エアポケットをつないで息継ぎするような

断続的にうとうとし続けた週末。
本を読みながらベッドで寝落ち。寄り添うねこのふわふわ。
ああ、たっぷり眠ったね、もう大丈夫、と
起きだすことを数回繰り返す。いつまでもとれない眠気。
途中で腹をくくる。この二日間は完全オフ。いやもともとオフなんですが。
つまり、池袋でのLala展をあきらめたということです。
でも吉野さんの原画展はなんとかしたいなぁ。
あと、『シン・ゴジラ』には行ってしまうかもしれない。
ゴジラ一作も劇場で観たことないのですが。

できる範囲でこなす日常の雑務。
図書館、買い出し、
そのおまけとしてさらりとした素敵珈琲豆屋さんに行く。
これがこの週末いちばんの非日常。

ほんとになにもない地味な駅から徒歩3分。
適度にくたびれたふとんやさんとか、
さびれたおもちゃ屋さんの間を縫って。

ずっと紅茶好きでしたが、珈琲に開眼したのはここ数年。
カルディやジュピターからはじめて、すこしずつすこしずつ仲良くなっています。

とは言え、まるで素人なので素直に相談。

酸味やや強め、苦みもほどほど、ただし酸味がやや勝つくらいのバランスで。
どれがいいですか。

こういうの素直に聞けるようになったのも、ここ数年のこと。
加齢のありがたい側面だと思う。

『グァテマラ ラ・クプラ ブルボン』をおすすめされる。
じゃあそれで。200gをペーパードリップ用にひいていただく。
7/30焙煎したて、フレッシュでありがたい。
これはモクモク膨らみますな! わたしも期待でモクモクします!!

18時で閉店なので、休日以外はなかなか来ることができないお店。
シンプルで感じのいいお店。たまの贅沢という側面もあり。。

実家に帰っている間は、こういう嗜好品については勝手が違う。
わずか一泊だったのに、ガツン! とした紅茶あるいは
コーヒーが飲めなくて、かすかにいらいらと言うか、
飲みたくてうずうずしている自分に気づいて驚く。

実家にいることで起きる摩擦やもどかしさ、
ちこにあえないことなど、いろいろな要素はあるでしょうが。

気晴らしも兼ねて、徒歩5分ほどのセブンイレブンへ。
セブンカフェありがたや。
つくづく、カフェインって依存性があるのだなあ。

f0257756_2334410.jpg


これは井の頭公園で購入。青と白のパッケージにはどうにも弱い。

妊娠・授乳中の知人が
「ああー早くデカフェじゃないやつ飲みたい!!
しっかりコーヒー飲まないと午後はじめらんない!」
と、言っていたのを思い出す。
そのころの私は、コーヒーになじんでいなくて、
しっかり香りたつ台湾烏龍茶とか、
わざとミルク少なめにした濃いめのアッサムミルクティーを
イメージしながら聞いていましたっけ。
いまならわかるわ。しゃきっとするよねコーヒー。

f0257756_2101584.jpg


エイリアンズ、を口ずさみながら道路沿いを、
ひとがあまり歩いていない田舎道をとぼとぼと歩く。
軽トラがわたしをぼんぼん追い越してゆく。

f0257756_295961.jpg


あまやかなしろいおなか。
あまりにもたくさんのことを赦してくれてわたしは不安になる。
ああ、ちこにあいたいなあと思いながら。



ティーンエイジのころと変わらない、不安とか居心地の悪さとか、
居場所のなさをかみしめながら歩く。あてどなく歩く。
夜は外出が許されないので(笑)、お昼間のお散歩だけれども。
仮面のようなスポーツカーも、ほぼ通らないけれど。



私はちゃんとちこを見つめているかな。
ほかのなにかに惑わされて、ちこを見失ってはいないかな。

f0257756_215452.jpg


なにかにせっつかれて与えるより多く奪ってはいないかしら?
いつも不安になるほどに、ちこからたくさんのものを与えられている。

どこかで一度語りたいのですが、
もう毎週毎週
『真田丸』
がすごすぎてすごすぎて日曜の夜はかなり、ぬけがらです。
いまも心のどこかが呆然としています。
回復する前に毎週毎週日曜日が来てしまう幸福。

こんなふうに、ひとはひととかかわってゆくのだ
それは幸も不幸もなく、ただひたすらに進んでゆく道に過ぎないのだ
運命とか、岐路とか、そういうことはあとから思うことで
その時点ではただわからずに、進むしかないのだ
誰の人生も、その積み重ねであるということは同じなのだ

あらゆる登場人物に奥行きを持たせて物語を織りなしてゆく、
すごい作品です。傑作と言っていいと思う。
それでいて硬軟のバランスの良さ、ほんとに、見ることができてよかった。

老いさらばえてゆく秀吉が、亡くなる直前の父親に
よく似ていて、すこしうろたえる。

そして全く肉体は元気ではあるのですが、
私の名前も思い出も、素で堂々と間違える
(そしてそのことに気づかない)母を連想する。

それでも緩やかで残酷な落日を丁寧に、優しさをもって描く、
本当に素晴らしい作品です。

元気を出そうと、『重版出来!!』の最終回の三蔵山先生を見て、
やっぱり辛くなったけれど、元気は少し出たかもしれない。

わたしは、わたしを諦めない。

ありがとう三蔵山先生。でも「秀吉じゃ」には泣いちゃう。
いまこうして思い出しても泣いちゃう。

それでもそもそも、そのこと自体がなによりもありがたく、たのしいことです。
これでまた一週間生きてゆける。

f0257756_2535589.jpg


ちょっといろんなタイミングが重なって、うちに集結した夏野菜たち。
毎日ガスパチョ祭りの幸せ。

f0257756_254019.jpg


いただきもの。小ぶりの桃。
桃は小ぶりのものの方が好きなのかもしれないと、気づきました。
見た目、味、香り、手ざわり、食べごろの見極めのむつかしさも含めて
やはりいろいろと完璧。わたしにとってのパーフェクトフルーツ。
最愛で偏愛の果実。

f0257756_2591050.jpg


言うまでもなく最愛。
[PR]

by chico_book | 2016-08-01 03:02 | 日々 | Comments(2)

Commented by にゃおにゃん at 2016-08-01 23:28 x
休日はたっぷり寝て!眠れるのは疲れている証拠。私なんてここ一か月弱、目覚ましなく午前中うとうと昼ご飯作らなきゃと起き出す始末(^_^;)
ちこちゃんはね、毎日一緒にいられて幸せですよ、間違いなく。私は実家の家族が可愛がるからとさくらを置き去りにして8年、罪滅ぼしできないです。今は近いけど、またいなくなるでしょ?って猫って賢いから泣けちゃう。
夏は暑さを取るのに珈琲は良いですよ、熱い国の飲み物だもの。私はマンデリン、グァテマラが好き。でも薬との兼ね合いで、たまのご馳走にしてます。夜ベッドにまで持ち込んでいたほど好きだったのに。
実家やホテル泊もお気に入りのティーバッグは持ち込みます、かさばらない個装のやつ。
暑い日が続きますね!YouTubeと図書館本に助けられる日々です。
夏野菜も煮込んでラタティユにして残ったらせっせとフリージング中。
どうかご自愛くださいませ。
Commented by chico_book at 2016-08-04 02:52
にゃおにゃんさまー
コメントありがとうございます

なんかもうね、眠っても眠っても眠たいというか
(ちなみにいまは、帰宅後にいったん寝て起きだしたパターン)
やはりまとめてどん! と、リセットが必要かしらね、
なんて思いつつも、学生時代に
『夏休みの間なんにもしない』
をガッツリやっても足りてる感じはしなかったので
(まだまだ休めるぞわたし、というかんじで
まったく退屈しませんでした。
お金はなくなっちゃったけど)
怖い怖い>自分。

さくらちゃん、きっと理解してくれていますよ。
ほんとにかしこい生き物ですもの。
わたしも、ちことは毎日一緒にいるけれど、
出がけに引き留められたり、いまも一緒に寝ようよ、
と言うお誘いをあとまわしにしたり、
(ほんじつは、そのご提案を優先してひと眠りした後なのです。
二回目のお誘いをしてくれる優しさありがたさ)
いつかこのねこを思い出して
きっと泣いてしまいそうだわ、
とも思いますが、
いやいや、仕事には行かなくちゃだし、
仕事以外でもお出かけはしなくちゃだし、
(趣味だけど)趣味のブログはやりたいし、
うむむ、うむむ、でもやっぱり泣けちゃいますね。
ねこのふんぎり割り切りのよさ。

私はコーヒーにはほんとに馴染んでなくて、
古い友人はいまでも
「このへんお茶するのにスタバしかないけれど、
どうする?(コーヒー飲めないよね)」
と言ってくれるほどです。
ありがたいやら申し訳ないやら。
(なにしろ、お外で飲むお茶のおいしくなさ
物足りなさから珈琲を飲むようになったので)

自分でもいままで自覚なかったけれど
結構がっつりカフェイン中毒かもしれない、
と思いました。
お茶酔いの加減はわかっているのですが、
コーヒーはまた勝手が違いました。
でも自覚できてよかったかな。

そしてお茶馴染みの人間なので、
ついつい最後の一滴までドリップしてしまいがち(笑)

ラタトゥイユいいですねえ。
冷え冷えにしたのを、パンと一緒にいただくもよし、
玄米雑穀系のぽろぽろごはんでいただくもよし。
まさに夏の滋養食。

にゃおにゃんさまも、ごゆるりとー。
養生しながらいっしょにひっそり夏をしのぎましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード