人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏はもうはじまってました(来季を思う大晦日)

ちこの涙目と鼻水は、おさまったりおさまらなかったり

一進一退に思えて、ココロは揺れておりますが
ごはんとトイレが比較的安定しているので
何はともあれ心配しすぎないことが大切、とのこと。

年齢のこともあり、
多少の波や不調は折込済のものとするべきなのでしょう。
何度も繰り返しているけれど、
それだけ必要があるのでしょう。私自身に。
慣れるかな。
なによりちこのためにハードルを少し下げた方がよいのでしょう。
私じしんが。

フィギュアファン的にはおおつごもり。
アサイン出ましたね!

宮原さんスケアメとNHK杯。
ヨーロッパでのGPとは縁が薄いのかなあ?
評価よさそうな気がしてるのだけれど
(ていうか北米はさとこさん式の、
丁寧で繊細な演技には厳しめなイメージ)

しかしことしは評価基準がガラッと変わっているはずなので
初戦で早々に様子見できるのはよいことなのかもしれません。
スケアメ、花織ちゃんと真凜ちゃんと一緒。
ピョンチャンコンビとアメリカ拠点の真凜ちゃん
それにしても、すっかり関西勢メインになりましたねえ。
新プロどんな感じでしょうか。
いまからこっそりわくわくしております。

わかばちゃんはスケカナとロシア杯。
かっこいいわかばちゃん期待期待。

NHK杯、6年連続出場(祝)。
ことしはしょうまさんも出場だし!
全日本優勝者は(基本)出場、ということで正解なのでしょうか?


f0257756_07452111.jpg

ちこのアレコレに気をとられて、
まめにケアできていなかったのと、
工事のなんやかやで、せっかく育てていたばら栽培が不調。
(この写真は公園のばらです)

ちょっとへこんでいますが自分を責めずに
株としてもあきらめずに

昨日ひじをぶっつけて
「あいったああ!! 」
と、ひとりつぶやいた時に、

・・・・・・あ、なんかフィンランド語っぽい??

と思った自分にちょっと励まし励まされ(自己解決)。
※ばらはいまひとつですが、
ほかに身についたものもあるということを自分に言いたい。

フィギュアGPも、ことしは中国杯ではなくフィンランド開催だしね!
追い風吹いてる拭いてる!!


aloittaa:開始する

こんなリンクがありました。ネットのある時代でよかった。
と、思いつつ、宿題を知恵袋で聞いちゃう中学生に思いを馳せてみたり。





by chico_book | 2018-06-30 07:56 | フィギュアスケート | Comments(2)

熱狂をさますような静かな雨が好き

土曜日はひさびさ用事があって有楽町へ。
いつも大混雑の交通会館はやはり大混雑。
まちからむらから館で、ゆべしや薄小倉や、そんなささやかなお菓子の
あれやこれやにこころを奪われるのが常ですが、
この日のワタシはサクサクと用事へ向かいます。
ちょっと心残りではありましたが。

用事が終わった段階で15時。
さてどうしよう、ひさびさに映画でも見ようかな、
と、罪悪感鳴く思える程度には
ちこにゃんよくなりました。ありがとう。

候補としては、目の前の
有楽町ヒューマントラストシネマ
(タダ券一枚あり)

1530~
『告白小説、その結末』




ひさびさにこってこてのフランス映画もよいですね
ポランスキー作品ワタクシ実は未見かも。

フランス語の響きって時々猛烈に聴きたくなります。
パリ在住の作家のおうち!! 本棚!! 
もうそれが観たいわ!

1730~
ビューティフル・デイ







ホアキン・フェニックス……
いまこんなかんじなのねホアキン。
トラウマ持ちの青年と孤独な少女というのは
私にとってひとつのアレでございます。
レオンで落とされた沼(そこなし)
でもちょっとこれは系統が違うような。
怖い痛い系の映画は基本苦手。

マルクス・エンゲルス







本を読まずに2時間映像で
勉強させてもらおうという(いつもの)作戦。
こちらは6/30(土)~シネマリン
で観た方がよいかも。

ちなみにシネマリン、にゃんこをクリックすると
話しかけてもらえます。ちょっと低めのみゃううん、たのしい。
日曜最終上映は1100円とか、
いろいろありがたい劇場なのですが
個人的には遅い時間帯に行くのはちょっと厳しめの界隈。

有楽町から日比谷方面に行けば映画の街なのですが
いろいろ考えて、こちらに。

1600~
ザ・ビッグハウス

『観察映画』想田監督の新作。





ひさびさのシアターイメージフォーラムに行き先を決定。
銀座駅まで歩いて、銀座線で表参道へ。
渋谷駅から坂を上がるより、表参道から青山通りを
歩く方がストレスないことを最近(いまさら)発見。
でもありがたい発見です。

※以下公式サイトより引用
ついに想田和弘がアメリカで観察映画を撮った。しかも舞台は、全米最大のアメリカンフットボール・スタジアム、通称“ザ・ビッグハウス”。パブリック・アイビーと称される名門ミシンガン大学が誇るウルヴァリンズの本拠地だ。収容人数は10万人以上、地元アナーバー市の総人口に迫る。
想田を含めて17人の映画作家たちが廻すキャメラが捉えたダイナミックなプレイ、熱狂する観衆、バックヤードで国民的スポーツを支える実に様々な人々…。それらの映像群が、想田の大胆かつ緻密なモンタージュによって、まるで巨大な生命体のように機能するスタジアムの全貌を描き出していく。
それは現代アメリカの縮図でもある。教育とスポーツとビジネスの関係。人種や階級、格差、宗教問題。台頭するナショナリズムやミリタリズム…。アメリカが誇る文化と抱える問題とが、“ザ・ビッグハウス”という小宇宙に浮かび上がる。撮影は2016年の秋、奇しくもドナルド・トランプ大統領誕生へと至る選挙戦の最中に行われた。
※引用ここまで。

すごかったです。とにかくものすごくおもしろかった。
世界で二番目に大きい10万人以上収容、
ミシガン州立大学のフットボールスタジアム
通称『ザ・ビッグハウス』で開催される
ウイスコンシン大学戦の様子を丹念に映し出すドキュメント、
というよりは『観察』映画。
このあたりはいつもの想田監督。

巨大なスタジアムに呑み込まれる感覚
融合することの(ある種の)圧倒がのっけから
襲い掛かってくることに驚き。
アメフトのことも合衆国にも、格別なシンパシーはないのに。

そして鼻歌ではフンフン歌える
『星条旗よ永遠なれ』の歌詞を
いままで一度もじっくり見たことがない自分に驚き、
内容に更に驚き。

のみこまれた後は
重層的に描かれるアメリカ社会の
様々な色あいに夢中になりつづける2時間でした。
競技はもちろん違いますが、
ワールドカップ開催中に観てよかった。

スポーツの熱狂とそれをめぐるさまざまについて
あるいは米国ドラマで繰り返し描かれる
アメフトとチアリーディングと
寄付とキリスト教精神と社交と
そんな様々にココロを巡らしながらかえりはぼんやり東横線へ。
感想をぼんやり転がしながら黙々と歩いて帰るのが好き。
昔から。
だからひとりで映画を観るのはかなり好き。
もう、性質と言ってもいいかもしれない。

ヒカリエ経由で東横線へ。
ヒカリエからオクタホテルが撤退していて
ちょっとしょぼんですが
いまは丸ビルに入っているようで安心するやらうれしいやら。

車窓から見る、雨の東横沿線は
ちょっとにじんでいるようでうるんでいるようで
素っ気ないけれど遠巻きなやさしさのようで
いつもわりあい好き。

好きなものの多い、よい土曜日でした。ひさびさ。
日曜はいちにちねこの御機嫌をとりましたが。
それもやはり、素晴らしいホリディ。


by chico_book | 2018-06-24 23:54 | 映画 | Comments(2)

加速してゆく夜の短さ(あとすこし)

ちこの状態が不安なので
『万引き家族』も『ピーターラビット』も
自粛しております。
だいじだいじ。わたしのだいじ。
なにしろふだんから、お留守番が長いのですから
少しでも一緒にいたいのです。


※『万引き家族』はさんざんテレビでも予告が流れているのでこちらで。





あとこれもね! ちょっと予告を気にしておりましたが!!




そんなちこにゃん、ごはんをもとに戻して
(ロイカナの消化器サポートを
日清JPのキドニーキープをブレンド)
ウエットやちゅーるになんとか粉砕したおくすりを混ぜ、
ささみのゆで汁を混ぜ(ささみ本体は人間が摂取)
様子を見ること一週間ほど。

ようやく少し落ち着いたようです。

f0257756_21154925.jpg

写真だとあんまり違いは判りませんが
実は少し前より、落ちついているのです。
家のなかもよく動きまわるようになったし
ベランダウォッチもしっかりニャルソック。
わたしの足元に来てふにゃふにゃ要求も。
よかったよかった。心底ほっとしています。
まだ油断はたぶんできないけれど。

すくなくとも、おくすりあげるのに
罪悪感はなくてもいいかも、というレベル。
弱っているときは、ほんとに痛々しいので。
この差は大きいです。

f0257756_21160156.jpg

お目目しぱしぱですが、涙が渇いているのが、
一週間前とは違うのです。
お稲荷さんの狐みたいに、
背中があがって、
きちんと前足をのばすポーズもしっかり、凛々しいかんじ。
(この写真のことではありませんが)
かわいい。いとしくて大切で、胸が熱くなります。
体調悪いと、だるそうに流れてしまうので全然違う。

ヘルペス持ちのねこさんはこの時期体調を崩しがちだそう。
たしかにこの寒暖の差は人間でもこたえるもの、
年令のこともありますので
油断せずにしっかり見守っていこうと思う次第。


とりあえずお出かけ新作映画ではなく、
HDの消化にいそしむ日々。
なにしろ
ピョンチャンにそなえて購入した1テラが
残り43時間とか言われていますので。ええ。

昨日地上波発放送の
『そして、父になる』
を鑑賞しました。






想像していた内容とは結構違っていて
わたしのなかの是枝作品への違和感、
この作品に関しては7割ほど誤解で
でも3割はまあまああたっているかな、という感想。

想像していたよりはフラットで、優しい映画でした。
もうすこしきつめに落としてきているのかと思った。
ただ語られていない背景の多そうな作品で、
そのあたり読みきれないというか歯がゆいというか。

家族というものへの認識の相違になるのか
父親と母親へのまなざしが
どうもちょっともぞもぞするんですよね。
あるいは単なるジェンダー認識の違いかもしれない。
そのあたりはよくわからない。

『海街ダイアリー』
で思いましたが、是枝作品の大竹しのぶさんがほんとうに
だるっとくたびれたかんじの初老のおばさんで
そうとしかみえなくて心底びっくりしたのですが
本作の樹木希林さんもそうでした。

けっこうどっかり来ているので
おなかの中が重たいかんじなので
『万引き家族』
観にいけるかどうか、すこしテンション変化中。
観にいきたい気持ちに変化はないのですが。


ワールドカップ絶賛開催中。
サッカーのことはよくわからないのですが
大きい国際大会だとただ見ているだけで
(わりあい)たのしいので、なんとなく流します。
ミーハー。
ミーハーっていうのも、最近聞かないことばかも。

女子サッカーのワールドカップ
アメリカチームの『ワンバック』が『WANBACH』
で、びっくりしたり(懐かしい)とか、
応援やあれこれに国民性とかいろいろな発見があって面白い。

そう言えば
『バーフバリ』
のラージャマウリ監督が日本での大ヒット>>完全版公開記念に
『絶叫上映』
に招待された時に
『日本人が声をそろえて応援するのにびっくりした』
というようなことをおっしゃられたとか。




そんなこともあり、時間帯も曜日もドンピシャ、
ということでアイスランド戦を観ることにしました土曜の夜。
対戦相手はアルゼンチン。

何はともあれアイスランド、
という気持ちだったので、テレビをつけてから
アルゼンチンがどうやらむちゃくちゃ強いらしいことを知る。
強そうだね、と、漠然とした印象はあったのですが。
アイスランド、初出場なんですね。しらなんだ。

アルゼンチンはメッシというスーパースターのチームなのですね。
メッシ、さすがに聞いたことがある。
リオネル・メッシ。いいですな。
リオネルというのはよい名前です
この作品を思い出します。


こちらのリオネルはイタリア人でしたが。
『ライオネル、彼の本質は獅子なのだ』
うう、なつかしい。

バレンティーノ・ロッシというのも
実に実にイタリア人全開の
シンプルにして完全無欠感のあるお名前ですが
(そういえば『母をたずねて三千里』のマルコもロッシくんだわ)

そんな軽い気持ちで見はじめた
ちょっとでもついてゆけますように、頑張ってアイスランニン!!
というテンションだったのですが

そうそう、みんな名前の最後にソンがつくよね、アイスランド男子。
トールズの子トルフィンだもんね、
とか
そうか、いまは人口35万人弱なのかあ
(私が旅行した2008年ころは32万人と言われていたような)

などと
最初はたのしく観ていました、が。

いやまあものすごい緊迫した試合でした。
めちゃくちゃ面白かったです!
ほんとにサッカーのことよくわからないんだけど
この試合がものすごいことはよくわかった!!

あかるいロシアの陽光に、
レイキャビクの空気を思い出して
その思いがどんどんどんどん重なって
試合が終わるころには半泣きに。

やっぱり
アイスランド大好き!!!!

いつになるかわからないけれど、きっといつか絶対行こう!
また行こう!!
わあああああ!!!

じつは映像作家でもあるアイスランドの正GKさん自ら
作成したという映像がこちら。




そこはかとなく見覚えのある風景。光景。
海の青さとくらさとひかれあうようなユニフォームと国旗の色。
たった5日しかいなかったのにこの胸に迫るなつかしさ。

メイキングもありました!





(ろくに理解できていないけれど、それでも)
英語がかすかにでも、わかってよかった。

こういうことがあると、外国語たのしくなりますよね。
ほんのほんの、水のひとしずくだとわかっていますが
それでもしんしんと、うれしいことのひとつ。



by chico_book | 2018-06-17 21:37 | 映画 | Comments(6)

熱心に見守り中

一進一退のちこにゃんにゃ。
でもカリカリもトイレも安定していて
(ただおとなしめではあります)
なでればゴロゴロと大音量そしてザリザリ(私を)なぞってくださるので
私が心配しすぎ、という部分はあるのでしょう。

それでもベッドの上からほぼ動かないようだと
心配で心配で。
朝家を出る時も、帰宅した時も、帰宅してのちも
ずうっとベッドの上から動かないなんて。
ベッドの上で呼んでみると大変にご機嫌で
くっついてくるのですが。
やっぱりちょっとだるいのかな、どうなのかな。
ねこは具合の悪いところを飼い主にも隠す、
ってこういうことなのでしょうか……、うう。

いつも大変お世話になっているドクターに、
投薬について相談。

『駄目でしたか…。
ちゅーるに混ぜちゃえば、苦いおくすりでも、
たいていの子は気にしないんですけどねえ』

ということはやはりこのおくすり苦いんですね、

もうすこしにおいの強い、おくすりをくるむ商品をサンプルとして
分けていただく。

「とりあえず、くすりを入れない状態のこちらを食べさせて
食べるようならおくすりをくるんだものをあげてみてください」

やってみます。

「とにかくこんくらべですからね。頑張ってください」

ちょっとおとなしめなちこに、不安は隠しきれないのですが
(目と鼻はいまもぐずぐずなので)
(でも点鼻薬は順調)
最新のくるねこさんがリタちゃんのお鼻とお目目が
不調であることを記事にしていらして
「この時期は調子悪くなるのよ」
のひとことに、ホロリ。
そうだね。これだけお天気が不安定だもんね。
わたしが落ち込みすぎたらだめだよね。





友人宅のねこちゃんが堂々20歳越え、
ご長寿で表彰されたというお話。

「いやまあ自分で申請するんだけどね。写真添えて」

へえー知らなんだ。そんな制度があるのねえ。




リンク先には過去表彰された皆さんのお写真がありました!!
にゃんこの名前にニャン君とかミーちゃんミャアちゃんとか
たまんない。そのセンス大好きだわ!
しかしプレシャスちゃん!! 姫ちゃん!! 
ミルクちゃんクリームちゃんもおもちちゃんも大好き!
要はみんな大好き、なんですが!

ついついにゃんに目が行きがちですがわんこさんも
たっぷりみんな笑顔で、しみわたるような幸福よ。
ひとりずつに深々とした愛情と歴史があることのありがたさ尊さ。

ちなみに2017年最高齢にゃんはあおちゃん26才でした・・・・!!
ちこあやからせてもらおうね、そぉっとそぉっと。
それにしても、ねこというのは実は長寿に属するのですねえ。
表彰対象年齢について
猫・小型犬:18歳以上
中型犬:15歳以上
大型犬:13歳以上
超大型犬:10歳以上 ※体重40キロ以上が該当するそう

そんな感じで最近ストレスの多そうなちこにゃんに
こちらの購入を検討中。
やすりシェア95パーセントの広島県のやすりメーカーが
ねこのために作ったやすりだそうです。




ブラシもスリッカーもたくさんあるし、
そこそこいいお値段なので迷っていたのですが、
ちょっと甘やかししてみましょうかね。
映画二本分とか飲み会一回とか換算すれば。







by chico_book | 2018-06-16 02:32 | ねこ | Comments(2)

ねこの言葉に、耳をすましてみる

投薬なかなか難航しています。のませることができません。
ピルポケットが大きすぎていやなのかな、と思い、
どうせ飲みこまないんだし、と、錠剤単体を
のどにいれようとしますがけっこう暴れて出してしまう。
ううむ。

二回目以降は、上を向かせても口を開けなくなりました。
ちこ賢いな……ほんとにかしこい。

f0257756_06095403.jpg

(失礼しちゃうわプンスカ)

困り果てて、ねこ友に相談。

「あれむつかしいよね。ねこの個性にもよるんだけど」

うう。

「ちこにゃんが強気なのか君が弱気なのか」

まあその、そうね、両方かもね。

「うちは諦めてすりつぶしてごはんに混ぜてたよ」

おお、そうなんだ。ちょっと私も検討してたのよ。
ピルクラッシャーとか必要かな?
それとも乳鉢と乳棒でごりごりやったの??

「いや、スプーンの背でごりっとね。錠剤のサイズや固さ次第だけど。
ちょっとがんばればいけたよ。まずやってみれば?? 」

いつもありがとう。なんとココロ強いことか。

そしてもう我々の年齢では子猫は厳しいよねたぶん、
20年先を見据えるってそういうことよね。

オウムとか亀とかは50年近く寿命があるので、
30歳くらいで決断するのがひとつの分岐点らしいですよ、

なんてことをなんとなくおしゃべり。
30年前の春に出会って以来、
あなたは私のなかのとてもつよい、力強いものです。

私は私自身は、私自身の人生の舵取りを
ちゃんと自分のこころの望む方に切れてるのかしら、
と、ぼんやり思う。
見失ってはいないかしら、と。
そして、ちゃんとねこファースト出来ているかしら。
これも言ってみればきりのない話なので、
自分がどこで線を引くかというたいへんシビアな問題なのですが。

ちこにゃんやはり気配がひっそりしています。
あまりベッドから動かない。
心配でテキスト片手に添い寝をしているうちに
眠りこむのが、最近の日常。

午前4時前にくしゃみを連発していることで
わたしも目を覚まし、ちゅーるやらお水やらで様子見。
カリカリは食べないも、
おくすり混ぜたちゅーるも食べないも(涙)
混ぜてないちゅーるは食べるので、
やはり味が違うのかしら、と、思案中。
ちこ凄いなあ。
正直、ちゅーるならごまかせると思ったんだけどな。
ちこやっぱりものすごく賢いわ。
水曜日はかかりつけ病院がお休みなので
木曜日に相談してみよう。

パウチのシーバを1/3ほど食べたことを以て良しとします。
(おくすりもここに混ぜ込みました。
どの程度体内に入ってるかちょっと不安だし、
すりつぶす/混ぜることの是否もありますが)

いろいろ不安にもなるけれど、なによりも
この年齢まで病気らしい病気をしていないので
まずはそれを以て最大限の感謝。
そして、(私の飼育歴のある)からだの小さい動物と違って
(小鳥(手乗りセキセイインコ)→ハムスター→モルモット)
ねこはそんなに一気にいかないから大丈夫、
医療情報も段違いだし、だからとにかく一気に絶望しないでね
でもニンゲンとは違うからしっかりお世話して、
油断しないで目を離さないでね、
と言ってくれるねこ友ネコマイスター(ズ)
そしてネットのお知り合いの皆さん
あらゆる有益で身に迫る情報にひたすら感謝。



f0257756_06103640.jpg

しっぽの先で静かにおへんじしています。静かなラブ。
(やっぱりひとまわりちいちゃくなりました。
最大値5.7キロ→4.4キロだもの、当然ではあります)

ところで、最近の倣いとして

会社帰りに寄り道して語学の勉強

ということをやっています。だいたい60~90分かな。
バスの時刻を決めて、この時間までやろう、
よーいどんではじめるので集中できてなかなかよいのです。

職場の近くに、フリーの休憩スペースが
(お昼どきにはお弁当エリアとなる結構広い場所)あるので
そちらを利用。

驚いたことに、高校生や大学生がみっしりと、
いつもいつでも勉強しているのです。すごいなあ。尊敬。
最近は図書館も『持ち込み学習禁止』とのことで
(横浜市の場合中央図書館には自習室あり)
なるほどこういう場所が有効に活用されているのね、と、感心しきり。

日本史Bとか生物とか数学とか英文法
あるいは医療看護系、
はたまた宅建などもろもろ広げるみなさんに交じって
私もスオメアスオメクシ。
日によってたいへんひっそり黙々としているときも、
あるいは
そこはかとなくイチャイチャしている高校生カップルちゃんや
さわさわ小声でおしゃべりをしているひとたち、
コーヒー片手に会社帰りに待ち合わせの同期組のみなさんなど
思い思いで心地いい空間です。

ここ数日は、ちこをひとりにしておきたくなくて
なるはやで帰宅する(利用していない)のですが、
ここでの時間が、業務のあとのひと区切りというか
気持ちの切り替えがとても有効だというお話。

制服の学生さんに交じって見当もつかない外国語を手探り、
これはこれでとても楽しい。



by chico_book | 2018-06-13 06:53 | ねこ | Comments(2)

はちわれの白さまぶしさ


土曜の夜、夫とゆるゆると長電話をして
充足感をまとったままとろとろと眠りこけて、ふと目を覚ますと午前4時。
ぴったりと寄り添うねこの毛皮は静かに静かに上下している。
そっと安堵。
安堵を悟られないように、眠りを邪魔しないようにそっとベッドを降りる。

6月の明け方はとても美しい。
窓を開けてひんやりとした空気と、
タイワンリスの警戒音を聴きながら
しみじみと実感する。その実感を全身に満たす。

ちこは起きてこない。
ベランダのサッシを開けるときは、
いまでも警戒しているのだけれど
いまは外に関心を抱くこともずいぶんすくなくなった。

かといって油断していると、
熱心に網戸の前に座っていたりもするので
(二重ロックをしっかり確認して
ほっとするも警戒は解かず)
そうそう油断はできないのですが。

はじめてちこがベランダに来た日のことを思い出す。
植木鉢やプランターの間をのしのし
歩いていたころを思い出す。
指先一本さわらせなかった異国の姫にして侵略者。
声に出さない「にゃ」一撃で篭絡されたワタクシですが。

朝の5時から大騒ぎして走り回る、
やる気いっぱいの友人宅のねこの話を思い出す。

おとな猫の愛おしさをずぶずぶとあじわいながら
(そこからうっかり)ソファーでねむってしまい、
目を覚ますと朝10時前。久しぶりのお寝坊。

あわてて身支度を整えてちこを病院へ行くことに。
ベッドの上から、ごはんもお水もトイレもなしにキャリーイン。
すこし不安ではあったのですが、
なにしろ起きてくる気配がまるでなかったので、
もうそのまま行くことにしました。

いつもの交差点に立って、時計を見て、
信号が変わるか変わらないかのタイミングで
タクシー到着。なんというありがたさ。
キャリーインしてから10分もかからず
ちこは診察台の上にいました。

体重は100gマイナス。
2週間で100g、まあ心配しなくていいでしょう、
ただ減少傾向ではあるので
食欲には細心の注意を払いましょう。

改善されない涙目と鼻水について
そして増えたような印象のあるくしゃみについて。
あらためてしっかり見ていただく。

今回は私も触らせていただいたのですが、
やはり歯肉炎で右の犬歯がぐらぐらしていること
(歯石もしっかりついていました)
歯の根っこから鼻の穴につながって、
そこから雑菌がはいっているのでしょう
なので風邪というよりは、
慢性の鼻炎がなおりにくい状態と認識した方がよさそう。

抜本的な治療は抜歯になるのですが
縫合がむつかしいこと、
麻酔は(慢性腎不全なので)腎臓にリスクがあること、
現在食欲が落ちていないことから
優先せずに引き続き

・抗生物質で状況の改善
・涙と鼻水は出るものとしてまめに拭いてあげる
・食欲とトイレ、あと普段の状態についてもしっかり観察する

ということになりました。

という訳でとりあえず一週間投薬で
様子を見ましょう、ということに。来た投薬デビュー!!

まずは先生がお手本を。この商品に(半分にカットした)錠剤をくるんでみましょう。



最初におくすり抜きの、単独で見せてみる。
フンフン嗅いでなめてみます。いい傾向。これなら大丈夫かな。

せええの、で、口の中に入れるも、出してしまいました。
ピルポケットごと。ううむ。上手だなあちこよ。

再度トライするも、やはりお口から出しましたが
なんとこんどは錠剤部分だけ見当たらず。
お薬は飲めたようです。うう……うううむ。これを自分で。

そのほかに点鼻薬をいただく。
固まった鼻水を柔らかくして、通りをよくする効果があるのだとか。

これは両方の、詰まってない方の鼻にも点鼻。
こんな小さな鼻の穴にぽっちょんするなんて、
アダルトアイがんばろうね、と自分に言い聞かせ。
そしてたしかに、
詰まっている方の穴にはなかなか入っていきません。
目薬としても使用するおくすりなので、流れても大丈夫です、とのこと。
そのぶん、まめに拭いてあげましょうね、という指示が。

ふうむ。がんばります。

今回は待ち時間がなかったのでほとんど本が読めず。
(もちろんよいことです)
こういう時についうっかり
三冊も持ち込んでしまう自分の活字中毒っぷりが身に沁みる帰り道。


外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

黒田 龍之助/現代書館


undefined


来福の家 (白水Uブックス)

温 又柔/白水社

undefined


マロニエ王国の七人の騎士 2 (フラワーコミックスアルファ)

岩本 ナオ/小学館

undefined


(一冊コミックスですけどね!)

6/13発売のこちらもたのしみ。

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(1) (ワイドKC なかよし)

松本 ひで吉/講談社

undefined


f0257756_01111873.jpg

いとおしさMAXの(いつもいつでもですが)今夜のちこ。

f0257756_01112308.jpg

ちょっと憮然としたさまがまたいとおしい。
「美少女には口の悪さすらアクセサリーになるの」
とは西村しのぶ先生ですが。
そして後期高齢者になりかけのねこですが。
そんなことまったく関係なくひたすらかわいいってすごいな!!


f0257756_01132942.jpg


あご下のすこしたよりない感触。

さてそんなわけで一応の治療方針が出たわけですが
ドクターのご指定が、なかなか楽しかったのでご紹介。

「涙や鼻を拭いてあげるときの話ですが」

「はい」

「高級なティッシュなどを使ってあげてくださいね」

うぉぉぉ!

「人間といっしょで、
ずっとこすってると痛くなってしまうので」

はいはいもちろんですよ!!
いつも無印の化粧用コットンを湿らせたり、
あるいはウエスのなかの状態のよいもの
(タオルとかガーゼなどの、あたりのやわらかいもの)
を使っております。
実はワタクシ(まさかの)ねこアレルギー前科もちですので!
ねこちゃんのいる友人宅でティッシュの箱を
ひと晩で空にした経験ありますので!!

こんなささやかな苦労
いつまでもいつまでもさせてほしいですよちこ。



by chico_book | 2018-06-11 01:32 | ねこ | Comments(2)

思いきろう自分


ちこにゃんのお目目ですが、なんとも言えません。
うーーーむ。

f0257756_23381731.jpg

玄関にお迎えがある日もありますが
ない日もあります。
今日は、ずうっとベッドの上から動かなくって
(ベッドの上ではそれなりに御機嫌だし、
ベッドの下にかくれたりはしないので
そこまでしんどくはなさそう……
だけれど好調でもなさそう……)

f0257756_23401846.jpg
高速で動くよ! 


こっち向きだと、あんまり気になりませんが(むしろひたすらかわいい)


f0257756_23431356.jpg

右側はやっぱりあまり良くなっていません。ううむ。


f0257756_23432863.jpg

やっぱり、全体的にちょっとおとなしいんですよね。
なんというか、気配がひっそりとしているのです。

ごはんもトイレも、問題はなさそうなのですが。ううむ。


f0257756_23471399.jpg

むむう。なんとも痛々しい。
そして一気に夏らしくなったなかで
くしゃみ鼻水ねこさんのお留守番環境の悩ましさ。

※一応28℃最弱除湿を入れてます
そのせいで(エアコンのない)ベッドルームにいたがるのかな……。





More

by chico_book | 2018-06-08 00:27 | ねこ | Comments(6)

ピースのはまるすがすがしさ

ちこにゃんすこしおちついたかな??
というころあいで映画に行ってまいりました。






ひゃー面白かった!
めっちゃ不穏で空恐ろしくさえある世界に
最初は戸惑いましたが
あっという間に引き込まれてしまいます。怖い怖い。

20年後の日本を想定した舞台ということで
日本のようで日本ではない独特の雰囲気がすごいすごい
様々にマーブルというよりはモザイク状に埋め込まれていて
とにかく要素てんこもりで濃ゆい濃ゆい情報量多い多い
たのしいたのしいおもちゃ箱みたいな映画でした。

一回観ただけでは全く消化不良なので
(一回しか観てませんが)
評価は分かれるかもしれないけれども
私は大好きですこういうの。
作品世界がドンピシャ好み化、というよりは
このつくりこみかた世界の構築の仕方
それとわりあいシンプルで骨太なストーリーとの
バランスの妙がよかったよかった。
もう一回くらい行きたいのですがなかなか厳しいところ。


終わってしまう前にあわてて観ることができたのはこちら。






こちらも骨太。
まさか四面楚歌のなか首相に就任してからの
わずか27日間の物語だったとは!!

その中でチャーチルのひととなりや政治的な来歴立ち位置までも
スッキリと収まっていて見ごたえ十分でした、
ちょうど同じ時期を描いた『ダンケルク』も観ておくと、
重層的にたのしむことができます。
少なくとも私はそうでした。

ほんとうに戦時内閣で、
その状況にぴたっとはまったんだなあということと、
そして大変困難な判断の結果
いわゆる『玉砕』のようなことがあったのだなあと
いろいろなピースがみごとにおさまる展開です。

戦時下ロンドンの風景や地下鉄
チャーチルのお屋敷やファッションファッションなど
こちらも見どころてんこもりです。

それにしてもまったく
ゲイリー・オールドマンに見えない………
(よくよく見ると白目の内側がたしかに、というレベル。凄い)

私のなかでG・オールドマンというと
なんと言ってもぶっちぎりでこちらなので





(この動画マチルダとレオンばっかりだ!!)

こんなキレッキレの○○○○○だった人が
よくぞここまで厚生したわね・…(ホロリ)
みたいな
豪快な勘違いを覆せません。








by chico_book | 2018-06-05 00:10 | 映画 | Comments(0)