神とか伝説とか

かるがるしく云っては駄目ですが
結末を見届けたくてそれはそれは身震いするほど。

3/31から横浜での上映が控えているのを知りつつも
さんざん悩んだ挙句、終業後に上京することに。
アトレの1階で食べるものを調達してなんとか間に合いました。

『バーフバリ2 王の凱旋』




だって本当に毎日毎日
『行こうかどうしようか間に合うかもだけどどうしよう』
って思い続けておりましたから。
もうなんかこの気持ちを抱えていたくない!!

ああすっきり。
まあ終わってみれば一本調子と言えばそうでもあるし
しかしまあ神話なのでそれでよいのです。
むしろその快楽に物語の流れに身を委ねるかんじ。
もしかして歌舞伎とかオペラの演出に近いのでしょうか。

とにかく圧倒的な映像の美しさ楽しさ破壊力ですので!!

映画の古典的名作
『ベン・ハー』
とか
『十戒』
とか
はじめてみた時代のひとにとっては、
こんな体験だったのでしょうか。
『風と共に去りぬ』
もそうなのかもしれない。実母の大好きな作品です。

こんなに幸福な映像体験はそんなにないと思う。
身震いするような幸福です。
アン・シャーリーの言う「ぞくぞくっとする」というやつですね。
こういうの大好き。たぶんこれからもずっと好き。

すっかり満足してあなうれしやたのしや、という気分で
いそいそと帰宅しましたのに
いまでは既に、もう一回観たい気持ちが盛り上がっております。
(伏線演出などたくさんあるのでしっかりおさらいしたい)
(なんといっても、みている間じゅうほぼあっけにとられていたので)
さてどうしようかな。3/31から横浜ニューテアトルで上映です。
さあどうしよう!)

台詞まわりと見栄の切り方がもう、
かっこよくてよくてすばらしくてものすごい快感です。
アングル、ため、音楽、すべてがこんなにもそろってるなんて!
台詞に関しては、字幕の方のセンスが抜群なのだとも思います。
感謝しかない。 

壮絶にロマンティックなのでご紹介。
もちろんネタばれありますのでご注意を。








しかし映像の情報量とか迫力の関係で
多少のネタバレなんて吹っ飛んでしまう作品だと思います。
まあわたしはもう二作とも見ちゃったあとですのんで説得力ありませんが!


学生時代に大好きだったこの本をもう一度読みかえしたい。
もちろん直接の関係はありません。

そして驚愕のこのニュース。ひゃっほい。




放送時期も何も決まってはいないのでまずは第一報ということのようですが。
ついに来たか!! と、息をのんでおります。
ここにも戦士と親子の、壮大な物語。
(第6Gの6練を見ながら。さとこさん最終滑走です。例によって祈っております)


[PR]

# by chico_book | 2018-03-21 22:26 | 映画 | Comments(0)

獅子が羊に代わるころ

気がつくと
二月中に片付けておくべきあれやこれやが
山積みになったままでしたトホホ。
(ようやくとぼとぼと手を出し始めています)

どれだけオリンピックに持ってかれていたのか
そして
それに気づくのがワールド直前という
フィギュアスケートは、
明るい春の訪れとともにシーズンを終わるのです。
これもいつものこと。まいとしのこと。ありがたい。
あかるい光のなかでありがとうとまたねを言えること。

むら君いままでありがとう
戦う強さとやさしさのバランスが
いつもいつでも独特の立ち位置でした。
昨年末の全日本の、
むら君と刑事選手の勝負、
わたしのなかではあの日の
あっこちゃんとゆかりんのように見えた。
これからは競技とはまた違う、
自分のスケートにゆっくり誠実に向きあってくれることでしょう。

そして本当にネクストステージに上がってしまった
もうまぶしいばかりのさとこさん。
もうどうしようもなく高いレベルにいるさとこさん。
それは技術とかひとつひとつのことではなくて、
プログラム全体をまとめ上げて
作品として燻蒸することのできる能力という意味で、
もう隠しようもなくトップクラスのひとり、ということです
ワールド頑張ってください。祈。

羽生さんとジェーニャには
ゆっくりしっかりお休みしてほしいけれど
ルール改正や
男子も女子もクワドクワドと
素直に喜べない不穏な話も。
若い子が怪我で苦しむの見たくないです。
(そして草太くん5位!
一歩一歩前に進んでいる感があって涙。
どうかどうかよい方向に向かいますように)
ボーヤンだって長期離脱組でしたし。

ワールドはネイサンに、
がしっと決めてほしいのですが
さてどうなりますか。
あと新葉ちゃんにも、期待しています。
ええもうこのうえなく。

どうかみなさん思うような演技を。

さてこの一瞬ふっと我に返ったあいだに、
詰め込むように映画を観てまいりました。
文字どおり走り回って。







こんな毛色の違う映画をはしごさせてくれるのは
ジャックアンドベティ!! いつもほんとうにありがとうJB!
そしていちにち一回上映なので選択肢がほぼないJB!
その分たくさんの種類を上映してくれています(感謝)




夢のような美しさ
それでも決して幻想的ではなく
地に足のついた親密さ
コージイ、というのかしらこういうの。

デザイナーとそのパートナーがオフタイムを過ごす
お屋敷の庭が素晴らしい、
もちろんお屋敷も素晴らしい。

ふだんは庭師に任せているという庭園を
植木ばさみとかごを手にゆっくりと歩いて花を集める。
野菜を収穫する。
そっとよりそうわんこ。

そしてブランドを支えるテキスタイル、
インドの刺繍職人のみなさんとのやりとり。

いやもう至福の映像体験でした。
ほんとにずうっとみていたかった。いまも。





圧倒的な追いつめられ感。緊迫感。
逃げ場のなさ。壮絶と言うしかない。
見事なまでに再現されていて
ドキュメンタリーのライブ映像としか思えないほど。
そこから歩んできたひとの思い。
50年前の話。
変わったことと、変わらないこと。
10代のころ私が抱えていた閉塞感から、
わたしはどれくらい離れたのかな、なんて
卑近なことをぼんやり考えながら歩く帰り道。

「『博多豚骨ラーメンズ』って知ってる?
深夜アニメなんだけど」

「いや見てないわ。グルメもの?
最近は何でもアニメになるねえ」

「博多が舞台でね、人口の3パーセントが
殺し屋って設定なのよ

「・・・・・・うん?? 」

「内容はさておき、福岡市内たくさん出てくるよ。
昔住んでたからいろいろたのしめるかもよ? 」

そそそっそうですか、
そう言えば横浜市民だってことで
こちらも見てみましたねえ
(はまりはしませんでしたが、まあしょうがない)


文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)

春河35/角川書店

undefined


そうしてこんなまんがを思い出します。
タイトルしか知らないけれど。
シンプルに、街とそのイメージのつながり、という意味だけですが。
(どの街がどうの、ということではありません)




ひとは善き方に変われるのかしら
それでも少しずつでもよい方に進んでいるに違いない、
という
わたしの信仰にも似た思い込みを
ガンガンに揺さぶってくれる作品でありました。
ロングロングワィンディングロード。


というような諸々を吹っ飛ばしてくれましたのがこちら。
やはりこちら、というべきでしょうか。


バーフバリ! バーフバリ!!

期待通りの素晴らしさ! 極上の映像体験!!
これはスクリーンで観る機会があるのなら、
見逃すことが大変な損失です! 断言そして確信!! 逆か! まあいいや!!
(なんだか翻訳調しかも機械翻訳)

キネカ大森さんのおかげでリバイバルの一作目から鑑賞。
いやーすごかった!!
早く二作目が見たくてじたばたしてます。
長くなりそうなので、バーフバリについてはまたあらためて。
いやしかしものすごい快楽でした。

こんなに観る前と観た後で、地殻変動のようなものを
起こす作品はそうそうないのではなかろうか。
とりあえず早く続編みたいです。うずうずしております。


[PR]

# by chico_book | 2018-03-20 01:09 | 映画 | Comments(0)

音もなくすすみゆく春

青山に興味深いお話を聞きに行ったのですが
最初に黙祷がありました。ありがたかった。
1330-1500なので、ああちょうど時間帯が重なるわ、
と思っていたので。




地震国であり災害国でもあるギリシャにおいて、おなじように
(逃れようのない)大きな災害にどう対処してゆくのか、
というような内容も含めて、興味深い話が枕としてありました。

そして『ミコノス撤退』とか『蜂のジョルジョと蜂のカルロ』を
おもいだしてしまう。ぶんぶんぶん。

内容はいつもどおりの豪速球ぶりで
いやあ私も、じぶんの好きなものにもっと真剣に向かおう!!
という気持ちになりました。ヘイ!!

青山のビルの窓から、明るい春の午後の陽ざしを受けて
輝くギロッポンのビルをぼんやり眺めて

ああ、もう7年も経つのね、と、
しみじみと、本当にしみじみと思いかえします。

そしていま、しんしんと底冷えのする夜
あの時あの場所でもそうだったのかなと、
つくづく思う。ちこを抱きしめながら思う。

あの日、
電車も車も通らない静かな静かな街を黙々と歩いて帰ったこと
帰り着くまでちこのことが不安で不安でしょうがなかったこと
お留守番ちこは何ごともなかったこと
いつも通り甘えてくれて本当にうれしかったこと
ずっと一緒に、ながいこと電話でつながっていてくれた友人のこと
節電で街灯を半分にしていたのに
(それでも充分明るい)
今ではすっかり元に戻っているマンションの電灯のこと
(その方が面倒がないという判断らしい。むむ)

『直接ってわけじゃないし、もう高齢だったからね』

震災の避難で、自宅に帰れなくなり
遠く西日本の親戚のもとに身を寄せた祖母が亡くなった話を
そっとしてくれた知りあい。

『90近くではじめての引越しだったし、
知ってるひともどんどん散り散りになっちゃったし、
いろいろ勝手は違ったと思うよ。
でもしょうがないことだよね』

f0257756_23313707.jpg

『ただ、いたい場所にいさせてあげたかったとは思う。
それだけかな
まあどう考えても、無理なんだけど』

f0257756_23341339.jpg

※ちょっと悲しい写真もあるので苦手な方はご注意を。



すべてのわんもにゃんも、ちこのことに思える。

これは『直虎』の
「子のおらぬ尼殿には母親の気持ちなどわかるまいが」
「あいにく子がおらぬ故、すべての子が自分の子のように思えましてな」
に通じるというと背負いこみすぎかしらどうかしら。

そんなわけでようやくバーフバリを観たのですが
この話はまた改めて。

いま読んでいる本。

キトラ・ボックス

池澤 夏樹/KADOKAWA

undefined


まだ途中なんですけどめっちゃ途中なんですけど
王道のエンタメアクション古代ミステリー込で
びっくりしてます。
しかもどうやら二作目の様子
(たぶん前作知らなくても困りはしなさそう)
図書館本でありがちなうっかり……
書店だと、帯とかついてますもんね。

なんとなく池澤さんというと、
『君のためのバラ』とか
『スティル・ライフ』の
作者だというイメージがありましたが(そうなんだけど)
『マシアス・ギリの失脚』
のかたでもありました。大好きだったんですよねこれ。


マシアス・ギリの失脚 (新潮文庫)

池澤 夏樹/新潮社

undefined


確定申告、とっくに準備済なのに結局こんなギリギリになって
さあいよいよこの週末で片付けよう! 
と思いましたら、なんとまさかのトナー切れ。
それに気づく日曜の夜。おおおお(低音)
五輪期間中にプロトコルとか英文記事とか印刷しまくったから……。

明日買いに行きましょう。粛々。
役所関係の用事でも、駅前に行く必要あるし。
こちらの発売日でもありますし!!


プリンセスメゾン 5 (ビッグコミックス)

池辺 葵/小学館

undefined


俳優さんの熱愛発覚には基本的に興味がないのですが
(でもとんでもなく忙しそうなので、
ああ、オフにできる時間と相手がちゃんといるようで
よかったよかった、とは思いました)

こちらのドラマ化たいへん素晴らしかったので
続編とか再放送のハードルになるとちょっと寂しいな、
とは思っています。考えすぎかな。




[PR]

# by chico_book | 2018-03-12 00:06 | 日々 | Comments(4)

たのしいみだれうち


夫が

友人に誘われて映画に行くとのこと。

「へえ何観るの? 」(全力でわくわく)

「『シェイプ・オブ・ウォーター』。デルトロの新作だって」

「はーなるほどね(パシリムもいっしょに行ったんだっけ、そういえば)」

「半魚人が出る映画らしいんだよ」

「ふーん。感想聞かせてね」

なんて話をしたのは金曜日のお話。

まさか、アカデミー賞とるなんて!! 
というか、アカデミー賞って2月の最終週
決めうちじゃなかったんですね!!

※未来ちゃんとリッポンポンのうつくしさ。






ワタクシは未見ですが
『大変な少女漫画 しかも80-90年代白泉社系』
との噂をキャッチしております。
な、なんですとぉ!!

土曜の段階でのワタクシ、そんなこととはつゆ知らず、
ほかの映画をサクッと二本みました。

2月はオリンピックに夢中でぜんぜん見られなかったのと
空いてる時間がお昼過ぎから18ころまでだったので
タイムテーブルと劇場と相談して。こちら。
とにかく映画観たくて観たくて。
(しかしあっという間にワールド来ちゃいますな!)



じつはイーストウッド映画との相性があまりよろしくありません。ワタクシ。
辛くなりすぎるのことが多かったのです。
(でも実話ベースの近作、『アメリカン・スナイパー』と『ハドソン川の奇跡』は
見てないのでそのへんが未知数)

という訳で順庵に気をつけて、二作目にこちらを。周到。




ぴょんちゃん五輪のエキシビジョン使用曲のに気負いにのって。
GREE好き・ララランド好き・実話ベースの映画好きですからきっと大丈夫。

という訳ですが二作ともとてもよかったです。

『15:17、パリ行き』

2015年に起きたパリ行きの特急列車内で554人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ襲撃事件。極限の恐怖と緊張感の中、武装した犯人に立ち向かったのは、ヨーロッパを旅行中だった3人の心優しき若者たちだった。なぜ、ごく普通の男たちは死の危険に直面しながら、命を捨てる覚悟で立ち向かえたのか!? 本作では、なんと主演は“当事者本人”という極めて大胆なスタイルが採用された。実際の事件に立ち向かった勇敢な3人がそれぞれ自分自身を演じている。さらに乗客として居合わせた人たちが出演し、実際に事件が起こった場所で撮影に挑んだ究極のリアリティーを徹底追求した前代未聞のトライアル。
(公式サイトより引用)

いやワタクシじつは内容のことも、この趣向も全然知りませんでした。
エンドロールの俳優さんの名前が、
登場人物と、あれ? 一緒じゃない?? どゆこと?
と、そこではじめて気づくという幸福。

まったく違和感がありませんでした。すごい。

クライマックスに向かって丁寧にていねいに登場人物の
人物像をつみあげていって、途中から友達になったような
テンションで観ることができたので、
その違和感のなさにも感銘を受けています。いやーすごい。
『ハクソー・リッジ』でもそうだったけれど、
裏付というか意味づけというか、
そういう積み重ねが大事なのかもしれない。

アムステルダム発パリ行きの、風景もなつかしくてうれしくなる。
わたしがオランダ旅行時にはライデンのホテルに泊まって、
アムステルダムまで20分ほど電車で移動したから。

どこまでもひらたくて一続きのような一面の緑、
ふちどりのような運河、
そして強風で斜めになっているおなじみの木。

大仰なヒロイズムではなく
それでも銃口を向けられた相手に立ち向かうなんて
そうそうできることではなくて、
それでも自然にやるしかない(やらざるを得ない、ではなく)
と思える流れでした。みてよかった。

じわじわと湧きあがる高揚感のまま二作目へ。





よかったですよかったです。
伝記映画として立志伝として充分楽しく観れました。
ヒュージャックマン、わたしのなかではウルヴァリンで
ウルヴァリンを観た時、
よくもまあこんなにもこんなにも狼男顔のひとが
いたものだ、と謎の感動をしていたのですが
ふつうにかっこよかったです(馬鹿)
(『レ三ゼ』録画したままですわそういえば)


そんなこんなで
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『バーフバリ』←劇場で観ないと後悔する。ずっときっと。
『空海』←大変なねこねこ映画だと聞きまして!! 
 チェンカイコーだと聞きまして!
『デトロイト』←キャサリン・ビグローと言えば『ハートブルー』で
 キアヌを紹介してくれた恩人ですので(照)
 いや真面目に見たいのですこれ。
『ビガイルド』
↑「ソフィア・コッポラでニコールキッドマンで南北戦争だよ。絶対好きでしょう?」
 との友人のおすすめ。
しかしレディコッポラ、作品によってあうあわないがくっきり分かれるのです。

でも『ロスト・イン・トランスレーション』が
名作すぎてほかの作品のことは基本どうでもよくなる(暴言)
雨の新宿駅西口は、いまだにせつなく苦しくなる場所です。

さあどれだけ拾えるかな。ほとんどスタンプラリーの様相ですが。




もうこんな動画をウッカリみているくらいなので
早く観なくてはなりません。自戒。



f0257756_01371677.jpg


ちこ近影。ねここたつの上に君臨しています。
ちょっとおめめしぱしぱ気味。かわいそう。
猫かぜウィルスはもう(保菌(というのかな))体質なので
透明な涙と黒い目やには、
いまのところ心配しなくてよいそうなのですが、
そうは言われましてもねえ。また白いので目立っちゃうという。

なるたけふいてあげてはいるのですが、痛々しいです。
※本ねこいたって普通です。
むしろいままさに、めちゃくちゃ寒いのに暖房のない寝室にいる状況が心配。



[PR]

# by chico_book | 2018-03-08 01:48 | 映画 | Comments(2)

祭りの終わり、春のはじまり、そして定点観測の記録

まんまるさには定評のあるちこにゃんですが
最近少しエッジが立ってきました(写真はまた改めて)

人間用体重計での自宅計量では5キロ。
前回の病院での計量では5.1キロだったので
私が思うほど変わってはいないのかしら、
それにしても全体にストンと落ちてきたような
印象があるなあと思っておりましたら

病院で測ったところ、
ちこにゃん4.7キロ。ううむ。

ドクターも、開口一番
「うーんやせましたねえ」
とのこと。
・・・・・・やっぱり??
そして、それはいいこと? わるいこと?(不安)


「元気はどうですか? 活発になったりとか? 
おなかの調子はどうですか? 」

食欲変わらず、ちゅーるは一瞬でなくなる、
ふだんのごはんも元々食欲旺盛な訳ではないけれど
ご機嫌で食べてます。
トイレは少し硬いこともあるけれど困るほどではない、
ちっちはやや多めかも(これもたぶんもとから)と説明。

すごく大声でよく鳴くようになりましたけど、暴れたりはしません。

ちこにゃのおなかをもみしだくドクター。

「脂肪はまだしっかりついてますね。
フードはやはりドライメインでいきましょう』

食欲が落ちてやせてくると、体力に影響が出るので、
そうなった場合は
嗜好性の高いウェットに切り替えも検討した方がよいかも、
でもまたその必要はありませんとのこと。ほっ。

「食欲があるのにやせてきて、やたら元気に見えるときは
甲状腺機能亢進症の可能性があります。
いわゆるバセドウ病というやつですね」

ふむふむ。



という訳で、いつもの血液検査にこの項目もプラス。

耳、目、鼻、口、変わりなし。よかった。

しかしほんとにご機嫌の悪かったちこ、
採血と爪切りの際にふうしゃあふうしゃあむあむあ大騒ぎ。
あまりにも騒いだので、
診療が終わった時にはすっかり静かになってました。

さてすでに結果が出たので記録。

甲状腺の方はまったく異常なし。しかし腎不全の値がやや悪化。
※()内は基準値

BUN 34 (16-36) CRE 3.8(0.8-2.4)
ちなみに
2017/12  37 2.5
2017/05  30 2.1
2017/04  31 2.6

なのでCREが高くなっているのです。ううむ。

CRE:クレアチニンは、現在の腎臓の状態を示す値で
BUNは、実際に腎臓の機能で毒素を処理できているかどうかの値なので 

CREが高くても(なんらかの理由で)
BUNが正常なら、まだましというか、
問題はいまのところ大きくはないと、
考えられなくもない、とのこと。

ただ、前回の検査から
2か月で急にあがってるというのも
すこし気になるので
(たまたまかもしれない、と言ってくれる先生のやさしさ)
とりあえず
消化管内の毒素を軽減するサプリメントを
試して様子を見ましょう、ということに。
(BUN=尿素窒素なのでそれを減らす方向を期待)

おくすりやフードについても相談にのっていただきましたが

「ちこちゃん室内飼いですよね?」

はい。

「わんちゃんだと、お散歩やいろいろな楽しみがありますし、
からだの大きさからも心臓に負担がかかると
一番好きなお散歩に影響が出ますから、
フードの切り替えや投薬も積極的に考えるのですが、

ねこちゃんは基本家の中で、フードが最大の楽しみですから
なるたけそれを邪魔したくないんですよね。

ごはんにおくすり混ぜて、
もともと大好きだったごはんを嫌いになっちゃうこともありますし

それに投薬はみなさんなかなかうまくいかないので、
まだ先にとっておきましょう」




たぶん代表的なサプリメント。わたしも名前だけは聞き覚えがあります。

やさしい先生。ありがとう。なによりちこにやさしい。
毎回爪切りさえおねがいしてますもんねわたし。

しかし、ねこの慢性腎不全は基本治るものではない、
いかに進行を遅らせてQOLを保つか、というお話。
しっかり念押ししていただきました。

体重減少は、いまのところ(まだしっかり体重あるし)
心配しすぎる必要はないけれど、
やはり体のどこかに不調があると
そういうふうに反映されることはあるわけです、というお話。

やはりおやつは控えめに、
甘やかしの時には総合食のおいしいウエットを、
そのぶんカリカリを減らしましょう、とのこと。
がんばろうねちこ。

目を離さず、しっかり見ていきましょう。
いっしょに。
猫にはポピュラーな病気なので、データも多いですから。
そう言ってくれるこころ強さ。
思えばモルモットと一緒に暮らしていた時は、
みてくれる病院も少なくてたいへんでした。
(でも先生も一生懸命文献あたってくださって
ありがたいことでした)

サプリメントの効果をみたいので、
次はもう少し早く連れてきてください、とのこと。

エキシビジョンのライブ観戦をあきらめて、
それでももうこれ以上先送りできない、今日しかない! 
と、病院に来たこと
やっぱりこれでよかったなあ、と、ぼんやり思っていたところ、
「宮原さん綺麗だったよー」
と友人からのメール。
つづけて
「白鳥が飛んでた! あとハビちゃんマンも!! 」

ふにゃり、と、半泣き半笑い。
きっとずっと忘れない。
オリンピックのあと、ねこと一緒に病院に来たこと、
友人のこと、明るい春の陽ざしの待合室。

いろんなひとにささえられています。
支えられてちこと一緒にいます。
感謝。



[PR]

# by chico_book | 2018-03-02 01:31 | ねこ | Comments(2)