するハメに。
※もちろんスライドする仕組みですが、おろせなかった。
おまけにお掃除の人がいちいちこの高さに戻すのでした。
そう、こんなに温泉大国なのに、ホテルのお部屋にバスタブがなかったんですわ…。

f0257756_3394091.jpg

全然届く訳ない、の、その2。
トランクが一部写っていますので、目安になりますかしら。
ていうか誰が使うの、この位置のセーフティボックス。
ちなみに私は、トランクをセーフティボックスにして、
チェーンロックで部屋の中の何かに固定する派ですので元々備え付けのこれは使わないのですが。
↑ これを固定するのに、暖房用の温水パイプが『ヴェリィ・グッド』(庄野潤三風)なわけです。

ちなみにトイレのボタンがこれ。なんかかわいい。
なんて書いてあるかはわからないけど(flowってこと?)、
何を意味してるのかはすぐわかる。
f0257756_3465385.jpg


ココまでお部屋を探検して、ばたんっと倒れました。
f0257756_3493760.jpg

お外はこんなかんじ、順調に、夜明けから朝へ移行中。
※重くてアップできなかったので、これだけサイズ変えてみました。

ちなみにほてるはこちら

口コミでは、
とにかく『シンプルでリーズナブル』と評価されまくってます。うん、まあ、グッドイナフ。
簡素ではあるけれど、必要充分。
[PR]

by chico_book | 2013-05-19 04:02 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード