そとで見かけるねこたちの話

最寄のJR駅に行く途中の駐車場には、いつも黒白にゃんがいます。
とてもよく似てるので、おそらくは血縁関係あり。しかも複数。最低でも3匹はいる。
一番多いときは、6匹みかけました。
職場帰りにみることがほとんどなので、カメラを持っておらず、写真はないのですが。

小さな川のそばでもあり、台風が近づいたり、雨が多いと心配なのですが、
職場のねこストーク仲間によるねこネットワークで、
どうやらとなりのおうちの飼い猫である(らしい)ことが判明。
こういうとき地元のかたのPTAネットワーク情報はすごいですねぇ。
ココロからほっ。これから寒くなることだし。
そういえば、ねこ密集地帯を淡々と横切っていくスーツ姿の男性を見かけたことがあります。
ねこもその方も、お互い全く動じなかったのは、きっと家族ならではの
『馴染んだ感』なんでしょうね。よかった。本当によかった。

夏場の、日暮れの遅い季節、暗くなる前に帰れる日は、駐車場の柵越しに
アイコンタクトを楽しんでいた私だけど、
にゃんの皆さんは私の背後に飛び交う「こうもり」に夢中。
夏の夕暮れの空を舞うこうもり。
サイズといい動きといい、ねこちゃん的には見逃せないんでしょうね。
もちろん、すごく上空を飛んでいたのでハンティングは無理だろうけど。
それでも視線ロックオン、耳のアンテナぱりっぱりなさまは忘れられない。

自宅から私鉄の駅方面に向かう道も、実は実はねこ多発地帯。
ここのにゃんずの特徴は、やたらとふっさふさの立派なしっぽを持っていること。
そしてあまりさわらせてくれません。
でも外ねこと思えないほど、いつ見てもみっちみちのぷりっぷり。
黒い子なんか、黒光りと言う言葉が似合うほどのびかびかなので、
どこかに保護者がいるものと思います。希望的すぎるかもしれないけど。
ちこも、前の飼い主さんのときはお散歩ねこだったしね。
そう思うと、ちこをいま完全室内ねこに生活いにしていることへの、
いろいろな思いもわいてこないわけではないのですが。
でもこの件については、一定の結論に達してるので、迷いはない。

こわいニュースやさみしく不安になるような、外ねこちゃんにまつわる話も多いなか、
ほんとはそんなふうに、お外でも家の中でも自由にのんびりできるのがいちばんだと思う。

でも『裏の畑でモグラとってきたのよ!』と言う、
友人宅のにゃんのエピソードにはちょっと腰が抜けましたが。
これに対応できる自信は、あんまりないなあ。

写真は金物屋の看板ねこさん。最近よく行く映画館のそばのお店です。
チャシロくん、みっちりすやすや寝ています。売り物のフライパンの中。
※携帯でとったので画質がよくないです※
f0257756_2345397.jpg


コメントもやさしくてじんわり。
f0257756_23471164.jpg

私も、シャッター音を心配しながら撮らせていただきました。

こちらは2年前,JR小金井駅でみかけた手書きのポスター。いまもあるかどうかは不明。
たぶん、ねこ・・・・・??? おそらくチャシロくん、、、だよね?
f0257756_2350291.jpg


りりしいまゆげと、まつげがシュールすぎてなんともいえず。
f0257756_23513640.jpg

なんか深遠な瞑想に耽ってるようも見えます。
[PR]

by chico_book | 2013-10-20 23:54 | ねこ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード