タグ:ねこ ( 138 ) タグの人気記事

嵐の後のねこと街と街のねこ


※間違えて(ほぼ)おなじ記事を2件あげてしまいましたが
 「いいね」いただいたので(ありがとうございます。感謝)
 消さずに、このままにしておきます。

力のない毛根からちこにゃんいそいそお召し替え中です。
寒くなっちゃわないか心配。

すこし撫でただけでも、これくらいは採れるのです。

f0257756_23564139.jpg


きゅきゅっと丸めてみました。2日分。ピンポン玉っぽい。


f0257756_06472802.jpg

むかし函館を旅行したとき、公園で
「犬の毛の手入れをしないでください」
という看板を見かけた記憶があります。

見慣れてるかたには
たいした量ではないかもしれませんけれど、
さらっと撫でただけでもこの量。きりがないのです。
収穫祭。

すこしずつ治ってきているちこにゃんにゃ。

f0257756_23574452.jpg
お鼻の傷はこんなかんじで、ずうっと残るのかもしれません。
でもそれはそれでなんというかいとおしい。
鼻水もお鼻の腫れもきれいになりました。

すこしぼけぼけですが、台風のなかおっとりとしたちこにゃん。
変わらない威風堂々ぶり大好き。いやいやなんでも大好きです。


f0257756_23583095.jpg


安心しておちついて過ごすことができて
よかったよかった。

そしてここ半月ほど、わたしのこころのすみっこを
占めているのがこちらのかた。
(ちょっと暗いのですが、夜の野外にフラッシュなしでの
撮影ですのでお許しください)

f0257756_00012020.jpg

近所で見かけるしましまちゃん。
ふっくらしているし、なんとも懐こいのです。
なにより表情がやさしい。
ただ、治りかけのちこにゃんへの影響が心配で、
触れることも出来ず。


f0257756_00015021.jpg


お耳がちょっと赤味強めだったのが心配です。
2回ほど見かけて、そのあと姿を見なくなりました。
えさやりさんがいる
コミュニティねこさんのようなのですが、
(その方にはにゃんにゃんあまあまで、
 じゃれついていっていてもうもう(悶絶))
タイフーンだいじょうぶだったのでしょうか。





私にとって
お姉さんに憧れる時代の、お姉さんの象徴。
つまりアイコンということでしょうか、




つまりはサードガールの美也さんなわけです。
まりをちゃんな訳です。
最近やや20世紀にたいしてセンチメントな季節。


今朝の路上。

f0257756_00202219.jpg

木の枝と銀杏と、まだ若いどんぐりがみっしりと
落ちていました。

f0257756_00205211.jpg

痛々しいような、毎年のことのような。
まさに野分と言いたくなる、
言うしかなくなる光景。



[PR]

by chico_book | 2018-10-02 00:36 | ねこ | Comments(0)

夕方の病院で、日暮れの早さを実感

前回の記事のあと、
さっそくちこにゃんの病院に行ってまいりました。
ちょっと久しぶりかな、と思いましたが
実は2週間ぶりでした。日曜の夕方。

体重4.12キロ。微減。
お熱は38.2℃、平熱でした。。
だっこした時にちょっとほかほか感があったので
心配していたので安心。
くしゃみは時々、お鼻はちょっとかぴかぴ。
いまのところ腫れてはいません。

ちょうど終わるところだったおくすりを
延長して様子見ということになりました。
また一週間分だしていただく。
これで効かないようなら変えましょう、ということに。
鼻水をサンプル採取されるちにゃ子さん。
どうしてそんな瞬間までそんなにかわいいの!!
(安定の馬鹿)

f0257756_23262042.jpg

本日のちこにゃん。お鼻のかんじわかるかな。
リラックスしているかんじのところかな。

ところでこのところ
抜け毛がものすごいのです>ちこにゃん。
季節の変わり目だし
珍しいことでもないとも思うのですが
なんだか今年はものすごく量が多くて、
ブラシをあててもあててもきりがないので
心配で聞いてみました。

「毛根に力のないタイプの抜け毛ですね。
 こんなかんじでしばらく抜けると思います。
 病気ではないので、まあちょっと薄いかんじには
 なるかもしれませんが気にしないでください。
 たいていそのうちまた生えてきますんで」

毛根に力のないタイプの抜け毛……
なんだかすごい響きですねぇ。こういうのパワーワードというのでしょうか。
身につまされるとでも言いますか。

ところでこの日のちこにゃんは
いつになくご機嫌ななめで
おつめツンツンしていただく間、
大音量で文句を言ってました。

むぉぉぉぉぉぉう!
うぁぁぁぁぁぁん!
で、間にシャア! シャア!! と、大騒ぎ。

この夏は6日も入院したのに、
もう何年も診ていただいているのに、
おなじみの皆さんなのに
『ちこちゃんの、こんな声聞いたのはじめてです』
と言われてしまうほどに。あはは。
でもまあ、声を出すような
元気のない時期もありましたもん。
ドクターには申し訳ありませんが、
笑ってくれたので良いとしよう。感謝。

ちなみにこの日は待合室にワンちゃんがたくさんいて、
ずうっとフンフンにおいをかぎながら歩き回っている
長毛の小型犬さんがいました。
おとなしくてほんとにかわいらしかった。
なんでも、目が見えないわんちゃんなんだそうです。
そうなんですね。
うーん、全然わかりませんでした。
穏やかにまわりのひとつひとつを確かめるように、
ていねいににおいを嗅いで確認していたワンさん。

「この子、病院の待合室が大好きなんですよ。
 いろんな犬のにおいがするから」

飼い主さん優しく説明してくださる。
なんて優しくてかわいいの!

そのワンちゃんとご家族で、いっしょに来ていた
もうひとりのワンコさんは(フレンチブルっぽかった)
おなかをなでてほしいようで、
お父さんの膝の上に完全にひっくりかえって
完璧すぎるほどのへそ天・開きを披露。
ずうっとおなかをなでてもらっててご満悦でした。
お父さんが少しでも手を止めると
『ウォン! 』
と、怒りを表明。かわいいなー。ほんとにかわいい。

たまにさわらせてくれるわんこさん、
ふだんねこを見慣れている身からすると
わんこさんはお耳が分厚くてふっくらしていて
あんよがしっかりしていて
(そしてそれを『お手!』で実にフレンドリーにさわらせてくれる!!)
ああ、ひとのお話をよく聞いて
ひとと一緒にお散歩するいきものなんだなあ、
と、しんみりしました。

4キロちょっとのちこにゃんは、こんなかんじです。
かわいいーなー(ぶれない馬鹿)

f0257756_23270623.jpg

おててくんにゃり。ちょっとお耳の覚悟が気にはなりますが。

f0257756_23270352.jpg

かわりばえのしない写真かもしれませんが、
わたしのよろこびのために!!
お手々ほどいたバージョン。

f0257756_00064588.jpg

病院からの帰りは18時過ぎ。すっかり暗くなっていました。
そうだよね、お彼岸だもの。
また明るい時間が長くなる時まで、ちこにゃん一緒に頑張ろうね。

待合室で読もうと持って行った本。いやでも全然無理でした。
ちこにゃにお声がけするのに一生懸命でとてもとても。


わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

ロンブ カトー/筑摩書房

undefined


14のヨーロッパ系言語と中国語、日本語を、ほとんど自国を出ることなく、純粋に学習という形で身につけてしまった女性の外国語習得術。25年間に16ヵ国語を身につけていく過程と秘訣をつつみ隠さず公開してくれるこの本は、語学の習得にあたって挫折しがちなわたしたちを、必ず目的の外国語は身につけられるという楽天主義に感染させてくれます。通訳者、翻訳者の入門書としても好適。
※アマゾンより引用

津村さんの帯に魅かれて、コツコツ積み重ねのためのささやかなブースト。
米原万里さんの、唯一の翻訳書なのだそうです。知らなかった。
ちびちび読むのがとても楽しいです。
ちょっとなにかよいものを、自分の内側に積み重ねるような。





[PR]

by chico_book | 2018-09-26 00:18 | ねこ | Comments(0)

ちこにゃんにゃおもいのほか


土曜日に都合がついたのでいそいそと病院に行ってきました。
もちろんちこにゃんの。
祝日もやっていただけて、申し訳ない反面とてもありがたい。

膿の袋が見えなくなり、
まぶたの下にてろてろこぼれていた膿も
とりあえず見えなくなって
よくなってるんじゃないの・・・・・・?
私のひいき目かな? どうかな??

と、お電話でお伝えしてはいたのですが。
はたしていかがでしょうか。


「たしかにお電話で、きいていましたが」

うんうん。

「想像してたより良くなっていますね! 」

やった! やったやった!! やっぱりそうですよね。
よかった勘違いじゃなかった……。

赤くなっていたおめめの横も、お鼻のなかもおちついて、
鼻水もすごく減りました。
なくなってはいないけれど、ちょっとだけ見えてるくらい。

ひげの根元はデリケートだと聞くし、
おでこについているかさぶた、
無理矢理はがすことになるのではという不安を
聞いていただく。

ていねいにふやかした後、
ある程度爪でこそげるようにしてとっても良いとのこと。
スライドするような動きでとれず、
上に向かってはがさないとならないようなら
それ以上はしないほうがいい、とのこと。

三人がかりできれいにしていただいて、
あご下から胸元の汚れも部分シャンプーで
きれいしにてもらってドライヤーまで。
驚いたことにドライヤーまったくうろたえず怒らず。
じつはドライヤーはじめてなんですちこにゃん。
シャンプーしたことないですから。
ただ、最近のお気に入り場所は脱衣所のバスマットの上で、
洗濯機やワタシのドライヤーにも全く動じないので
それを思うと、納得できる部分もあるのですが。

少し前とは、それこそネコが変わったかのように
食欲旺盛になったちこにゃん。
カリカリをそれはそれはよく食べます。
(山のように買い込んだウェットの立場は……
 と思いつつも、これはこれで食べない訳ではありません)
気がつくと、お皿の前でかわいくアピールしているちこにゃんにゃ。

体重も、4.16キロになりました。
入院中は4.06キロくらいだったので、微増。
ずうっと減少傾向で、なにしろここ半年で1キロ近く落ちていました。
個人的には、ねこの1キロはなんとなく人間の10キロというのが
私の体感なので、
半年で10キロ落ちたとしたらそれは不安な訳です。
ましてやここひと月ほど、食欲落ちてきたわけですし。
ちこにゃんの骨格的には、
それでもまたぽっちゃりさんではあるのですが
年をとってからの急激な変動というのはやはり
大きな不安要素であるわけです。うむむ。

くわしい細菌検査結果としては、やはり口中菌が検出されて、
いま使っている抗生物質が効果的だという判断でした。
ただ、ほかに試してみて、効果がなかったようなおくすりも
『効果あり』
と出ているので、おそらくいろんな菌がいるのだろうというお話。

とにかく今はこのままおちついてくれることをお祈りするしかなく、
ただ原因を鑑みると、
再度発症するリスクは高いのが悩ましいところ。

『このまま治らないと、やはり外科的な対応を
しなくちゃいけないかなと思ってたんですよね』

つまりお鼻を切開して消毒して、
根治としては抜歯して口の中を縫合するということになります。

ううむ。
やむを得ないかもしれないけれど、
たしかに大手術なイメージですね。

f0257756_11522765.jpg

昨晩のちこにゃんにゃ。やはりおくすり飲んだあとです。

すっかり動きが激しくなったのでぶれぶれですが、
まだちょっとお鼻の腫れはひいていませんが
いろいろしっかりしてきました。よかった。

エリカラついてからすっかり上下運動しなくなったので
(ベッドに来なくなりました。しょぼん)
しょぼんだけれど、無理してバランス崩す方が怖いし、
それはそれで安全なのですが、
足腰が弱ってないかを心配しています。

いまはすやすやバスマットの上。
安心安定のちこにゃんさん。




[PR]

by chico_book | 2018-08-12 12:48 | ねこ | Comments(2)

慣れと親密さ、深まってゆく愛おしさ(果てしない)


変更したおくすりが小さくなったためか
おたがいに少しは慣れたためか
おくすり飲むこと飲ませることが
ずいぶんスムーズにできるようになりました。

入院中もお鼻が腫れて
一回膿が出てしまったこともあり、
4種類ためした抗生物質ですが
いまひとつ効いていない様子。

先生が、あらためてちこにゃんの膿を採取して
「どの抗生物質が効くのか」
を再検査してくださることになりました。
いちどは調査済なのですが、
そのときは『どれも効果あり』という結果だったので、
今回は改めて、
検査機関・検査種類を変更
しての依頼ということに。

前回のこともあるので
(検査が結果として有効でなかったということ)
検査代(17000円!! ひいい)は病院持ちということです。ありがたや。

現在その結果待ち。
とにかく化膿が止まらなくては膿が出続けるわけです。
お鼻の膿が鼻涙管から出てくるので
お顔の右側が
ちょっとかわいそうなことになっています。
左側は何ともないのが支えでもあり、励みでもあり。
一時期は左側も、お目目に力がなかったもの。

抗菌性のある眼軟膏を処方していただく。
お目目に塗る、というよりは、
こぼれる膿や涙がかさぶたになるのを
防いだり、取りやすくする為のものだそう。

やわらかい高級ティッシュ(ご指定!)をしめらせて
ふやかして、かさぶたや汚れを取るのですが
エリカラ装着中でもあり、なかなか大変ではあります。

エリカラ本体も結構汚れるので
外してきれいにしようとすると、
すかさずお顔をかきまくって
かさぶたをはがしてしまうことを
先生に相談したところ、
病院で余分のエリカラを一枚
おまけしていただけることになりました。
重ねて、ほんとうにいつも感謝。





投薬の参考そして励みにさせていただいている動画。
モアレさんかわいいおりこうさん。
ちこにゃんにゃはもっと激しく暴れますが。

自分で毛づくろい出来ないので、
いつもよりブラッシングは熱心にして、
室内の障害物排除も、いつもより低めの視線で丁寧に。
ひっかかったりしないようにね。
そんな日曜日でした。

幸い、カリカリ食べたり、お水飲んだりは問題なさそう。
(容器を箱の上にのせるなど、高さの調整はしました)
暑い中ちこにゃんにゃ、ほんとによく頑張って
そしてのんびり過ごせています。

先生に、おうちに帰ってすぐに
トイレに行ったお話をしましたら

『そうですか。やっぱり緊張してたんですね。
よく寝ていたし、
目があうとお返事していたので
リラックスしていたように見えたんですけど』

その基準も、そんなちこも、すべてがいとおしい。
お留守番の時間が長くて申し訳ないけれど
なんとか一緒にのりきりましょう。日曜深夜の誓い。


[PR]

by chico_book | 2018-08-06 01:40 | ねこ | Comments(4)

ちこにゃんにゃと夏の休日

すこし間が空きました。

土曜日の午前中には通常どおりに教室に行って、
いろいろ用事を済ませて帰宅したのが16時前。
あまりにも凶悪な暑さに声を失いかけて、しばし休憩。
うっかり眠り込んでしまいそうになります。
注意注意。

少し涼しくなった頃を狙って、
ちこ通院のため、18時過ぎに家を出ました。

ところがみなさん考えることはおんなじで
特にわんこさんたちは、
散歩タイミングの調整などもあるのでしょう。
動物病院は大変な大賑わい。




More
[PR]

by chico_book | 2018-07-16 22:49 | ねこ | Comments(2)

ちこにゃんにゃすこしずつ



ちこにゃんすこしずつ食欲も戻ってきています。

毎朝カリカリを20gはかって置きごはんにしてゆくのですが
一時はまったく減っていなくて
お皿を見るのが不安で不安でなりませんでした。

昨夜は、2/3ほど食べていたし
そのあともわたしの背後で、シャクシャクと
音を立ててカリカリを食べていました。

なんという安堵の響き。

ほんとに皆様ありがとうございます。



More
[PR]

by chico_book | 2018-07-13 06:53 | ねこ | Comments(4)

ちこにゃんにゃ(低めながらも警報は続く)

昨日よりも元気にはなったのですが
見た目はさらに痛々しくなってます。
昨日より更に『生傷!』ってかんじ。
ので、やっぱりたたみます。
ねこの、痛そうな写真が苦手な方はご注意ください。

でも本人ずいぶんおちついたように見えます。




More
[PR]

by chico_book | 2018-07-07 07:16 | ねこ | Comments(8)

ちこにゃんにゃ継続中(がんばるがんばる)

あまりにかわいそうで迷っていたのですが
記録の意味を込めて。

今回は写真があります。痛々しいので、苦手な方はご注意ください。




More
[PR]

by chico_book | 2018-07-06 00:37 | ねこ | Comments(3)

ちこにゃんにゃ7月の記録(心配篇)

コメント欄に少し書きましたが
ちこにゃんお顔が腫れています。

なかなか痛々しいお話なので畳みます。
(写真はありません)


More
[PR]

by chico_book | 2018-07-05 01:33 | ねこ | Comments(2)

全知であり無心であり(讃えるのみ)

最近ねこと暮らし始めた知人のご自宅にお邪魔しました。

15ヶ月くらいのアメショちゃん。女の子。
3キロすこしとのことで
それはそれはすらりとしたお耳の大きい美人さんでした。
本当に足音が全然しない。ビックリ。
ちこは……そうですね、少し高いところから降りるときは
すたっ、と、足音がするし(………た、体重??)、
廊下の向こうから来るときも気配があります。
でもそれは私の感覚が、
ちこに特化されている部分もあるのかも(自慢)
ふふ。そんな楽しい妄想をしながら、存分に遊んでいただく光栄。

ほんとうにすらりしゅるりとした
(写真がなくて申し訳ありません)
モデルさんのような美猫さんでした。
三階建てのおうちの階段を、
どどどどど、と
ひとり元気に走りまわる。
地元のことばで飛び回ることを
「とんくりまいよる」
と表現しますが
(個人的にフランス語っぽくて好き)
まさにそんなかんじ。
クッションでもなんでもピョンピョン飛び越えて
空中で身をひるがえす。
ああそうだ、ねこってこんなイキモノでしたね。
なんてね。

ちこがそんな動きをしたことあるかな。
たぶん見たことないような気がする。
ある程度おとなになってから
うちの子になったためでもありますが、
もともとそうなのかもしれない。
ちびっちゃいこだったらそうだったのかな。
そうかもね。
あったことのないちこの時間もいとおしい。

私が持って行ったおみやげのおもちゃも大うけで
(スタンダードな羽根付ねこじゃらし)
ほぼ午後中ずっと遊んでいました。すごいすごい、
若いにゃんこって、床に置いたおもちゃを
自分で咥えてまで遊ぶのね。
動いてなければ自分で動かしちゃう!! 
ぴょんぴょん空中戦で飛び回っちゃう!!
情熱全開のかわいらしさ。
夢中になるちいさいからだが
その一心不乱さがかわいくてかわいくて。
そう言えば、種類のはっきりわかっているにゃんに
あうのはこれがはじめてかもしれない。
(ねこカフェや、ねこ展などを除く)
知人の家のねこたちはみんな、
『側溝で鳴いていた』
『近所の屋根裏で生まれた→壁から出てきた』
『玄関先をうろうろしていた』
『ベランダから入ってきた』(←ちこ)
な、由来バリエーションたのしいねこ、いわゆるミックスちゃんばかり。

でも、そういう元気とは無縁で、
自分の欲望や心情にゆっくりひっそりつきあって
日々充足しているうちの姫ばっばが、
やはりわたしは大好きです。
なんという宝石。ミ・テゾーロ、なんて呟いてみる。

本日の姫ばっば、
お昼過ぎにゆっくり起きだして
「にゃああん みゃうううん」
と私を呼びました。

猫じゃすりですりすり、カリカリも少し、
『15歳以上のねこのためのなめて食べられるごはん』
に、腎臓病のお薬を混ぜたものを
小さじいっぱいくらいなめて満足。
トイレも終えると、満足げにベッドに戻っていきました。
日々こんなかんじで過ごしているのかしら。
そのささやかなしあわせを抱きしめて慈しんでいるような
ちこがたまらなくて、そっと手を頬を添える。

廊下の途中で立ちどまっているので
(やっぱり足音してるような??)
そっと様子を伺うと、目を合わせ、サイレントミャウ、
そして3歩あるいてゆっくり振り返る。
じっと私を見る。
ついてきなさい、の、リアクション。

やはり年を経たねこは、
ちょっとなにかの境界を越えているのでしょうか。
ヒトのことば理解していますね完全に。

若若姫にゃん、近々避妊手術の予定だそうです。
幸い多い日々を存分に過ごされるようにお祈り。
もちろんちこにも、
さくらちゃんまりちゃんMOMOさん
のんちゃんメイちゃんだいちゃんと
ほかのしりあいのにゃんこさんも、
そうでないすべてのにゃんさんも、ひとしくすべて。

さてすこし先ですが忘れないうちにメモ。まんがメモ。
7/23発売。


きのう何食べた?(14): モ-ニング

よしながふみ/講談社

undefined


夏冬年二回の、友人との会話みたいな。

LIMBO THE KING(4) (KCx)

田中 相/講談社

undefined


ゆるっと話が動きはじめています。期待期待。
おためし読みのリンクを置いておきます。



とりぱん(23): ワイドKC

とりのなん子/講談社

undefined


近刊は鳥以外の話題にも広がって、
やはり友人の定期報告のような。
(ずいぶん年齢が違うので図々しくもある発言ですが)
とりのさんちににゃんこもいて、その意味でもたのしみ。

こちらは7/6!!





[PR]

by chico_book | 2018-07-02 01:50 | ねこ | Comments(5)