人気ブログランキング |

タグ:映画 ( 129 ) タグの人気記事

ちいさな安堵と日々の楽しみ(あたらしい扉)

ちこの、通院後の不調のことを先生に相談してきました。
結論から言うと、そんなに不安なことではなさそうなので
そっと胸をなでおろす。

様子がおかしくなってさわられるのを
嫌がってかくれたり暴れたりすることが、何度かありました。
テーブルの下に潜り込んで出てこない。
さわろうとすると、威嚇するようなことさえ。
(でもちゅーるは食べる)

てっきり
ああこれはアレだ、
ソファーにのぼろうとして落っこちて、
骨折とかそういう…………
ひともねこも高齢者にはありがちな……
バリアフリー化いろいろ試みていたのですが
足りなかったか………………
ごめんようちこ!

と、思って絶望的な気持ちになるのですが、

(ちゅーるを食べているので
 とりあえず翌日の朝いちに病院に行こうと考える流れ)
その後しばらくすると元に戻るのです。
安心して、いいのかなこれ。

さて、先生曰く、
ちこは補液を入れた場所を触られるのを
とてもとても嫌がるタイプ
だそうで
※水風船っぽく、ぽよんぽよんになる
※この反応はねこそれぞれなのだそう

「おそらく、ぽよぽよになっている部分が、
 じぶんでも気持ち悪くて気にしてしまってゴキゲン斜めに
 それでさわられるのも嫌なのではないか」

との解釈になりました。ふうむ。
とりあえず動きに問題はなし、とのことで安心安心。

歩き方を確認するために、病院の床におろされたちこにゃん、
たいへんいそいそとはりきって歩き出すのがかわいくておかしい。
そこで固まる、とかないんだ!! 元気いいねこ素敵です!
入院もしてたからかな、
「私ここ知ってる!!」
ってかんじなの。はりきりガール。

しかし関節炎もあるだろうし、わたしの懸念も、
可能性としては低くないことだそうです
引き続きしっかり見守っていきましょうハイ。
やはり週末にはIKEAの猫ベッドを
バリアフリー化の一環としてゲットだぜ!

なんだか映画界隈が賑やかしい。
ロシアのダイヤモンドのも、まだ観てないのに!!

※ガッチリネタばれあります注意注意!


10/4に新作公開、その前にテレ東さんがやってくれますよ!!
このちょっとくたびれた感のあるいまのキアヌのスーツってばすごいや、
とおもいつつも
ぱりっぱり時代の『マトリックス』も
やはりなんとかして観たいではないですか!!

さて、
すこしは運動した方がよい…………
と言うレベルははるかかなた、

ちこぼんさん(仮名)を救うのは筋肉しかないよ!!
おねがいだからアレを燃やして筋肉つけて!!

と、医者と管理栄養士に断言もしくは宣言されているレベルのワタクシ。
仕事の帰りにジムに、あるいは距離を歩いて帰宅など、
いろいろ考えはするものの、
元来のめんどくさがりと苦手意識の更に上に
はやくちこにゃんにあわなくちゃ!! 
おるすばんちこにゃんは無事かしら!?
と言う思いが先走ってしまって、ついつい後回しにしがち。

と言う訳で,おうちのなかで何とかしなくちゃ作戦
ダンス動画などを見てマネっこダンス。
これが結構しんどい・・・・・・・・。 
筋トレと言うよりは有酸素よりだけれども、
このあとにすこしだけでも筋トレの真似事のようなことを。
それにしてもこの類の動画ってたくさんあるんですねえ。





そこから『踊ってみた』動画に流れ出すあたり。
(方向性がどうにもこうにもオタク(ただの事実))
こちらはもちろんマネっこなんてとんでもないのだけれど
動画を観ながら適当に動くのがたのしいのです。
それだけで。
なんだかいまのところ、とても新鮮。
たぶんぜんぜん珍しくなんかない、
ありふれた趣味あるいは行為なんだろうけど。

全然知らないタイプの曲であり、動画でもあるのでとにかく新鮮。





出ているひとたちが
みんな本当にたのしそうなのがいいなあ。

とりあえず少しでも楽しい気持ちで
からだを動かせたらそれでよいのです。
一階居住でよかった。
そして隣が階段ルームなので
音も振動も(ある程度)許容範囲と言うありがたさ、






そう言えばいまどきの小学生は
『ダンスの授業』があるんですよね。
すごいことだわぁ。
こういう動画の見え方も全然違うんだろうなあ。解像度高そう。

ようやく図書館からまわってきました。


連休中に読むのがたのしみ。



by chico_book | 2019-09-12 00:12 | 日々 | Comments(0)

ゆるされるものならば、夢の続きを

見事なまでのゲリラ豪雨だった火曜日。
山がちな横浜市、
全部全部濁流となって流れ落ちてしまうかのような
凄まじさでした。しかも結構長かった。
2時間ちかく轟く雷鳴と稲妻が続いて、
BS放送もシャットダウン。むべなるかな。

ちょうど通院タイミングだったちこ、
キャリーに入れて連れ出したあたりでみるみる空が暗くなって
5分もかからず病院についたころには
はっきりと稲光が何本も何本も視認できるほどに!!

『電車が脱線したのかと思った』
と、話題になるほどの激しさ。

待合室で一緒だったわんちゃんは
完全にぶるぶるガタガタと震えて、
飼い主さんにのぼって肩口に前足をひっしっ!!! 
と、しがみついていました。
そうだよねえ、怖い怖い。だいじょうぶだいじょうぶ。
(推定ですがミニチュアシュナウザーさん)
大声で、くうーんううーんと絶叫するわんこさん。

熱中症脱水気味での通院と言うことで
ここで興奮するのはよろしくありません。
さあさあ飼い主さんもスタッフさんも先生も、
みんなで一緒に こわくないよー、大丈夫だよ、
と、お声かけ。
花火も雷も怖がるのだそうです。チョビもそうだった!!



ついでに私も、怖くない怖くないよ、と、
遠巻きにそっと声に出してみる。

しかしキャリーケースの中の姫ばっばも、
むにゃむにゃ唸っているのでした。ごめんごめん。
そうだよね、ちこだってこわくないわけないよね。

毎回350cc近くの注射をしてもらって週二回の通院、
それでようやく体重と体調をキープできているような日々。
毎回通院その都度、かなしいかな脱水がやはり律儀に
進行しているので、
本当は二日に一回が理想なのだろうけれども
現実としてきびしいのと、
通院自体のストレスもないとはいいきれない。たぶん。

もしかしてとんでもなく無体な無理をさせているのでは、
思わない日もないけれど
いそいそとおなかに乗って眼鏡と言わず顔と言わず強引に
すりすりすりすりしてきてくれるので
ウェットのお皿を激しく目で追って
お水の入れ物も
『はやくあーんしてくれればいただきますよ! さあ! さあさあ!!」
と、圧をかけてくれるので、
そのことを素直に受け止めています。

こういう時はシンプルな映画がよかよか。





たのしく観てまいりました。
ツッコミどころはたぶんたくさんあるけれど
いやいやもう楽しめちゃったので、まあいいか。

ミュージカルコメディ時代劇、
海外でも、うけるんじゃないかな。
アニメ漫画コンテンツの和ものの強さを
見るにつけ、ついついそう思ってしまう。
はて。

※ネタバレとは言えないと思いますが、
一応内容に振れますので反転します

ところで引越し先が『豊後日田藩』で
日田って、天領だったのでは??
と、思いましたがどちらも正解のようです。




ところで松重豊さんって高身長なんですよねぇ。
実はあまりそういうイメージを持っていなかったので
気づいたときには本当にびっくりしました。
『アンナチュラル』で
市川実日子さんと井浦さんとならんだ時に
はじめて気づいた(最近!!)
いま確認しましたら188センチ…って、うわ。
井浦さん(183センチ)よりもおおきいのね!
むしろなぜ気づかなかったんだ。

ゲリラ豪雨云々と言いながらも、
実はBGMとしてこのあたりを、よく流しています。
矛盾と言えば矛盾。





ぎょっとして目を覚ますところまでがお作法、のような。
ちこも、嫌がらずにいてくれるのでありがたや。


by chico_book | 2019-09-05 01:39 | ねこ | Comments(0)

星座は星座のまま


まだスマホ修理していません。キャー!!(しそうさん)

時間がかかりそうでタイミングがないんですよね。
いや、もちろん言い訳で
つくってないだけなのですが。

そうこうしているうちに自宅の鍵を紛失しました。
ぬおおおお・・・・・・。

最近、しっかり見たつもりでも失くしたように思われ
しかし再度確認すると出てくることが多いという
スーパー駄目駄目ぶりが身に染みているので
(代表例:PASMO)
いずれどこからか…と思いましたが
6日経過したところでどこからも出てこないので
はい! ガチ案件でした!! 
よかったよかった早目に手を打って!!(ヤケ)
という事態に相成りました。トホホ。

ネットで検索して業者さんに来ていただく。

「お近くに、鍵を預けている方いませんか?」

いなくはないけれど……連絡がいまつきません。
家族もいま、すぐには来られない状態。

「開けることは可能ですが、そんなに安くはありませんよこれ」

怖。こわこわ。

「・・・・・・おいくらでしょうか」


「**円です(悲しすぎるので自粛)」

ふおおおおおおー。
家賃まではいきませんが、充分に頭抱える金額。
ブブ!!(錯乱)

ちこのことがなければ、
正直2日くらいはホテル暮らしもいいかなあと思ったのでした。
ホテル好きだしね。
いつも西口から見上げるベイシェラトンで、
お向かいのユニクロでお着替え調達して。
この夏いちども家出してないし。その間に、鍵おくってもらえばいいし。
(いまこうして考えるだけでわくわくしている)

しかしよりによってその日の朝、
お水の容器3つともしっかり充ちてるかなあ、
もうちょっと足せばよかったなあ、
なんて思いながら出勤したのです。待ったなし。

………たぶんねえ、この出てこなさっぷりを思うと、
ごみと一緒に捨てちゃったんですよね。
朝、遅刻しそうで焦っていたので。
ゴミの日で、手に持っていた袋を置いたときに、
きっと一緒にポイっと。うおおおん!!

業者さんの勧めに従って、新しいカギにも付け替えて
一件………落着はたぶんしたのですがなにしろココロが
いまだにすんっとなっている。油断すると。

「私もねえ、就職一年目で4万5千円入りの財布を
○○駅前で落とした時はもうねえ・・・・・・」

友人が慰めてくれる。
※他人のことは金額をつまびらかにするのも
 アレですがなにしろ四半世紀前なのでもう時効かと

ああ、おぼえているわその話。しかも年末だったよねえ。
すかいらーくでネギトロ鉄火丼食べながら話したねえ。
※当時住んでた場所のすぐ近くに
 すかいらーくがあったので何かとお世話になりました。

わたしも一年分の地方税を払うために
おろしたての現金が入ったお財布を
スーパーの袋詰めエリアに忘れたことがあったよ!!
あの時は死ぬかと思ったね!!

5分くらいで気づいて、ダッシュで戻ったらすでに
「遺失物係」に回されていてさらにダッシュで走りましたね!
しかも見事に無傷で回収できましたのですよ。スバラシイ。

「まあ、そういうことだよね。たまにはキッツいお灸がはまる、と」

「・・・・・・うん」


就職一年目のお互いのこととか思うと、
なんだか

『よくぞ生き残った我が精鋭たちよ!(イッチアザー』

って気持ちになりますねえ。精鋭かどうかはさておき。
若い子は知らないねえコレ。

私が高校生の時ですが、
どうしても「たけし城」だけは見たかったので
うまいことお風呂上りにタイミングを合わせて
髪を乾かすついでに、と言うていで見ていたのですが
※8時以降のテレビはNHK以外禁止だった

後年母親が

「あの時は白々しくあんたが見ようとするから
 腹立ってしょうがなかったんだけどあの番組は面白かった」

などと言いだしまして

1)ばれてたのか(まあそうでしょうね)
2)腹立ってたのか(腹立てるようなネタでは)
3)面白かったのね?(よかったねママン)(素直におなりなさいマダム)

という心持になりました。

おっと昭和の話ばっかりだわ。

『まあ厄落としだと思いなよ』

そうですねえ。ありがとう。

そんなこんなで、コインランドリーで布団をすっきり丸洗いした時に
どうやら(さんざん悩んで悩んだあげくにおやつとして選んだ)
ローソンのバスチーを
置き忘れてしまったらしいことに気づいたのが、
帰宅してアイスコーヒーをウッキウッキ準備した後だったのも

きっと神様のサムシングなのだと思いますハイ。
そうね。
食べない方がいいのよね。選ぶのならね。
人間ドッグの結果もアレだったしね。

さて本日のちこにゃん。

f0257756_22432227.jpg

目やにをとらせてくれませんので
ありのままで失礼。
動物病院では、
お顔を触られるのはとてもうれしそうなのになあ。
先生にも、
「嫌がる子多いんですけどね、ちこちゃん気持ちよさそうですよね」
といわれております。

金曜の夜からちょっと様子がおかしくて
いろいろ大変だったのですが
いまは落ちついています。安心。
その節はお騒がせそしてお世話になりました>各位。

いまはこんなかんじで落ち着いています。

f0257756_22452146.jpg

後頭部もまたよし。
※目やにをとろうと頑張りすぎて御機嫌を損ねたお姿です

久々に邦画を観ようかなと思っているところ。





じつは私の出身地もお国替えでいろいろあったと聞いています。
郷土史。
九州なのに『三河』とかついてて不思議だったんだよね。





三谷さんは(個人的な相性)当たりはずれがあるのだけれど
中井貴一と小池栄子に斎藤さん、強力すぎる。

実はHDに残っている『真田丸』をいま観てるのです。
それは点も甘くなろうというもの。





by chico_book | 2019-08-25 22:56 | 日々 | Comments(2)

ようやく晩夏の趣


土曜日も、ちこにゃん通院の儀。
平日の夕方は、涼しくなって外を歩きやすくなった
わんちゃんが多くて楽しいです。
そうだよねえ、さっきまでたまんない暑さだったよねえ、
と、共感をこめてしまう。

チャーチルちゃん、という
アメリカン・コッカー・スパニエル
にはくすっと笑いつつうっとりしました。
素晴らしいセンスだなあ。
ネバーサレンダー!! が脳内でよみがえることも含めて。
(でもゲイリー・オールドマンだったりしますが)
機内で『わんわん物語』を観て以来、
好きなんですコッカースパニエル。
ちゃーちゃん、という呼びかけもかわいい。

はたして
土曜の午前中はねこちゃん祭り!! わーいたのしー!
今回仲良くしていただいたのは、
ふくふく白多め茶色ブチ入りのふくちゃん(!!)
先にいたまっくろさんとすごく挨拶をしていました。
かわいい・・・なんてかわいいの。
無言のちこにゃんにも、飼い主さん挨拶してくれたいいこにゃん。
ふくちゃんはお目目金色、2歳半のぴかぴかさんで、
おしゃべりなかわいいかわいい女の子でした。

飼い主のお父さんとおにいさん(二人でいらしてた)によると

「おばあちゃんちのねこだったんだけど、
 おばあちゃんが施設に入ることになって 
 うちでひきとることになりました」

だそう。なにやらちこにゃんと似た境遇のようです。
デレデレのお父さん曰く、

「わたしはねえ、もう全然動物とか
 好きじゃなかったんで反対してたんですけど
 息子が無理矢理2匹連れてかえってきて」

三匹きょうだいのうちの、女の子ふたりだそうです。
残るおかあさんと男の子は、別のおうちに引き取られたのだとか。
姉妹にゃんは、なかよしだけど距離をしっかり持っていて
甘えるときとそうでない時の差が激しいんだとか。
それはそれはなんともかわいいなあ。

「でももう、めろめろですね。
 こんなにかわいいいきものとは思わなかったねえ」

ふふふふふふ、ですよねえ!!

ふくちゃんむっくりみっちり大柄で、

「どうもマンチカンってかんじがしないんですよねえ。
 もっとちんまりしてるイメージあったんですけども」

マンチカンは長足・中足タイプもいるそうなので
そういうことかも。立耳スコみたいな話かな。
元気に暮らしているならそれがいちばん。ほんとに。

ちこにゃんを見て

『かわいいねえかわいいねえ
 まだちっちゃい子ねこさんでしょ?? 』

と言ってくださってうれしくてほろほろと。
おばあにゃんですよ。ふふふ。
ああいまから10年も余裕で一緒にいられるとしたら
どれだけよいことだろうか、なんてらちもなく思い、
いやいやそれだけの時間はもうちゃんともらっています
強欲は七つの大罪よ、なんて思いかえしたりもする(中二)

今回は体重微減。2.18キロ。
2.2キロを中心に、プラマイ0.5キロはちょくちょくあるので
うろたえないように。
たっぷり補液していただいて、お目目やお耳、
内診もいつものようにしていただく。
先生は、ふとした時の、あごやお耳のさわり方がやさしい。
わんちゃんはどういうふうにさわるのかしら、
ちょっと見てみたくもあり。好奇心。

さて午後からはこちらの映画を観に行きました。




ポスターを観ただけでふらっと。
敢えて知らずに行っても
きっと映像がたのしそうなので大丈夫かな、と、言う作戦。

ドキュメンタリーともドラマともつかない作品でした。
でもそのバランスこそが心地いい。
この場所はいつまで有り得るのか、とか
本作のHPによると、
グリーンランドの公用語はあくまでグリーンランド語なのですね。
てっきりデンマーク語との併用だと思っていたのです。
作品の冒頭でグリーンランド赴任が決まった主人公が
『僕もグリーンランド語をおぼえます』
と言うと、
『その必要はない。あなたは彼らにデンマーク語を教えるの。
 それが彼らのためになるのよ』
と返されるシーンがあるので二度びっくり。
そしてグリーンランド語は促音が多くてリズミカル
とても音楽的な言葉と言う印象です。

7代続いた農家を継ぐことに興味が持てなくて
グリーンランド赴任を選んだ青年教師が
伝統的な生活を大切にする人々のなかで
ほんのり浮き彫りになるジレンマの影、のようなものがとてもよい。
あざやかな映像がひたすら続くだけに、
ひとのこころのうっすらとした影が
却って鮮やかに浮かび上がるというバランス。

以前これを読んでいたのがよかったと思う。
ずいぶん前に読んだので、
ほどよくあいまいになっているのがさらによかったと思う。



『極夜行』は、いまだ図書館待ち。
現在124人待ちですが
17冊所蔵なのでそこそこ回転は良さそう。

まさに虚実皮膜のあわいといった感じでしょうか。
すばらしかったなあ。
また行きたいなあアイスランド(違)。

雪原を駆け抜けてゆく10頭立ての犬ぞり、
ああこれ梶谷先生が泣くやつだ!! 

10月なんてきっとあっという間なのでメモ。
次なるアイスランド映画。




(ねこに悪いことがおきませんように、ちょっと祈)

もう公開中・公開済の場所もあるようですが
ジャックアンドベティでは10/12から。

これも観ましょう。おなじくJBにて10/5より。





まったくヒアリングできなくて歯噛みしております。ウウ。


ことしは受験しよう、なにか受けようと期待していた
10月の資格試験、申込期日を間違えていました。
自分にガッカリ。
職場からのメンタルヘルスカウンセリングも
同じ理由で申し込みしそびれ。

夏のくたびれがほんのり出てくるころです。
まあいつでもぼけっとしてますけど当方。




by chico_book | 2019-08-19 06:20 | 映画 | Comments(2)

夏の不思議と寝汗と夜空(のニセモノ)


カレンダー通りのお休みなのですが
(いやいや3連休、十二分にありがたい)
えいやっと勇気を出して映画に行ってきました。
こちら。

そうです『BANANA FISH』でおなじみの!
あ!! の!!
「ボスがひとりになりたいときに行く場所」!!
堂々205分、途中休憩あり。
途中休憩ありの映画なんていつぶりだろう。
はじめてみたのは
Once Upon a Time in America』
だったと思います。
『ラスト・エンペラー』もそうだったかな。
ちょっと自信ありませんが。

しかし本作は図書館のあらゆる側面を描きだした
ドキュメントなので、毛色はまったく違います。
かなり要素が多く入っているので
そしてこまかく切り替わるので、混乱するかな、と
途中で少し心配になりましたが
まったくそんなことはありませんでした。
わかりやすくてサクサクと、
バリエーション豊かに進んでゆきます。
おもしろかった!!
いわゆるノーナレーション方式で
様々な著名人が図書館で語るイベントと
地域のこどもやホームレスへの(デジタルディバイドの問題も)
働きかけや
予算の生々しい話から
手話の実践まで、
そしてもちろん市井の利用者の皆さんの
姿もしっかりと描かれます。
わたしがわかったのは、
ナボコフとドーキンス博士、
あとエルビス・コステロくらいですが。
訂正:ナボコフとっくのとうになくなっていますね。
そりゃそうだ。
話題にあがっていたことを間違えて認識したようです。 
失礼しました。

そう言えば春樹さんも『作者による自著朗読会』が、
アメリカで果たしている役割の(ようなもの)のことを
語ってらしたなあ。

そんなことを考えながら観たせいか、
短い旅を経験したような、不思議な充足感がありました。
夏休みだしね。すごくいいと思う。

くりかえし語られる強調される
『パブリック』の意味やありかたを
身に沁み込ませるのに必要な時間だったと思います。
実はもっとずっと見つづけていたかったほどに。

でもさすがの長さもあってか
「あーーーー気持ちよくうとうとしたわぁ」
「寝汗で背中がぐっしょり」
みたいな声が聞こえていました。たくさん。
でも退屈じゃないんだよね、という不思議。
こういう映像を延々流しながら
お昼寝するのは夏休みの醍醐味ともいえましょう。
もちろん自宅が望ましいけれど。

ところで先日某アカウントを設定して(いただいて・感謝)
うふうふうふうふにまにまにまにま
していたのですが

なんと映画の帰り道にーーーーーー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f0257756_22291152.jpg


アアアアア!!

知らなんだ、スマートなフォンって
アスファルトに落っことすとこんなに割れちゃうんですね!!
というか…………なんとなくきれいに見えませんか(ヤケ)
星空みたいでロマンティックではないですか!!

すっかりしょんぼり意気消沈、
とぼとぼケータイショップに行って確認したところ、
なんとワタクシこのケータイ
2017年1月から使用中でした………。
去年だと思っていて、二年しばりってどうなんだっけ、
わたしの契約どうだったっけ、と考えこんでいましたよ。
いやビックリしました。余裕で2年超えてるやん。
おまけにしょっちゅう警告の出る
「データ使用料」も、半分も使いきっていないことが判明。
私が個人的に設定した警告ゲージの問題で、それが低すぎたのでした。
うぉぉ。でもまあいいやいろいろわかって。

こんな見た目ですが実は中身はしっかり生きているので
使えなくはないです。ひいい。
いやありがたいことなのですが。
しかし表面が粉々なので細かい砂粒のような破片が
指先に突き刺さる、という、問題がありますトホホ。
なるはやで、お店に行ってデータ移行をしなくては
結構時間かかりそうなので結局週末かしらトホホ。

ちこにゃんはウェットごはんメインにもぐもぐしています。
ひっそりしていますが、なんともかわいいのですよ、
わたしがずっと家にいるせいか
そうでない時もそうなのかは不明ですが

なうう? にゃうう?

と、語りかけてくるのです。
ああもうひとときもひと声も逃したくないわ。

by chico_book | 2019-08-13 00:26 | 映画 | Comments(6)

息継ぎインザ酷暑


ヨックモックさん…………!!



うわうわなにこれ絶対欲しい・・・・・。
見かけた次の日にヨコタカ地下の売り場にダッシュして
不審者のごとくうろうろしてようやく

※8/8販売開始・店頭販売は青山本店

であることに気づきました。駄目。
※秋以降ではありますが、WEB販売も予定あるそうです

ヨックモックのクッキーと言えば、
80年代某雑誌での連載で

「読者のみなさんから○○を応募します!
 優秀者は、作品を紹介すると同時に
 商品としてヨックモックのクッキーを私から贈呈します!!」

という企画がありまして
それに対して

「すみません、ヨックモックのクッキーって何ですか? 」

という質問が届いたらしく(確か男子高校生の方だった)

『ヨックモックのクッキーは、ヨックモックというメーカーが出している焼き菓子です!! 
 ていうか普通、○○のクッキーって言ったらそういう意味だよね? 』

みたいな返しを、その連載作家さんがされていまして。

いや………それはそうだけど
そうだとしか言えないのわかるけど

23区内山の手で育った人にはわからないだろうが
(たまたま作家さんそういう方でした)
デパ地下とかにそもそもいかないひともいるのだ……………
デパ地下にたどりつくのが年に2-3回の
スペシャルイベントってこともあるのだ………………………

と、なんだかほろ苦く思った記憶があります。ホロリ。
我が家は、関東圏の親戚が年いちで里帰りしていたので
おみやげにいただく機会が多くありました。

何年も懸案事項だった『スティックブレンダー』をウッカリ購入。
ロフトの『キッチングッズ特集』コーナーでえいやっと決意。
よくよく見たら特に安いわけではなかったのですがもういいの。
こういうにきっかけが大事です。
とにかくガスパチョが食べたいので…!!


たくさん作ってキンキンに冷やしたものを朝ひと口いただくのです!!(断言)
夜間飛行の朝到着便の、アイオープナーってやつですね。
トマトをふんだんに使わないとおいしくないよ!(自分メモ)
トマト箱買いしちゃおう!! ヨーグルトときゅうりのスープもよし。
夏を乗り切るために経費として認めますマイセルフ。

イムズがなくなるなんて!!
アルティアム大好きだったーー!!
と騒いでいましたが、10月にこんな企画があるとは!
(2021年8月メドということで、まだまだ楽しめそうです(力説する横浜市民))



A子さんの恋人ニューヨークで考え中
近藤聡乃による過去最大規模の個展開催決定!


なんという組み合わせなの! ありがとう!! しかも400円ですよ。
小さいのに小回りのきく、そしてエッジのたった企画。大好き。
いまからなら飛行機やすいよね! ウムウム!!
8/31からのこちらのよさそう。



さて週末にこちらに行ってきました。
真ん前の席にむちゃくちゃ右に左に動きまくる
キリンさん(比喩)がいらっしゃって画面が見えなくてたいへんせつない。
わたしのうしろにも人がいたので席移動も難しく。




ひたすら淡々と描写が続く。戦争の容赦のなさ、その中で描かれるひとりひとり。
残酷というのも違う、ひたすらな容赦のなさとしか言いようのないなにか。
誠実な映像だと思います。

戦史に詳しいわけでもないのですが
いつかフランス北部をドライブ旅行して、マジノラインを見てみたい、
というワタシのふわふわした願望をブッ飛ばすようなシビアさ。
いや……そんな気軽にみていいものではないですな。
当たり前ではありますが。ていうよりなぜいままで気づかなかった自分。

単語単位でわずかに拾えることの素直なヨロコビ。
ばるますてぃ、とか、みたーんとか。
命令文とか否定の作り方とかおさらいして
二回目はヒアリング前のめりで挑むのもたのしそう。
画面がよく見えなかったのでもう一度観たいのですが、
映画がたてこんでいるので、はてどうなりますか。

すっかりおちついているちこにゃん。


f0257756_03543472.jpg

洗いたてのベッドマットの上で満足げ。
この季節はあっという間に乾くのでありがたいですね。

f0257756_04264091.jpg


去年のいまごろ、お鼻が爆発していたことを思うと
ほんとうにひたすらうれしいありがたい。

f0257756_04262310.jpg

にゃあん、とお話ししてくれてます。ふふ。
ちょっとおばあちゃんっぽいかな。
でもその油断が、リラックスがいとおしくてたまらない。


すこし前に話題にした外国の小銭たち。分類してみました。スッキリ。
わたしに何かあったら、よく空港なんかにある
『使いきれなかった外貨小銭の寄付ボックス』
に入れてね、と、夫に依頼済。
遺産分け(笑)のことなどが気になる年代になったのだなあ。
もちろん、旅行に行って使ってくれれば一番です。

f0257756_04264889.jpg

それにしても小銭に刻まれているアルファベットがまあ読めないことよ。
やはり海外に行くなら少しでも若いうちがよいかもですなあ。


さてねこに寄り添って、軽くひと眠り。
エアポケットのような時間のうわごと備忘録でした。


by chico_book | 2019-08-06 04:40 | 日々 | Comments(2)

浅い夢のようなうわごとのような


芥川賞決まりましたね。
なんというか驚きのない結果。
ものすごく妥当というか、順当な感じがする。
ここでとらなくても、次でとるだろうし、みたいな。
いやでもそんなこと言いつつアレレ??
な、人も
過去にいましたよね。いましたっけ。

つまりは素直に寿いでいるのです。まだ読んではおりませんが。
安定して不穏なあの世界がつまりは好きなのです。
ものすごく現代日本なのに、
どこか20世紀前半の東欧のような不穏さ。
あるいは大正期から昭和初年度のような? それは考えすぎ??
それとももっと別のもの??




本作はまだ読んでいません。楽しみ。

さてこちらは、書影が出るのを待っていましたが待ちきれず。
7/29発売。




以下アマゾンさんの紹介文。

代表作「百鬼夜行抄」「岸辺の唄シリーズ」。幻想綺譚からBLまで、老若男女に大人気の今市子の「萌え」語り! 人気も笑いも大爆発のBLエッセイコミック感動(?)の最終巻! 映画、舞台…ずっと話せなかった「あの人」のあの萌えこの萌え…、虫と雑草に侵略された先生の家庭菜園はどうなった!? 日常密着型萌え語り、威風堂々完結です!

ああ、とうとう完結・・・・・・。
今市子さんも、ネタ探しが大変大変とずっとおっしゃられてたので
已む無し、という思いと、いままでありがとう、という気持ちと
ないまぜに。
落ちついた中に静かにちぎれてて楽しかったなあ。



オタクの生態を描くコミックは数多くありますが
こちらの静かな中に張り詰めたピントの合わせ方を
超えるものはなかなかありません。
4Kとか8Kってきっとこんなかんじ。見たことないけど。
そのうえで抑制が効いていてすばらしい。

いっぺんに出るなんてお祭りか!

相変わらず、長いお休みがあるわけでもないのに
この季節になると新潮文庫を何となく読みかけてしまう。




新潮文庫の100冊、に、いまだに支配されているとは!
すりこみって怖いわぁ。ともあれ、川端康成強化月間。

年内には『豊饒の海』にトライしてみたいけれど
さてどうなることやら。実は未読なのです。
学生時代に、先輩の圧が強すぎて敬して遠ざけていたという。
ありがち。
いまならすんなり読めるような。
逆にこれ以上年をとるともう無理なような。

ぜんそくもちなので、体調が不安定になるのは
春秋の季節の変わり目だと思っていましたが
じつはぐったりするのは夏場かもしれない。

暑いのも、むしむしするのも弱いのでエアコンを入れる
のどが痛くなるので水分をとる
胃をやられる
夜が短いので睡眠が安定しなくなる
いつもだるい、というような。

寒い時期のほうが、体調を崩さないのです。
冬生まれだからかな。
そう言えば夏生まれの夫は
エアコン(そんなに)いらずで暑さに強いけれども
寒いのは大の苦手。むむ。

でもカンカン照りの中、明るく暗い室内で
(お寺の本堂のようなイメージ)
ゆるくエアコンを聞かせて
お昼寝するのは至福。本を傍らにうとうとしたい。

記憶にあるサマーバカンスと言えば、
ランカウイの水上コテージで
翡翠を溶かしたような色の海を眺めたこと、
夜空のど真ん中をずどん!! と突き抜ける
ミルキーウェイを見ながら毎日毎日たらたら過ごしたこと。
どこにいってもたらたらしてるなあ。

それからプーケットのテラスサイドのサブベッド。
ラグーンをいかだのような小舟でとことこ移動するのがたのしかった。
ホテルの敷地内をゆったり歩く象さんとか。

セブ島のヴィラの東屋。プール付きのヴィラの、
その横の東屋に寝そべって
ここではずっとこれを読んでいました。
つるりと落とした本を拾って、
プルメリアの花を添えてくれていたり。




二巻までしか持ってきてなくて気が狂いそうになったよ!
ウソウソ、そのあとはこれを読んでいた。



ヴィラなのをいいことにずっと
バッハの無伴奏チェロ曲とかかけてました。
熱帯のつる植物と絡まりあうような
メロディが、濃い緑が素晴らしくて。

風のにおいとか、光のかんじとか、
不可分に記憶と溶け合っているものです。
手ざわりまでもはっきり覚えているなあ。

夜中に、ココナッツの実がごとん、と落ちる音がするのがよし。
トッケイくんが遊びに来たり。

実は先日のお片付け大会の最中に、
古い古いお財布が発掘されて
まあなんといろいろな外貨がはいってたんですね。びっくり。

紙片がいろいろごちゃまぜで
香港ドルと台湾ドルとマレーシアリンギットとタイバーツ
が主なところ。あと5ユーロ札が2枚。トータル5000円弱くらい。
少なくはないけれど、どうにかするほどでもない絶妙。

硬貨も結構あったのですがこちらはまだ数えていません。
週末にゆっくり数えてみようかな。
240円くらいしてた時代のポンドとかなので
やんわりした気持ちで。
ゴッドセイブザクイーンなかんじもまあよし。

静かにメロウなかんじなのはジルベルトとか聴いてるからでしょうか。


STAN GETZ & JOAO GILBERTO

GETZ & GILBERTO/VERVE

undefined


もう四半世紀は、この季節になると聴いている。






『アンノウン・ソルジャー』
ジャックアンドベティで8/3より!! よし来た!

『新聞記者』
『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
も、
8/10から公開、ついに来た来た忘れないで自分!


アニメーションを愛する人間のひとりとして
言いようのない悲劇に、そっと心を寄せています。

とても素晴らしいアニメーションに
寄せられたたいへんうつくしい曲を、ここに置いておきます。
(今回の件とは直接関係のない作品です)











by chico_book | 2019-07-19 01:41 | | Comments(0)

短い夜に昂る気持ち(ありのまま)

いま図書館から借りている本。

めっちゃ面白い……
シシンさんの講座で小耳にはさんだ『線文字B』が気になって借りてみましたが





まあなんとも面白い。まったく頭に入らないので(駄目)いつ読んでも新鮮。
なので手元に置いて、ちょくちょく読むのにきっととても向いている、
手元に置いておいてもいいなあと思いますが。はてどうしよう。

おなじ動機で購入済の本。




ヒエログリフを書こう!

Philip Ardagh/翔泳社

undefined




いやいちども書いたことないんですけどね。
老後の楽しみに、なんて悠長なことも言えなくなってきたお年頃。
というか今既に老後なのでしょうかもしかして??

遠い昔のどこかで誰かが何かをつづった文字が
いまはだれにもわからないなんて
めっちゃ中二ゴコロを刺激するではないですか!!
たとえその内容が『羊2頭』だったとしても!!

ああ、旅に出たいなあと、しみじみと思う。
もちろんちこのそばを離れることなんて
とてもとてもできないのだけれど。

さてまたもうひとつ歴史ものの映画が!! 
現在公開中のこれ、ぜったいに観る。








第二次世界大戦でのソ連とフィンランドの戦闘を描いた映画だそうです。
カレリア!! カレリア地方がたっぷり見られる!!!! 
そしてフィン語のシャワー。
横浜ではありがとういつものジャック&ベティでの予定(ただし公開日未定)。
さて新宿武蔵野館までとっとと行った方がよいのかどうか??
(でも連日満席の様子)
待っているうちに見逃しちゃったりするのもよくある話。

『いだてん』一部・金栗四三篇堂々完走!!
見事なまでにはれやかな往路の集大成ぶりに
ずっとずっとホワホワしています。なんて幸福な体験だろうか。
いろんな要素の練りあげられっぷり疾風怒濤っぷりに
わあわあわあ恐慌をきたす始末。
さあさあ覚悟して後半です!!


あと今期はアニメも(久しぶりに)しっかり見ていて
堂々のグランドフィナーレを見送ったところ。
こちらもやはりとても晴れやかな気持ちでいます。





敢えて一期のED。この唄が好きすぎて見るようになったのでした。





二期のEDもとてもよかったよかった。
(動画はフルですが)

さよならごっこは慣れたもんさ
でも手を振ったら泣いちゃった

からの

ああ君だって 寂しさと哀を抱いて眠るの
でもさあ 触れたくなって愛しいほどの涙

って続くのずるい。ずるくてすばらしい。
半年間ほんとうにたのしかったです。ありがとう。


6/30までの期間限定公開動画だそうなので
迷いましたが
迷うくらいならいっそ、の精神で。





幾原さんの作品は、どんどんどんどんコンパクトになっていく。
すごいなあ。
そして核の部分は変わらず曇らず強固に、そして透明になってゆく。
同時代に生きて、見ることができることはやはりとけつもにゃあ喜び。
ほんとうにすごいものを見せていただいて
いつもありがとうと思う。

特に今作は現実へのリターンの方法がすごくて、
なんというか………そんなランディングだなんて。

『輪るピングドラム』で苹果ちゃんが一度は離れた手を
掴みなおしに行くところがとてもとてもとても好きなのですが
それと同じような気持ちになりました。未来へ。未来へ。

『海辺のカフカ』ではじめて三人称を使ったときのような。
先ごろの文春で自ら父親のことを語った時のような衝撃。
※春樹から離れない。
『カッパくん浅草を救う』とでも言いたいのか自分(いろいろ違)



by chico_book | 2019-06-26 01:40 | | Comments(5)

当たり年


たまたまなんでしょうが
ことしはドキュメンタリーもしくは
ベイスドオン実話系の映画が大当たりの年。
わたしがそっちに振ってるだけ、でももちろんあるのでしょうが。




息子ブッシュほど創作チックでコミカルな
政治家が実在するなんて、と思っていた
時代が私にもありました……
まさかそれを凌駕する存在がでてくるなんて!
しかもこんな短時間に・・・・・(とほほ)





そうか、90年代のアイコンなのか。
わたしはまったくファッショニスタではなくて
たまに会う親族や実母に
「あんたはほんっとーーに!! 服やらかばんやらにお金をかけない! 」
と驚愕あるいは失笑されているのですが
(オーダーメイドの時代を生き抜いてきた世代の皆さんの目は厳しい)
(「じゃあ何にお金をかけてるの??」 と追及されるのは
 避けたいので無言でほほ笑むのみ)

短い時間を燃やし尽くす芸術家のお話。
そのあざやかさと、残された親しいひとたちの気持ちを思うけれども
本人にとってはほかの選択肢などと受からなかったのでしょう。
その残酷さが際立っていました。






まさか役者さんが軒並み、日本語が母国語でないひとばかりだとは
思いませんでしたよ!! 腰抜かしました正直。

先週-今週の『いだてん』でも震災描写がかなりがっつりあったのですが
トラウマ的な怖さには至らず、ほっとしています。
実は『風立ちぬ』が一番怖かった。
アニメで、海底で起きた震動がずざざざ!! と
伝わってきて広い範囲で大地が鳴動するというのが、
俯瞰的にわかりやすい描写だったからかなあ。
あるいは3.11からの時間的な距離かもしれないし、
映画館という音響と逃げ場のなさからかもしれない。





満を持しての、みなとみらいキノシネマ。
うつくしくてやはりやはり残酷な物語。
『牧神の午後』の官能性にノックノックノックアウト。



たまらずコストナさん満喫の旅へ。
緑のお衣装も好きなんですが見つからなかったのでこちらを。

白鳥のような優雅で大きな鳥が羽ばたいているような
鶴やフラミンゴが優雅に舞っているような
夢幻にして優美。

アイスショーで来日中のジョニーさんが
(ご本人も登場している)
この映画のトークショーに呼ばれて

「ジョン・カリーの遺伝子を受け継ぐスケーターは誰?」

と問われて

「ステファン・ランビエール。
日本人なら
町田樹と宮原知子

と答えたそうです……(感涙)
まちだたつきとみやはらさとこ・・・・・・・・
まちだたつきとみやはらさとこ・・・・・・・・
まちだたつきとみやはらさとこ・・・・・・・・
まちだたつきとみやはらさとこ・・・・・・・・

宮原さんのすごいところは(たくさんあるけれど)
あくまで抑制の効いた緻密な表現の上に感情を
乗せてくるところ、
流れないんですよね情感に。
どうしても表現力重視の選手というのは
情感に流れがちなのですが
いやまあ感情移入しすぎて自分でも泣いている選手大好きですけど
(ポポーヴィッチたん)
(そういえば映画の公開はいつなのか)
(いつまでも待ってます。しつこいタイプのオタクなので)

ジョニさん、さとこさんには結構厳しめの評価を
していた時期が長かった……長かっただけに…………
ばあや号泣。ああ、あと何回この喜びを味あわせていただけるのか、
もう感謝しかありません。

そう言えばしょうまさんには本当にびっくりしました。
外国嫌い美穂子先生のプロしか滑りたくない、
と一貫して言ってたもんね。
でも確かにワールドのあとのインタビューでは、
本当にひとが変わったような表情でした。
どうかよい化学反応となりますように。

という訳で日曜日にいつものジャックアンドベティで観てきたのはこちら。





補助席も動員の満員でした。さすがのジャック&ベティ。

とにかく猛烈に面白いです。明快でクリア。
その論点を明快にする手法について
賛否両方あるやもしれませんが
丁寧に絞り込んでゆくその手法たるや。
わたしは傑作だと思う。そして本当に笑えない。
『VICE』に続いて全く笑えない薄ら寒くなる作品でした。
公開館数が少ないのですが、見られる人はぜひ見てほしい。



by chico_book | 2019-06-24 05:35 | 映画 | Comments(0)

やさしい中にある芯と芯が強くもやわらかいひとたちのお話


ひさびさに活用できそうな映画の日、
二週間限定公開のタイミングドンピシャなので
えいほえいほ、と、恵比寿まで行ってきました。




以前いったときは改装中だったりなんだりだった
恵比寿ガーデンプレイス。
福岡の、警固公園から中州に抜けるあたり
あるいは大濠公園当たりの
空の広さがなんとなく似ている気がして
私はとてもとても好きなのですが、
いかんせんサクッと気軽には淹れるカフェあるいは
それに近いものがないイメージがある。
おそらく腰を据えると、たのしいお店が多いのですが。
わたしがお酒に強くないのと、主に映画か美術館目当てで
行って、
その時間調整、という意味合いが強いので
いろいろミスマッチなんだろうなあ。

ごはんなんとかなるかしら、と、
三越の地下に行けば何とかなるだろう、と
到着しましたらなんとなんと、

ハワイアンなイベント開催されてました! びっくり!
わたしはフィンランド語のシャワー浴びに来たのに!!



フラでアロハなお姉さんの華やかさな波に押し戻されながらも
なんとか劇場にたどりつきます。
WEBで予約しておいてよかった。なんと満席でした。
隣にはいってきた4人づれのお嬢さん方は、手に手に
アロハなごはんを持っていたのが興味深くもあり。
終わったあとに
『(映画とごはんが)あわなかったねえ』
とそわそわさわさわ。うん、まあ、そうかもね。
私は結局ばたばたでごはんを準備できず。とほほ。
まあそういう日もあります。

映画はいつも通り児童文学の原作そのままの
明るさ優しさかわいらしさ〈だと思う、原作未読〉
なんだけど、
ずいぶんお姉さんになった主人公のふたりが
ほかのこどもたちに対してちゃんとお姉さんとして
ふるまっていること、
責任ある年長者として事に当たっていることが、
成長譚としてとてもよいなあと思いました。
こういうふうに成長を描けるのね。
かわいいだけでなく芯の強い作品です。
強引にでも観に行ってよかった。

オンネリ終わった段階で1440ころ。
『RGB』も見たかったのですが開始は1620。
イベントがなくておちついているガーデンプレイスなら、
のんびりごはんでも食べるのもよし、
と思いつつも決めかねて予約はしなかったのですが
さらっと満席になりました。さすが都内。

すごすごと横浜に帰ってこちらで観ることにします。
いやまあその後の動きを考えるとよい選択なのですが。


木下グループさんにはさとこさんファンとしてフィギュアファンとして
いつも感謝感謝の上に感謝をしているのでその意味でもよし。








いやいやいや無理しても観てよかったです。
『ビリーブ 未来への大逆転』
私は観のがしたのですが、こちらも
ルース・ギンズバーグ最高裁判事をモデルにした作品だそうです。

アメリカという国の、何があっても
根底に正義を信じているところ
信じすぎているようなところを、
わたしはとても興味深く見ているのです。

おそらくそれは最初に接したアメリカ的なものが
教会付きの幼稚園からのながれで
小学校6年間毎週通っていた礼拝と、
夏休みにアメリカからやってきた若いひとたちで
その影響下にあるのだと思うのです。

いまにして思うと、
夏休みにわざわざ日本の教会に来るなんて、
それは真面目な若者以外ありえないだろう、
という人選なのですが
そんなことに気づくよりずっとずっと前に
刷り込みのように認識してしまったので
いろいろ已む無し。

その意味でアメリカでの法廷もの法曹界ものは大好きでもあります。
もちろん清濁併せ呑むのですがそのあわせ飲みかたが、
実に興味深くて。
まあ普通に人気のあるジャンルなのではありますが。

ひさびさにごりっごりのドキュメンタリーを診ました。
マックイーンのこれも観てまして、
これもゴリゴリなのですがいかんせん
方向性が全然違うのでどちらもたいへん素晴らしい。





しかしさすがに移動距離含めてのはしごは
結構疲れました。

ほんとうはキノシネマで次の時間帯で上映される
こちらを観たかったのですがさすがにギブ。






まあギブして正解でした。
むかしはできてましたけどね。余裕でね。
でも無理ではあったんですよね。昔から。ウム。

しかし劇場サイトを観るとびっくりするくらい人がはいっていないようなので
(『キノシネマみなとみらい』じたい、
 まだあまり知られていないということもあるとは思うのですが)
プッシュプッシュのためにも観なくては!! 
と、ちょっと焦っております。












by chico_book | 2019-06-02 23:54 | 映画 | Comments(0)