嵐の後のねこと街と街のねこ


※間違えて(ほぼ)おなじ記事を2件あげてしまいましたが
 「いいね」いただいたので(ありがとうございます。感謝)
 消さずに、このままにしておきます。

力のない毛根からちこにゃんいそいそお召し替え中です。
寒くなっちゃわないか心配。

すこし撫でただけでも、これくらいは採れるのです。

f0257756_23564139.jpg


きゅきゅっと丸めてみました。2日分。ピンポン玉っぽい。


f0257756_06472802.jpg

むかし函館を旅行したとき、公園で
「犬の毛の手入れをしないでください」
という看板を見かけた記憶があります。

見慣れてるかたには
たいした量ではないかもしれませんけれど、
さらっと撫でただけでもこの量。きりがないのです。
収穫祭。

すこしずつ治ってきているちこにゃんにゃ。

f0257756_23574452.jpg
お鼻の傷はこんなかんじで、ずうっと残るのかもしれません。
でもそれはそれでなんというかいとおしい。
鼻水もお鼻の腫れもきれいになりました。

すこしぼけぼけですが、台風のなかおっとりとしたちこにゃん。
変わらない威風堂々ぶり大好き。いやいやなんでも大好きです。


f0257756_23583095.jpg


安心しておちついて過ごすことができて
よかったよかった。

そしてここ半月ほど、わたしのこころのすみっこを
占めているのがこちらのかた。
(ちょっと暗いのですが、夜の野外にフラッシュなしでの
撮影ですのでお許しください)

f0257756_00012020.jpg

近所で見かけるしましまちゃん。
ふっくらしているし、なんとも懐こいのです。
なにより表情がやさしい。
ただ、治りかけのちこにゃんへの影響が心配で、
触れることも出来ず。


f0257756_00015021.jpg


お耳がちょっと赤味強めだったのが心配です。
2回ほど見かけて、そのあと姿を見なくなりました。
えさやりさんがいる
コミュニティねこさんのようなのですが、
(その方にはにゃんにゃんあまあまで、
 じゃれついていっていてもうもう(悶絶))
タイフーンだいじょうぶだったのでしょうか。





私にとって
お姉さんに憧れる時代の、お姉さんの象徴。
つまりアイコンということでしょうか、




つまりはサードガールの美也さんなわけです。
まりをちゃんな訳です。
最近やや20世紀にたいしてセンチメントな季節。


今朝の路上。

f0257756_00202219.jpg

木の枝と銀杏と、まだ若いどんぐりがみっしりと
落ちていました。

f0257756_00205211.jpg

痛々しいような、毎年のことのような。
まさに野分と言いたくなる、
言うしかなくなる光景。



[PR]

by chico_book | 2018-10-02 00:36 | ねこ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード