人気ブログランキング |

カテゴリ:フィギュアスケート( 57 )

ありのままで生きていけたらいいよね


ずっと脳内を回っている宇多田さんのフレーズ。

すっかり放心して気がつけばもう日曜の夕方。
女子フリーと、男子ショートの
最終グループだけ見直してうつつの中にまだいるような日曜日でした。

さとこさんのフリーとてもよかった。
とてもとてもよかった。
さとこさんがこのプログラムにかける思いが
情熱が、
そのまま具現化した奇跡のような時間でした。

息を詰めて見守る左上、増えてゆく緑色、
オールグリーンオールクリーン!
手首のかえし方ひるがえり方指先の操り方
目線の運び、ひるがえるスカート、
きらめくラインストーン、
ひときわ大きく見える赤い赤い花。

強いつよい視線、その迷いのなさ、
本当に気高くて美しい。
会場全体も、息を詰めて見守るような
全体が揺らぐような演技でした。
すばらしかった。もうおうちでぼろ泣きです。
金メダルには、表彰台にはたとえ届かなくても
まぎれもない勝者がそこにはいました。
さとこチャレンジ見事な成功です。

できていたことを崩して再構成するということに、
ためらいや恐怖があったとしても
自分を信じて信じて信じてやりきる。



別記事で、リンクが見つからないのですが
アルゼンチンタンゴは、
本来そんなに上半身を動かさないのだそうです。
そこでディクソン先生といろいろ苦労したのだとか。

※追記
こちらの記事でした。それにしても麗しいことよ。



ジェーニャのプログラム、後半曲調が変わるところまで
あまり動きがなかったのが気になっていたのですが
そのあたりが関係してるのかも??
ジャンプに気をとられてたのかな、
と思ったのですがどうなのかな。
とりあえずアイスダンスのRD(課題:タンゴロマンチカ)を
じっくり見てみたいと思います(パパシゼだけ見た)

紀平さんは惜しかったけど本当に惜しかったけど
あえて言うと、今年はこの位置でよかったのかもしれない。
もちろん選手は本意ではないだろうし、
大変失礼な言い方なのだけれども

たとえば羽生さんが今回ショートフリーともに
もう完璧にネイサンに負けたことが
ミスあり同士で僅差で勝つとか負けるとかより
きっとずっと良かったことなのと同じように
(ただ羽生さんについてはもうベテランで
 靱帯はじめ諸々まともではないようなので、
 もう本当に無理しないで…いのちを大事に………
 と、びくびくしながら見ています)

それくらい、ロシアトップ2の
「本当にいざというときにこじ開ける力」
というのが別次元でした。
ふたりとも結構あらがあったんだけど
そんなのぜんぶねじ伏せる力。
エテリなの? 
やっぱりエテリメソッドってことなの?
でも基本的に千尋の谷というか
ぶっ壊される人も結構多そうなので
よい方法だとも思いにくいのですがうむむむ。
来シーズン以降のロシアジュニアっこたちも
エテリエテリなので
引き続き興味深く見守ることでしょう。

紀平さんについては、もしかしてこのひとはまだ
「なにをやるのか」
ピンときてないのではないかと
思わなくもなく。
ひとつひとつの技術はもちろんわかるんだけど
トータルの演技として目指すところがややちぐはぐというか、
抽象的すぎるプログラムのせいかもしれませんので
(綺麗は綺麗なだけに惜しいというかもやもやする)
来季以降に期待。

いちファンとしては個性のクリアな選手が好きなのです。
理華ちゃんとか新葉ちゃんとかね!

そんなふうにぼんやり思っていたらこんな記事を見つけました。



ちょっとタイトルが煽り気味というか
濱田コーチわりあいはっきり言うタイプのようなので
実際タイトルとおりの記事なんですが
そこまで怖くないです。いや怖いんだけど。

濱田先生さとこさんのことを
『コーチから見て涙が出るほどの努力家で尊敬できる生徒』
と、言うてましたが
さとこさんの密着映像を見ていたら
『転ぶ練習しに来てるんと違うやろ! 
 そんなんじゃどこもいけへんなんにもできへんよ!!』
(京都弁うろおぼえ)
と言うような感じで、かなりきつい口調だったので
ああそうなんや・・・・・そういうかんじなんや・・・・・・・
と、正直驚きましたが
まあそういうものなのかも、とも思ったんですよね。

なのでまあ、わりと素直な感想なんでしょうけど
実際シニア一年目でさくさく結果が出てたから
問題意識もそこまでもたずにとんとん来ちゃったんだろうし
そういう意味でもちょうどよかったんだと思います。
しかしルーキーイヤーとしては
たいへん目覚ましいシーズンだったことは間違いなし。

コメント欄が
『そこを言うこと聞かせてコントロールするのがコーチの仕事なのに!』
『選手の悪口をメディアに言うなんて!』
みたいな意見でてんこもりなんですが
フィギュアのコーチってちょっとそういうかんじではない気もします。
決めるのは選手自身で、そこに導いたり助けたりもするけれど、
頭ごなしにどうこう、ということはないような印象があります。
(お国柄やチームにもよるでしょうが)
あくまで傾向のお話。
技術だけでなく芸術、表現に深くかかわるからかなあ、と
憶測しているのですが。
(紀平さんについては比較的早い時期に
 海外拠点になるのでは、と
 友人と予測してるのですが
 でもどこに、というのも特にないんですよね……
 そのうち表現面を磨く必要が出てくるだろうけど)


しかし今回のヒロインはさかもっちゃんです。断言。
パトリックやん!!
この豪快でスピードに乗ってぎゅいんぎゅいんいくのに
アンダーコントロールなかんじ、
MotoGPのモンスターマシンをぶん回すあの感じ、
その上にやわらかさが載ってるんですよ、最強か!

陰影のくっきりした明るいあかるい月の光のようです。
くりかえしくりかえし
映画『ピアノレッスン』の、ニュージーランドの
浜辺に打ち寄せる激しい波と、
放りだされたピアノの残像が
おなじようにリフレインするのです。
すばらしい名プロだった。おめでとう。

前回書いたように、宮原さんのように
洗練と情緒に対する技術の方向性が
ウェルバランスな選手が
日本人で出てくるなんて、という思いと同様に

まさかパトリック方面の選手が日本人で出てくるなんて、
しかも女子選手で! と、感無量です。ほんとうに。
さかもっちゃんのやわらかさと力強さを併せ持った個性と、
宮原さんの精緻と洗練の、気品あふれるエレガントさが、
同時代にいるなんてとても素晴らしいことです。
もう泣きそう、ていうか泣いています。

男子はもう、ネイサンかっこよすぎてかっこよすぎて
ショートからずっと笑ってました
羽生さん最初から結構余裕でしたよねいろいろ。
なので、ああもうこれは余生というか余技というか
そういう位置づけなのね
それほど足首よくないのね、しょうがないことだわ、
(だから最後の花魅せ興業的な自国開催なのね、と)
と、思っていましたが
そうではあるけどそうでもなかったというか、
あっという間におしりに火がついちゃってましたね。

そういうすべてを含めて羽生さんなんでしょうけど
一貫して余裕をもってネイサンがきっちり
勝利したというのもまた、うつくしい流れ。

コリャダくんとかリッツォさんとか、
うつくしいものもたくさん観ることができました。
ジェイソンのショートはやはり圧巻だったし、
ミハルの楽しさは最高だった。

ああ、やはり今回もとてもいい大会でした。
いいシーズンでした。
国別もあると言えばありますが、
とりあえず本当にありがとうありがとうと、
いちファンとしていま言っておきたい。




by chico_book | 2019-03-24 19:47 | フィギュアスケート | Comments(0)

まごうことなきマスターピース

宮原さんがステップでレベル4がとれて本当によかった。

何故か今シーズンはレベル3どまりの評価が続いていて
わたし程度ではその理由が全然わからなくて
あんなに綺麗で速くていろんな事やってるのに・・・・

たいへん悔しかったのですが

やはりスパイラルからランジ
(でいいのかな、あの、ずさーってやつ)に
変えたのがよかったのでしょうか。

最初に見た時は
ああああの情感がぐううっと高まる
スパイラルじゃないのか!!!
そこからのツイズル大好きなのに!

驚愕しましたが
『蝶々夫人』でもおなじみの
完璧なスパイラルでは、さとこさんの評価としては
もう鉄板すぎるので
新鮮味を反映した方がいいということなのかな。
ステップの終わりがわかりにくいというのが
変更理由のひとつではあったようですが。

とにかくそこで高く高く圧のあがった
情感を全身で受け止めたまま
運命をすべて受け入れた
気高さそのままでピンスポずばああ!!
というかんじで
そのあとそれを
まとめあげるような練りあげるようなツイズルから
完璧な天にのぼるようなスピンで
エンディングですようーんうーん
結局もう大好きで大好きになりました。シアワセやんわたし。

でも確かにちょっと硬かったですね。惜しかった。
ほんの少しずつ少しずつ惜しかった。
最初のジャンプ私はよくわからなかったのですが
荒川さんの声音で
ああ…あかんジャンプなんやコレ………
と思いました。
むしろそのあとのスピンがいつもより
スピードがなかったので色を失ったという。
あとなによりなんだか細くなっていたようにも思います。
さとこさんすぐやせちゃうので
体重維持が大変なのだそうですが
最初からちょっと心配ではありました。

なにしろばあやなので
身びいきがないとはけっして言いませんが

本当に誰よりも優雅で気品があってうつくしかったです。
さとこさんの小雀に捧げる歌。最優秀作品賞。
その魅力がどこから来るのか、つらつらかんがえてみました。
つらつらというよりだらだらかな。

ジョニーとタラさんが
『ジャンプは確かにトップ選手のなかでは難があるが
そんなことは彼女にとって何ひとつ問題ではない。
一音残らず音を表現しつくしている洗練の極み』
というような評価を(意訳)してくださったそうで
もうワタクシ号泣ですよ。

そう!! ほんとにそうなの!!

彼女の描く物語はクリアです。途方もなくクリアなのです。
その理想に向かうひたむきなまなざし
そこに私はずっとずっと心魅かれています。
深夜なので迷うことなく気持ち悪く語りますけども!!

なんてうつくしく戦うたましいなのだろうかと
以前もここで語りましたが
「普通イーグルできるまで10年もかかったらやめますよね」
と濱田コーチが語ったように、器用ではなく、
噂ですがほかにも
「得意なことやできることがたくさんある」
という宮原さん。
あと数日で21歳になるという年齢と
どんどんあがってくる
若くて容赦のないほどの才能を持つ選手たち
もちろんここですぐに思いつくのは
同門でもある紀平さんですが
紀平さんでさえ安泰かどうかわからない
ロシアのクワドジュニアっこたちのこともふくめて
それはもう怖ろしいほどぞろぞろと。
(しかしわたしのロシアジュニアっこ贔屓は
 クワドを飛ばないコストルナやさん)

その中で彼女が、あの小さくてとんでもなく美しい
鍛え上げられた背中でそのすべてを背負っている姿。

世界中にいるさとこさんファンは演技全体を貫く
その丁寧さ繊細さそこに宿る魂の気高い美しさに
ココロ魅かれていると思います。断言。

フィギュアスケートはその競技の性質上、
どうしても演技と技術の両面があり、
その折衝そのものがだいいちの魅力なのですが
これこそがまさに難しい。

技術にこだわれば情感が失われ
表現に傾けば精緻さに欠ける

そのなかでジャンプの精度以外において
ほぼ完成の域に達しているのが
いまの宮原さんではないかと思います。
ばあや断言。

技術的に
「こういうことができるからこういうことをやってみたい」
というのではなく、とくに得意な大技を持たないタイプは
表現重視派が多いと感じます。
そして表現重視の、
いいかえれば要素をこなすのに苦しむこともある
選手を見ていると
「試合ではなくショウの世界に行った方が幸せなのでは」
と思ってしまうこともままあります。
もちろん試合という場における緊張感が好き、
というケースも多いのですが。
ショウの世界で、要素や評価に囚われずに
やりたいことを存分にやりつくした方が
このひとは幸せなのかな、と思ってしまうことが時折。

しかし宮原さんにはそれを一切感じない。
彼女は自分の持てる技術に完璧に感情を乗せて
いいかえれば
「自分のいいたいこと」「やりたいこと」
について
そのための技術だという
明確な割り切りがあるのではないかと思うのです。
そこには一切のエゴがなくて
そのクリアさ明快さ意志の強さ
なんだかそんな諸々いっさいがっさいが
高度に融合した時にああ、なんというか
浄化されてしまうわ。わたしのたましいが。
エゴまみれやけんねえ。
洗練と技術だけでもすごいのに、
そこにしっかり意味が載っているのです。
いやもうそんなん無理やわ。
魅了されずにおられんたい。

表現型の選手だと、感情が先走って
やや技術をなおざりにするところもあります。
それはそれで
「涙は疾走する。悲しみは追いつかない」
的な
魅力があるのですが
宮原さんはそこをきちんとコントロールしている。
そのうえで彼女はまだまだ先を、理想を描いている。

なにしろ今年は
ジャンプ矯正元年
なのです。
きちんとコンスタントに
200点台以上をとっているので忘れてしまいがちかもですが。

今季ワールドの女子トップ選手の中で最年長で
完成された技術を持ちながらそのたゆまぬ努力
月並みな言い方ですがたゆまぬ努力を
これほど体現している選手も
他にはいないのではなかろうか。

ポゴリラヤさんが
「私はフィギュア選手でいまは妻です」
とインタビューで発言していたと、目にしました。
原典に当たっていないので(ロシア語だし)
何かの間違いだといいなあと思うのですが。

若い選手が次から次に出てくるのもすごいことだけれど
すこしサイクルが早すぎる気がする、
それはとてもつらいことです。見ていて。

ときどきわたしは
『北京五輪シーズンの宮原さんに何をやってほしいか」
夢想しています。ファンだからね。

べたすぎるけれど彼女の孤高なオリエンタルな雰囲気は
トゥーランドット
とかどうだろうか、とか
ラストエンペラー、いやいやこれもベタだよね
それでは花様年華とか、
あるいはピアノレッスンはそこまでに一度、
でもチャレンジとしてはもっと毛色の変わったやつ、
ボッサノヴァとかジャズ方面、
エキシでは時々やってるたのしい系プロでもいいよね、
なんてとてもとてもたのしい。
ちぇけらっちょ! とかね。

それこそ集大成のシーズンになるでしょう。
円熟味をました彼女が
克服したクリアなジャンプで完璧な技術との融合を
魅せてくれる
もちろんファンの勝手な夢なので叶わなくてもいいのだけれど
そっとそんな夢を私は観ているのです。
それは夢というより理想で、
私がフィギュアスケートというスポーツに対して抱く
妄想であるけれどひそやかな理想であるのです。

とにかくショートでは
ムービースターさとこさんを堪能できて
とても素晴らしいシーズンでした。

ジャッキーさんだったかな、
フリー公式練習でのさとこさんを見て
「完璧に音楽を体内から奏でている、魂のタンゴ表現」
と言ってくれたとか。うろおぼえではありますが。
もうそれだけでばあや泣いてしまうわ。

今日もがんばって早く帰るよ!!(宣言)
じゃあ早く寝なさいよ! と、
ちこがおしりにくっついていってます。
ごめんよう。


男子はとても楽しく観ることができました。
ネイサンかっこよかった! 
もう圧巻のキレッキレぷりで見ていて笑っちゃった。
ジェイソンの洗練は
本当にひたひたと胸熱くなりましたし、
マッテオくんが素晴らしくて
むちゃくちゃわくわくした。
しょうまさんもどんどん進化しているし
(プロトコルまだ見てないけど何か刺さったんでしょうね気になる)
羽生さんも・・・・
いや羽生さんのそういうところむっちゃ好きです。
ネイサンがいて羽生さんがいる時代で本当によかった。
ネイサンも羽生さんも、ひとり旅でなくて本当によかった。




わたくし若宮詩暢ちゃん激推しなんですが
千早のまっすぐで不器用なアプローチが
どうかしのぶちゃんに届きますように
しのぶちゃんの孤独な魂をわしづかんで
振り向かせることができますように

じりじりしながら読んでいます。

by chico_book | 2019-03-22 01:59 | フィギュアスケート | Comments(0)

ワールドはやはりウェルカムトゥニューワールド

世界選手権を友人とメールしながら観て
(ショートメールでチャット状態。LINEじゃないあたり(笑))
リーナ終わったあとにたまらず電話で総括。

ピョンチャンからGPF、全日本といつもの流れ、
友人と共有できるありがたさ楽しさ。
私はちょっとめそめそしましたけどね。

トゥルシンバエワがぐんぐんよくなってきていたし、
四大陸でもすごかったこと、
四回転にも挑んでいると言う噂を聞いて
期待していました。ほんとうによかった。
オーサーのところにいた時は、
ここまでの安定感はありませんでした。
なにしろ線が細い選手なので、見ていて心配になるようなところも。

それがエテリのところでこんなにウェルバランスになるなんて!
体格的に北米系よりはロシアのほうが
ブラッシュアップに向いているということなのでしょうか。
トゥルシンママがキスクラにいないのはちょっとさみしいけれど
とうとうキスクラにエテリが! エテリ降臨!!
いやいや素晴らしい。
細さ動きの機敏さを完全にアンダーコントロール、
とてもよかったです。
どうしてもテンくんのこともあり、カザフの選手という意味合いでも
応援に気合いが入ってしまいがち。
フリーがとても楽しみです。

ウンス嬢とても柔らかでよかったです。
いままでそこまで注目していなかったのですが(失礼)
昨日のウンスはとても柔らかで重心移動がなめらかで
ジャンプがやさしいうえにクリーンですばらしかった。

ギャビーもマライアも、クリアな演技が続々と
続いてもうこの段階で息も絶え絶え。
さとこさーん!!

しかし坂本さんのパーフェクトな素晴らしさ!
出だしこそ、少し緊張してるかな、と思いましたが
すぐにその緊張がよいかたちに
「やってやる」
というベクトルへ転化されたことがわかりました。

ショートの坂本さんの衣装大好き。団十郎を連想します。
やわらかく動きのあるひるがえりかた。



スピードと流れのあるジャンプ、切れ目のないフローレスな演技、
しかもどのジャンプも本当に『いきなり』飛ぶ…!
そしてジャンプのあとの指先やフリーレッグの優雅なこと。。。
さかもっちゃんが正直こんなにこんなに表現が
向上するとは思っていませんでした。
というか、もっともっと時間がかかると思っていた。
リショーさんとの相性もいいのだろうなあ。
リショーさんにとってのミューズなのでしょう。
なんとお互いにとって幸福なことであろうか。
編み込みがさりげなくはいって
柔らかに跳ねるヘアスタイルもとてもよい。
浅い夜がゆるゆるとほどけてゆく
さわやかな潤いに充ちた
そして暑さを予感する静かな明るさにみちた
夏の朝そのもののようです。いやすばらしい。
ちなみにわたくし友人とのショートメールで
「80いかないとおもうけど77くらいかな」と予想して
お見事! といわれました。えへん。
さかもっちゃんレビューがつかないので
比較的予想しやすいんですよね。あくまで比較的。
(さとこさんは
 「くやしい・・・けど・・・・73くらいかな」
 と予想したあたり(笑)
 PCSの出方がジャンプと連動してるというのにどうも馴染めない
 考え方として納得はするんですけども)

紀平さん今回はいつもより固そうにお見受けしました。
紀平さんについてはまだどういう方向に行くのか
正直まったくわからないので
あくまで静観しております。
なにしろ若くしてジャンプ絶好調で
マスコミの寵児、となり、
その後年、変動の大きい選手をたくさんたくさん見てきたので。
いまはやはり
『わあいこんなこともできるできるできるすごい!』
という部分が先走っているようで
もちろんそれはそれでアスリートとして素晴らしいことなのですが
(いつも言いますが
 そのときしかできない時分の花のみずみずしさ爽快さ晴れやかさ)
表現の面や作品としてとらえた時にどうなるのか、
というのはまだ全くの未知数だと思うのです。
ポテンシャルが高いだけに、
どっちつかずになってしまう可能性もあるわけで。
あと、フリーのフィニッシュポーズで
グラッと傾くのが、すこし気になります。
ふつうにシニア一年目の選手だったら気にならないのですが
紀平さん位置づけはそうでないから。

ロシア勢みんなよかった!
リーザが出られなかったことを残念に残念に思っていたのですが
それを吹っ飛ばしてくれるような演技でした。
にしてもザギトワもジェーニャもどうして
すくすくすくすく
脚だけのびちゃうんだ…
リンクサイドでならんだザギトワさんもうエテリと
そんなに身長変わらないような
(ブレード込みではありますが)

サモドゥロワさんよかった。
いまできることをきちんと着実にこなすかんじ
シーズンの集大成にふさわしい。
この一年の積み重ねを思うと胸が熱くなります。

メドさんのトスカ! 
ミーシャの振り付けだったのね。
メドさんの情感豊かさがよい方向に行っています。
そうなのよね。この表現と技術のバランスは唯一無二。
さとこさんもそうですが、
いちから見直すという大変なチャレンジ中なのですが
いままでのメドさんが持っているものと
融合するととんでもないことになる。
そんな明るい予兆に充ちたショートでした。よかよか。

そしてザギトワさんのキレ味!
ルッツループ!!
切れ味極上ですばらしいのに

編曲がへんすぎてまったく集中できない・・・・・!!!
オペラ座という鉄板ねたを持ってきてこれか!
なぜこんな仕上がりになってしまうのか!

そのうち慣れるかなと思っていましたが
いやあなれないままシーズン最終戦でした。もったいない。
なんでガラスを割ってるの、それってファントムなの?
もしかしてこれクリスティーヌが決闘してるの?
そして唐突に終わる!何回見ても翻弄される!
(私の感情が)
羽生さんのニースロミオで
「もしかしていまジュリエットがはいった?」
と言われたことを懐かしく思い出したり。

ドン・キがジュニアからの持ちあがりだったので
そしてはまりすぎていたので
次どういう方向に行くのかな、
と期待していたこともあってか
ちょっと残念ではありましたが
友人曰く
「オリンピック明けだから
 ごほうびとして好きなだけ好きなようにやらせたら
 思いつきでやりたいところだけダイジェストでつないだ結果
 収拾のつかないまとまりのないプロになってしまったのではないか」
とのこと。辛辣。でもわたくしも一定の納得。

それでも最後にこの仕上がりっぷりは素晴らしいです。
今後に期待。とっても期待。
フリーもそろえられますように。

長くなったのでさとこさんについては(たぶん)改めます。
(ライストでペアフリーを見ながら)


by chico_book | 2019-03-21 12:19 | フィギュアスケート | Comments(0)

私は戦っていないので

(当たり前ですが)
(私は選手じゃないので)
(ただの自称ばあや系ファンなので)
ひたすら緊張でガッチガチになっています。
とりわけ、今週に入って、情報量が格段に増えてきてからはもう。

習慣がないのと、タイミングが合わなくて
テレビのスポーツニュースをほぼ一切見ていないのですが
ネットの情報だけでもそれはそれはもう。

『緊張とたのしみで胸がはちきれそう』
という宮原さんはやはりファイターでアスリートなのだなあ。
いまさらですが。武者震いってやつですね。
すごいなあ。たのしみなんですね。ほんとにすごい。

それはやはり、目標に向けてきちんと努力して
準備してきた人にしか言えない言葉だよなあ、と、
自分を信じている人にしか言えないよね、と、
あらためていつものことながら尊敬の念を。

写真がむっちゃかわいいので大きいリンクで!!






さあさあ今日はなるたけがんばって早く帰りまっしょい!
京浜東北線を
「この先にたまアリが・・・!」
と、熱い思いで眺めてる場合じゃないですよ自分!

選手の皆さんがみんな思うような演技ができますように。
朝のお祈り。

by chico_book | 2019-03-20 06:44 | フィギュアスケート | Comments(0)

うつくしいもののお話ふたつ


病院で会計待ちの時間、向かい合わせに座ったマダムが
ものすごく真剣に私を見ています。
正直よくある話なので
(そしてややこしくなることもときどきあるので)
なるたけ気がついていないふりをする。

20分ほど待って名前を呼ばれてたちあがる。
会計を済ませて書類を整えて、さて、
というところで

「ねえあなた」

はいはい。
ちょっと警戒しながらなるたけやわらかい表情を作る。

「それかわいいわねえ」

え、どれのこと?

「私もねこが大好きなのよ」

ようやく納得、そして安心。
そのとき私は、
岩合さんのクリアファイルを持っていたのです。

「うちにもねこがいるのよ。 白黒の子でね。写真みてくださる? 」

ええもちろん、よろこんで!

白黒の子、ということでフクちゃんやだいちゃんのような、
おっとり気の優しい子か、
あるいはくるねこさんところの
もんさんかトメちゃんみたいな
キッツい女の子か、
ワクワクしながらガラケーの画面をのぞき込むと!!

・・・・・・よ、よん!! (書影左側です)

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC)

伊藤 潤二/講談社

undefined




白多め、黒いブチがかすかにあるねこちゃん。

「面白い柄でしょう? スカーレットっていうのよ。
 主人はスカちゃんスカちゃんって呼んでるの」

あれですか、オハラさんちの。鴻巣友季子さんに
『二度も結婚していながら高校生のような恋愛下手』
と言われていたあの。
そういえば橋本治氏がスカーレットとバトラー船長の
関係を父と娘のよう、と評していたはず。
そこまでは思いつきがちだけれど、
メラニーとアシュレについても同様だと言う指摘は
炯眼だたっと思います。80年代ころの話ですが。

「みんなそういうけどちがうの。
 息子がガイコツくんにしようって言いだして、
 それじゃあんまりだって言ったんだけど、
 今度はスカルにしようってなったのよ。
 それでもあんまりじゃない? 
 だからもっと呼びやすい名前にしましょう、ってことになったのよ」
 
・・・・ぉぉぉ。
パンチのきいたお話を聴けてとても幸せです。
うちのねこはむっちゃかわいいですけどね!!
えっへん!

ちなみにスカちゃん、男の子だそうです。
ふふふ。

さとこさんファンの間で話題になっている
関大スポーツさんの記事。ツイッタですが。


いやもう圧巻の美しさ。
そして揺れるピアスの麗しさ柔らかさ。
やはりこの若さでプリンセスではなくて
威厳あふれるクイーンであらせられる(ファンです)
はたちそこそこでこのおちつき。

凛とした静謐な美しさの中身が
めっちゃファイターというのがもうね。ね!!




そんなさとこさん、コロラドにて
ワールドに向けてブラッシュアップ中ということのようです。

思い通りの演技ができますように。
あの美しいうつくしい演技も、もしかしたら見納めかもしれないし。
注:今季のプログラム、という意味です

それにしてもこのブログの、書き出しの麗しさよ。
さとこさーん(ファンです)

ワールドの日程は、
早く帰れるようにいまから少しずつ調整するよー!!
(宣言)

f0257756_01373564.jpg

さとこさんのボストンワールド『ため息』のイメージと重なる、花の写真。
静かで凛とした美しさ。

by chico_book | 2019-03-04 01:31 | フィギュアスケート | Comments(2)

力強くもうつくしい夢(だいじょうぶ)

※4大陸女子の話です

坂本さんのショートが大変素晴らしかったです。
今期の坂本さんは、本当に従来のスピードと力強さに加えて
やわらかさや音楽との調和が素晴らしくすばらしくて
残像のあざやかな夢のようでだいすき。

坂本さんたった一年でこんなにすごくなるなんて、
思っていたので、連覇逃したのは本当に残念でした。

結果を先に知ってからフリーを見たので、
えええどこでどこで何が起きたの?? 
と、びくびくしながら観たのですが
うーーーん3連コンボのすっぽ抜け・・・・・
あまりにも惜しい。惜しすぎる。
開始位置についた時から固さのある、
緊張しきった表情でした坂本さん。
でも直後のインタビューで

『何点出せば勝てる、と思ってしまった』

と、敗因をしっかり分析してことなにできているあたりが
さすがです。
全日本のさとこさんのフリーを思い出してめそめそする。
あの、泣き言を言わずに
黙々と次の課題だけを口にする
さとこさんが
『時間を巻き戻したい』
と言ったあの演技。

そんな日本女子三人が再びまみえる
世界選手権怖くて怖くて逃げだしたくなる
いやいやしっかり見届けさせていただきます!!!

紀平さんの演技は確かに圧巻で圧倒的で
すばらしいのですが
これから先は、あくまで個人の好みの問題ですが
演技の目指す方向が私の好みとは少し違うようなので
静観しています。
どちらかというと技のクリアさ明確さに
力点があるようにお見受けしております。
それであれだけのことができるというのが
十二分にすごいので
高得点には全く全く納得しているのですが。
まあ、なんといってもシニア一年目ですしね!!
パトリックが後年の優雅さも素晴らしかったし。

しょうまさんタイプの、音を要素としてきちんと拾うタイプでしょうか。
私としてはそこにもう少し情緒というか表現の陰影が
ある選手がそしてその感情というべき表現に溺れない、
技術と情緒のバランスこそがフィギュアの魅力だと思っていますので。
そうでなければそれぞれに異なる振り付け・衣装・音楽で
競技を行う必要はないように思うのです。
(とはいえコンパルソリーも見たみたい……)

といいながらいまバヴァリアンオープンのライストを見ています。
昨晩のさとこさんのショートはあまりのPCSに
あらぶって眠れませんでした!! 午前二時だってのに!!

とりあえずいったんここで。
そろそろさとこさんなので。そわそわ。






by chico_book | 2019-02-10 19:26 | フィギュアスケート | Comments(2)

素晴らしく爽やかで力強い朝

素晴らしくて素晴らしくて
幸福さに呆然としたまま、朝を迎えました

こんな心もちになるなんて、自分でも想定外。

勿論残念な気持ちもゼロではないのですが
(抜けちゃうなんてね)
坂本さんも紀平さんも、
持てる力をクリアにクリーンに
出しきった試合でした

ものすごいものみせていただいた

昨日の坂本さんは、やわらかさがありました
映画『ピアノレッスン』は
子供とピアノと共にニュージーランドに渡った
口を利かない(きけない、ではなく)
女性の物語なのですが
その徹底した頑固さが
坂本さんにとって、ともするとマイナスの要素になりがちな
肩の動きの硬さとうまくマッチしたように思います
ステップより後、後半に向かって全身を大きくしなやかに
動かす動作が増えてゆくにつれ、
主人公が自らの意志で人生に挑んでゆく
姿勢とマッチして、素晴らしい
坂本さんにしか出来ない作品になりました
ありがとうブショーさん
技術と表現の融合こそがこのスポーツの真髄
本当にその思いを見せていただいた

いつになくくやしそうなさとこさん
元来あまり表情に出すタイプではなかったのですが
こういう変化もとてもうれしい
静かに自分を見つめてきっとまた一層強くなるし
何より美しくなる
3Aなし抜けありでこの点数
ずらり並んだ9点台後半のPCSと
なんだか当たり前のようにすらなった
ジャッジ全員満点のレイバックスビン!

すっかり忘れられてるかもですが
さとこさんジャンプ改良中ですから!
その成果も刻むように少しずつでも着実に
成果は出ていますから(断言)

五連覇を、勿論みたかったけれど
こんなにもさわやかな気持ちでこの
状況を受け入れる事が出来て、
何よりそれが自分でも嬉しいです

「勝ち続けているとわからないことがある」
宮原さんにとっても、紀平さんにとっても、
もちろん大変な自信になるだろう坂本さんにとっても
素晴らしい試合だったと思います。

本当にありがとう。

個性際立つわかばちゃんも大好き
悔しいでしょうが怪我明けなので
ゆっくり直してください

それにしても昨年と同じ表彰台メンバーとは。
果たして四大陸選手権派遣はどうなるのでしょうか。

いやむしろ男子がえらいことになりかねませんが
果たして!



by chico_book | 2018-12-24 07:21 | フィギュアスケート | Comments(0)

きっと忘れない

去年の全日本も忘れられないけど
病室の小さな画面でみる
この試合のこともきっと忘れない

ただ今は、お祈りするのみ


by chico_book | 2018-12-23 20:17 | フィギュアスケート | Comments(0)

しずかに祈り続ける夜

外国語で現在完了形をまなんでいるのですが
ずっとどこかで祈り続けているし
全日本まではいつもより少し強い気持ちになることでしょう。

めっちゃただのファンなので畳みます。
今更ですが気恥ずかしさもなくはなく。
ちょっと消耗もしているので、判断も微妙かもしれない。

いつだって
宮原さんにとって楽だったシーズンはなかったと思っています。
ひとりのファンとして、そう思います。






More

by chico_book | 2018-12-09 22:28 | フィギュアスケート | Comments(0)

愛と尊敬しかない場所

紀平さんのショート、圧倒的でしたね。
超新星ってこんなかんじ。
こういう時分の花、のようなことがあるから
このスポーツは恐ろしいし面白い。
※この場合は
『タイミングがぴたっとはまった』
という意味で使っています。
まことの花になれないという意味合いではありません。

いまこのときしか出せない明るさ、屈託のなさ
迷いのない輝き、強さ、
じぶんを信じてどかん!! と行っちゃえる凄味。
それがやわらかさと優美さが存分な身体能力と
一致してしまうある種の奇跡だとおもう。

たとえば
さとこさんの生硬な少女そのものだった
りりしいミスサイゴン
とか
さとこさんの初恋に戸惑いながらも魅かれてゆく
ういういしい戸惑いに充ちた ため息 
とか
(この話二回目)
そこを経ての
恋のよろこびも知って悲しみも通りこして
静かに意志を持って、
自ら選んだ愛にいのちを捧げつくした
「蝶々夫人」ですよ!!(もう泣いてる)

羽生さんのロミオからパリ散、それからクレイジーもそうですね。
あの時期のイケイケどんどん感、
いまや魔王になってしまった羽生さんにはもう出せない。
SEIMEIとショパンとかで
しっかり鎮めたというか厄払ってしまったからかな。

若いころからのヴァレンティーノ・ロッシを
知っているので、その感慨ともリンクします。
(唐突に混ざるMotogp)
いまのロッシは勝利数こそ多くなくても
圧倒的な魔王で破壊力のある存在(個人のポエム)
あの
巻き毛の美少女に見紛われたという十代のロッシが
溌剌とした若者で、それこそ太陽の化身のように
謳歌していた彼が
いまや
「まだまだ若いもんには負けへんぞう!」
感のある40代になってしまって
実際にはそんなに勝ててはいませんが
この場所は譲らない、みたいな存在感。
君臨してる感。
これはこれでとても素晴らしくて惚れ惚れします。
こういう方向のアスリートになるとは
思わなかったなあ。
(羽生さんのことではないよ)


さかもっちゃんのアメリもそうですね。
世界の扉をおずおずと開いてゆく少女アメリと
あの謎パントマイムマリオネットが
みごとにはまっていました。
ことしの『ピアノレッスン』は
ワタクシこの映画が生涯のベストのうちの一本なので
どうしても点が厳しくなるし、
ジェイソンの名作が脳裏にはりついているので
(あのスピード優雅さやわらかい悲しみ
 いたわりとか頑固さとか)
どうしても点が厳しくなりがちですが
太陽のような坂本さんだからこそ今! いまこの時期に!!
ものにしてほしい表現ではあります。
(しかしリショーさん怖ろしいほど私のど真ん中をついてくる)
がんばれさかもっちゃん。


それにしても紀平さん、
シニアデビューでこんなの引き当てるとか
そこも含めて強運ではありますね。
こんな迷いのないあかるさが似合うときは
そうそうないもの、人生に。
そしてジャンプ決まると
やはりPCSバシッと出るんですねえ


さとこさんに関しては心配してません。
もちろんちょっとはしてるけど。

紀平さんの衝撃はもちろん
全然なくはないでしょうけれど、
去年の全日本3位の段階で充分すごかったし、
なにしろ同門のうえおなじ大会にも出ている
選手な訳ですから、
充分予測はしていたと思います。

でもJOの段階で、ああ、
今期は宮原さんGPファイナルはおろか
台乗り出来れば御の字かな、
少なくともそういう心構えはしておこう、
そもそもジャンプ見直し期ってそういうものです、
(メドさん大丈夫…!!)
と、自分に言い聞かせていたので。

最初のコンボで無理矢理セカンドに
行かない冷静な判断と
3-3なしで60点台後半に行くのね、
という感慨と
ステップシークエンスレベル3なんでや!!
というあたりが気になるところでしょうか。

それにしても
柔らかさ優美さその陰影の深さ
刻みこみのあざやかさには
やはり一日の長があるとしか言いようがありません。
自称ばあやのファンが勝手に思うことですけれど。

4大陸だって一瞬ひやっとしたけれど
さとこさんはきちんと自分の課題にむきあう
そしてそれを克服することの
できる人ですから大丈夫です。
ただ、ご自身の思うような演技ができますように。
それはさとこさんに限らずほんとにみんなそう。

ザギトワさんめっちゃ背が高くなって……
というか、足だけ長くなったような気がします。
もちろん、そんなことないんだろうけど。
バランスも変わってきて
やりにくいんだろうなぁ。
ドンキ→カルメンというあたり、
狙いどころはわかるんだけど
わかりすぎてちょっと好みから外れています。
めちゃくちゃ詰め込み、リカバの難しい高難度
というのは
よくわかるのですが。
ううむ、情感の入りこむ隙間がないというか。
すこししょうまさんも
こういう傾向があるように思います。

でもこれこそ好みとか方向性のお話でしかない訳で。

「うつくしいものを美しく表現するだけでは伝わらない」
という宮原さんが私は好きです。ファンです。

あと一時間ほどで女子フリー。
日本ではちょうど夜明けの時間帯。
冬はつとめて。
明るい朝日のなかで、さとこさん応援しています(つぶやき)



by chico_book | 2018-12-09 06:09 | フィギュアスケート | Comments(0)