<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

思いがけない魅力と書籍にまつわる衝動

もう6月になろうというので今更ですが
『コンフィデンスマンJP』
観てます。たのしい。
好みはきっぱりわかれそうですが、色ははっきりしています。
リーガルハイ好きだったしね! あっちょんぶりけ!



私は悪い小日向さんが好きなので
おだやかーな笑顔でとんでもなく冷酷な小日向さんが
大好きなので

長澤さんとの共演ということも相まって
(きりちゃんと太閤殿下!!)
毎回楽しく観ています。

それにしても長澤さん、若いころは正統派美形で
正統派すぎる気がしていまひとつピンと来なかったのですが
(南ちゃんとかやってましたね、ってもしかして20年くらい前でしょうか)
きりちゃん以降その美貌を逆手にとったような
奥行きが大変魅力的。

こちらも面白かったです。
いやハセヒロさんとミズタクって!!
原作は舞台ものなのですね。
劇場らしい荒唐無稽で壮絶なロマンチック、こういうの嫌いではないです。





東出さんここにもいました。
ちょっと得体のしれない存在感がインパクト大。

東出さん演じるボクちゃん(すごい役名)がすごくいい。
常識人であろうとする、純朴な青年にみえて
ちょっと底知れない不穏さが三人のバランス的にも面白い。
なんだか東出さんの魅力がわかったような気がする(安直)。
12頭身くらいあるんじゃないかとぱっと見では思えてしまうほどの
ちょっとつくりものじみてさえいる風貌のせいなのかも。

衝動買いした本。


猫はしっぽでしゃべる

田尻久子/ナナロク社

undefined


春樹さんも朗読会を開いた熊本の『橙書店』
名物ねこまっしろのしらたまちゃんと思しき
表紙に吸い寄せられるように。
とても楽しみです。すこしずつ大切に大切に味わって読もう。

図書館で衝動的にこちらを。

太陽がいっぱい (河出文庫)

パトリシア・ハイスミス/河出書房新社

undefined


まだまだ読んでいるのは前回ご紹介したこちらなんですけどね。


羊皮紙に眠る文字たち―スラヴ言語文化入門

黒田 龍之助/現代書館

undefined


めっぽう面白いのですが知らないことばかりなので
行きつ戻りつ読んでいます。
こういう本につかまる快楽というか愉悦というか。

ちこにゃんお目目とお鼻を拭いて、
ソファーの上ですやすやまるまるすうすう眠っています。

時々ひびくクシュ、ちゅっ、みたいなくしゃみの音に
あわてて様子を見に行くわけですが。
だいじょぶだいじょぶ。



[PR]

by chico_book | 2018-05-29 01:17 | 日々 | Comments(0)

暑くなる前の通院記録

いろいろ心配で、
ねここたつの上ですやすや眠るちこのそばを離れがたくて
(かといって安眠の邪魔もしたくなく)

ついにはリビングの床、ラグの上に毛布かぶって眠る始末。
アイコンタクトと、無音の『ミャウ』を繰り返し繰り返し。

朝目を覚ますと、こたつの上にちこの姿がない!!

はっ! と目を見開くのと、
脇腹にあたたかい重みを感じるのです。
やわらかくあたたかいやさしいいきもの。

なんというしあわせを毎日毎日頂いているのか。

f0257756_21130152.jpg

本日撮影。
このお目目と、おさまらない鼻水が心配で、
本日病院へ行ってきました。

病院の待合室はわんこさん×2、ねこちゃん×2、
そして(時間調整のため)お散歩一周帰りのわんこさん×1。

ワンちゃん予防注射が多いシーズンのようです。
やる気のあるわんこさんにめっちゃ吠えられました。
鼻にしわを寄せて唸ってくるわんこなんてひさびさ。
飼い主さん平謝り、お気になさらず。
ちこなんて、聴こえないくらいのすっごい小声で
ずうっと唸りかえしていましたから(びびりんぼ内弁慶さん)

羽織っていたカーディガンを脱いでそっとキャリーを覆い、
ケースの上からゆっくりパタパタと撫でる。
だいじょうぶにゃ。

さてちこの番です。
体重4.52キロ。ううむ。
前回(5/5)4.7キロから比べると、短期間にしては減っています。
ひとつきも経ってないもの、ちょっと心配、

検温問題なし、お目目はやはり涙多めですが
実はこれも通常通り。
ただ鼻水はちょっとよくない。いわゆる『あおっぱな』状態。

「最近よその、外ねこさんにさわったりしましたか? 」

いいえ。アイコンタクトだけです。

「くしゃみはしますか? 」

はい、ときどき。一回出ると、続けてくしゅんくしゅんと何回か。

お顔、お口のチェック。右側の犬歯が結構ぐらぐらしているそう。

「歯槽膿漏みたいですね」

うわ、いたそう・・・。

「さわっても格別痛がらないし、ごはんが食べれているのなら問題はないのですが、
今回はこの歯のぐらつきから、鼻の方に細菌がはいったのかもしれません」

実はワタクシも現在奥歯の治療中で
土曜日に歯茎をレーザーで焼かれたりしております。ひいい。

「片方の鼻だけが悪いので、たぶんそれが原因だと思います。
もともとちこちゃんは、ねこ風邪ウイルス保菌者なので
なんらかのきっかけとか、あるいは環境の変化などのストレスで
発症しやすいんですよ。
ことしは特に気候も定まりませんから」

実は今年は家のまわりで工事をしていて、
普段と違って騒音やひとの気配があるのですね。
そのこともずっと心配だったのですが、ううむ。

歯槽膿漏については最終的に抜歯という方法もありますが
その場合はそこに穴が開いてしまうことになるので、
よけい雑菌がはいりやすくなるとのこと。

「とりあえずごはんやお水がしっかりとれていること、
トイレの問題をしっかり確認していきましょう」

ちなみに奥歯が歯槽膿漏で菌が入った場合は、
顔の上の方(目の下やほっぺのあたり)が
腫れてくるそうです。ううむ。

「年齢のこともありますし、
いままで通りしっかりケアしていれば大丈夫ですから」

というわけで今回は
ねこ風邪発症中
という診断をいただきました。

ちっくんと、抗生物質のお注射。かるく文句を言うちこにゃんにゃ。

「基本効果は二週間です。
ただこの注射で効かない菌かもしれないので、
一週間ほど様子見して改善がないようなら
飲み薬に切り替えましょう」

ひょええええ。
ついにこれをやらなくちゃいかんのかもしれないのですね!!





こんなおとなしいネコどこにいるんだ!!
と、いつも友人と話題にしている、ペピーペットの「投薬モデルにゃん」。
(実はワタクシ、いままでちこに投薬したことないのです・・・感謝)

とりあえず本日はここまで。
ちこにゃん今日はあまり鳴かずに、ベッドの上で
まるくなっている時間が長めのようです。
すこし疲れちゃったかな。そうだよね。

鼻が利かないと食欲が出づらいとのことなので、
ささみのゆで汁とほぐしたささ身を口もとにもっていったり。

でもね、やっぱりちょっと年をとったのかもしれません。

お水飲むときにゆっくりになって、お皿のふちにあごを乗せたり、
トイレ失敗したり(これは目測を誤ったり、なので、失敗談としては軽微)
今日はソファーにジャンプ失敗しちゃったりしました。

それぞれいままで一度もなかった、というわけではないけれど、
(トイレはなかったと思う)
ゆるくたまたま重なっただけかもですけれど

ただゆったりと、そういう意識をこころに置いておこうと思うのです。

なるたけ休日はおうちにいましょうかね、なんて
思わなくもないので、
しばらく映画や展覧会はお休み気味にするかもしれません。
ただ土曜日は外国語の日ですし(これは継続するつもり)
あくまで様子見がてらですが。

ちこにゃんはやくよくなれなれなれ。
でも今日はくたくただよね、ゆっくり寝てください。



[PR]

by chico_book | 2018-05-28 00:07 | ねこ | Comments(4)

ぱんたれい

図書館にリクエストしていた
『羊と鋼の森』ハードカバー
横浜市立図書館所蔵は106冊。すごいー。
3/4にリクエストして本日『準備できました』メールが来ました。
現在の予約数は216人。

ちなみに文庫版は9冊所蔵で本日時点で272人待ち。
山内文庫だと『公開ティーンズ』書棚にあるそうです。ふふ。
山内文庫は、帰り道あざみ野駅のPAULで
お茶しながら
わくわくいそいそと本を開くのがたのしみ。

いま読んでいるのはこの本。



めちゃくちゃ面白い……。
ことばの森に迷い込んでゆく、底なしのわくわく。

いったことないのだけれど
中欧から東欧にかけて延々と続く大地に
ぼんやりとしたあこがれを抱いております。
主に映画で知ってるんだけど。
ほぼ映画でしか知らないんだけれど。










こんなかんじ。

思いつきで借りてみたのですが、ほんとうによかった。
作者のかたはロシア語の先生とのことです。
これはうれしいめぐりあい。


f0257756_23575121.jpg


今日の姫ばっば。相変わらずのおこたつライフ。
こまめに拭いているのですが涙目と鼻水が収まらず。
ちょっと心配。

f0257756_23574295.jpg

※デジカメ不調につきスマホ使用したところ、
写真のサイズがちょっとアレですがご容赦ください

この写真がわかりやすいかな。
あまりにひどく食欲も落ちるようなら抗生物質も検討しましょう、とのこと。
うーん悩ましい。
とりあえず嫌がらずにふかせてくれるいい子にゃん。

食欲もトイレも変化はないのですが
そこはかとなく気配が静かなようで
私は少しびくびくしています。びびりねえ。
そんな私にどっかり乗って
大音量のぶるんぶるんで
「まあオチツケ」
ってやってくれる豪気で高貴なおねこさま。最愛。

『万引き家族』
カンヌでどういうタイトルになっていたのかが気になる……。
そして是枝監督とはちょっと趣味があわないことが
多いのですが絶対観ます。

夫のおすすめコミックをすこしずつレンタルで消化中。

いやあ熱い! 熱い熱い!!
なんだこの痛気持ちいい後先考えない生き物たちは!

そして推薦してから何年も経ってから突然着手、
というペースにまったくせっついたり文句言ったりしない
夫にそっと感謝。
ペースを大事にするというか、無理強いしないというか、
あるいはいつもコンテンツに
追われていることにお互い理解があるというか
(同好の士どうしというとかっこよすぎ??)
ありがたいことです。
嬉しいというより稀有、という気持ちが強くて
やっぱり『有難い』という表現になっちゃいます。

お相撲とか私全然わかんないけど…とたじろいでおりましたが
読んでみましたらめっちゃおもしろい。
そんなことぜんぶ吹っ飛ばされて巻き込まれてしまいます。

そう言えば碁のことは最後までわからなかったけれど
ヒカルの碁はめっちゃ面白かったなあ。

そしてワタクシの亡父が
日本棋院まで行って、塔矢名人ごっこをしていたことを
知ったのは没後のことなのでした……。

f0257756_00221175.jpg

証拠写真。
さすがにそのまま載せるのは憚られましたが
どう加工しても犯罪者あるいは亡霊ふうになってしまうので
ええいままよ、と、ちこにゃんにゃお面をつけていただきました。
ごめんねパパ上。でも名誉なことですよ!(力説)

『ヒカルの碁』ブーム当時、突然
『碁をやりたい』と言い出す子どもたちに
囲まれて戸惑いながらも大喜びしていたことや

宮崎に旅行した時にふたけた万円の碁石と碁盤を(内緒で)購入して
あとから妻(私の実母)にぎっちり怒られていたことなども思い出す。
(まあばれるでしょう当然)
(そして事前に要求してもまずとおる話ではないので
事後承諾というのは作戦としてあり、というか……
ほかに手はなかったことでしょう、うむ)

それらも通っていた公民館の碁会所に寄贈したとのこと。
すこしずつ片付いて遠くなってゆくのも
そして不意に思い出されて世界に発信されたりするのも
もろもろふくめてぱんたれい。

『もし生きてたら将棋の藤井さんのことなんて言ったかねえ』
『でもお父さんはどっちかというと碁の方が贔屓やったけん
意外と悔しがったりしたっちゃないやか』
『そうなん? どっちも好きかと思いよった』
『うん、どっちも好きやけど、くらべるんなら
盤上の見た目がきれいやけん碁の方がいいんやち』

とても意外な答え。
ジャージに革靴でどこへでも行くオシャレとは無縁の
玄関に花を飾ろうが何をしようが全く目に入っていない!
と母親をいつもプンスカさせていた人が
そんなこといっていたとは。

いないひとのことを、いるように話す。
どこか遠いかんじで話す。

『火ノ丸』の相撲の含有している歴史やそのたましいとか
『ちはやふる』の連綿と続いてきたうたへの思い
(あくまでスポーツとはいえ)
それらの流れも含めて
ぱんたれいに思いを馳せる初夏の夜。

ねこのかそけき寝息(…いびき??)を聞く幸福。


[PR]

by chico_book | 2018-05-23 00:38 | 日々 | Comments(2)

だつりょく


迷子の迷子のスマートなフォン
もうねぇ、そんな自分に嫌気がさして
連休の後半も予定が消化できなくて
すっかりロウ、な気持でいたのですが

忘れたころに(忘れてはいないけど)
強く意識せずに自分を責めないように
しずかぁなしずかぁな気持で
いろいろ予定を入れないようにして過ごした
連休明けからのこの週末に至った訳でございます。

はああーーまったくもう、どうしたもんかいな、
と思いつつソファーのカバーを直したりしておりましたら


f0257756_21190272.jpg

ふぉ??
※再現映像です



f0257756_21243412.jpg

ああああ!!!

ここここんなところに格納されていた!
ここ、ソファーの背もたれの隙間です。

正直、座面の下のクッションはもう、
ものすごく奥の奥までひっくり返して
探したのですが
縦の隙間はノーチェックでした・・・。
なんでものすごく自然にそこにいるの!!
トホホ感と安心感と。


びったれは人格の問題ではなく、
技術の問題なので
いやしかしきちんと対策は練らなくてはいかん訳ですが。
ともあれひと安心。

f0257756_21281801.jpg

いまベランダで咲いているうちのばら。
ボレロという品種です。

丈夫で強香、花びら多めのクラシカルなカップ咲、
うつむくかんじがはじらいぎみな少女のよう(ポエム)。

f0257756_21304861.jpg

こちらはアイスバーグという品種。
どうにもこうにも中輪の白バラが好き。
こちらも丈夫で育てやすいのが特長。わかりやすい自分。


f0257756_21435161.jpg

こちらはねここたつにインしているうちの姫ばっば。
ドクターにお話ししたところ
『こたつは無理して撤去しなくてよい
なんなら夏場も出しておいてよし
ただ、高齢のねこは(うう)熱中症にじぶんで気づきにくいので
電源を切ったり、風通しをよくしたりしてあげてください』
とのこと。

かわいらしかったのが先生の経験談として

『以前の病院で、20歳過ぎのにゃんこと
一緒に日向ぼっこをしていて
ねこは(一見平気そうに)ぐうぐう寝てるんだけど
心配になって体温を測ってみたら
40度超えていてあわてて手当てしました』

ですって。


にゃんこと一緒に日向ぼっこ、の、愛らしさ。


f0257756_21481121.jpg

体重はいまでも多いのですが、
食が細いなあと感じるようなときは、
無理して落とさず、むしろ本人の喜ぶようなものを
食べさせてあげてください、とのこと。

ただ腎臓のケアは必要なので、
キドニーケアのウエットをすこしお水でのばしたり、
あるいはスープ仕立てのフードに
サプリを混ぜたり、が、よい方法だそうです。

なんだかホスピスっぽいかなと少し心の奥がしん、となります。
考えすぎではあるのだけれど、年齢のことは忘れないでね、
ということの様子。

たしかに今年はよく寝ているかもしれません。
私の心配しすぎもなくはないのだろうけれど。

f0257756_21535425.jpg


ピンと伸びた美脚をご披露(自慢)。
それにしても18歳以上のねこ用パウチなんてあるんですね。
じぶんで買っておきながらびっくり。

友人と私の間で
『そこはかとなくちこに似てる猫が出てる』
と評判のCM。





よく見るとハチワレでもないしそんなに似ていないのですが
体型とかのっそりとした動き方とかが
CMのちらっと映像では似てみえました。
ふふ。なんだかそんなことも全部がいとおしいにゃ。






[PR]

by chico_book | 2018-05-13 22:01 | 日々 | Comments(7)

わたしはそれを知っているから

今朝のテレビ番組で若いかたが、若者の読書離れの理由として

「まだるっこしい。文章を映像としてイメージすることがかったるい」
「結論がすぐ出ない上に中途半端。
 ふつうに面白いアイデアは
 ユーチューバーとかが即時性ありでガンガンやってくれるし
 SFとかだとまたついていけないし」

というあたりから文学作品を読む意味が分からない、
というようなお話をしてました。地味に衝撃。

しかしこれはこれでなんというか
検討にするに値するというか(えらそう)
たのしい=面白いだけではないのよ、
ゆっくり自分の中でめぐらして反芻するのが愉悦というやつなのよ、
とか
そんなことを、はて、どう伝えればよいのやら。
こういう断絶にどう対応するか、考えるのはとても好きです。
私の場合あくまで机上論で
ガチンコにぶつかる立場のかたとはまた違う訳ですが、
この差分をただの差分として、
さっくり切り落としたくない気持ちがある。
実際に伝えたいお若いかたが具体的にいるわけではないのですが
自分の中で明晰にしておきたいなあと思うのです。
こういうとき。

すっかり本を購入するのは道楽なかんじの世の中に
なっているのでしょうかもしかして。
映画を映画館で観る、なんてのも。
アマゾンプライムビデオとかネトフリとかの
ラインナップをぼんやり眺めながら少しばかり思うこと。

だとしたらワタクシ結構な道楽者だわね。
なんてうそぶいてみる。まったく気にしてはいませんが。
もちろん本物の皆さんはこんなものではありませんですからね、ええ。
でも積読山脈はちょっと道楽者っぽくもあり(反省)。

さてこちら、
初版は一瞬で完売だった模様。
どこの本屋でも全く全く見かけませんでした。
連休に読もうと、とても楽しみにしていたので、
その点ではしょぼん、な連休でしたが
現在絶賛増刷中だとか。


アマゾンさんは5/23入荷予定。
うずうずして待っております。


この…鼻梁のところで毛の色が違うところとか
でこのごっつり感ががもうたまりません。

にしてもこちらといいこちらといい
ツイッタ発(由来)のコミックス、
小学館のリアクションのはやいこと!!



以下は、今ちょっと読みたくて迷い中の本。


本屋さんで見かけて、まずは買う理由と買わない理由を
みっつずつじぶんに提示するプレゼン開始。
日を改めて3回迷ったら買ってもよいというマイルールですが
もうすでに5回も逡巡しております。さて。
(山脈があるからねー)


昏い水 (新潮クレスト・ブックス)

マーガレット ドラブル/新潮社

undefined


こちらはいまワタクシにアマゾンさんがすすめてきた本。
時間も置き場もお金もないのですよねーー
図書館さんで対応できるかなどうかな。
意外と、ええほんと意外とクレストブックス
図書館と相性悪いような印象が。

ちょっとロウなかんじの肌寒い初夏の夜には
この曲のほろ苦くも明るく軽快なかんじが
とてもよく似合う。
定期的に見返したくなります。
いろんなcoverがあって、アメリカの高校生が
授業でつくったものとか大好きなんだけれど





香港verは、はじめてみました。





こちらはスパニッシュ。
メンズとかファッションに顕著な違いがおもしろくって。
ことばの響きはもちろん。

さて、うかうかしていると見逃してしまいそうな作品がまたひとつ。
これは絶対観ます。





5/25公開予定。

寒すぎてちこにゃんおこたつから出てきません。
片づけてなくてよかった。
コンセントもさして、完全復活のおこたつ。
しかしあまりに出てこないので心配になって、
おこたつ布団をめくってお水をお持ちしたりしております。
ちゃんと飲んでくれたし、
カリカリも減っているので心配しすぎなのかもですが
心配させてもらえること自体がヨロコビでもありますし。



[PR]

by chico_book | 2018-05-09 01:30 | | Comments(5)

さよならうつくしいホリデイ(哀)

事態は解消しておらずさすがにへこんでいるのですが
へこんでばかりいてもつらさがいや増すばかりなので
せめて少しでも明るい気分を演出しようと思う
連休明けを控える深夜。

ようやく『パシフィックリム2』を観て満足。
いやあ評判あまり良くないようなので
ちょっと心配してました。
まあ……その、
評価よくないひとの気持ちもわかるけれど
私としては割合ふつうに楽しめたかな。
(このあたりは期待値の差かもしれない)
途中でメカの見分けがつかなくなる
トランスフォーマー事象が発生しかけましたが
無事乗り切って鑑賞できました。ほっ。





続けて鑑賞したのはこちら。
タクシー運転手 約束は海を越えて
べたすぎるタイトルにまったく興味なかったのですが
どこかで絶賛コメントを観て、
タイミングが良かったので観ることに。
いやあとんでもない傑作でした。
1980年5月に韓国軍事政権下で起きた
軍隊による市民弾圧『光州事件』とその報道をめぐる物語。






韓国の自国の歴史へのまなざしの厳しさに
ガツンとやられます。
エンタメ性の高さをうしなわずに、厳しく烈しい描写を以て
ここまで描ききれるものなのだなと、圧倒されます。
ちょっと『シュリ』を思い出しました。
ほかに韓国映画で印象に残っているのというと
『お嬢さん』ですがこれはまあ激しいことは間違いないけれど
韓国映画とかそういう枠組みで云々できるものではなく。
『猟奇的な彼女』も烈しかったですね。
全然ベクトル違いますが。興味深いことは間違いなし。

朴大統領の暗殺も
そのあとの軍事独裁政権も、わたしは物心ついている年齢で
はっきりと記憶しています。
もちろん、そんな事実があって報道を見かけた、と
いう意味合いに過ぎませんが。
いまこのタイミングで観ることができてよかったと思います。
ピョンチャン五輪でも思いましたが、
ハングルと日本語は
やはりふとした時の音の響きや抑揚が
思いがけず似ていることがあって、その点でも興味深く思います。
イタリア語とスペイン語ほどは似てないのだろうけれど。
どうかな。
動乱の時代をふりかえるという意味でも
いま見ておいてよかったと思います。

あとは横浜そごう美術館のこちら。




その昔『スター・ウォーズ展』に行ってそのこまかい細工に
貧血気味になったワタクシですので
こちらの超絶技巧を無事に鑑賞できるかやや不安がありました。

数百年前の超絶技巧、しかも年月を経て傷んでいる布や糸
そのうえでそこに込められた意匠の数々
技術の開発伝播発展と、それを維持継承すること
努力の方向性や意味合いなど
多角的な意味で大変興味深く見ることができました。
みておいてよかった。

神への捧げもの
王侯貴族への貢ぎ物
そして自分の身を、あるいは身近なひとを飾るもの
手仕事の意味や技巧を極めるこころもちなど
いまも思いかえして堪能しています。

そんな記憶をここにメモっておやすみなさい。
それにしてもどこにいってしまったの……トホホ感しかないわ。


※以下暗めの写真です(ご容赦ください)


f0257756_02013404.jpg

夜など肌寒いような気がしてねここたつまだしまえず。
さすがにコンセントは抜いていますが、
甘やかし過ぎかな。

f0257756_02021302.jpg

これがちょっとやせた(様に思う←いちめんの事実ではある)
うちのねこ。
ちょっとだけ、フォルムが変わっているのですよ。むむ。

f0257756_02021839.jpg

し…白は膨張色かな。そうですね。
ちょっとだけしぼんだのよ。ほんとうに。
でもあまりしぼみすぎないでね。
ころころの方がかわいい、という意味合いではなくて、
体力落ち過ぎたら心配だ、ということですハイ。


[PR]

by chico_book | 2018-05-07 02:06 | 映画 | Comments(2)

ショートストップ的な午前の記録

また語感だけで、横文字(というよりカタカナ)を
使ってみたりするわけですが>タイトル。

期待値が大きすぎるので、
そうだよね、あと3日しかないんだよね、と
しみじみする金曜日の昼下がり。

自宅の模様替え中にスマホが行方不明になるという安定のダメダメっぷり。
いまはややあきらめ気味で
(昨晩寝落ちしながら充電しなきゃ、と思ったので
家の中にあるのは確定済)
ちょっとテンション変えましょうか、というかんじ。

窓からすっかり上達したウグイスや、
もろもろ鳥の声が聴こえてくる、
濃い緑が風に揺られる梢の葉擦れの音が
それこそ楽園のような。

この環境を求めて南国に旅していた時もありました。
20年くらい前になりますが。
マレーシアの水上コテージとか、
セブのプール付きのヴィラとか
強い光の大きな葉っぱの濃い影と風に揺られて
読書しながらうとうとしていた至福。
(当時はワタクシでも手の出る価格帯でした。
最近どうなのかは、調べてないのでわかってないけれど)

いまは自宅でねこ付きというとんでもない至福。

f0257756_12573234.jpg

窓からのながめ、こんなかんじ。


はじめていまの部屋を見に来たのは6月で、
すこし引っ込んでいるのでまるで緑に囲まれたようにみえる
窓からの景色にひとめぼれしたものです。
並んで立っているマンションの、隣の棟だと
窓の外は駐車場で、そこだったら住んでいなかったかもしれない。

そう思うと私は運がいいのかもね、なんて。

f0257756_12581751.jpg

しかし陽あたりが良いわけではないので(明るい日陰というかんじ)
園芸にはあまり向きません。
丈夫さに定評のあるミントのこの徒長具合ときたら!!
お日様届かなくてごめんよう、という気持ちになります。


f0257756_13004675.jpg

そしてたのしみにしていたモッコウバラ(白八重)ですが
こんなにわさわさ繁りつつもつぼみがひとつも出ませんでしたトホホ……。
移植1年目のモッコウにはありがちなのだとか。
150円の苗がこんなに元気良く育ったことに静かに感謝。
しておこう。


f0257756_13032592.jpg


地味に開花を待っているほかのばら。
私も固唾をのんで見守っております。


f0257756_13033381.jpg


咲いてくれたのは可憐な野ばらのような品種、『ニューサ』。
ペルセポネが花を摘んでいた野原の名前が由来だとか。
このさりげなさにココロ魅かれました。
ささやかに真っ先に咲いてくれて小躍り。

室内からは、ベランダとその先に見える緑が重なるようで
このハーモニーはとてもありがたいことです。

さて午前中にちこにゃんを念願の病院へ。
またしてもねこ好きの運転手さん。
ちこにゃんタクシー運つよいです。

「うちの子はだいたい10歳を越えなかったんだよね。
立派なご長寿さんだね」

と、優しいことばをいただきました。

運転手さん曰く、
サザエさんちのタマ方式でお散歩自由ねこだったからかも、
でもうちのばあさんが
「ねこを閉じこめるなんて!」
ってきかないんだよね、とのこと。

ぜーんぶ黄色いとらじまで、名前は
トライチ、トラジ、トラサンときて
いまは(結婚して近くに住んでいる)お嬢さんのところに一匹いるそう。
やっぱりおんなじ虎柄で、
でもなまえは「きなこ」ちゃんだそうです。
いいお話聞けてうれしい。ちこは不満を訴え続けていましたが。

さて病院の記録。

体重微減と思ったら、前回と変わってませんでした、の…4.7キロ!!
結構背中の手ざわり等違って(骨の感触がわかりやすくなった)
心配しているのですが
おなかをモミモミされて
『充分脂肪はついています』『肥満です』とのこと。
いや…うん、そうね。そうですね(小声)。

鼻水と目やにの相談。
黒っぽい乾燥したものなので問題なし、
取りにくいときはワセリンやオリーブオイルでふやかしてあげて。
くしゃみもしょっちゅうでなければそこまで心配しなくてよし。
変化があるようならすぐに来てください。

食欲トイレに大きな変更なし、ただちょっと固めかも? 
フードを変えた影響かも、
とりあえずちゃんと出ていて本人も苦しくなさそうだったら
心配しすぎずに。
(ちこにゃんは)ロイカナの消化器サポートがおなかに効くようなので
それをブレンドしてもいいですね。

ベッドやソファーに飛び乗るときの構えが長くなった
10歳以上のねこはたいてい関節炎をかかえているもの、
レントゲンとればわかりますが
足を引きずったりするようになったらみてみましょう。

血液検査は結果待ち。
半年に一度、外部機関で精密検査をお願いしていて
今回はそのターンなのです。

おツメもツンツン切ってもらう。
「やっぱりあまり自分で研いでない感じですね。
関節炎だとひじとかに負担がかかるので
高齢のねこはあまり爪とぎしません」

だいじょうぶだいじょうぶ。
ちゃんとフォローできてて、何にも困らないからね。

そんなこんなでいまはのんびり
ラグの上で疲れをほぐしております>ちこ。

久しぶりにおうちでコーヒーをゆっくりドリップしていただく。
アイスコーヒーのキレがおいしい季節になりました。

さて私はいまから映画を2本にゃんよ(ネットで予約済)

ほんとは行きたい展覧会が…と思いつつも
まずは、映画に行けることに感謝。



[PR]

by chico_book | 2018-05-04 13:15 | ねこ | Comments(2)